So-net無料ブログ作成

4月9日までお休み

hana2.JPG

いらしてくださってありがとうございます。

私の記事は、レストランやワインが多いので、少しお休みをして、
4月10日に新しい記事を載せたいと思います。

そのときは、よろしくお願いいたします。

  sancerre.JPG


トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

酒井抱一展(畠山記念館) [展覧会(日本の絵)]

 昨日まで、白金台の畠山記念館で、「生誕250年酒井抱一展」が開催されていた。
展示品すべてが畠山記念館の所蔵品なので、気をつけていれば、また見る機会が
あると思う。

 今回は、会期を2回に分けて、一部展示を入れ替えていた。
12ヶ月花鳥図の1月から6月まで前期で、7月から12月までが後期という具合。

 前期に展示されていた「四季花木図屏風」
四季花木図屏風.jpg

屏風なので、かなり大きい。
満開の桜のみごとさ、華麗さに目が行くが、下の花々は、まさに百花繚乱。
色とりどりの鮮やかな色彩。細やかな写実の優美な線。美しい。

 抱一は、晩年63歳から、「12ヶ月花鳥図」の連作を始めた。
12ヶ月花鳥図とは、藤原定家が、各月を象徴する植物と鳥を選び、和歌に
詠んだものが、後世、光琳らの画題となった。
抱一は、花や鳥、虫を伝統的なものと入れ替え、立体感のある瑞々しい画面
を構成した。

椿梅.JPG       

上の写真は、右から一月、二月、三月。
一月、椿と白梅に鶯。椿の赤の鮮やかさに目が惹かれる。
二月、菜の花に雲雀
三月、こちらに向かって伸びてくる桜の枝が画面に奥行きを感じさせる。
ほぼ中央に位置する瑠璃鳥。桜の花の色に瑠璃色が鮮烈なインパクト。

「12ヶ月花鳥図」は、宮内庁三の丸所蔵館版、プライスコレクション、
出光美術館版、ファインバーグコレクションなどがあり、花や鳥が少しづつ違う。

畠山のは、他のシリーズにない鳥や花が登場するものがあり、個性的である。
四月の「芍薬に燕」、六月の「百合・立葵に雀」、七月の「むくげに頬白」(下右)、
十月の「山茶花にカケス」である。

7月8月.JPG

むくげの枝の交差が面白く、右上に配置された頬白が、つがいで楽しそうな光景。
ちなみに、三の丸版の七月は、朝顔・玉蜀黍に青蛙である。
八月は、芙蓉に鶉(上左)。「秋草鶉図屏風」の鶉と同じく、太って愛らしい鶉。
抱一の描く鳥たちは、かわいい表情なので、見ていると、和やかな気持ちになる。

 「月波草花図」
銀の世界。厳かなまでに静かな両端の景色が、真ん中の絵の激しさを際立たせる。
大きく描かれた月に、しぶきを立てる荒々しい波頭。
「今は、津波のあとだから、この波が恐く見える」と、友達が言った。

この日の入場料は、被災地への義援金にすると書いてあり、私が払った500円玉
を、受付のおねえさんが「寄付金箱」に入れていた。

月波草花図.JPG

 写真はないが、この日、一番、印象に残ったのは、鈴木其一の「向日葵」だった。
前期の華やかさに比べ、地味な色合いの後期の展示の中、すくっと伸びた茎の上
に大きく咲く黄色の花一輪。左右には蕾。「たらしこみ」技法で、丁寧に描かれた葉
の一枚一枚には、軽やかなリズム感があった。

 畠山の「風神雷神図」は、掛け軸なので、大きさも屏風に比べると小さい。
コンパクトなので、風神、雷神共に、かわいらしく、表情と仕草はマンガっぽく楽しい。
墨で描かれた雲の濃淡がみごとで、達者な筆さばきに感心し、見入った。

風神雷神図掛け軸.jpg


 海に囲まれ、四季のある日本の自然は、すばらしいけれど、地震や津波は。。
寒い中、辛抱なさってる被災された方々への援助、早くすすんでほしいですね。


nice!(52)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

20世紀のポスター【タイポグラフィ】 [展覧会(陶芸・デザイン等)]

  一昨日からの地震の被害が、どんどん広がっていく様子がTVに映しだされています。
マグニチュード9、1000年に一度の大地震という未曾有のものでした。
皆様も、それぞれ怖い思いをなさったことでしょう。帰宅も大変だったことでしょう。
そして、原発のこと、とても心配ですね。
自然の恐ろしさを改めて感じます。そして、被災地の方々のことを考えると、胸がつまる
思いです。まだ今後3日間は、地震の可能性もあるとのこと。
さらに、明日朝から計画停電が実施されますね。乗りきっていくしかないですね。

停電にそなえて、懐中電灯を買いました。今のはLEDなんですね。明るいです。
ラジオも必要ですね。



[かわいい]少し前のこと。
東京都庭園美術館で、「20世紀のポスター・タイポグラフィー」展を見たので、そのことに
ついて書きます。20世紀、つまり約100年前からの有名なポスターの展示。

ポスターの中で、文字は、情報を伝える大切な役目がある。
タイポグラフィーとは、活字の文字の表現方法。たとえば、現在、よく使われている縦横の
大きさが同じ「ゴシック体」(センセリフ)は、1930年頃、発明された。

私の気に入ったポスターをなるべく年代順に並べてみた。
(1) カッサンドル「食前酒DUBONNET」(1932年)。ユーモラスで楽しい。
買ってみようかな、という気にさせる。
cassandreDUBONNET.JPG

(2) カッサンドルの助手、レイモン・サヴィニャックも楽しい。
タイヤの「DUNLOP」社のポスター(1953年)
スキャンがうまくいかなくて、斜めになってしまったけど。。

DUNLOP.JPG

活字ポスターが一般的になる以前は、手描き文字だった。
(3) ホドラーの「ウィーン分離派(ゼセッション)展VER SACRUM(聖なる春)」
(1904年)のポスターは、アールヌーヴォー。
HodlerSECESSION.JPG


(4) マックス・エルンストのポスターは、ロンドンで開催された「シューレアリスム展」
(1936年)。当時のシュールレアリスムは、今、見ると、あまりシュールではない。
現在、国立新美術館で開催の「シュールレアリスム展」の広告とは、だいぶ違う。

MaxErnstSurrealism.JPG

第二次世界大戦が終わり、主流はモダンデザインで、商業広告がふえた時代。
(5) スイスのマックス・フーバーのグランプリ・レースの告知。
「モンツァ・グランプリ」イタリア(1948年)は、スピード感あふれるレース競技場。
その上に、文字が疾走する。当時としてはかなり斬新だったであろう。
MHuber.jpg

(6) イタリーの有名タイプライターメーカー「オリベッティ」社の企業広告(1942年)。
ジョヴァンニ・ピントーリの作品。目の検査のようなフューチャリズムは当時の流行だった。
Olivetti.JPG

(7) 日本光学工業の一眼レフカメラの広告「NIKON SP」(1957年)
東京オリンピックのポスターで有名な亀倉雄策の作品。
NIKON.JPG

(8) 1960年代には、ポスターにアメリカ文化の影響が出てくる。
ロバート・インディアナは、アンディ・ウォーホル、リキテンシュタインと並ぶアメリカを
代表するポップアーティストで、言葉と文字を使った手法が特徴。
新宿西口のビル前にも、赤い「LOVE」の文字のインスタレーションがある。
これは、ニューヨークのステイブルギャラリーで開催された「LOVE展」のポスター
(1966年)
LOVE.JPG

1980年以降は、パソコンの普及により、電子時代、DTPの時代となる。
文字もパソコンソフトで、容易に3次元(立体的)にできる時代となった。
(9) カリ・ピイッポの「ハムレットの公演告知」(1993年)
HAMLET、WILLIAM SHAKESPEARE の文字、何かを暗示するような「H」の文字
だけが横たわる。
Hamlet.jpg

 ポスターなので、絵画の流れの歴史とも、連動していて、興味深かった。
庭園美術館は、元朝香宮邸で、完成したのは、約80年前、アール・デコ様式。
20世紀を生きてきた建物なので、これらのポスターには、最適な展示場所と
思えた。(3月27日まで)


nice!(50)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

琳派芸術・第二期 [展覧会(日本の絵)]

 出光美術館で、開催されている「琳派芸術」展に行った。 
梅の季節に合わせ、第一期で「光琳」の「紅白梅図屏風」、第二期で「抱一」の
「紅白梅図屏風」が展示されている。(第一期の記事は、こちら

  チラシ.JPG

 [1]銀の世界
第二期は、「転生する美の世界」という御題。
江戸時代の中期以降、銀屏風が登場し、人気になった。
銀は、東洋絵画では古くから「月光」を表す素材であり、静かな輝きを持っている。
酒井抱一は、特に銀を好み、金地屏風の裏に、銀地に胡粉で光琳風の波を描く
試みをした。『波濤図屏風』(Fig.1)
尊敬する光琳の「風神雷神図屏風」の裏に、雷の雨に打たれた秋草を銀地屏風
に描いた「夏秋草図屏風」は、重要文化財で、国立博物館にある。

Fig.1
抱一波.JPG

抱一の「銀好み」は、弟子の其一に受け継がれ、『秋草図屏風』がある。
銀地が、年月の経過で、黒く変色し、輝きはないが、当時は白い萩の花、朝顔の青
、葛の花の紫、緑の葉が浮き立っていたことだろう。右上には万葉集の山上憶良の
秋の歌の色紙が置かれている。ひとつひとつの花の写実がみごと。

     其一秋草図屏風.JPG

今回の展覧会は、ほとんどが出光美術館の所蔵品だが、これは、千葉市美術館のもの。
『芒野図屏風』
銀地に、画面いっぱいのススキの野原。デザインされたかのような配置。
風に揺らいでいるものがあることや、色合いから、晩秋であるとわかる。

      其一すすき.JPG

 目玉は、もちろん、抱一の「紅白梅図屏風」[かわいい] 昨年と違って、明るい照明だったので、
紅梅が美しく見えたが、白梅の幽玄さは望めなかった。


 [2]銀作品の次は、「抱一の美」と題された抱一コーナー。
『八橋図屏風』(六曲一双)
左右並べて見ると、橋がつながって見え、さらに折った時は、橋のジグザグが立体的に見える
という見事に計算された構図。
この構図は、元々は、光琳が生み出したものだが、抱一は、花の形を清楚にし、根元を揃え、金の輝きが増すよう、絹本に金箔を貼り、金泥を塗っている。(高価ですね!)

                     抱一八橋図びょうぶ.JPG
抱一八橋図屏風左.JPG

抱一は、姫路城主、酒井雅楽頭家の次男。
「お金持ちだから、超高級品の画材を使っていた」と、抱一に詳しいyk2さんが教えて
くれた。絵の注文主も、徳川将軍家だったりしたそうだ。
これも金をふんだんに使った贅沢な屏風。絵も上質な絵の具なので色あせていない。


『12ヶ月花鳥図貼付屏風』 から3枚。(実際には12枚展示されている)
花もすばらしいが、鳥がかわいい。

 抱一12ヶ月.JPG抱一12ヶ月夏.JPG

 [3]抱一の弟子、鈴木其一のコーナー。
其一は、師匠ゆずりの描写力は言うに及ばず、さらに色彩と構図が明快。
今でも全く古さを感じさせない。
『野菜群虫図』
好きな絵。一番上にスズメ、その下がトンボ、蜂、シジミ蝶。
こんな菜園が実際にある? かわいらしい一コマ。
右下の葉が、病気で黄色くなっている写実は、伊藤若冲の影響、と解説にあった。

其一野菜図.JPG


『四季花木図屏風』
豪華絢爛。紅白梅の根元には、牡丹。たんぽぽ。白いすみれ、かきつばた。
牡丹が中央で主役。ひときわ大きく咲いている。

其一四季花木図屏風.JPG

 [4]工芸品もあった。
原羊遊斎の『草花蒔絵四方盆』 4枚。下絵を抱一が描くこともあった。

四方盆.JPG


抱一が描いた下絵。左に「蓋」と書いてあるから、お椀の蓋の絵だろうか。
抱一蒔絵の下絵.JPG


nice!(59)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート