So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

ボストン美術館の至宝展 [展覧会(洋画)]

Boston.jpg


ボストン美術館は、メトロポリタン美術館、シカゴ美術館と並んでアメリカ3大美術館である。
中でも、ボストン美術館は、明治時代に来日し、東京大学で教える傍ら、岡倉天心と共に
東京美術学校を設立したフェノロサが、帰国後、東洋部長となり、日本美術を紹介したので、
日本美術のコレクションは世界一である。

今回の「至宝展」の目玉は2つ。チラシのゴッホの作品2点と英一蝶の「涅槃図」。
私はメトよりも落ち着いて見れるボストン美術館が好きで、3回行ったが、それでも全部は
見きれないから、「何が来てるのかな?」と期待しながら出かけた。


1、エジプト美術
1905年から40年間、ボストンにあるハーヴァード大学と美術館が協力して、エジプト発掘調査
を行い、エジプトコレクションができた。
大理石の一種トラバーチンでできている「メンカウラー王頭部」(2490~2472BC)
王の等身大の坐像の一部。額のヘビ、つけ髭は王族のしるしで、背中はハヤブサの翼で
被われていたとみられる跡がある。
Head of Menkaura.jpg
有名なツタンカーメン王の頭部(エジプト新王国時代1336~1327BC)
ツタンカーメン王の墓から出土されたものではないが、顔立ちやネメス頭巾、頭部の二重冠形跡
から、ツタンカーメン王とわかる。これは発掘隊によるものでなく寄付金での購入品。

tutan_kamen.jpg


他に、等身大の彫像や装飾品の美しいものが展示され、どれも、質が高くすばらしい。


2、中国美術

北宋の皇帝・徽宗の「五色鸚鵡図巻」12世紀初期
ピンクがかった白の杏子の花が咲く枝の上で小さなオウムが羽を休めている。
芸術を好み、絵画にも才能を発揮したという徽宗皇帝。左半分に絵、右半分には題詩(説明)
が書かれている。
五色鸚鵡来自嶺表、、、、(「五色鸚鵡が嶺表から貢物として来た。、、)


陳容 「九龍図巻」 南宋時代1244年 全長約10メートルの長く大きな作品。
雲や波間に潜んだり、舞っては飛び上がったり、9頭の龍が描かれている。
どの龍も動きがあり、すばらしい! 乾隆帝も旧蔵した龍図の名品
(これは部分) 3分の1

南宋の龍  (1).jpg



3、日本美術
大森貝塚の発見者エドワード・モースのコレクションから
野々村仁清の「銹絵鳰形香合」、「鼠志野草文額皿」、尾形乾山・光琳「銹絵観瀑図角皿」


フェノロサのコレクションから
曽我蕭白「風仙図屏風」」1730~1781年
巨大な龍を風仙人が退治しようとしているところ。
龍がタコの足のよう。屏風なので、渦巻く風が実際に吹いているように立体的に見える。
右下の従者は風で吹き飛ばされているし、これでは見えないが右奥のかわいいウサギ2把も
懸命に風に耐えている。


南宋の龍  (2).jpg


与謝蕪村「柳堤渡水・丘辺行楽図屏風》江戸時代
左隻「柳堤渡水図」
中国の文人画の画題を参考にしているが、日本的な穏やかさがある。
よく見ると、ひとりひとりの所作にユーモアがある。

蕪村.jpg


ウィリアム・ビゲロー・コレクションから
酒井抱一「花魁図」 江戸時代、18世紀
日本初公開の作品。抱一は、琳派として知られているが、20代の間は歌川豊春のもとで
浮世絵を学んだ。新年の盛装で吉原を練り歩く花魁の姿を描いている。
この絵は、河鍋暁斎が所蔵していたが、ビゲローに渡す際、右側に抱一の初期の画号と落款
があるにもかかわらず、誤って、左側に「歌川豊春」と鑑定と書きこんでいる。

抱一の花魁.jpg


フェノロサ・コレクションから
英一蝶「涅槃図」 2.9m X 1.7m 
今回、約170年振りの本格的修理を経て里帰りしたので話題となっている作品。
かなり大きな作品だが、これだけの人数が書きこまれているのだから無理もない。
隣に展示されている説明と人物を照らし合わせながら見ると、よくわかるが、混んでいると
この絵の前に行くのが大変。


nehan.jpg


4、フランス絵画
ボストン美術館のフランス絵画は印象派に名品が多い。
ミレー「編み物の稽古」1854年頃

Millet.jpg


モネは4点
「くぼ地のヒナゲシ畑、ジヴェルニー郊外」1885年
monetのコピー.jpg

ほかに「睡蓮」1905年
「ルーアン大聖堂正面」1894年
「アンティーブ、午後の効果」1888年


ドガ 「腕を組んだバレーの踊り子」 1872年頃

Dogas.jpg


静物画としては、
ファンタン=ラトゥ―ル「卓上の花と果物」1865年

ルノワール「陶製ポットに生けられた花」1969年頃
以上2つをボストン美術館で見た時の写真)

セザンヌ「卓上の果物と水差し」1890~94年頃

シスレー「卓上のブドウとクルミ」1876年
シスレーはモネからすすめられて静物画を始めたが、作品は9点しかない。

sysley.jpg


ゴッホ「郵便配達人ジョセフ・ルーラン」1888年
チラシの写真左
ゴッホは同名の作品を6点描いているので、見たことがある人も多いと思う。
バーンズコレクションにもあり。 ニューヨーク近代美術館にもある ボストン美術館のもの
ゴッホは人物画を描きたかったのだが、人付き合いが下手なため、モデルになって
くれる人がいなかった。そんな中、ルーラン一家だけは例外でゴッホと親しく付き合った。

チラシの写真右
ゴッホ「子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人」1889年 
ゴッホによる同名の作品が5点ある。いずれの背景にも花が描かれている。
シカゴ美術館のもの、  ボストン美術館のもの
ゴッホらしい花である。ルーラン氏の肖像のうち1889年に描かれた3点は花柄の背景である。



5、アメリカ絵画
アメリカで職業画家が活躍するようになったのは、18世紀後半で、ジョン・コプリーが肖像画家と
してボストンで活躍した。
19世紀を代表する画家は、ウィンスロー・ホーマーでボストン出身。海を取り入れた絵が多い。
版画コーナーにある作品だが、「海難」1888年
Whinslow.jpg

油彩の「たそがれ時のリース村、ニューヨーク州」 1876年は、バルビゾン派の影響を受けた作品。


トマス・エイキンズ「クイナ猟への出発」 1874年
パリでジェロームの画塾に学ぶ。そこで学んだ技術をヨットやクイナ猟などのアメリカ的生活という
主題に用いた。
Eikins.jpg

アメリカ、ヨーロッパの両方で肖像画に人気があったサージェントはボストン出身なので、
美術館本館の天井画はサージェント作品である。
「フィスク・ウォレン夫人(グレッチェン・オズグッド)と娘レイチェル」1879年
サージェントは上流階級の肖像画を手掛けることが多かったので、衣服の輝きの表現がすばらしい。
光が椅子の肘掛に差し込み、肩にさらりとかけたグレーのストールと響き合い、美しい。
この絵は、ここに描かれた娘レイチェルからボストン美術館に寄贈された。

IMG_0001.jpg


ジョージア・オキーフ
「グレーの上のカラー・リリー」1928年
オキーフは女性で花の絵を描く。一輪の花を大きく描く。大きいので現実離れして
特別な世界になるが、色づかいは優雅。
Okif.jpg


6、版画・写真

エドワード・ホッパー「機関車」 1923年 
油彩で知られるホッパーだが、キャリア初期には版画を制作していた。
機関車がトンネルの前で止まっている。圧倒される力強さ。車輪の質感と量感。
労働を尊んでいた古き良き時代のアメリカのイメージ。
EHopper.jpg


アンセル・アダムス「氷結湖と岸壁、セコイア国立公園カウェア・ギャップ」 1927年
アンセル・アダムスはモノクロ写真で、露出を調整し、自然の風景をみごとに撮影する。

A_Adams.jpg



7、現代美術
デイヴィッド・ホックニー「ギャロビー・ヒル」1998年
田園風景。明るく輝く色調と大胆な筆づかい。
遠くに見える田園がパッチワークのように見える。

hockny.jpg


他に、アンディ・ウォ―ホル「ジャッキー」1964年頃

村上隆《If the Double Helix Wakes Up...」2001年:「DNAの二重螺旋が覚醒したら...」


「至宝展」という言葉通り、選りすぐりの作品ばかり。どれも見る価値があります。
絵と絵の間隔が狭くないので、ゆったりと見れました。おすすめです。


nice!(34)  コメント(3) 
共通テーマ:アート
前の1件 | -