So-net無料ブログ作成
検索選択

7月大歌舞伎 [演劇、ミュージカル、Jazz]

 7月の歌舞伎を見に行った。
友達(歌姫)が、海老蔵のファンなので、海老蔵と玉三郎という組み合わせは、
「美男美女の組み合わせ、絶対見なくちゃ」って。

kabuki1.JPG

 実にあでやかでしょ。
これは舞台写真。1枚500円也。見ていたら、友達が「買ってあげるから」と、
母のようなやさしい口ぶりで買ってくれた。

 出し物は、「義経千本桜、川連法眼の場」 
玉三郎の静御前が、鼓を鳴らすと、狐の忠信(海老蔵)が、寄ってくる場面。

 実は、この鼓は、狐忠信の母の皮でできているので、母恋しで、鼓に吸い寄せられる
狐忠信。ちゃんと狐っぽい顔つきの海老蔵。母恋しのけなげさがしぐさに表れていた。

 鼓が母であることを静御前に明かすと、母への孝行心に心を打たれた義経は、
静御前を守った功にと、鼓を狐忠信に与える。
狐忠信は鼓を抱えて宙空へと飛び去る。 人気の宙吊りの場面

kabuki2s.JPG

 「うれしいな」 という表情で、宙を舞う狐忠信。

 この演目を最初に見た頃は、まだ、宙吊りが取り入れられてなかった。
猿之助が、初めて宙吊りの演出をし、評判になった。
今回、海老蔵は、猿之助に直々に指導を受けたそうだ。

 狐なので、身のこなしが軽く、鴨居から飛び降りて現れる場面もあるが、
そんな高い所からも難なく、勢いをつけて飛び降りてくる。
「年とったらできない芝居」と思った。

 席が前から4番目の花道の隣。
花道を役者が通るたびに思わず、肩をひいてよけてしまうほどの迫力。

 歌舞伎を見に行っても、記事にしないことが多いけれど、これはすばらしかった
ので、書くことにした。といっても、7月31日まで。

 昼の部だったので、歌舞伎座からわりあい近い東武ホテルのティールームで
お茶。アフタヌーンティーセットを2人でわけた。
ここは、ゆったりとしていて、静かなので、結構おすすめ。
携帯のぼけぼけ写真ですが、ま、こんな感じってことで。
ゼリーとチェリータルトとオープンサンド。

kabukicake.JPG


nice!(38)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コロー展 [展覧会(洋画)]

 西洋美術館で開催中の「コロー展」を見に行った。

Corotticket.JPG

 ↑これはチケット。
「真珠の女」というこの絵が、パリ万博で評判になり、「コローのモナリザ」と
言われたそうだ。セピア色の凛とした女性。

でも、私にとって、コローといえば、この「モルト・フォンテーヌの思い出」

Corot1L.JPG

 高校3年の時、本屋さんの美術コーナーで気に入って買った複製画。
幻想的な景色の森と池がすてきだったのと、ちょっと高い位置にあるものに
手を伸ばして取ろうとする、この動作が受験生の目標にぴったりに思えた。
だから、机の前の位置に額にいれて飾っていた。

 そんな出会いがあるので、コローは、私にとっては気になる画家。
ルーブル美術館でも、コローの場所につい長居をしてしまう。

 96年、パリのグランパレで、大きな「コロー展」があった。
そこで初めてコローの作品を年代順に見、若い頃、イタリアに留学をし、
リアリズムの画法を身につけたと知った。
見慣れている風景画だけでなく、人物画もいいなと思った。

CorotCorosseo.JPG
 
 小さい頃から絵が好きだったコローだけど、父親から、家業を継がず、画家に
なってもよいという許しが出たのが26歳のとき。画家としては遅いスタート。
↑は、最初のイタリア留学、30歳の作品。「ファルネーゼ庭園から見たコロセウム」
左側に見えるのが、コロセウム。

Corot3.JPG

 「ティヴォリ、ヴィラ・デステの庭園」
これは2度目のイタリア留学での作品。
木の描き方が、リアリズムではなくなり、後の印象派に影響を与えた。
中央の少年は、後からアトリエで描き加えたもの。

CorotVillaMedichiS.JPG

 「ヴィラ・メディチの噴水盤」
木の陰がカーテンのように両側から覆い、奥の遠景に光があたっている構図は
ユニークで、後に、この構図をまねて、ドニが同じタイトルで、もっと装飾的に描いている。
ピンク系のモダンな色合いのドニの絵が、コローと比較できるよう隣に展示してあった。

コローは、パリの郊外、ヴィル・ダヴレーの父親の別荘に住んで、近くの森を描いた。
 [右斜め下] 「ヴィル・ダヴレー、水門のそばの釣り人」

CorotVilleAblley.JPG

Corot2.JPG

 [右斜め上]「ヴィル・ダヴレーのカパス邸」。村内美術館所蔵の作品。
木の陰がみごとに道に映っている。

 写真はないが、「ヴィル・ダヴレーのあずまや」という縦長の大きな作品も
緑がいっぱいで、清々しい空気が伝わってきそうな作品だった。

 これだけたくさんのコロー(96点)を一挙に見れて、とても満足だった。
コローの風景画と対比させるために、他の作家の同じような場所での風景画を
配してあるのは、新しい試みであろう。しかし、気が散るから、嫌だという人も
いるのではないかと思ったが。。[失恋]

★下で、コメントをくださってるbonheurさんの「コロー展に行く」、感想を交えながら
書いていらして、おもしろいので、おすすめです。


nice!(46)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

松岡美術館 [日本の美術館]

matuoka1.JPG

  松岡美術館は、東京の港区白金にある実業家松岡翁のコレクション。
この一等地は、松岡翁の私邸だったそう。

ロビーの窓からは、隣接する自然教育園の大きな木々が見え、東京とは思えない
緑に囲まれた場所である。
これはパンフレットの写真で、たぶん冬。今の季節は、木の緑が濃く、さわやか。

  ここは、かなり前にとらionさんのブログ記事で見て、行きたいと思っていた。
隣の自然教育園が、大好きな場所なのに、松岡美術館には気づいていなかった。

  自然教育園は、平安時代の豪族の館で、江戸時代には讃岐藩の下屋敷、その後、
宮内庁の御料地だったことから、広い場所に自然がそのまま残され、古い樹齢の
大きな木々や湧水池、天然記念物がたくさんあり、珍しい鳥の声も聞こえてくる。
ここを散歩していると、数百年前もこうだったのだろうなぁと思えてくる。

 まずは、「古代オリエント美術の部屋」
照明が適度に落としてあって雰囲気がでる。こじんまりしていて、見やすい。
[右斜め下]
matuoka2.JPG   matuoka7.JPG

 次は、「現代彫刻」の部屋。[右斜め上]
ヘンリー・ムーアの作品が3つ。これは「台に座る母と子」

 ロビーに、ケースにはいって飾られていたブロンズの彫刻は、
ディエゴ・ジャコメッティの「猫の給仕頭」、愛嬌があって、かわいい!

 開催中の特別展は、「フランス近代絵画展」

matuoka6.JPG

ルノーアル「リュシアン・ドーデの肖像」
「風車小屋便り」を書いたアルフォンス・ドーデーの息子の肖像画。


matuoka4.JPG

シャガールの「婚約者」。この絵を気に入ったことから、松岡翁は、西洋絵画の
コレクションを始めたそうだ。


matuoka5s.JPG

エドモン・クロッスの「母と子」

他に、モディリアーニ、キスリング、ピカソ、フジタ、ユトリロ、ローランサン、
モネ、シスレー、ピサロなどの作品が展示されている。


 日曜のお昼頃だったのに、入場者は数名。し~んと静まりかえっていた。
雨もようで、「駐車場3台分あり」だったので、車で行った。
美術館には、カフェがないので、近くの都ホテルで、中華ランチ。
私が「牛肉細切りピーマン炒め」で、友達が「豚肉とゴーヤ」、
これにスープと春雨サラダ、ザーサイ、ごはんで、2200円。

matuokamiyako1.JPG

matuoka8tate.JPG

 窓から雨の庭園を眺めながら、ゆったりとしたひと時だった。


nice!(40)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート