So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス国立自動車博物館 (1) [車]

 昨日、F1フランスGPでは、フェラーリのミハエル・シューマッハが優勝しました。

シューマッハは、昨年こそワールドチャンピオンをルノーのアロンソに奪われましたが、
2000年から5年間ずっと王座にいるすごい人です。

弟のラルフ・シューマッハもトヨタで5位にはいりました。

私は車が好きだけど、メカよりも形に興味。
だから、クラシックカーとスポーツカーが好きなのです。

2003年の夏、パリから東方向に特急列車で4時間40分。スイスとの国境に近い町、ムールース(Mulhouse)にあるフランスの国立自動車博物館へ行きました。アルザスの近くです。

クラシックカーのコレクションは世界一。
ムールース出身のSchlumpf兄弟(兄は銀行家、弟は繊維会社経営)が私財を貢いで集めたものですが、会社が倒産したため国に没収され、国立自動車博物館として誰でも見れるようになったのです。上の写真が入り口。平屋のシンプルな建物です。

でも中は、、、↓ おびただしい数の車で圧倒されます



◆最初の車、クラシックカー

19世紀末の車。初期の車はこのようにオープンカーでした。ハンドルに注目!棒なのです。
車は馬車の馬がエンジンに代わったもので、当時は貴族の乗り物でした。
クラシックカー独特の気品があります。

  ◆クラシックカー(1900年以前)

ハンドルが丸くなりました。でもまだ19世紀。背景に当時のパリの街を走る車の写真を展示しているので、わかりやすいのです。右の車はプジョー。自転車のような華奢なタイヤですよね。 

  

 ☆出かけるので、続きはあとで書きます。 


 


nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 12

コメント 14

plot

☆いってらっしゃい!続きも楽しみにしています。
by plot (2006-07-17 15:31) 

ずーっと前に、ドイツで買い物をしていた時、ベネトンのショップの前でブロンドの男性とすれ違いました。地元の人がサインをねだっていて「誰だろう」と全く関心なくその場を後にしましたが、後からミハエル・シューマッハだと分かりました。彼、ドイツ人なのですか?
知らないって怖いですね。
by (2006-07-17 22:05) 

いっぷく

初期の車でもしっかり作ってある所がそもそも高級なものだったんですね。
シートも革張りだし。
続編待ってます。
by いっぷく (2006-07-17 22:23) 

TaekoLovesParis

☆書きかけで中途半端な記事にnice&コメントいただきありがとうございます。
▲Taddyさん、インディカーレースに取材にいらして赤のユニフォーム姿が
きまってた写真があったし、このことはいつか記事にします、って書いて
らしたから、カーレースはお好きかと思いました。あ、違った、よく読まないと、、
無頓着ってだけでしたね。
F1はフランスだけでなく、モナコGP、ドイツGP、イタリアGP,アメリカGPといろいろな場所で開催されています。欧州系の車が勢ぞろいで、コースも複雑だったりするけど、アメリカのインディはエンジンがシボレー、トヨタ、ホンダだけで、コースは楕円形とシンプル。
クラシックカー、優雅できれいですよね。

▲車にくわしいplotさん、私の憧れの車はアルファとマセラッティ。
アルファロメオのスパイダー、テールが四角いぶん、あれが好きでした。
フェラーリは恐れ多いので見るだけにしておきます。

▲お~~好くん、すごい出会い。結構かわいい顔だったでしょ?
ドイツ人です。ミハエルはMichaelドイツ語、フランス語ではミッシェル、英語ではマイケルなんですよ。バッハとかシューマッハとかchの「ッハ」語尾はドイツ名に多いです。

▲いっぷくさんのブログで、レーシングカーのディンギーを見ていたら、この
博物館のことを思い出したんですよ。次回のせる写真で、わかってくださると
思います。
ヨーロッパの貴族は富が違うから、シートの革も上等で。。ため息。
by TaekoLovesParis (2006-07-18 01:46) 

こんなところがあるのですね。日本ではなかなか見れないものもあるでしょうから、要チェックですね。
フェラーリの博物館などは是非行ってみたいです。
by (2006-07-18 05:15) 

シェリー

こんばんわ~
フランスの自動車博物館!素敵ですね~
私車は全く詳しくないのですが
クラッシクカーなどはインテリア的な感じがあって素敵ですね。
Taekoさんは本当にご趣味が幅広いですね。
続きも楽しみにしています。
by シェリー (2006-07-18 21:45) 

TaekoLovesParis

▲ikesan、フェラーリ博物館は箱根にもあるんですよ。
(多分ヨーロッパにはもっとすごいのがあると思うけど)
個人の経営なので入場料は2000円ってちょっと高い。
70年代のフェラーリ・ディトナは今見てもきれいですよね。
ランボルギーニ・カウンタックなんていうミニカーで見ていたものも
あります。

▲シェリーさん、
<クラッシクカーなどはインテリア的な感じがあって素敵ですね。>
→たしかにそうですね~。だって乗るよりも飾って見ている時間の方が
長いんですもの。手作りの良さが光ってますしね。
昔の写真では、ロングドレスの正装に帽子でオープンカーに乗っている
けれど、帽子とばなかったのかしらね?(笑)
by TaekoLovesParis (2006-07-18 22:26) 

匁

Taekoさん おはようございます。
了解いたしました。
こちらにコメント移しました。

今回の記事 「永久保存版」 ですね。
早速パソコンに取り込みプリントさせていただきました。
(模倣はしませんのでご安心を)
パリからスイス国境の町まで行くと流石に日本人は皆無なのではないですか?
by (2006-07-19 07:18) 

berry

ズラーーーーーッと並んだクラシックカー。壮観ですね。
じぇ〜んぶクラシックカーなんですよね。
馬車がエンジンで走る......
かっこいいんだろうなぁ〜......乗っている気分(笑)
by berry (2006-07-19 16:06) 

TaekoLovesParis

▲kitaさん、コメント運んでいただいてありがとうございます。
<パリからスイス国境の町まで行くと流石に日本人は皆無なのではないですか?>
はい、日本人というか、外国人がいませんでした。田舎なんです。

友達に「私は車興味ないから、ひとりで行きなさい。私の携帯、持ってって、
ムールースの駅についたら電話してね。」と送りだされました。
駅についたらタクシーに乗って、と考えていたのに駅前にタクシーがいない
ので、「タクシー乗り場はどこですか?」ときいたら、「ないよ。自動車博物館
ならバスで行けるから」と言われ、バスで。
人があまりいない町で、自動車博物館にも家族連れがちらほら、といった感じでした。

▲berryさん、うふふ、berryさんのコメント読んでいたら、ディズニーランドの
エレクトリカルパレードに、クラシックカーが混じって、沿道の人にスマイル
を送りながら運転しているberryさんが浮かんだのですが。。。(笑)
by TaekoLovesParis (2006-07-19 23:42) 

Asaph

お久しぶりです〜! NewBeetle君も修理費が掛かるようになりましたので来週からサソリ印のABARTH595君へバトンタッチしますね...15年ですものね
by Asaph (2017-06-17 14:51) 

TaekoLovesParis

Asapoooo, Beetle、silverは、15年経過ですかー。ABARTH595って知らなかったので、検索したら、フィアットなんですね。がっしりして可愛い!販売台数少ないんですね。ドゥカッティとイタリア揃えで、かっこいいな。ところで何色にしたの?
by TaekoLovesParis (2017-06-18 09:55) 

Asapo

イタリア車だから表現が難しいのですが、限りなく白に近い、青み掛かった灰色
by Asapo (2017-06-25 18:17) 

TaekoLovesParis

ブルーグレイという色に近いかしら。ABARTH595の白、うちから遠くない所にできた外車向けタイヤ販売の店に置いてありました。ベンツとフィアットが並んでるのよ。
by TaekoLovesParis (2017-06-25 23:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。