So-net無料ブログ作成
検索選択

芝プリンスパークタワーのブリーズ・ヴェール [レストラン(フレンチ系)]

yk2さんの「オルセー展」の記事を見て、
  http://blog.so-net.ne.jp/ilsale-diary/2007-04-Orsay-5
思い出したのは、2001年3月にパリのグランパレで見た「シニャックSigniac展」。


点描タッチのシニャックの絵を切り取ったような入り口の看板。


シニャックは、南仏、サントロペの海を多く描いています。
この絵も「サントロペ」というタイトルです。海の色合いが、入り口の看板に似てませんか?

「ハーモニー」という↓の絵は、大きな絵。壁いっぱいでした。
モーリス・ドニの描く人物たちに似ている後方の人々。
(光がはいっているのは写真が下手だからです。)
地上の楽園をイメージしているのでしょう。手を伸ばせば採れる果物。
豊かな土地。温かい気候。水をたたえた湖。日の光。赤ん坊。





**********
日曜日、東京プリンス芝パークタワー35Fでフレンチ。
ここは眺めがいいので、お世話になった方々をお招きしました。
シャンパンは、お店のおすすめ「テタンジェのロゼ」
軽い口当たりで、上品でおいしいかったけど、グラス2400円。

前菜の「海老とアボガドのカクテル」
これにのっているサボテンのような野菜が「バラフ」。水滴がついたような葉。
アフリカ原産、佐賀県で栽培。塩味なんだそう。
(私はこういうのは苦手なので友達に食べてもらいました)

このレストランは、野菜料理が得意なので、いち早く新しい野菜を
取り入れているのでしょう。

ステーキとワイン(Chateau Haut Bernat, St.Emilion)
食べてから、「あ、写真」と気付くので、食べかけです。


******
外はつつじが満開で、とてもきれい。
ガラス越しの陽の光をいっぱいに浴びてのランチ。
春を満喫した一日でした。


ヴィオラとピアノのデュオ・コンサート [オペラ、コンサート、バレエ]

4月15日(日)
ヴィオラとピアノのコンサートに行った。
東京・世田谷・三軒茶屋駅前の小さなホール、サロン・テッセラ。
個人のお宅の4階なので、こじんまりとした小さな雰囲気のいいホール。

(写真はちらしをスキャン。折り皺がはっきりはいってしまい、すみません)
ヴィオラが飛澤浩人さん、ピアノが奥様の直子さん。お二人のデュオ・リサイタル。
ご夫妻は、パリのエコール・ノルマル音楽院卒。

シューベルトのソナタで始まった。ヴィオラの音色がやさしく低く、じ~んと響いてくる。
そっと寄り添うようなピアノ。繊細で控えめながらも表情豊か。心地よい時間。
続くブラームスのソナタも温かみのある音で美しく、すっかりヴィオラの音色に魅了
されてしまう。小さいながらも天井の高いホールは、教会の礼拝堂を思わせる。

休憩には、淹れたてのコーヒーとクッキー。。
後半は、ウィリアムズ、ミヨー、ヒンデミットと個性的な作曲家の作品。
ミヨーの「4つの顔」という4都市の特徴をとらえた曲がとても楽しかった。

聴衆を捕らえて放さない実力の、飛澤夫妻の演奏。
心にずんと響く、温かみのある良いコンサートだった。
 

追記:飛澤浩人さんは、N響所属。
小沢征爾で有名な松本の「サイトウキネンオーケストラ」に毎年参加しているそうです。


 

いっしょに行った友達2名とは、この日は各々用事があったので、潔く別れて帰った。
1月に、集まった時、うちでの悠遊会新年会(過去になりすぎ。。。)
乾杯は、クリコ好きのN嬢のために「ヴーヴ・クリコ」のロゼ。

お料理は皆が持ち寄ってくれたのに、写真撮り忘れ。
なんか~山形のりんごワインが、存在感発揮してますね(笑)。
 

 


オレンジケーキ、じゃがいもの簡単グラタン [ケーキ、チョコレート、花]

plotさんのミルコン(ミルク、乳製品を使ったお料理コンテスト)への応募作品です。

★オレンジケーキ

バターの代わりに生クリームを使った軽い食感のケーキです。
マーマレードのオレンジの香りがよく似合います。

<材料>
生クリーム  200cc(1箱)
砂糖     150グラム
卵       2個
小麦粉    150グラム
ベーキングパウダー  小さじ1

ブランデー 大さじ 2
オレンジママレード  大さじ4

<作り方>
1、生クリームを泡立てる。
2、砂糖を混ぜる。
3、卵2個をまぜる。      (A)

4、小麦粉とベーキングパウダーをよく混ぜてから、ふるいでふるい、
(A)にいれる。木じゃくしでさくっと混ぜる。

5、直径18センチのケーキ型に流しいれる。
6、あらかじめ中火で温めておいたオーブンに入れ、40分ほど焼く。
7、中まで火が通ったら(串をさして確かめるとよい)、上にブランデーを
  刷毛で塗り、マーマレードを塗る。
7、再びオーブンに入れ、1~2分焼く。
8、型から出して、皿にのせる。





★じゃがいもの簡単グラタン

うちにあるもので簡単に作れるグラタンです。
じゃがいもはチーズや牛乳と合性がよく、私は大好きです。

<材料>
じゃがいも 中2個
たまねぎ  1/6
バター   20グラム
小麦粉   大さじ 2
牛乳    600cc

ベーコン   50グラム
チーズ    100グラム

<作り方>
1、じゃがいもは薄切りにして、水にさらす。
2、じゃがいもの水を切って深皿にいれ、ラップをして、電子レンジで3分加熱しておく。

3、玉ねぎのみじん切りをバターで焦がさないようゆっくり炒め(弱火)、しんなりしたら、
小麦粉をふり入れる。さらに焦がさないよう1、2分炒め、玉が出来たら、牛乳をいれ、
泡たて器で混ぜると簡単にホワイトソースが出来る。塩、白こしょうで味を整える。
加熱したじゃがいもをまぜる。  (A)

4、オーブンに入れられる耐熱の器に(A)をいれ、ベーコンの短冊切りを散らし、
  適当な大きさに切ったチーズをのせる。

5、強火であたためておいたオーブンに入れ、チーズに焦げ目がつくまで、5~6分焼く。
6、各自の皿にとりわける。


パリの3つ星レストラン(1) [Paris レストラン・カフェ]

 パリ到着の夜、7時~7時半にシャンゼリゼのフーケッツで友達2人と待ち合わせていた。
飛行機は遅れずについたけれど、高速道路が渋滞。
ようやく7時45分に着いたものの、タクシーが「おつりがない」と言う。
57ユーロの料金に100ユーロでおつりがない、、あ~パリはそうだったと思い出す。
日本のように、銀行で毎朝おつりを用意しておく、なんていう商習慣がない。

「この店で私を待っている友達がお金を払うから待ってて。それで彼女もいっしょに
7区のレストランに乗って行くから」とタクシーを待たせる。「じゃ、バッグを置いて行って」
それはそうですよね、乗り逃げされたら大変。


無事8時に3つ星のレストラン「アルページュ」に到着。パリの食事は8時がスタートです。
このレストランを予約することになった経緯は、
http://blog.so-net.ne.jp/taekoParis/2007-01-30-1

3人でさっそく乾杯。シャンパンは、「ビルカール・サルモン」

アミューズ(つき出し)
「これ、すごい、野菜の香りがいっぱい。taekoちゃん絶対食べられない」
と、左右から私のお皿に手が伸びました。
これは、減った所の写真。


テーブルの上には、野菜がごろっと置いてあります。生姜はわかるけど、紫色の球は、
見たことのない野菜。大きな球根ですね。

このレストランは、シェフ(アラン・パッサール)が野菜の素材にこだわって作る料理で有名なのです。

だから、メニューを見ると、前菜は、全部野菜料理。
私は、名前を知らない野菜の塩釜焼きにしました。ダメだったら誰かが食べるだろうと思って。
ワゴンで運ばれて来ました。かなり大きい塩の山ですが、中味はテーブルの上の紫の球根でした。
皮をとると、きれいな黄色です。

友達が頼んだのは、葱の網焼き。「日本の葱の味がする。すごくおいしい!」と喜んでいました。


メインに私は鴨の燻製、友達は鶏を頼みました。
運ばれてきましたが、これはパフォーマンス、見せるだけ。鶏一羽がお皿にのるわけではありません。

実際にお皿に乗ってるのは、少し食べちゃったけど、これ位。決して多くありません。
いっしょにのっているのは、マッシュポテトと、チコリのソテー、葉っぱ。ソースが絶妙においしかったです。

デザートは、ブラマンジェのようなのを。キャラメルソースがおいしかったし大きくてうれしかったです。
友達のミルフォイユは日本の3倍の大きさだったので、今度は私がもらう番でした。


パリオペラ座での歌舞伎 [旅行(ヨーロッパ)]

パリのオペラ座で開催された歌舞伎公演を見に行きました。
友達が、海老蔵の大ファンで、半年も前から 「3月末だから、いっしょに行こう」と
言われていました。
↑の写真は、プログラムの表紙。

パリのオペラ座は、モニュメント的な堂々とした美しい建物。
中は、かなりうす暗いです。

 

私が行った日は最終日。既に2回も見ている友達が、「今日は、ラク(最終日のこと)だから、日本人が多い」
と言ってました。着物を着ている人が結構大勢いました。

座席に座って上を見上げると、天井はシャガールの絵。かなり大きいので豪華です。

歌舞伎座は横に長い舞台だけれど、オペラ座は、天井桟敷があるくらいですから、縦長の舞台。
三色の定式幕は、特別仕立てですね。

7時半開演で、演目は、
1、勧進帳
(休憩)
2、口上
3、紅葉狩

勧進帳は、弁慶(海老蔵の父の團十郎)、富樫(海老蔵)、義経(亀治郎)
花道がないので、退場の場で、「あれっ」、と思いましたが、うまく動いていました。

休憩時間、私たちは特別部屋で、シャンパンがふるまわれました。
チケットには130ユーロと書いてありましたが、私が払ったのは340ユーロ。いろんな手配料+この特別部屋
でのシャンパンなのでしょう。
ロビーも宮殿のように豪華です。

さて、休憩後、幕があくと、全員、裃姿での口上です。
まずは、團十郎が、「ボンソワール、モン・ノン・エ・イチカワ・ダンジュウロウ(こんばんは、私の名前は市川團十郎です」)」
と、一言、一言、はっきり区切りながら、大きい声で、RとLも区別して挨拶。
市川(成田屋)の得意芸の「にらみ」を披露。その大きな身振りに拍手喝采でした。

権十郎が、「私はフランス政府と友好関係の学校(暁星)に小学校から行っていたので、フランス語は
なじみがあります」と言う。亀治郎も暁星なので、みごとな発音で、ペラペラッ~~~流暢に長い口上。すごいです。
字幕が上に出るので、フランス人も言葉に反応して、笑ったり、和やかな雰囲気でした。

紅葉狩は、舞台も衣装も紅葉の赤で美しい。
終ったあと、「ブラボー」があっちでも、こっちでも、そして観客全員が総立ちで拍手。
舞台に向かってカメラを向ける人が何人も。私もあわてて1枚。

ほとんど見えませんが、雰囲気だけでも。

終演後、友達が親しくしている出演役者に会いに楽屋裏へ行く。
「約束がありますから」と言うと、中で待っていられる。いつのまにかフランス人の若い男の子2人が
ついてきていた(笑)。日本語が上手で歌舞伎が好きなのだそう。
↓サインをしてもらって喜んでいました。

外に出ると、「出待ち」の海老蔵ファンがずらっと整列していました。
友達は、海老蔵目当てで行ったのに、すっかりこの役者にトリコになっていて、「待つ?」ときいたら
「いいよ~。寒いのに」って(笑)
「この間、いっしょに食事した」って、うれしそうに話してました。私のいない4日間の間に、、(笑)