So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

マッカリーナ(北海道・真狩村) [レストラン(フレンチ系)]

レストラン・マッカリーナは、札幌から西に車で2時間くらい、羊蹄山の麓の「真狩村」にある。
羊蹄山の湧水や風という自然の恵みを受け、野菜が格別に美味しいので、食材にこだわる
料理人には最高の場所。

このレストランが注目を浴びたのは、2008年「洞爺湖サミット」の時、ファーストレディたちの
ランチ会場となったからだ。

Macca1.jpg

予約がとれないと評判だけど、冬なら大丈夫かと思ったのに、冬の日曜ランチは休業
とのこと。仕方なく、土曜日のランチ。つまり、新千歳空港から駆けつけることになった。

大阪在のF&D夫妻から、「洞爺湖のホテルウィンザーで『ミシェル・ブラスが来日する料理フェア』
があるので、一緒にいきませんか」とお誘いを頂いた。行きますとも!
ホテル・ウィンザーの素晴らしさは、いつだったかZがお土産のチョコを持ってきて、話してくれた。
山の上に建つホテル、真下に洞爺湖が見える絶景。さらに、近くにあるレストラン「マッカリーナ」の
ブロッコリーの美味しさは比類なしとまで。これだけ聞いていたから、「行きます!」と即答。

私が11時着の便だったので、先に着いたFは空港でレンタカーを借りて待っていてくれた。
高速道路を降りると、道が左右に分かれていて、どちらからでも行けるのだが、カーナビの指示は
左だった。程なくして道は雪道となり、両側の畑であろう部分も一面雪。車が一台ももいないので、
路肩を示す下矢印の標識が頼り。この先、ひどい雪道にならないといいけど、と、不安になる。
「ゆっくりね」と運転のFに声をかけながら、「雪道の坂は怖いの。あっちから車が来るって見えていても
止まれない。ぶつかるって思いながら、数秒間走って、やっぱりぶつかった。小樽でだけどね」なんて
昔の苦い体験談。
ようやく着いたマッカリーナの玄関。

macca2.jpg

ほっとする暖かさは、赤々と燃える暖炉からの火だった。

大きな一枚ガラスの窓に面してテーブルがある席に通された。窓からは冬の木立が見える。
テーブル中央に陶器の四角い入れ物。何に使う?と思ったら、お絞り入れだった。

はじめの一皿は、前菜サラダ。美しい!
時計の6時の位置、さやえんどうの下は、ホッケをスモークしたもの。
左、時計の9時の位置のビーツの下はタコを紅茶で煮たもの。
上、12時の位置のは、見えないけれど、鱈とじゃがいものグラタン、キャベツ包み。
右、時計の3時の位置黒っぽい葉の下は、チキンのガランティーヌっぽいもの。
ズッキーニ、トマト、廿日大根、カブ、レタスなどの生野菜。オクラ、かぼちゃ、人参、インゲン、
黒豆、ブロッコリーなどは茹でてある。左端のこよりのような紫玉ねぎは揚げてあった。
あっさりと胡麻風味ドレッシング。

これが終わると、採れたての白菜。オーブンで蒸し焼きにし、出た汁にブイヨンを加えたものを
たっぷりとかけてある。

macca3.jpg

macca4.jpg

かぼちゃのポタージュスープ。塩味の効いたクルトン入りなので、カボチャの甘味と合っておいしい。

macca5soup.jpg

macca6.jpg

自家製の生ハムとロースハム。ロースハムの美味しいこと!美瑛ポークなのだろう。
三角のお皿が楽しい。
昼なので、シャンパンで乾杯し、それ以上は飲まなかった。

メインは肉か魚を選ぶ。夜は肉だからと、魚にした。
ブリのソテーにアンチョビ入りの玉ねぎソース。
付け合せの野菜も種類が多く美しい。

maccasakana.jpg

デザートは、タルトタタン。
この後、小菓子も出た。お料理に比べるとデザートはイマイチかな。(スミマセン)

macca8.jpg

2時頃から食べ始めたので、3時半に終了。
雪道が心配だったから、陽が暮れる前にウィンザーに着かないと。。
「今度は季節のいい時に来たいな」と思いながらマッカリーナを後にした。


nice!(32)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の1件 | -