So-net無料ブログ作成
検索選択

カジュアルなイタリアン2軒(渋谷、自由が丘) [レストラン(イタリアン系)]

1、タントタント

カジュアルな、、なんて書くと、怒られちゃうかしら。
真っ白なテーブルクロスがかかって、「ここ松濤マダム御用達なのよ」
と友達が言う。たしかにそんな雰囲気の方々が8名で会食なさっていた。

私たちは、映画「ローマでアモーレ」を渋谷のル・シネマで見たあと、
映画の半券で、スプマンテまたはブラッドオレンジジュースが無料と、
書いてあったから、エスカレーターで8Fに移動した。
つまり、この店は、東急渋谷本店の8Fレストラン街にある。

無料のジュースをボトルで頼んだスプマンテで割って、赤いミモザにする。
コースは、前菜、ピザ、パスタ、、とすぐお腹いっぱいになる取り揃えだったから、
やめて、飲むの中心、アラカルトで頼んだ。
前菜盛り合わせ

Tanto1.jpg

魚料理とピザは写真忘れ、
和牛ステーキ、赤ワインソース。イタリアンのステーキは炭焼きが多いので、
ワインによく合った。

Tanto2.jpg

Tanto3.jpg

これはデザートのりんごのパイ。
高級そうなインテリアだけど、値段は高くない。前菜にピザ、パスタという
利用の仕方だと、コストパフォーマンスがいいと思う。
私たちは結構飲んだから、1万円近くなったけど。

2、クッチーナ・イタリアーナ・モスト

こちらは、正真正銘、カジュアル。
お店の名前、クッチーナは台所の意味だから、トラットリアよりもっと
家庭的なのだと思う。でもメニューは充実していて美味しい。

場所は自由が丘駅から徒歩3分位。ビルの2F。
白と茶を基調としたインテリア。席数はさほど多くないが落ち着く空間。
ミモザで始める。

Italian22.jpg

前菜にフォアグラのテリーヌ、魚介のフリット。
共に、おいしすぎて写真なし。

パスタは、「本日は平木貝のパスタ(手打ち麺)がおすすめ」なので、それにした。
平木貝は平貝よりずっと大きい貝とのこと。私は初めて。
ごろっとはいっている。かなり噛みごたえのある貝。

Italian44.jpg

和牛ワインビーフの炭焼き。

Italian55.jpg

ワインはイタリアだからか安いが、おいしかった。
カウンターもあって、ひとりで、ふらっと飲みに来るという使い方もあり、だそう。
メニューにあった自家製ソーセージとかトリッパは、ワインに合いそう。

Italian78.jpg


nice!(35)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

レ・ロジェ・エギュスキロール [レストラン(フレンチ系)]

 銀座三越の8Fにあるレストラン。
店名、レ・ロジェ・エギュスキロール、舌をかみそうな名前なのは本店がパリだから。
本店のシェフは、世界最年少でMOF(フランス最優秀職人資格)をとったフランス人
女性。三越の店もミシュランの星をとっている。

女性らしくきれいな演出のアミューズ。
下の段を食べてしまったあとですが。。。

 Roges3.jpg

お店の内装は赤。春だったので、ミモザで乾杯。

 Roges0.jpg

 前菜は、蟹のジュレ、上にキャビアがのってて嬉しい。 
Roges4.jpg

メインは「チョリゾをまとった魚のココット」 クリームソース
私は、チョリゾ(ソーセージ)が好きだから、どんなふうかなと頼んだけれど、
他の2人は、無難に白身魚の蒸し焼き。そば粉をのせて焼いてる?
シェフがバスク地方の海沿いの町出身なので、魚料理も充実している。

Roges5.jpg 
Roges6.jpg

お茶は、こんなふうに出てきた。「どれになさいますか」

Roges9.jpg

デザートは、ガトーショコラとキャラメル味アイス。
友達は、ストロベリーとベリーソースの、、棒はシナモンスティック。

Roges7.jpg

Roges8.jpg

私には量が少なめだったが、そういう場合はパンをたくさん食べる。
4980円のメニューだが、+525円のものがあったり、飲み物、サーヴィス料
10%で、ひとり1万円くらいだった。
記念日ディナーというほど格式ばっていないので、久しぶりの友達とのごはん
に良いかもしれない。


nice!(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六、七月歌舞伎 [演劇、ミュージカル、Jazz]

 七月歌舞伎は、若手役者陣が務める。
四月から六月までは杮噴落(こけらおとし)公演で、歌舞伎界を代表する
役者たちの舞台だった。

7月歌舞伎.jpg

夜の部、「四谷怪談」を見た。
主演は、伊右衛門が染五郎、お岩が菊之助。直助が松緑。
染五郎40才、菊之助35才、松緑38才。
松緑の父・辰之助は40才で亡くなってしまったが、染五郎の父・幸四郎、
菊之助の父・菊五郎は現在の歌舞伎界の中心人物である。

yotuyakaidan.jpg

御存じお岩さんが、「恨めし~」と毒薬で変わった醜い顔の幽霊で出てくる怪談。
恨めしの相手は、お岩の夫・伊右衛門。箸にも棒にもかからぬ悪だが色男。
染五郎の伊右衛門は端正な顔立ちが災いしてか、悪としては物足りない。

菊之助は美しい。誇り高い武士の娘の気丈さが潔い。毒薬で醜くなった顔に
気づき、髪に櫛を入れると、髪の毛が束になって抜ける見せ場の苦悶の様子は、
哀れを誘う。最後の回想場面で、幸せだった日々を思い出し、伊右衛門と踊るが、
いつ見ても菊之助の踊りは玉三郎譲りで美しい。見とれてしまう。
この芝居の見どころは、菊之助が3つの役を演じることにもある。第一幕、まだ
お岩が出てこないときは、小間物屋に身をやつした浪人・与茂七として鮮やかな
剣裁きを見せる若武者。お家騒動で離れ離れになっていた妻と地獄宿で会う
場面は笑いが止まらない。軽妙な役もうまい。
早変わりで花道から駆け抜けてくるたびに大きな拍手がおこった。
お岩の幽霊は宙吊りで変貌自在に動き、戸板返し、仏壇返し、提灯抜けなど
、お化けの見せ場では、あっと驚かせ面白かった。

悪の片棒を担ぐ薬屋・直助の松緑は、狡いが大悪党になれない下っ端ぶりを
軽い動きでうまく表現、芝居をまわしていた。ちょっと台詞が一本調子かな。
    
お梅:右近、お袖:梅枝、奥田庄三郎:亀三郎、四谷左門:錦吾、按摩宅悦:市蔵、
みんな心に残るいい芝居をしていた。

チケットを買ったのが遅かったので、最前列一番左端、花道の外側という席。
斜めに座って見たが、見えにくい所もあった。次は、早めに手配しないと。

  *昼の部:「加賀見山再岩藤」をご覧になったcocoさんの感想はこちら

 

さかのぼって6月。
杮葺落公演は、一日3回興業。
夜の部は6時開演。誘われた時、「仕事が終わるのが5時半だから遅刻だけど」
と言うと、海老蔵大ファンの友達は、「最初は鈴ヶ森、幸四郎だから見なくてもいいよ」
と極端発言。
梅雨の時期、雨の日だった。携帯でパシャっと一枚だけ。

kabuki6gatu.jpg

助六
杮葺落公演なので、口上があった。
幸四郎が、「助六」は歌舞伎十八番の演目で、歴代團十郎に伝わる家の芸と
述べたあと、今回は亡くなった團十郎さんに代わって海老蔵が一生懸命務め
させていただきます、皆々様、よろしくお頼もう申し上げます」、万雷の拍手。

場所は吉原の大店「三浦屋」。若くて美しい花魁たちがずらりと並ぶ。これだけで
十分に華やか。花魁道中が始まる。ひときわ綺麗なのは、壱太郎(ひいきめ?)。
福助の揚巻登場。私が一番好きな役者は福助。揚巻なので衣装も豪華。
三浦屋の常連、髭の意休(左団次)が、お供の若い者、遊女白玉(七之助)を
引き連れ登場。意休は揚巻がお目当てなのだが、断られてばかり。

やがて高下駄の音が花道に響き、海老蔵・助六登場。華がある!
花道で、唐傘を使った振りを披露。拍手。白酒売りの菊五郎も登場。

三津五郎の通行人役が達者。こんなに面白い人だったのね、と思った。
今までなら勘三郎がやっていた役。「この辺り、3年ぶりで来たら随分と
きれいになって」、ここでもう笑い。股くぐりを命じられ、「じぇ、じぇっ」。
菊五郎も「どっしょーかな、(頬に指を当て)オッケー」
「珍しいことしたから呟こう」と、スマホを出し「そうだ、海老蔵のブログを見よう」
ブログを読み上げると、その文面は、「團十郎さんも大きな星になって空から
見ているでしょう。十四代目が生まれ、十四代目が助六をやるまで歌舞伎座を
御贔屓に」

十四代目が助六をやるまで、あと25年はかかるでしょう。
親子二代の襲名披露興行を見れたらいいけど。。。

助六揚巻1.jpg

*忙しいのでコメント欄は閉じておきます。


nice!(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ロウリーズ・ザ・プライムリブ東京 [レストラン(フレンチ系)]

 この店は恵比寿に移転しました。

 アメリカのローストビーフの店。
かれこれ10年くらい前に、日本に出てきた。
「Taekoさんの好きそうな店」と、友達からすすめられたものの、行く機会がなく
忘れていたら、「まだ行ってないの?」と言われ、同僚Mを誘って出かけた。
場所は、赤坂、ツインタワービル(ATT)。入口は道路に面しているのでわかりやすい。

RoastBeef4.jpg

ランチは、サラダビュッフェがついていてお得ときいたので、昼に行った。
土日もやっている。
サラダビュッフェといっても、こんなに豪華。ハスはさっとゆでてあるが、ナスは生。
黄色はサラダ用生食かぼちゃ(コリンキー)。

RoastBeef1.jpg

メインのローストビーフは、こんなカートが来る。さめないようにした鉄のドームを
開けると、焼け具合、形で3種類くらいのお肉の塊。
ミディアム、140gを頼んだ。

RoastBeef5.jpg

付け合せは、予め用意されている。
左端は、ローストビーフに付きもののヨークシャープディング。プリンというよりパン(デニッシュ)。

RoastBeef2.jpg

 デザートもビュッフェ。自分で好きなだけとれる。

RoastBeef3.jpg

お店のインテリアは重厚な赤。天井が高く広い空間で、とってもゴージャス。
サーヴィスおねえさんのエプロンが大きな蝶結びで可愛い。
「メニューも、店のインテリアもロスと同じ」と、ロスの本店に行ったZが言っていた。

東京カット(140g)のコースで3800円。割安な感じがした。
お肉がアメリカサイズで大きくなると値段が高くなる。


nice!(40)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エミール・クラウスとベルギー印象派展 [展覧会(洋画)]

Krausちらし.jpg

東京駅北口構内にあるステーションギャラリー(美術館)で、今日までの展覧会。
昨日、見て、とてもよかったので、ご紹介。

エミール・クラウスは、1900年頃のベルギー画壇で中心人物だった人。
当時のベルギーはパリとの行き来が盛んだったので、
「パリ⇔ブリュッセル」1848-1914という両者の交流を描いた展覧会が
パリで開催されたこともある。 (そのうち記事にします)

Claus昼休み.jpg
「昼休み」 (1887~1990) 個人蔵

ベルギーの印象派は、後に「ルミニスム(光輝主義)」とよばれるようになる。
フランスの印象派、新印象派と異なり、多種多様な要素を含んでいる。
上の「昼休み」も清々しい田園風景。逆光で描き、大気を感じさせる。

チラシの絵は「野の少女たち」 1892 個人蔵
木靴を手に持ち、黄金色の麦畑の中を歩いてくる少女たち。
大きい絵なので、実際に見ると、向こうから少女たちが行進してくるように
見え、こちらをじっと見つめる少女の瞳も印象に残る。

Clausレイ江河畔にすわる少女.jpg
「レイエ河畔にすわる少女」 1892 個人蔵

Clausレイエ川の水飲み場.jpg
「レイエ川の水飲み場」 1897 姫路市立美術館
水辺に映る木々や牛の姿。みごとな逆光表現。沈む夕日の色が美しい。

Clausnouzenn.jpg
「ノウゼンハレン」 1901 個人蔵
実際の花は、もっときれいなオレンジ色。奥行き感のある背景。

Clausそり.jpg
「そり遊びをする子どもたち」1891 ゲント市美術館
凍ったレイエ川。冬の光を浴びて氷面が多様な色に輝き、左端には雪が残る。
背景の空にも光が反射している。
この絵は、前述のパリでの展覧会に出品されていた。

Claus月昇る.jpg
「月昇る」 1912 個人蔵
霞んだ夕景。水への月の反射。静けさを感じる。
日本画の雰囲気がある月と手前の葦、水鳥。

KrausuWaiterru.jpg
「ウォータールー橋、黄昏」 1918 個人蔵
ロンドンのウォータールー橋。第一次大戦中、クラウスは英国に避難。
ウォータールー橋をのぞむ場所に部屋を借りていた。
黄昏、夕日の輝きは川を照らすだけでなく、通りにまで及ぶ。

この展覧会は、最初の部分に、モネ、ピサロ、シスレーなどの絵があった。
モネ「霧の中の太陽(ウォータールー橋)」 、比較ができて面白い。
MonetWalterru.jpg

当時、日本から留学し、クラウスに絵をならった児島虎次郎、太田喜二郎の
作品も20点近く展示されていた。

CrausKojima.jpg
児島虎次郎「和服を着たベルギーの少女」1911 大原美術館
実際に見ると、着物の柄が浮き上がって見えるような粗い筆づかい。
当時流行になり始めたフォーヴを思わせるような激しい色彩。しかし背景は、
繊細に描かれている。
この絵は、クラウスから高い評価を受け、サロン・ナショナルに入選した。
児島虎次郎は、大原孫三郎と同郷で親しく、大原美術館創設のために絵を
パリで買い付ける役をした。

児島春の光.jpg
「春の光」1916 大原美術館

Claus太田.jpg
太田喜二郎「乳屋の娘」1911 京都国立近代美術館

他に、レイセルベルヘ、アンリ・マルタン、シダネル、イポリート・プティジャンなどの
絵もあり、よかった。とても充実している展覧会だった。

 *以前に府中市美術館で見たエミール・クラウスの絵

 


nice!(40)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

オストゥ OSTÜ (代々木公園) [レストラン(イタリアン系)]

Ostu1.jpg

代々木公園は、メトロ千代田線の駅。ここを降りてすぐの店だが、友達は、
原宿から歩いて来たと言っていた。
3名でゆったりと1時集合の日曜ランチ。
小さな店だが1階なので、外気が感じられ、気持ちがいい。

前菜のスモークド・サーモンの盛りがいい!たっぷりと。
向こうに見えるグリーンの瓶はオリーブオイル2種。

パン、フォッカッチャもおいしかった。サーモンとオリーブオイルにつけたパン、ビール
で、かなり満足。
パスタは私は、ラグーソース(ミートソース)、友達は魚貝のクリームソース。
コクがあって、ソースがパスタによく絡みおいしい!

ostu2.jpg ostu3.jpg 

メインに私は、仔牛のミラノ風カツレツ、友達は鯛のアクアパッツァ。

ostu6.jpg ostu5.jpg

デザート

ostu8.jpg

気取った雰囲気の店ではないけど、お料理にはおしゃれさもあって美味しい。
しかもランチのコースは、3200円とお得。
(私たちは飲むから、これですまないんだけど。。)
お店の名前の「オストゥ」は、イタリアの食堂オステリアのピエモンテなまり。
シェフがピエモンテ州で修業したからだそう。ミシュランの星をとっている。

今度は、夜に、いろいろなお料理を食べてみたいと思った。
NHKホールからやオーチャードホールからも遠くないから、コンサート帰りに
寄れたらいいけど。


nice!(33)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート