So-net無料ブログ作成

サロメ(二期会) [オペラ、コンサート、バレエ]

 2月25日
二期会のオペラ「サロメ」を東京文化会館で見た。
このオペラは、一幕と短い。
salome.jpg

 今回の「サロメ」は、コンヴィチュニーの演出が評判になっている。
私は、前回、従来型の演出で、見たので、今回のには、驚いた。
オペラは、演出が違うと雰囲気ががらっと変わる。

始まってすぐ、ひそひそっと、「これ、あぶないわよね。18禁」と、友達が言ってくる
ほど、乱れた場面ばかり。サロメは王女様の品格なく、蓮っ葉だし。

舞台装置は、フィリッポ・リッピの「ヘロデの宴」のようだった。
ただし、全員、白か黒の服で、モノトーン。
ヘロデの宴.JPG

注:この絵には、サロメが3回、登場している。
  中央が踊るサロメ、左端はヨハネの首をお盆に受け取るサロメ、
  右端は首を母にわたすサロメ。

 サロメの母は、今はユダヤの王ヘロデの妻だが、元はヘロデの兄の妻。
サロメを連れて再婚した。それは「律法で許されない」と預言するヨハネ。
だから、サロメの母は、ヨハネをうとましく思っている。
ヘロデが宴で、サロメに、「踊れば、何でも好きなものを褒美にやろう」と言い、
サロメは、「ヨハネの首を褒美にください」と答えた。

 サロメがヴェールで踊る名場面で、たいして踊らず、壁に戸の絵を描き、何度も
体当たり。出ようとしても、出れない。他の人たちも、サロメに倣って、壁に戸を描き、
体当たり。そこで、初めて、私は、この設定は、閉じ込められた世界と気付いた。
だから、希望のない人々は、享楽的になっているのだとわかった。
(第3次大戦後、シェルターで暮らす人々という設定なのだそう)

 サロメのテーマは「愛」だが、結末も従来のものと大いに違っていた。
違和感を覚えたまま、「ワインでも飲みましょう」と、劇場を後にした。

オケがとってもよかったなぁ。歌は、皆、発音がよく、声もよく通っていた。
特にヘロデが存在感があった。そういう設定なのだろうか、サロメは元気いっぱい、
体全体を使っての体当たり演技。ヨカナーン(ヨハネ)は、風貌がまさに、絵に出てくる
預言者ヨハネだった。

原作:オスカー・ワイルド
作曲:リヒャルト・シュトラスス
指揮 : シュテファン・ゾルテス
演出 : ペーター・コンヴィチュニー 
公演監督 : 多田羅迪夫 
 
<キャスト>
サロメ : 林正子
ヘロデ : 高橋淳
ヘロディアス : 板波利加
ヨカナーン : 大沼徹
ナラボート : 水船桂太郎
ヘロディアスの小姓 : 栗林朋子
管弦楽 : 東京都交響楽団

 ☆つるりんこさんが、とてもわかりやすい解説を書いていらっしゃいます。


その後は、上野駅「アトレ」の「ブラッスリー・レカン」へ。
昔の駅舎の「貴賓室」を使っているので、天井が高く、レトロで居心地のいい空間。
夜のコースでも、2800円からと、値段が良心的。

11-02-25_002.jpg 11-02-25_004.jpg

コースは、前菜が、ブーダンノワール、りんごのペーストのせ、サラダ仕立て。
主菜は帆立貝(写真なし)、デザートの皿の手前左はカシスアイスクリーム。
ワインは、アルザスのHugelと知ってるものがあったので、それにした。
ちょっと甘いけれど、ブーダンノワールには、合っていた。


nice!(50)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

バレンタインのチョコレート [ケーキ、チョコレート、花]

 今年のバレンタインは、初めて、同性4人からチョコレートをもらった。
最近は、「友チョコ」っていうのもあるって、聞いていたけど、まさに、それ。

(1)この美しいパッケージは、「SADAHARU AOKI」
パリで成功したパティシエ、青木サダハル。チョコ+マカロンっぽい味で、さくさくっと
して軽く食べられるけど、センターのチョコがずっしり濃厚で満足感がある。
半分食べてから、チョコロさんの記事を思い出し、断面図の写真も撮ってみた。

ChocoAOKI.JPGChocoAOKI2.JPG

(2)アメリカの友達が送ってくれたのは、今、注目の「フェアトレード・チョコレート」
Divine。
英国製だけど、アメリカ東海岸でも有名なんですって。
フェアトレードは、原料を途上国の農園で作らせ、フェア(公正)な対価を払う貿易
(トレード)。値段は安くないが、原料が純粋なので、体に良くて、途上国の貧困と
環境問題の解決に取り組んでいるというもの。
15×7.5cmのチョコが2段入り、6種類はいっていた。
環境にも体にもやさしいチョコなので、味は二の次という気がした。

ChocoDivineUSA.JPG

日本でのフェアトレードは、PeopleTreeという会社で、オーガニック・コットンの服や
チョコレートを扱っている。原料をアジア、アフリカ、中南米などの小規模農家に作ら
せている。ここのチョコレートは、おいしい。

ちょうど、頂き物の香りのいい紅茶があって、よかった[黒ハート]
ChocoTea.JPG

(3)写真はないけれど、職場で、20代の若い子から、ナッツとチョコチップがたくさん
はいった手作りのチョコレートケーキ&クッキーをもらった[プレゼント]。うるうるっとするような
お手紙つきだった。[リボン]


(4)袋を見て、「フランスの?」 「違いまーす。うちの近所で、ケーキが評判の店」。
世田谷区の千歳烏山にある、「ラ・ヴィエイユ・フランス」のマーブルチョコ。
小粒でも味が濃厚。クリーミーでおいしい。食べちゃって、もう少ししかないけど。。
パティシエは、パリの名店「ラ・ヴィエイユ・フランス」で修行。さらに、噂のリヨンの
「ベルナシオン」でも修行とのこと。なるほど~、この味は、そうだったのね。
ChocoLaVieilleFrance.JPG ChocoMarbleChoco.JPG




 某日、友達が、「今、評判の店なのよ。知ってる?ドーナッツ好きだったでしょ。
ちなみに~ニューヨークの店」と、にっこり。彼女はニューヨーク好きだから。
無添加、無漂白の小麦粉と牛乳、オーガニックの砂糖、卵は使わないと、
原材料にこだわったドーナッツ。
一個が300円くらいと、値段も高いんですって。
ふわふわっと軽い、しっとり、あまり甘くない。 これ2個食べるんだったら、私はケーキ
1個の方がいいな~。
ChocoNYDoughnuts.JPG


nice!(51)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

リストランテ・ホンダ [レストラン(イタリアン系)]

 東京・青山のリストランテ・ホンダは、ミシュランの一つ星イタリアン。
25席しかないので、土日のランチは、なかなか予約がとれないそうだ。
モダンで明るく、それなりの贅沢感がある店内。

Honda1.JPGHonda2.JPG

 いつも通り、まずは、スプマンテ。ミモザを頼んだら、赤いオレンジジュース(シチリアの
特産のブラッドオレンジジュース)割りなので、この色。友達は、キール・ロワイヤル
(カシス割り)。テーブルの上の花がかわいい。

 ほどなくして、一目で手作りとわかる不揃いのグリッシーニが来た。軽くておいしい。
続いて、全粒粉のパン、温かくてほかほか。バターもおいしい。でも小さいから、
さっと、終わってしまった。

 3675円(サービス料10%は別)だから、4000円のプリフィックスコースを頼んだ。
前菜(えぞ鹿のパテ、手前はりんご、えぞ鹿のハンバーグっていう食感。美味)
パスタは、オッソブーコのソース。お肉がほろほろ柔らか。味が濃いので、フランスパン
がほしくなる。メインはスズキのソテー、バルサミコソース。野菜がいろいろ。
デザートは、はっさくとみかんのジェレ。
Honda3.JPGHonda4.JPG
Honda10.JPGHonda8.JPG

 友達が頼んだのは、
前菜(帆立貝、グリーンピースのピューレ添え、カプチーノ仕立て)
北海道産生ウニのパスタ
骨付き子牛肉のワイン煮
ブリオッシュにりんご煮とラムレーズンアイスクリームをはさんだもの。
Honda5.JPGHonda6.JPG
Honda7.JPGHonda9.JPG

 パンは、パスタの時フランスパン、メインの時フォッカッチャが来た。全部で3種類。
デザートには、コーヒー(紅茶)もついてくる。心地よく、ゆったりとできる。

 どの料理もきれいで、取り合わせに工夫があって、おいしい。
ただ、私には量が足りなかった。「パンをお願いします」と言っても、なかなか出て来
なかった。女性客が多いので、コースの最後まで食べられないといけない、という配慮
なのだろう。夜なら、もっと量が多いのかも。。

スプマンテ、白ワイン、赤ワインで、4000円強。友達の頼んだ、「ウニのパスタ」は、
2000円プラスだが、ウニが絡み合っておいしいと言っていた。結局一人1万円弱。

隣のテーブルのカップルは、ビール(たぶんモレッティ)を一本頼んで、分けて、乾杯
していた。賢い選択。これなら同じお料理で一人5000円とお得。次は私もそうしよう。


nice!(48)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ターナー展 [Paris  展覧会]

 昨年3月のことだが、パリの「グランパレ」で、「ターナーと巨匠たち展」を見た。
Turner.JPG

 パリの「ピカソと巨匠たち」展の成功に刺激されたイギリスが、テート・ギャラリーで、
「ターナーと巨匠たち展」を開催した。終了後、パリ、マドリッドと巡回した大企画展。

 ターナー(1775~1851)は、イギリスを代表する風景画家。
ロンドンの貧しい理髪師の子として生まれ、13歳のとき、風景画家に弟子入り、
14歳で、ロイヤル・アカデミー付属美術学校に入学。早くから才能を発揮し、
24歳で、ロイヤル・アカデミー準会員、27歳で正会員となった。「孤高のライオン」と
よばれるほど、突出した才能だった。

 風景画家のターナーは、スイスに旅した帰り、フランスに寄り、10年前にできた
ばかりのルーヴル美術館に行った。そこで、ティツイアーノ、プッサン、クロード・ロラン
ら、古典の巨匠たちの作品に接し、この巨匠たちを越える日を目標に、模写に励んだ。

 ティツイアーノ風の絵、聖母子(1803年)
Sainte Famille.JPG

 巨匠作品を意識して同じタイトルの作品を描き始めた。
「洪水」(1805年)は、ニコラ・プッサンの「洪水」(1660年)を意識したものだが、
ターナーは、洪水の風雨をブラシでさっと一掃きすることで表し、水平線の彼方に火山の
噴火のような赤をアクセントとして加えている。

Le Deluge.JPG

プッサンの「洪水」
     PoussinLeDeluge.JPG

ターナーが、最も影響を受けたのは、古典主義の風景画家クロード・ロランだった。
「ヤコブとラバンとその娘たちがいる風景」(1654年)という聖書(創世記29章)を
題材としたロランの絵の人物を変えて、「Appulica in Search of Applus」(1814年)
とした。上がロラン、下がターナーの絵。
CladeLorrain_Paysage_avecJocob.JPG

 クロード・ロランは風景画家だったので、当時のフランスでは主流ではなかったが、
ロランの画面構成をターナーは学んでいる。

 ターナーの転機は、44歳のときのイタリア旅行だった。
光あふれるイタリア、北国のイギリスと全く違う風景。
ヴェニスを描く第一人者カナレットの「埠頭」The Molo (左)
「カナレットのような絵」Canaletti Painting(1833年) (右)
今までのターナーには、なかった空の青。明るい色彩。

Canaletto.JPG

 この展覧会の特徴は、ターナーが参考にした巨匠たちの絵が並んで展示されている
ことだった。じっと見ていると、「僕だったら、こんなふうに描く、僕の方がいいでしょ」と、
ターナーが言っているような気がした。

 ロココの代表的作家、ヴァトー(ワトー)の「2人のいとこ」(1716年)(下左)をターナー
は、技法を学んで、もっとロココっぽく優雅に変えた(下右)。タイトルは「As you like it」
(1822年)、シェークスピアの戯曲「お気に召すまま」からとった。
Watteau.JPG 

 巨匠中の巨匠、レンブラントの光の使い方も、ターナーは学んだ。
左:レンブラント「風車」(1645年)
右:ターナー「Four à chaux à Coalbrookdale」(1797年)
Rembrandt1.JPG commeRembrandt.JPG

 若いときから、名誉を得て、同時代にライバルがいないターナーは、過去の巨匠たち
と競い、ヒントを得、風景画で光や空気をどのように表現したらいいのか、模索していた。

 「カレーの砂浜」(1830年)
この展覧会の図録の表紙や広告に使われている絵。
印象派という名前の由来となったモネの「日の出・印象」に影響を与えているのでは、
と思える作品。明るい色彩で、潮干狩りをする人物の描き方がすっきりとしていて、
私は好きな絵。
LaPlage_deCalais.JPG



 「雪の嵐」(1842年)
この辺りから、私が今まで知っていたターナーの絵、ぼわっとした絵というイメージに近
くなってくる。嵐や難破船は、ターナーが好んでとりあげた主題である。
父の死で、ゆううつ症だった当時のターナーは、難破船に自分の気持ちをだぶらせて
いた。
Tempete de neige.JPG

 「川と遠くの湾の風景」(1845年)
物の形が色彩の渦に溶け込んでいる。晩年の作品。

Paysage.JPG


 ターナーという画家の「人となり」を作品の変遷を実際に見ながら考えていく、
という意味で、とても興味深い展覧会だった。ターナーと同時代の風景画家の
作品も展示されていた。とても中味の濃い充実した展覧会だった。

 ☆各絵のタイトルは、私が訳したものなので、正式なものではありません。


nice!(53)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

リゴレット・イン・マントヴァ [オペラ、コンサート、バレエ]

 2月11日(祭日)
一日中、雪模様との天気なので、家で、録画してあったDVDを見た。
「リゴレットin マントヴァ」(1月8日 NHK BS)

オペラ「リゴレット」を舞台ではなく、劇設定の場所、マントヴァで2010年9月4日に
撮影したもの。イタリア、イギリス、フランス、ドイツ、日本のTV局などが出資した。

イタリアのマントヴァは、16世紀に、フランチェスコ2世の妻、イザベラ・デステが、
芸術好きで、マンテーニャ
をはじめ多くの画家を宮廷においたので、ルネッサンス
の中心地になった。その息子、フェデリーコも母と同じく芸術の擁護者であり、
ラファエロの再来と評判だったジュリオ・ロマーノをマントヴァによび、パラッツオ・
テとよばれる別荘を建てさせた。
今回の「リゴレット」の舞台、一幕目は、パラッツオ・テの「巨人の間」。
洞窟のような部屋で、ジュリオ・ロマーノが描いた「天空の神々によって滅ぼされる
巨人族」の壁画と天井画が特徴。

Giant_JRomano.JPG

 さて、オペラだが、主役リゴレットが、プラシド・ドミンゴ。
ドミンゴは、世界三大テノールのひとり。テノールなのに、バリトンのリゴレット役。
年をとってきたからバリトン役をするのかもしれないが、「ジルダ」と娘をよぶ時は、
テノールの甘い声だった。

RigolettoD.JPG

マントヴァ公役は、ヴィットリオ・グリゴーロ。
ハンサムなイタリア人。ドミンゴの推薦による抜擢だそう。
背景に、「巨人の間」の壁画が見える。

Rigoletto2.JPG

そして、殺し屋スパラチフレ役は、ルッジェロ・ライモンディ。
ライモンディは、バスの大御所。私もウィーンのオペラ座、日本でのウィーン歌劇場
引越し公演で見ている。

ストーリー=わがままで女好きのマントヴァ公に仕える道化師リゴレットは、
口が達者すぎて、モンテローネ伯爵の怒りを買い、「おまえは呪われる」と、
予言めいた口調で言われる。その言葉が頭から離れないリゴレットだが、
家には、美しい一人娘ジルダがいた。箱入り娘なので、教会へのお出かけしか
許してもらえないジルダだが、教会で会うハンサムな若者に心ひかれていた。
ある日、その若者が後をつけて、ジルダの家に来た。ふたりは愛を確かめ合う。
若者は、貧しい学生と名乗るが、実は、マントヴァ公。    (以下省略)

作曲=ジュゼッペ・ヴェルディ
指揮=ズービン・メータ
監督=マルコ・ベロッキオ
<出演>
 リゴレット ……プラシド・ドミンゴ
 ジルダ ……ユーリア・ノヴィコヴァ
 マントヴァ公爵 ……ヴィットリオ・グリゴーロ
 マッダレーナ ……ニーノ・スルグラジェ
 スパラフチレ ……ルッジェーロ・ライモンディ
 モンテローネ伯爵 ……ジャンフランコ・モントレゾール

私は、リゴレットでは、第二幕の4重唱が好きなのだが、これは映画スタイルなので、
表情もよくわかり、心理合戦のような4重唱だった。
マントヴァ公は、「アポロンのよう」とマッダレーナに評される通り、若くて輝いていた。
「女心の歌」は、私にはイマイチだったが、他の歌はすばらしいし、演技も上手い。

歌だけでなく、演技力も定評のあるドミンゴは、屈折した道化師になりきって、娘を愛する
父の苦悩、ついには、マントヴァ公を殺そうとする企て。それをよく表現していた。
ジルダは、清らかな感じで、美しいソプラノの繊細な声だった。

スパラフチレとマッダレーナ、悪の兄妹も、凄みがあった。
映画スタイルのせいか、オペラなのに、歌よりも演技の方が記憶に残る。

そして、最後の場面は、胸がつまる。運命のむごさ。。。終わって、しばらくは、ぼ~っと
していた。

RigolettoPTe.JPG


nice!(50)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

モン・ドール [シャンパン&ワイン]

 「モン・ドール、買ったので、よかったら週末にランチに来て」と、E子からメール。
「はい、ワイン持って行きます」と、返事をした。

Montd'orVin.JPG

 モンドール(Mont D'Or) は、冬だけ販売されるフランスのスイス国境付近で生産される
チーズ。トウヒ(松)の皮でできた入れ物にはいってるので、トウヒの移り香がある。
白カビの生えた表面をはがすと、ごらんのように、とろとろっ~。
スプーンですくって、バゲットにのせて食べる。
   ☆にこちゃんのブログ記事も、金の山(モンドールの日本語訳)でした

Mond'or.JPG
Montd'or3.JPG

 ワインを買いに伊勢丹へ行ったら、ワイン売り場の手前に「ピエール・エルメ」の
ケーキショップがあった。E子が、「エルメのケーキを食べてみたい」と、言ってたのを
思い出し、ワインを安めのにして、ケーキも買った。
向こう側にある3つ、グラスにはいってるのは、期間限定の新作。700円くらい。
パリの店にも、グラスにはいったのがあったっけ。

PHerme.JPG

私は、右端の「タルトタタン」ふうを食べた。りんごがしっかりしていて美味。今、売って
いるりんごは、煮ると、すぐ崩れてしまうから、これは、別の種類なのだろう。
エルメのケーキは、どれも美味しくて、食べてると、幸せになる。[黒ハート]

 


[次項有]モン・ドールは、秋になると、自由が丘のビストロ「ル・シャポン」で、「モンドール、
はいりましたよ」と、すすめられて、食べている。食べる回数を重ねるほど好きに
なってくる味。

その「ル・シャポン」で、クリスマスパーティ用にチーズケーキを頼んでいたので、
取りに行った。仕事帰りの金曜日の夜、そこまで行ったら、やっぱり、ごはんを
食べるでしょう、ワインも、ってなるでしょう、ということで、ykに来てもらった。

私は大幅に遅刻で、8時近くに着いた。
まずは、「年の暮れに乾杯」と、シャンパン「カントナール」CANTENEURを頼んだ。
カントナールは6300円。楽天などで売ってる価格も6300円。なんてお得。
それから、おなかがすいてたので、食べたいものをどんどん言ってみた。
「カプレーゼ、お魚のカリカリってソテーしたぶん、ビフテキとポテト」、
私の勢いにおされながら、ykは、メニューを眺め、「この店のは、たいていのものは
食べちゃったな~、何にしようかな。。。何かおすすめある?」と、言うと、「白トリュフ」
との答え。「じゃ、パスタにかけて」 
写真は、マスターのO氏が大盤振る舞いで、白トリュフをたっぷりと削ってくれてる
ところ。削ってるだけで、香りがたちこめた。

C1.JPGC3.JPG

Cpaquet.JPGC2.JPG

       C5.JPG

赤ワインは、アニエスパケの「オークセイ・デュレス2001
ブルゴーニュなので、軽やかな口当たりだけど、深みもあった。

このあと、デザートもちゃんと食べて、おなかがいっぱいになり、外の寒さもなんの
そので、家路についたのでした。


nice!(63)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理