So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

アンテロープ・キャニオンとアーチーズ国立公園 [旅行(アメリカ)]

アンテロープ・キャニオン(鹿の渓谷)は、光の芸術として写真家の間で注目されている場所。
谷というより洞窟。アンテロープはdeerより大きな鹿。この洞窟に落ちた鹿は
深くて上がれないので、ここに住むナホバ族にとっては格好の狩猟場所だった。

入口で有料ツァーに参加しないと入れない。
谷(洞窟)の中は狭いので、一度に大勢は入れない。30分近く待った。
ツァー待ちの見学者は国籍いろいろ。日本人らしい若者たちも数名いた。

ante1.jpg

狭い岩の裂け目が入口。ここをくぐり階段を下りる。立ち止まると危険なので撮影禁止。
ようやく、撮影可能地点に出た。写真手前は私たちのガイドさん。ナホバ族だそう。

ante3.jpg

度重なる鉄砲水がこの不思議な渦を描くような曲線を作り出したとの説明をきく。
真上から太陽光線が注がれるので、岩が神秘的な美しい色合いになる。
ante2.jpg

渓谷内は広場のような所もあれば、体をよじらせないと通れないような狭い場所もある。
入口(天井)を見上げて撮った写真。
説明されなければ、なんの写真かわからない不思議さ。
ante4.jpg


1時間くらいのツァーの後、外へ出て、マクドナルドで昼食の後、アーチーズ国立公園に向かう。
途中、「メキシカンハット」という名の岩の前を通る。たしかに、ソンブレロ。

antesombrlero.jpg

アーチーズArches,つまり岩でできたアーチがたくさんある国立公園。ここはユタ州。
地下は岩塩層で、3億年前、海水が流れ込み、蒸発し、持ち上げられ、堆積物が加圧され、
岩となった。その様子を20分の映画で上映していた。映像で図解されると、生成された
過程がわかる。
岩塩層は、移動し、曲がり、液化し、ドームやアーチの形となった。
arch4.jpg


「トレイル」trailsという簡単な山登りコース。

arch1.jpg

初めは大勢いるのだが、上の方に進むにつれ、人が減って行く。

arch2.jpg

ここが一番高い所。スマホで自撮りの記念撮影の人。

arch3.jpg

午後3時過ぎになったので、一路、帰途につく。
車窓から紅葉を眺めながら、国道をひたすら走る。
7時に夕ご飯食べたいなという目標。

back_to_.jpg

アイゼンハワートンネルという一番標高の高い所(3400m)にあるトンネル。
この辺りは、もう雪景色。

 antetunnel.jpg

7時半頃、デンバー着。KYがよく行くというヴェトナム料理の店で夕食。
雰囲気のいい店。

archvetnam.jpg

「お昼はマックだったから野菜が多いのがうれしいわ」と全員の感想。
香辛料も強くなく、上品で美味しい料理だった。それなのに4人で100ドル。

archvetnam2.jpg


これで3泊4日の旅も終わり。私は明朝、デンバーを発つ。
他の2人はあと5日間滞在。もっと休めたらよかったけど。。


nice!(47)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -