So-net無料ブログ作成

映画「ザ・ダンサー」とビストロでの夕食 [レストラン(フレンチ系)]

dancer.jpg


Bunkamuraの映画館でやってる「ザ・ダンサー」は、ロートレックも絵に描いてる
有名なダンサー『ロイ・フラー』の話で面白そう と、yk2さんが教えてくれた。
「ロイ・フラー、知らないけど。。。」「白いドレスで、手に持った棒に白い布を巻きつけて
蝶の羽根のようにして踊る、、、知ってるはず」
あー、そうだ、どこかのロートレックの展覧会で、小さな実写映像を見たことがある!
ロートレックがさくっと描いたデッサンがこれ ↓

royFlaer.jpg


一世を風靡したロイフラー。いろいろな人たちが踊る姿を描いている。
ジュール・シェレ / 『フォリ=ベルジェール劇場のポスター「ラ・ロイ・フラー」』
  1893年 石版 ヴィクトリア&アルバート美術館

Loie Fuller_01_300.jpg

フォリー・ベルジェールのロイ・フラー、PAL(ジャン・ド・パレオローグ)によるポスター
Loie Fuller_02_300.jpg


1900年の万博では、「ロイ・フラー劇場」が設置され、ロイ・フラーの名は世界に
広まった。
左:ラウル=フランソワ・ラルシュ / 『ロイ・フラーのランプ』
  1900年頃 ブロンズ 鍍金

右:マニュエル・オラジ / 『1900年パリ万国博覧会のロイ・フラー劇場のポスター』
  1900年頃 石版 ヴィクター&グレタ・アーワス・コレクション


Loie Fuller_05_400.jpg


1900年の万博は、アールヌーヴォー全盛。ポスターの絵もランプもアールヌーヴォー仕様。
当時のロイ・フラー人気のすごさが伝わってくる。

映画のストーリーは、モダンダンスの創始者ロイ・フラーの伝記。
19世紀末。アメリカの農家生まれのルイーズ・フラーは女優をめざし、ニューヨークに行き、オーディションを
いくつも受けるが、端役しかもらえない。ある時、舞台上で数分踊るという役が来て、それが拍手喝采。
ルイーズはダンスが自分に向いていると気づき、ダンスの勉強をし、名前もロイ・フラーとする。そんな彼女を
応援してくれたのは、フランス人のドルセー伯爵だった。しかし、ロイは、パリ・オペラ座で踊るという夢を叶える
ため、伯爵のお金を失敬し、パリへ行く。
パリで、有名なフォーリーベルジェール劇場で踊るチャンスを手に入れたロイは、白い衣装で、手に白い布を
巻き付けた棒を持ち、鳥のような姿で踊り注目を集めた。光や角度を考えた照明を使うのも新しい方法だった。
一躍有名人となったロイは伯爵と再会し、伯爵の家に住むようになるが、ロイの関心は恋愛よりもダンスだった。
遂にパリ・オペラ座から出演オファーが来た。ロイに憧れてアメリカから来たイサドラ・ダンカンを共演者にし、
さらに新しい舞台を目指すが、体がぼろぼろ。イサドラの若さと才能に嫉妬し。。。。

実話に基づき、なのだが、

●日本の川上音二郎一座の踊りに感銘したロイは、彼らの公演をオペラ座で行うが、観客が入らず、
責められる場面がある。実際は、パリ万博の時、万博会場の舞台で、川上音二郎一座が公演をし、
川上貞奴ブームが起きるほど人気を博したと、記録がある。
●ロイの舞台の幻想的な美しさは、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに称賛され、ロートレック、
ジュール・シェレ、コルマン・モザーらが絵に描き、建物のカリアティード(女人像柱)にも彫刻として
残されている。芸術家たちと交流があったのだが、映画に芸寿家たちは登場しない。
●当時、アメリカに住んだりするフランスの伯爵がいる?と思ったら、伯爵の部分はフィクションだった。
映画に恋愛要素がないと、淡々としてつまらないからでしょうね。


監督&脚本は、ステファニー・ディ・ジュースト。写真家なので、映像が美しい。
ロイ役はミュージシャンのソーコ 伯爵役はギャスパー・ウリエル かなりセクシー
イサドラ・ダンカンはローズ・ディップ(ジョニー・ディップの娘)


ビストロ「グルトン」 池尻(世田谷区)

映画は最終日に行ったので、友達を誘ったけど、美容院の予約を替えられないから、
ごはんだけ一緒に食べることになった。友達が、グルメなお医者さんに、「ここ、いいよ」と
紹介されたので、行きたいと言っていた店「グルトン」
渋谷から、田園都市線で1つ目「池尻大橋」下車徒歩5分、なので、ちょうどいい。
カウンター8席に2~3人テーブル1つだけの小さな店。

カウンターにすわって、アラカルトメニューから、いろいろ選ぶのは、ビストロっぽくて楽しいし、
ワインメニューに好きなワインの名前を見つけて、うれしかったりする。
暑い日だったので、とりあえずビールを飲みながらのメニュー選び。
本日のおすすめは、黒板に書かれている。

写真は、時計まわりに、焼きナスと鯵のサラダ。インゲンとマッシュルームのミモザサラダ。
パスタはトマトソースとひき肉、デザートのプリンと赤ワイン、牛はらみ肉のステーキ、
いわしのマリネ、下はラタトゥイユ(夏野菜のトマト煮)
bb0.jpg

bb4.jpg

季節のスープ、ガスパチョだったと思う。
ここの人気料理は、カニのクリームコロッケ。カニの身がぎっしり。写真撮り忘れ。

シェフは、ロブション出身なので、お料理が、それぞれ、きちっと味がついて、おいしい。
その割に値段は高くないけど、私たちはたくさん食べて飲んで、、、だから。。
奥様がソムリエでサーヴィスも担当。

好きな赤いバラの花の絵のジル・ブートンのサントーバンの1erCruがあったので、ボトルで。
赤ワインはお料理に合わせてグラスでもらった。

bb9.jpg

うちからあまり近いとは言えないので、気軽に行けないが、こういう美味しくて気軽に使える店は
いいなと思う。

nice!(32)  コメント(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 32

コメント 9

招き猫

”PCの動作が遅いので、niceのお返しは、していません。”

あなたのページが軽いので意味(意思)が良く伝わります。
最近は重いページが多いですよね。

by 招き猫 (2017-08-27 08:16) 

yk2

コメント欄で出した僕のリクエスト=無茶振り(?)に応えて頂きありがとうございます~(笑)。taekoねーさんにお薦めしたした割には自分が渋谷でも横浜でも見逃してしまったと云う・・・(苦笑)。この手の題材の映画は上映館も少ないし、上映期間もほんとに短くて、うっかりしてたらとさっさとお終い。今回も結局そんなパターンでした(T^T)。DVDが出ると好いんだけど。

それはそうと、ジル・ブートンのアン・レミリー!。飲みたい飲みたい!!。アン・レミリーじゃないジル・ブートンは2本ストックしてるんですが(僕に薦めて下さった某せんせは今はどうして居られるのやら^^;)。文中では敢えてぼかしておられますが(笑)、レストランで飲むとそう安くはなかったでしょう?。それでも、こちらのビストロはそう云うワインのセレクトをしてるんだ、と思うと好感出来ますね。池尻は横浜在住の東横沿線民にはそう遠くないけどめんどくさい場所(^^ゞですが、ここのお店、行ってみたいです。
by yk2 (2017-08-27 10:39) 

coco030705

こんにちは。
「ダンサー」面白そうでしたね。見逃して残念でした。このごろ映画をあまりみていないので、ちょっと恥ずかしです。イサドラ・ダンカンの先輩(師匠)なんですね。ロートレックが描いたぐらいだから、本当に魅力的な人だったんだろうなと思いました。
ビストロ「グルトン」、おいしそう! 私好みのお料理です。ぜひ行きたいですね。友達と行ったときに訪れたいですね。色々シェアして食べるのがいいですものね。
by coco030705 (2017-08-27 11:26) 

angie17

良い映画→美味しいお料理とワイン・・。
最高の休日ですね~。

by angie17 (2017-08-27 16:24) 

匁

ごちそうさま
最高の休日ですね。G軍完勝 ∔ で。
「Bunnkamuraの午後」って、映画になりそうです。
次回は甲子園で待っています。
by (2017-08-28 09:02) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます。
▲招き猫さん、そうなんです。重いサイトはくるくるまわる印がいつまでもついたままで止まってしまったり、と面倒なことが多いので、困ります。見てもらう工夫、読んでもらう工夫も必要だと思うのですが。

▲yk2さん、良い映画でも、日にちが経つと忘れちゃうんですよね。だから、「書いてください」とコメントされてよかったんですよ。ロイ・フラーの一途な性格、ダンスへの情熱、強い人物像に迫ろうとする映画だったので、1900年当時の町のようすやアールヌーヴォーブーム取り上げられていませんでした。DVDで見れるといいですね。
ワインリストにJ嬢おすすめのジルブートンがあったので、喜んで頼みました。アンレミリーという所まではチェックしてませんでした。そうじゃないのもあるんですね。お勘定は一人15000円くらいでした。ビストロで安い、お得なんて書いて、この値段じゃ、と思って敢えて書かなかったの、ちゃんとわかっちゃったんですね。

▲cocoさん、イサドラ・ダンカンはアメリカからロイ・フラーをたよってやって来るけど、ダンスの方向性が違うの。ロイ・フラーは照明や衣装に凝るけど、イサドラは古代ギリシアのダンスに回帰なの。ダンスの方向性は違うけど、かわいいと思ってる、もしやレズって思わせるような場面もありました。
ビストロは気軽にシェアできるからいいですよね。「分けたいのでお皿、もう一枚ください」と言って、同じものを食べると、味の批評ができて楽しいですよね。

▲angieさん、良い映画→美味しいお料理とワイン それにプラス友だち。
おいしいものを食べてる、飲んでる時が一番幸せ。

▲匁さん、今日からまた3連戦。T軍は余裕ありですが、G軍は3位めざして、背水の陣です。相手広島ですからね。マイコラスにがんばれ。体調不良の菅野も9月には復帰らしいです。

by TaekoLovesParis (2017-08-29 17:50) 

Inatimy

ロイ・フラー、名前は知らなかったけどロートレックのデッサンでピンときました^^。
3月にゴッホミュージアムでの展覧会「パリの版画 1900年頃」で、ロートレックのリトグラフで踊ってる姿があったんですよ。そばに当時の写真も展示されてました。
ジュール・シェレのもパリであった展覧会『ジュール・シェレのベル・エポック』で
見てたり・・・。 あれがそうだったのか、と今になってわかりました^^;。
ダイナミックな布の動きですよね。
二人のダンスに対する姿勢、対立心にハラハラしてきました。
映画の予告編では実話って言い切ってましたが、実話に基づき、なんですね。
by Inatimy (2017-08-29 21:06) 

moz

Bunkamura のル・シネマで上映していたんですね。
ここ、良い映画やっていますよね。こじんまりとしていて、ポップコーンも食べられないけれど、落ち着いていて好きな映画館です。 ^^
ロイ・フラー、やはりロートレックの絵で見た記憶があっただけですが、この人ではなくて衣装が主役の絵画、かなりインパクトかあって覚えています。ロイ・フラーの物語、興味あります。見に行けばよかったなと。
食事も美味しそう!! 夏らしく旬の野菜、色彩も良いですね。 ^^v
by moz (2017-08-30 06:29) 

ナツパパ

花より団子で恐縮ですが(笑)、ビストロの料理美味しそうです。
行くりと食べていったら満足満腹になりますね。
by ナツパパ (2017-08-31 12:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。