So-net無料ブログ作成
検索選択

フィラデルフィア [旅行(米国・アジア・日本)]

旅のスタートは、フィラデルフィア。アメリカ建国の地。
植民地だったアメリカがイギリスから独立宣言をし、首都がワシントンに移るまでは首都であり、憲法もここで制定された。

IMG_0050.JPG 

後方ブルーの濃淡の2 つの三角ビルは現在のフィラデルフィアのシンボル

この写真の奥が市庁舎。白い建物の上に、フィラデルフィアを作った   ウィリアム. ペンの銅像がのっている。
1987年までは、ウィリアムペンに敬意を表し、この銅像より高いものを建ててはいけないと決まっていた。
 IMG_0052.JPG 


独立宣言の町、フィラデルフィアなので、歴史的建造物が多い。
1774年、独立宣言の2年前に、開かれた会議は、カーペンターズホールで行なわれた。
今は、周囲が公園になっている。建物の前に、1週間前にふった季節外れの大雪が残っていた。
IMG_0048.JPG

アメリカの旗を作った女性の家が当時のまま保存され、キッチンや裁縫道具が展示されている。

flag.jpg

 
フィラデルフィアには、ギリシア神殿ふうの堂々とした建物や、 ネオクラシックの重厚な建物が多い。
旧為替銀行の建物が、中華料理店として使われ、美味しい店だった。
FullSizeR.jpg
上の写真の中央の建物は、婦人服のブティックに改造されている。
anteprimo.jpg

 
デパート、 メーシーズは、日本橋三越の吹きぬけよりもっと規模が大きい。天井も荘厳で素晴らしいと
見ていたら、パイプオルガンの演奏が始まった。観光客が、揃ってカメラを向ける。
Macy's.jpg

 
友達jが予約しておいてくれたジャズパーラーに演奏を聴きに行った。 まず食事をしてから、隣の部屋に移って
演奏を聴く。この日は9人のフルバンド構成でモータウンサウンドだったので、知っている曲が多く楽しかった。J  の御主人Dは、 元ジャズメンなので メンバー に挨拶したりしていた。これは演奏前、練習中の写真

IMG_0045.JPG

 
フィラデルフィアへ来たのは、20年ぶり。
アメリカ人と結婚して、ここに住んでるY子のすすめで、D大学の夏期講習に参加。1か月をここで過ごした。
懐かしい場所、好きな場所。アーティストJは東京で、個展をした時、うちに泊まっていたので、気心知れた仲。ようやくDと結婚出来てよかったわね。

続く。


nice!(45)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 45

コメント 11

ENO

アメリカの旅を満喫しておりますね〜!
羨ましい・・・ですね。
by ENO (2017-04-07 19:55) 

coco030705

こんばんは。
トランプ大統領で好印象が下降気味のアメリカですが、Taekoさんの記事を読むといいところのように思えます。建物が大きくて美しいですね。
私はニューヨークでメーシーズに行きました。フィラデルフィアのはパイプオルガンがあって素敵‼ 
ジャズも楽しまれたんですね。このごろジャズにご無沙汰でしたので、またCDを取り出して聴いてみます。


by coco030705 (2017-04-07 21:51) 

yk2

フィラデルフィアで音楽と云うと、僕なんかの世代(ジャズ/ソウルよりもフュージョン/ブラコンの終わりの方^^)だとジャズよりも断然ソウル・ミュージックのイメージなのかなぁ。それも、本家じゃなくてカヴァーで知ってから遡ってオリジナルを知る、ってパターン。例えばシンプリーレッドで『If You Don't Know Me By Now』を聴いて、いいな~と思ったらそれがハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツってグループのカヴァーだった・・・で、彼等の音楽がフィラデルフィアから生み出されていたからフィリー・ソウルって呼ばれてるんだよ、みたいな(^^。ビリー・ポールの『Me and Mrs. Jones』なんかはジャズ系でもよくレコーディングされてるフィリー・ソウルの代表曲ですよね。taekoねーさんもマイケル・ブーブレのヴァージョンとか知ってるでしょ?(^^。
by yk2 (2017-04-08 14:45) 

moz

古都フィラデルフィア、佇まいが落ち着いていてやっぱり素敵なところなんですね ^^
オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団のサウンド、大好きです。
今でもきっとその音色は健在なんでしょうね。
Jazz もきっと素敵なんだろうな。 ^^
by moz (2017-04-09 09:38) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます。
▲ENOさん、フィラデルフィア→ニューヨーク→マイアミ→フィラデルフィアと長い旅でしたが、楽しかったです。アイホンを持っていたので、日本のニュースも見れました。

▲cocoさん、友達Y子夫妻は、熱心に民主党クリントンを応援していたので、選挙の結果にはショックで、一か月ほど呆然としていたそうです。
Y子関連のいろいろな女性に会いましたが、来週から再就職するという人が2人いました。インテリア関係の仕事の人と会計の仕事の人。再就職の場があるというのは、景気が良くなっていることなのでしょう。社会全体がまぁまぁ活気がある感じでした。
私も今回、NYで、ペンステーションのそばのMacy'sに行きました!フィラデルフィアのMacy'sは、元「ワナメーカー」という有名な老舗デパートをMacy'sが買い取ったのです。ワナメーカーは、アメリカ最古のデパートで建物が豪華で、世界最大のパイプオルガンがあることで有名だったんですって。それを買い取るMacy'sの財力もすごいですね。
by TaekoLovesParis (2017-04-09 16:51) 

Inatimy

規模の大きな吹き抜けで聞くパイプオルガンの音は、素晴らしくいいでしょうね〜。
その写真にある"Meet Me at The Eagle" は、待ち合わせ場所なのかしら。
なんて大きなイーグル。 天井見たり、音色に耳を傾けたり、飽きなさそう^^。
by Inatimy (2017-04-09 21:23) 

TaekoLovesParis

▲ykさん、If You Don't Know Me By Now you will never,never.never know me u--h♪ と、Me and Mrs. Jonesなら、よーくわかります!これがフィーリー・ソウルってよばれてるのね。昔、ディスコで最後の方にかかったMe and Mrs. Jones はねっとりと、切々と歌い上げてた懐かしの曲。映画の中でも時々、使われてるわね。マイケル・ブーブレのヴァージョンはPCに入れてある。だから、また聴きたくなって、聴いてみて、序に他の曲も。。。
よく知ってる曲がフィーリー・ソウルって聞いて、うれしいです。Donから、フィーリーは有名なJazzMenを輩出してる町って聞いてたけど、クリフォード・ブラウンとかマイケル・ブレッカー、、、それに、ほら、あのネイサン・イーストって、皆、私にとっては正統派。
私が行ったJazzNightは、モータウン・ジャズ。スティービーワンダーの曲などもあり、フィーリー・ソウルより、ちょっと前の時代で、懐かしかったです。
by TaekoLovesParis (2017-04-10 00:45) 

TaekoLovesParis

mozさん、ユージン・オーマンディはフィーリーの老人たちの誇りです。私がヤニックを聴きに行くと言ったら、「オーマンディ以来の良い指揮者だ」って言ってましたもの。ヤニックは若いけれど、ぐいぐい引っ張っていく指揮ぶりは魅力で迫力があります。プログラム編成も上手で、コンサートの選曲が面白くて、ベートーヴェンのプロメテウスで始まって、中国のメロディっぽいシンセを使った新進作曲家の曲、
モーツァルトのピアノコンチェルト、〆がリストのプロメテウス。初めに指揮者が、本日のプログラムは、、、って説明するんですよ。そのうち記事にします。
by TaekoLovesParis (2017-04-10 00:56) 

TaekoLovesParis

Inatimyさん、そうなの、突然、大音響の、パイプオルガンで「春の喜び」が聞こえて来たので、「どこ?」ってきょろきょろ。イーグルの横に説明係のおじさんがいて、
「弾いてる所は見えないけど、実際に演奏してる、10000本以上のパイプを使った世界最大のオルガンで、○○年制作。フィラデルフィアオーケストラがここでオルガンと一緒に演奏をしたこともある」と説明していました。集まった人たちは、「ほぉう、そんなすごいオルガンなら」と、皆、写真を撮っていました。
"Meet Me at The Eagle"、わ、よく読めたわね。このイーグルも昔からずっとこの場所にいるんですって。
友達がこの横の靴売り場で、靴を試してる間、待つのに、飽きなくて丁度よかったです。
by TaekoLovesParis (2017-04-10 01:04) 

アールグレイ

フィラデルフィア、先日、息子が出張でここにも行ったようなので
どんな街か興味深く見せてもらいました。
歴史的な建造物もあったり、美しい街並みに、行ってみたくなります^^
by アールグレイ (2017-04-12 10:30) 

TaekoLovesParis

アールグレイさん、お返事遅くてすみません。
フィラデルフィアは建国の町なので、人々も誇りを持って文化を大切にしています。大学はペンシルヴァニア大学が有名ですが、その他にもいくつもあります。
レンガや石のどっしりとした建物から、昔の繁栄を感じ取ることができます。
日本からの直行便がないので、行きにくいかもしれませんが、ニューヨークにいらした時に、足を伸ばしてみるのもいいでしょう。高速鉄道(アムトラック)で1時間15分ですから。
by TaekoLovesParis (2017-04-14 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました