So-net無料ブログ作成

えさき [和食]

東京・青山にある「えさき」、創作和食の店でミシュラン5年連続3つ星。
かねてから行ってみたいと思っていたが、都合のいい日に予約がとれなかった。
今回、月曜夜ならあいているとのことで、昨晩、出かけた。

タクシーの運転手さんが、「電話番号を言ってくれれば検索で行けますよ」というので、
頼んだら、「お客さん、ここだけど、洋服屋」と怪訝そうな顔。「看板でてるから、ここだわ」
つまり、洋服屋(紳士服)の横の階段を下りたところ、ビルの地下の小さな店。

引き戸を開けると、お香の香りがして、和の雰囲気。
白いシンプルな壁紙のインテリア。
テーブル席に通されたが、カウンターの奥の調理場で働く人たちが見える。
お料理はコースで、10000円と13500円。違いは鮑の皿がつくかどうか。

esaki1.jpg

私と友達は和食でもシャンパン。
選択肢はなく、ポル・ロジェのみだけど、好きなブランドなので、うれしい。
一品目は、ハマグリのリゾット、彩豊かな野菜に土佐酢をまとわせ苺ドレッシング
を添えて。
「酢をまとわせる」と書いてあると、酢漬けではなく、さらっと、とわかる。こういう
表現が創作料理の説明には不可欠なのだろう。

esaki2.jpg esaki3.jpg

森県産ヒラメのお造り。レモンと塩で食べる。
私は、ワサビが好きなので、ワサビをもらって食べた。

菊芋のスープ。ふんわりかつおだしの香り。甘みと芋のとろみが濃厚。
浮かんでるのは、菊芋のチップス。

鯛の蒸し物、下に三浦大根。うす衣の青菜の天ぷら添え、菜の花ソース。
北海道産のきんき煮つけ、ごぼう添え。
どーんと一尾づけ。大きさに驚くけれど、頭の大きい魚なので、持て余しはしない。
薄味でやさしい味の煮つけ。

esaki4.jpg esaki6.jpg

蝦夷アワビの酒蒸し。長いものわさび酢醤油あえと共に。
ソースは鮑の肝入りなので、濃厚で美味しい。
白のグラスワインを合わせた。

esakiawabi.jpg

このあと、ホタルイカのたきこみご飯と、佐島のワカメ入り味噌汁。
苺のデザート、有機コーヒー。コーヒーがすっきりと美味しかった。

私は覚えてないので省略したが、ここの料理は、どれも素材厳選なので、
産地が全部記してあった。

季節感をいかした創作料理は、料理人の意気込みが伝わってくる。
始めにハマグリのリゾットは意外だが、ご飯にほっとするし、濃い味は、
シャンパンによく合った。きっと、ビールにも合うだろう。
黒服のサーヴィスの女性が洗練されていて、てきぱきと、白いシャツの
若い女の子たちのサーヴィスに気を配りながら動き、すてきだった。


nice!(42)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「板谷波山の夢みたもの」展 [展覧会(陶芸・デザイン等)]

hazantirashi.jpg

出光美術館で、「板谷波山の夢みたもの」展を見た。
180余点も展示されていたので、とても見応えがあり、感心して見ているうち、
閉館時間になってしまった。2時間ちょっといたことになる。
ほとんど全部の作品が出光佐三の所蔵品というのだから、すごい。

板谷波山(1872~1963)は今年没後50年なので、その回顧展である。
上のチケットの写真にもあるように、上品な白いぼかしの葆光釉(ほこうゆう)が
波山の特徴で、図柄はアールデコふうの斬新さがある。これはチューリップの
模様。波山の作品は、「麗しのうつわ」展を始め、いくつかの展覧会で見てきたが、
その品の良さとスマートさに、とても惹かれている。

はいった所すぐに、漱石は5歳年上の同時代人、封建制から脱した新しい時代、
「生命礼賛の時代」と、波山の生きた時代の説明があった。
「唐草にオウムの絵柄の花瓶」があり、壁には津田青楓装丁のアールデコふう
唐草模様で描かれた漱石の「道草」の表紙が、比較できるよう展示してあった。

波山という名前は、茨城県、筑波山のふもとの出身だからなのだそう。
東京芸大の彫刻科を卒業後、石川県の工業高校で彫刻の他に陶芸も教えた
ことから、陶芸の道に進むことになった。
彫刻を学んだ技を活かし、模様を薄く彫る「薄肉彫」を始めた。
「棕櫚葉彫文花瓶」 一面にシュロの葉を彫った花瓶。彫があるので立体的。
光をあびて、縦横に葉と葉の重なりがうかび、間に雷文が見える。みごと!

波山しゅろ模様3.jpg


波山は、葆光釉(ほこうゆう)という薄いヴェールのようなぼかし技法も考えた。
器の中に光を閉じ込めているように見えるので、葆光と名付けられた。
チケットのチューリップ模様の花瓶の他にも、下の写真の
「葆光彩磁花卉文花瓶」、いろいろな花がぐるりと描かれている。
ため息がでるほど美しい。

波山ほ光.jpg


「彩磁延壽文花瓶」
青海波の地に白い吉祥文、桃の蕾、花、実の図柄。
桃の蕾、花、実がいっしょにあるという図柄も面白い。
青は当時、日露戦争、戦勝の色として人気があったそうだ。

波山青海波3.jpg

波山は色にもこだわっていて、白は白でも、氷の結晶のように見える「氷華磁」、
霜のように見える「凝霜磁」、繭のように少し黄ばんだ「蛋殻磁」、光を閉じ込めた
「葆光磁」と種類があり、実際、作品を見ると、地が霜のようだったり、氷のよう
だったりと、わかって感心した。

図柄として、葡萄や八つ手がよく使われていたのが意外だった。椿の花も多かった。
大きな笹の葉の図柄の水指は斬新。ウサギも時々模様として使われ愛らしかった。

最後のコーナーは、茶道具。
銘が「命乞い」という色の美しい天目茶碗、それは波山が、傷があるので割ろうと
したところ、出光佐三が、「割らずに譲ってほしい」と貰い受けたもの。粋な命名は、
茶人、佐三ならでは、のもの。
91歳、波山最後の作品は、椿の模様の茶碗だった。

作品が多いので、それぞれの細かい違いも、比較ができ、とても興味深かった。
どれも模様の絵が実に美しい。

陶磁器の形に、植物をのせた「器物図集」は、こんなふうに考えていったのだな
、とわかるスケッチ集。絵葉書になって売店で売っていた。

hazandesign.jpg

あと3日しか会期がないのですが、おすすめの展覧会です。


nice!(35)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ザ・ビューティフル [展覧会(洋画)]

友達Mが、「ザ・ビューティフルって、ポスターがとってもきれいな展覧会やってるから
見たいわ。場所も丸ビルの三菱だし」と言ってきた。

ちらし.jpg



たしかに~、はっとするほど色鮮やかなオレンジ色。

ザ・ビューティフル(The Beautiful)展は、英国の唯美主義1860~1900年に
焦点を当てた展覧会で、英国のヴィクトリア&アルバート(V&A)美術館で開催された
ものの巡回展である。
三菱一号館は、英国人コンドルの設計で、唯美主義の時代の英国ふうの建物
だから、この展覧会の会場にはぴったり。

唯美主義がおこった19世紀は、芸術の分野で絶えず、「変化と革新」があった。
ヴィクトリア女王の時代であり、英国は世界に植民地を広げた絶頂期であった。
新しいものへの欲求が高まり、絵画を購入する層も広がったことから、物語を
主題とするわかりやすい絵が広まった。さらに、芸術は美的価値を第一に
おくべき、唯ひたすら美しいものを求めるという「唯美主義」の運動がおこった。
 (注:唯美主義は耽美主義とほぼ同じ)

ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「愛の杯」

ロゼッティ愛の杯.jpg

この絵、見たことある、ってお思いの方もいらっしゃるでしょう。
上野の西洋美術館所蔵の絵。
耽美主義の先駆け、ラファエル前派の重要メンバーであったロセッティ。

当時の売れっ子フレデリック・レイトンの「母と子」

レイトン母と子.jpg

実際に見ると、コントラストがはっきりした白が美しい絵。
花瓶にはいった白い百合、細かい模様のペルシア絨毯の上でくつろぐ母と子。
後ろの金屏風はどうやら日本ふうらしい。描かれている絵が日本画とは違うが。。
ぜいたく品に囲まれたゆったりとした暮らしぶりは、きっと、当時の憧れ。


ジョージ・フレデリック・ワッツ「孔雀の羽を手にする習作」

ワッツ孔雀の羽.jpg

孔雀の羽根は、耽美主義の作品によく使われている。
美しいものの代表格だったのだろうか。

アルバート・ムーア「黄色いマーガレット」

きいろいマーガレット.png

服の色、扇子の色も黄色。黄色いマーガレットは足元右にある。
ムーアは、古代ギリシア彫刻を学び、衣服を古代ギリシア風に再現した。

チラシに使われている絵は、同じくアルバート・ムーアで、「真夏」
これも衣服がゆったりと古代ギリシアふう。色が鮮やかなだけでなく、
かなり大きな絵なので圧倒された。


ザ・ビューティフルというタイトルだから、全体に美人画が多い。

エドワード・バーン・ジョーンズが下絵を描いたタピストリー「ポモナ」
ウィリアム・モリス商会の制作。
ポモナはローマ神話の果実の神なので、りんごを持っている。

タピ ポモナ.jpg 
 

同じくエドワード・バーン・ジョーンズ作のブローチ。
色鮮やかできれい。七宝、サンゴ、トルコ石に真珠が少し。

バ-ンジョーンズブローチ.jpg

工芸品もいろいろと展示されていた。

ウィリアム・ゴドウィン 「飾り戸棚」

ゴドウィン飾り戸棚.jpg

画家ホイッスラーの自宅を設計したゴドウィンは、家具もデザインした。
だから、この飾り戸棚は実際にホイッスラーの邸宅に置かれていた。
開き戸棚の部分は火灯窓模様で、日本の寺院ふう!
ホイッスラーの絵「黒と金」も展示されていた。

耽美主義は、年数を経ると、時代の流れもあり、だんだん世紀末的になっていった。
オスカー・ワイルドの「サロメ」をモノクロの版画にしたビアズリーの作品が当時よく売れた。
この辺りは、mozさんが詳しく版画つきで書いていらっしゃるので、そちらをご覧ください。

ザ・ビューティフルの名に違わず、きれいなものがたくさんあるので、ふらりと、
見に行くのに、ちょうど良い展覧会だと思う。[黒ハート]


nice!(48)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート