So-net無料ブログ作成
検索選択

ロングウッド・ガーデン(フィラデルフィア郊外) [旅行(米国・アジア・日本)]

 ロングウッドガーデンは、フィラデルフィア郊外にある敷地面積425ヘクタール
(東京ドーム90個分)という巨大なガーデン。
化学会社デュポンのピエール・デュポン氏が自然保護を目的にこの土地を買い取り、庭園を造りはじめた。
その6分の1くらいと温室が公開されている。

ガーデンの前でタクシーを降り、歩き始めると、桜の木が何本も!
市内で見ていた花の小さな白っぽい桜と違って、これは日本の桜に似ている。

LWG1.jpg

花を見たいので、温室に向かった。向こうに見える建物が温室。
アート的に刈り込んだ(シザーハンズのような)木、トピアリーがみごと!
LWG22.jpg


トピアリーの間から噴水が見えたが、今まで見たことのない凝った噴水。
水がクロスしている。
lWG6.jpg

これは、庭園の噴水。庭園はフランス庭園、イギリス庭園、イタリア庭園など、いくつもあるそうだ。
「クリスマスの季節には、ライトアップされて、とっても綺麗なのよ」とY子が言う。

LWGFunsuiL.jpg


まずは温室へ。天井の高い立派な建物。
入った所から、センスの良さが感じられる設え。

LWG_WelcomeFlower.jpg

中は、トロピカル・ガーデン。池があり、椰子の木がそびえる。

LWG_Entrance2.jpg

LWG_lilys.jpg

高い所、目線の所、低い所と、それぞれに置かれた花が、調和がとれていて美しい。

知っている花があると、うれしくなる。
クリーム色のほぼ中央の花は、アマリリス。その下は、シクラメン。
右側の赤い小さな花は、monkey flowerと書いてあった。 猿?

LWG4.jpg

最近、時々見かける極楽鳥花(Strelitzia)

LWG5Gokurakutyou.jpg

天井から吊るされてるのは、RoseGrape.
花の芯がぶどうの実のように垂れ下がる。

LWG12.jpg

日本の「盆栽」コーナーもあった。

LWG9.jpg

印象に残った花たち
左上から コーレリア、赤い筒状の小さな花、Bartlettina 紫色、メキシコ、グァテマラ原産
2段目 アネモネ、アンセリウム
3段目 サボテン、濃いピンクは紫陽花
ペチュニア(日本ではプランターに植えることが多いけど、これは吊り)

LWG-fini.jpg


nice!(43)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 43

コメント 5

アールグレイ

良い時期に行かれ、桜並木も美しい眺めですね。
噴水のあるよく手入れされた公園も素敵なところですね^^
by アールグレイ (2017-04-19 11:01) 

Inatimy

広大な敷地ですね〜。
オルセーやアンヴァリッドのあるパリ7区(409ヘクタール)よりも大きいとは^^;。
噴水のある庭も、見て歩くだけでも楽しくなりそうな。
クリスマスの頃のライトアップ、どんな風なのか見てみたいですね。
温室の中もぎゅうぎゅう詰めじゃなく、
庭園風なのが余裕を感じられるディスプレイですね〜♪
モンキーフラワー・・・サル顔の花とか^^;。
by Inatimy (2017-04-19 19:38) 

coco030705

こんばんは。
すばらしい庭園ですね。やはりアメリカってお金持ちの国なんだとつくづく思いました。桜の木が大きくて見事ですね。それにトピアリーがすばらしい。私も英国のお城でよくみかけました。あちらは動物の形に刈り込んだりもしていますね。温室もすばらしいですね。入口が左右対称ですし、中もTaekoさんがおっしゃるように、高い所、目線の所、低い所と調和がとれていて、しかも配色がセンスが良く美しいです。それにアマリリスがあったのがうれしいです!うちのはまたお花をつけているんですよ。たぶん最後の一輪だと思います。
今回記事を拝見して、アメリカはやはりすごい国なんだと改めて思いました。アメリカの良さを見直した次第です。有難うございました。


by coco030705 (2017-04-20 01:05) 

moz

デュポンの庭なんですね。さすが社会的貢献きちっとしてますね ^^
刈込の緑の木、トピアリー、本当に見事ですね。
日本とは自然や植物、木々に対する考え方も違うんだろうなぁ~。
by moz (2017-04-22 10:26) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます。
▲アールグレイさん、とっても綺麗な所でした。入園料は23ドル(約2500円)と安くないのですが、その価値はあります。私は左側半分を見ただけで、まだ、この倍以上、見るところがあるそうです。日本ではあり得ない規模の大きさで、アメリカの広さを感じました。

▲Inatimyさん、クリスマスの時は入場料も特別料金30ドルと書いてありましたから、ライトアップの美しさはこの上ないものだそうです。その中を歩くだけでなく、丘の上からライトアップを見下すのもいいでしょうね。パーティ用の会場もあるので、Y子はここで結婚披露パーティを開いたそうです。
<モンキーフラワー・・・サル顔の花>→なるほどー。そうだったのね。私もちょっと調べたんだけど、フラワーエッセンスなんていうちょっと的外れのものばかりが出て来て、、、いつものことだけど、Inatimyさんは、検索上手ね。解決できたわ。ありがとう。

▲cocoさん、アメリカは広大です。資源が多く豊かな国なのも当然です。それにお金持ちが桁はずれですものね。こうやって住んでいる感覚で、いろいろな所に行くと、特にそう思います。
アマリリス、cocoさんちのは、珍しい八重でしたね。こういう知っているお花があると、うれしくなります。場所柄、南米原産の花が多かったです。パリでは、熱帯の花はアフリカ原産、やはり地域で違いますね。

▲mozさん、帰りに乗ったタクシーの運転手さんが女性で、「すばらしいお庭だったでしょ。デュポンの持ち物なのよ」Y子が、「デュポンは何を作ってる会社?」
「サイエンス、たとえばファブリック」、私はこれは黙認できなかったから、「デュポンはケミカル!ナイロン、テフロン、日本でも有名よ」
トビアリー、いいですよね!翼を広げたイーグル(鷲)もあり、立派でした。
by TaekoLovesParis (2017-04-23 10:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました