So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

貴船(金沢) [和食]

半年先まで予約が詰まっているという金沢の人気店「貴船」のお料理を紹介します。
お料理は季節に合わせ、毎月、変わります。これは2017年3月の料理。
驚くのは値段。これで8000円也。お酒を入れても11000円でした。

kifune1.jpg

ぼんぼり(行燈)の上に桜の枝が載って出てくる最初のお盆。お花見気分になる。

ぼんぼりをどけると、下に、4人分の先付と前菜が盛られている。
それを各人のお盆にわけて、「いただきまーす!」

kifune15.jpg

前菜は手前右から、
(1)「のれそれ」 初めて食べた。穴子の稚魚。イカの薄づくり?と思った。
稚魚なので、穴子の味はしない。三杯酢、生姜で、するするっと喉越しがいい。

(2)ソラマメ、くらげ、わかめ、あわび、海草、の酢の物。

(3)平貝(細く切ってある)と青菜のぬた

(4)中央に盛られてるのは、
締め鯖でなく、〆鰆の押し寿司。里芋のように見えるのは、子持ちいいだこ煮、
杉玉のような若草色の球は、カマンベールチーズを生ハムで包んで青海苔をまぶしたもの。
子持ち昆布(茶色の直方体)

4人共、おなかがすいていたのので、ここまでは、「美味しい」以外の言葉はなく、黙々と食べる。

(5)お椀は、ほたてのしんじょう、菜の花、まる椎茸(まんまるの身が厚い椎茸)、赤いのは「生くちこ」(なまこの卵巣) で、上に白い柚子の花。柚子の花は日本水仙に似た花だが、大きさは小さい。食べると柚子の味がした。
お椀の蓋に書いてある字、「知ってるでしょ?」と言われ、「吾唯知足、われ、ただ、足るを知るでしたっけ」
「そう」(よかった、正解で、と、ほっとする)

(6)お造りは、鮭の昆布酢〆と筍、薄切りにしてサンドイッチふう。富山の「鱒ずし」にヒント?
下に鳥貝。
この器は、今は桜を眺めるように置かれているが、秋は逆に置き、紅葉を眺めるのだそう。
器がどれも凝っている。

kifune11.jpg

(7)揚げ物は、おこぜのから揚げ。酢玉ねぎにカラスミの粉を散らしたものが添えられていた。
(8)同じく揚げ物。キャベツと桜海老のコロッケ。手前のオレンジ色はウニソース。

kifune12.jpg

(9)ホタルイカとチコリ、山芋(手前の白い長四角)、ぜんまい(一番下)のバーニャカウダー
(10)煮物がわりのお椀は、鯛と大浅利、海草の一種(名前忘れ)

kifune13.jpg

(10)筍と蕨(わらび)のごはん。香の物。
炊き立てのごはんで、おかわりができる。御釜で炊いているので、おかわりには、おこげが入っていた。
(11)黒蜜寒天。桜の葉の揚げたものが載せてあった。

kifune14.jpg

以上、とても満足なコースだった。

岡山から学会で来ていたTは、「ようやく博士論文を提出したの。長い一年だったわ。今日は、
そのご褒美のつもりで来たのよ。」 「それは、おめでとう」と乾杯。
来年は1月にまた、ここで4人で集うための予約をして、コーヒーを飲もうと、店を出た。


nice!(37)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の1件 | -