So-net無料ブログ作成
検索選択

国立トレチャコフ美術館展・忘れえぬロシア [展覧会(洋画)]

 以前、ブログ友のpistacciさん(今はお休み中)が、「忘れえぬ絵」とおっしゃっていた
クラムスコイの「忘れえぬ女」が見れる展覧会、東京・渋谷のBunkamura美術館へ。
ロシアのトレチャコフ美術館所蔵品の展覧会。       (6月7日まで開催)

RussieKlamuskoy.jpg

 かなり大きな絵。
ロシアのモナリザとよばれているのもうなづける。美しい人。
うれいを帯びた瞳には涙が浮かんでいるようにすら見えた。
きめ細かな肌。みずみずしい唇。
手にしたマフや外套の毛皮の毛、一本、一本までがていねいに描かれている。
リボンの繻子の質感。馬車の座席の皮張りの皮の質感。
霧にかすむかのような遠景の建物。

これを描いたのは、クラムスコイ。
同じ画家の「髪をほどいた少女」は、幻想的な雰囲気の作品。

 この展覧会は、19世紀後半のロシアの日常の生活、風景の絵、肖像画が中心。
革命がおこる前の時代。
写実なので、わかりやすい。

 「三月の太陽」 1915年 コンスタンチン・ユーオン
長い冬のロシアに春3月。こんなに空は青く、、道にはまだ雪が。
目にとびこんでくる空の青さ。
 RussieSoleilMars.JPG

 「恋のライバル」 1890年 ニコライ・カサトキン 
冬。雪景色。ふたりの娘の服の色が鮮やか。写真が小さくてわからないが、
右手後ろにふたりをじっと見ている若い青年。どちらの相手なのだろうか。

Russiekoino.jpg

 「森の散歩」 1869年 イワン・シーシキン
ロシアの深い森。貴族的な衣装、手前の犬の動きがいい。

RussiePromenerdanslebois.JPG

 シーシキンは森の針葉樹の描写がすばらしい。
「陽を浴びる松」1886年は、神秘的な森。
一人ぽつんと立つ人から森の木々の高さが推測できる。

  同じく森の中、鳥笛を吹いて鳥をおびき寄せようとしている「鳥追い」
(ワシーリー・ペーロフ 1870年)のおじいさんと子供の姿が印象に残る。
鳥をつかまえる緊張感が伝わってきた。



 私が名前を知っていたのは、ロシア絵画の代表イリヤ・レーピンだけだった。
レーピンは、パリに留学。印象派の影響を受けた。
この作品がまさにそう。モネに似てますね。

RussieLepinMonet.JPG

 有名画家レーピンには、肖像画の依頼が多かった。
ここには出品されていないが、代表作は「イワン雷帝と息子」。

「ピアニスト、ゾフィー・メンターの肖像」
当時の有名なピアニスト。はなやかな色合いは、留学の成果だそう。
RussieLepinPianist.JPG  

 肖像画は、お金を払って描いてもらうので、この時代、子供の肖像画という
習慣がなかったが、レーピンは、「画家レーピンの息子」という作品を描いた。
こんなにかわいかったら、描いておこうと思いますよね。
Russieportrait.JPG

 この展覧会で、気に入ったのは、シーシキン。
彼が草原に立つ肖像画をクラムスコイが描いていたが、なかなかすてきな人だった。
クラムスコイは、自画像もやさしい感じに描けているので、表情を美しく描くことに
長けていたのだろう。
一方、レーピンの描く肖像画は、力強く威厳があった。


 パリに留学したワシーリー・ポレーノフ 「モスクワの中庭」 1877年。
自分の部屋の窓から見える景色を描いた作品。遠くに見える聖堂2つが立派。
手前は農家だろうか。 
RussieMoscow.jpg  RussieTorsty.JPG    

右はニコライ・ゲーの「文豪トルストイの肖像」。
隣にはレーピンの描いた「ツルゲーネフの肖像」があった。
ロシアは文学の国であるが、絵画もおもしろいな、と思った。


nice!(57)  コメント(43)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

戸栗美術館 [日本の美術館]

 戸栗美術館は、前記事の「シェ松尾」のまん前にあり、元鍋島家の江戸屋敷跡地。
実業家の戸栗氏が買い取って、伊万里、古九谷などのコレクションの美術館を作った。
N嬢がこの近所のマンションに住んでいたとき、「うちの近所に、知る人ぞ知るっていう
陶磁器専門のいい美術館があるのよ。いつもすいてて静かでなかなかー」 とほめて
いたので、行ったことがあった。もう10年以上前のこと。今回は2度目。

toguri.JPG

 「柿右衛門展」を開催中。
鍋島藩の屋敷跡地で、藩窯の柿右衛門展とは、歴史が偲ばれる。
陶器を輸出し、オランダから軍事技術を学んだらしく、庭には、鍋島藩が
日本で初めて造った大砲が置いてあった。かなり重そう。

toguri1.JPG

 約100点の展示なので、見ごたえがあり、解説もていねいに読めた。

 柿右衛門様式は、白磁の美しさが特徴。
美しい白磁に、余白を生かした日本画のような色絵が描かれていることから、
遠いヨーロッパで、人気をよんだ。江戸時代、17世紀後半のこと。
白磁で世界的に有名な「マイセン」も、18世紀には、柿右衛門の写しで作品を
作っていたことが、写真で展示されていた。大皿にしているので、模様も大きく
描くことになり、松竹梅が、どことなく、欧風になっているのがおもしろかった。

 初代・柿右衛門は有田の陶工。
有田焼が、伊万里港から輸出されたので、伊万里の名でよばれるようになった。
伊万里は、柿右衛門以前に中国景徳鎮の製品に倣って色絵の磁器を日本で
初めて完成させていた。

① 色絵 竹虎文 八角鉢  (虎の尻尾が長いのが躍動感を出している)
                   口縁(ふちどり)が金。
② 色絵 瓢唐子 水注   (瓢箪に唐子がのっているとは?!)

toguri2.JPG


③色絵 花鳥文 輪花皿
④色絵 花唐草文 瓜形 水注

 toguri3.JPG toguri4.JPG

 水注は、輸出を意識した形、模様に思えた。
当時、オランダの東インド会社が、東洋貿易の覇権を握っていたが、中国が
明から清への混乱期だったため、代わりに日本のものが買われたそうだ。
需要に応えた形なのね、と納得。

 花瓶や壷に、茶せんの形からとったたものがいくつかあり、いいなと思った。

 


 ☆鍋島。。MrsのNeへ
ずっと前にもらった、オランダのチューリップの球根、ほっといても毎年咲いています。
でも、これ、チューリップとは思えないんだけど。。水仙のような。。
tulipblanc.JPG

tulipblanc3.JPG (先週撮影)

 ☆Inatimyさん、この花、チューリップですか?
   2年前のInatimyさんの記事の「八重の水仙」に似てるけど。


nice!(48)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

シェ松尾 [レストラン(フレンチ系)]

  渋谷の松涛、閑静なお屋敷街にある一軒家レストラン「シェ松尾」に行った。
観世能楽堂と都知事公邸の間の道沿いの白い門の家。

 12時の予約。門のところで、サービスの人たちがお出迎えで待っていてくれた。
打ち水の跡のある石畳をぽんぽんと歩き、お玄関に通される。
「お庭をごらんになりますか?」
閑静な庭から見た建物は、蔦におおわれている。

Matuo01.JPG

 席数はあまり多くなく、こじんまり。壁には、いろいろな絵がかかっている。
桜の季節なので、私は桜のカクテル。友達はロゼのシャンパン。

Matuochampagne.JPG

 ここのメニューは決まったコースのみ(8400円)。
一つめの前菜は、たらば蟹のムースリーヌ。グレープフルーツのゼリーのせ。
横に添えてあるのもグレープフルーツ。
濃厚な蟹の味をグレープフルーツが、さわやかに包む。

Matuo2.JPG

 二つめの前菜は、「きんつばとアイス?」と思える和の雰囲気。
きんつば風は、エンドウ豆のガレット。中にフォアグラをはさんである。
横の茶色の鴨のジュ(汁)をつけて食べる。
アイスに見えたのは、ビンサント(デザート用白ワイン)バター。
 
 三つめの前菜は、ホワイトアスパラのムースとポタージュ。
中央の茶っぽいのは、ゴマのペースト。

Matuo3.JPG Matuo4.JPG

 これに合うおすすめ白ワインは、「Rully」

Matuovinblanc.JPG

 メインの魚料理: さいの目の鰆、菜の花のピュレのせ。
ヴィネガー風味のビーツのブイヨンソース。

Matuo5.JPG 

 八幡平ポークのロースト、マスタード風味。3種の調理法のたまねぎ添え。
(写真なし)
これに合うおすすめワインは、スペインワインだった。

Matuovinrouge.JPG



デザート:左上 苺、ベリー、オゼイユなど赤い果物の赤ワイン漬け。右上 ケーキ
       左下 クリームチーズケーキ、カスタードクリーム添え、
       右下 ピスタッチオのアイスクリーム

Matuodessert.JPG

 玄関脇の部屋には、ガレのかなり大きなランプがあり、壁にシャガールの絵。
さらに廊下の壁には、ピカソのスケッチブックからという画用紙の絵が10枚。
絵が好きなオーナーのコレクション。
もともとこの家は、明治時代の外交官の家だったとのこと。
「シェ松尾」は、デパートにカジュアル版の店やカフェを出しているが、ここが本店。



 帰路、友達から携帯に電話。
「今晩のFのピアノコンサート、私も行けるから、夕ごはんいっしょに食べよう」
「うん、でも、コンサートの前じゃなくて終わってからにして。今、おなかいっぱいだから」
補助席も出た満席のコンサート。メンデルスゾーンのピアノ、ヴァイオリン、チェロの
三重奏が[黒ハート] いいコンサートだった。

☆コメント欄、少し忙しいのでお返事はできない と思います。スミマセン。


nice!(45)  コメント(23)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワルキューレ [オペラ、コンサート、バレエ]

 新国立劇場に、ワーグナーのオペラ「ワルキューレ」を見に行った。
休憩2回で5時間15分という長丁場なので、5時に始まった。

Walkure.JPG

 この演目は、「ニーベルングの指環」というワーグナーの超大作オペラの一部。
序夜が、「ラインの黄金」、第一夜が、「ワルキューレ」、第二、第三もある。

 ワーグナーは男性ファンが多いので、この日も男性客が多かった。あちこちで
熱く語っているのが聞こえてくる。いいな[わーい(嬉しい顔)] と思う。

 オーケストラの前奏はなく、唐突に始まる。
ロンドンで好評だったというキース・ウォーナーの斬新でモダンな舞台演出。
椅子2つと机、結婚写真のはいったフォトスタンド。これらは全部普通の3倍の大きさ。
歌う人間が小さく見える。神にくらべて人間が小さいという意図なのか?
空間と照明を上手に利用して、奥行きや光と闇を表現していた。

 行く前に、あらすじを読んだけれど、登場人物が多すぎるし、神と人間がごちゃごちゃ
になって、さっぱり。。。字幕を一生懸命読むことにしよう。

  [ひらめき]  [ひらめき]  [ひらめき]
 主演は全員、世界で活躍するワーグナー歌手。堂々と安定した歌唱力。
もちろん、きれいなドイツ語。重厚さに聞き入ってしまう。
時々、聞こえる「ワルキューレの騎行」(昔の映画、地獄の黙示録に使われた曲)で、
眠くならない。オーケストラはメリハリがあって、管楽器が気持ちよく響いていた。
「この指揮者、前にも見ましたよね」とオペラ友Mが言う。昨年「魔弾の射手」のときと
同じダン・エッティンガー。

 神々は、長いものを上にはおり、神と人間の区別は衣装でつくようになっていた[ハートたち(複数ハート)]
三幕目は、病院のような舞台装置でびっくり。しかも戦乙女(ワルキューレ)たちが
移動ベッドを走って押し回る。[目]

  最後のシーンで、主神ヴォータンがアイパッチで現れたときは、「トム・クルーズ!」
映画「ワルキューレ」で、ヒトラー暗殺計画を企てる将校役のトム・クルーズに似ていたから。
ヒトラーがワーグナー音楽に傾倒していたことを、オペラを見ていて思い出した。
英雄崇拝、権力志向、戦い、神々と人間の苦悩というテーマが、勇壮な管楽器の響きと
共に伝わってきたからだ。台本はワーグナーが中世ドイツの英雄叙事詩をもとに書いた。

 ヒトラーで思い出したのが、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」
奇想天外な発想だが、おもしろかったので、まだ本棚に並んでいる。
高校の同級生のEちゃんが、ドイツ語版作成に携わり、全5巻が完成したとのことなので、
取り寄せてもらった。1巻12ユーロ。
漫画だから、絵を見て、字を見て(知らない単語だらけ)、日本語を推測し。。
Adolf.JPG

 


nice!(42)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

桜さくらサクラ2009展 千鳥ケ淵 [展覧会(日本の絵)]

 山種美術館で、桜の花の絵を集めた展覧会をしているときいたので、近くの
千鳥が淵へのお花見かたがた出かけた。
 曇り空でまだ満開ではなかったけれど、東京の桜の名所「千鳥が淵」の緑道
を歩いた。ここは皇居の内堀で、土手の向こうは武道館のある北の丸公園。

sakura01.JPG

sakura2.JPG

 山種美術館は、旧山種証券の創始者山崎種二の近代・現代日本画コレクション。
山種翁は、日本画の収集家であっただけでなく、見込みのある画家の面倒も見た。
奥村土牛の家を訪ねていた山種翁が、「急な連絡の用事があるので電話を貸してほしい」
と言うと、土牛が、「貧しいので電話はひいてません」と答えた。山種翁が帰った数時間後に
「電話局です。電話をつけに来ました。お代は山種さんからいただいてあります」
これには驚いたと、土牛が後に語ったとのこと。翁の画家への惜しみない援助の一端が
伺える話だ。

 展示室は3室。全部が桜の絵で見ごたえがあった。
私がいいなと思ったのは、奥村土牛の「醍醐」。
京都の醍醐寺の三宝院に秀吉は亡くなる前の年、花見のために庭を造らせた。
ここの枝垂れ桜を見た土牛は、深く心を打たれ写生をし、後に時間をかけてこの絵
を完成させた。薄い絵の具を何回も塗り重ねて、桜のやさしさを表現している。
背景の土塀に桜が映える。
[右斜め下]
sakuradaigo230.JPG

加山又造の「夜桜」。朧月を背景にくっきりと浮き出た夜桜。美しい。

yozakura.JPG

 千住博の「夜桜」もあったが、これに較べると、インパクトが薄い。

小茂田青樹の「春庭」は幻想的な作品。散る桜には詩情がある。

小茂田青樹_春庭.jpg

●石田武の「春宵」も一面みごとな京都高台寺の枝垂れ桜。絵具を重ねた立体感が
現代風だった。
●小林古径の「清姫のうち入相桜」。歌舞伎の演目「道成寺」の安珍と清姫の桜。
細い線で描かれた桜の木一本。少し散った花びらが土の上。
くねっと曲がった木は清姫の恨みがこもっているかのようだ。
●速水御舟の「夜桜」 夜なので薄い灰色で描かれた桜。可憐で上品。
[右斜め下]
sakurayozakura_1.jpg

●東山魁夷の「春静」 魁夷の緑の木々の山の斜面に薄いピンクの桜の木一本。
緑とピンクの対比が美しい。
●奥村土牛の「吉野」 桜で有名な吉野山。青、緑、うす茶と階層分けされた山。
そして手前に桜のピンク。

毎年、桜の季節恒例の展覧会なのだそう。
名品ぞろいで心がなごむ。桜の華やかさの余韻が長く続きそうだ。 

  ☆山種美術館は秋に広尾に引っ越し予定。        


nice!(45)  コメント(39)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート