So-net無料ブログ作成

メトロポリタン美術館のエジプトコーナー [外国の美術館、博物館]

 19日から東京都美術館で、「女王と女神」というメトロポリタン美術館の
古代エジプト展が始まります。
ニューヨーク、メトロポリタン美術館のエジプトコーナーは、見やすく、わかりやすい
展示だったので、2012年春に行った時の写真をご紹介。

今回、都美の展覧会でテーマとなっているのが、ハトシェプスト女王。紀元前1470年
頃のファラオ。在位中、数々の功績を残した。代々ファラオは男性なので、王の立場
を示すために、公の場では髭をつけたり頭巾をかぶり、男装をしていた。

2014_metegypt.jpg

ところが、メトのエジプトコーナーで目立って美しかった像がこれ、「ハトシェプスト女王」。
優美な女性像。2mあるので実物より大きい。
MetEgyptHpshest.jpg

エジプトコーナーには、いくつも部屋がある。
もちろん撮影自由。奥に見えているのは人形型棺。

MetEgypt2.jpg

MetFgyptCoffin.jpg

これはファラオのスフィンクスの壊れたもの。うしろの壁にファラオの頭部がずらっと
展示されていた。

MetEgypt3.jpg



金色に輝く胸像だが、あごひげがないので、ファラオでなく書記官だろうか。
下には、柄鏡や青いファイアンス製のボールや皿が置かれている。

MetEgypt4.jpg

金のサンダルと足指サック。実際に履くことはなく、王家の女性が亡くなった時の
副葬品と説明があった。このネックレスは実際につけていたかもしれない。

MetEgyptSandal.jpg

MetEgyptNeckless.jpg


これも青が目をひく美しいファイアンス。「アメンヘテプ3世のスフィンクス」
小品だが無傷で、なめらかで美しい。スフィンクスは人間の顔でライオンのからだ。
壺を2つ持っているのは、神々へ捧げものをしているからである。

MetEgyptAmenhop3.jpg


エジプトの青いファイアンス最も有名なのは、「青カバ」。
青カバが生息してした場所を示す植物が黒い線で胴体に描かれている。
ルーヴルにある青カバと比べると、こちらは足に模様がない。

MetEgyptHippo.jpg

メトのエジプトコーナーの極めつけは、「デンドゥールの神殿」である。
ローマ時代初期、皇帝アウグストゥスがエジプトからヌビアに至るまでを
支配していた時代に建設された。
神殿は、アスワンハイダムの建設で水没するはずだったが、古代ヌビア遺跡保存
運動が国際的に起こり、運動の中心であったアメリカに寄贈された。
光あふれるガラスの天井のホールに、約40mの高さの石の門があり、後方に高さ
25mの神殿がある。手前にあるのは、ファラオの像。

MetEgyptSemect.jpg

こちらが門のうしろの神殿入口。中に入れる。

MetEgyptDendur.jpg

アメリカはエジプト発掘にたくさんのお金を投じたので、持ち帰り品も多く、
エジプトコーナーが充実している。
エジプト展は、夏休みに開催されることが多い。私も中学生の頃、初めてエジプト展
に行き、5000年も前の歴史の世界が目の前にあることに感動したのだった。
いつかピラミッドやスフィンクスを実際に見に行きたい。

Inatimyさんがいらしたオランダ・ライデンの考古学博物館のエジプト記事です。


nice!(50)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

デュフィ展 [展覧会(洋画)]

デュフィの絵は、爽やかな色合いで、さくっと対象を捉える線がやさしい音楽のように
舞い心地よい。好きな画家だ。

2006年の大丸での展覧会、 鎌倉オータニ美術館での作品 はとても良かった。

今回は、回顧展で規模が大きいときいていたので、ちょっと楽しみだった。
Duffy_panf.jpg

場所は渋谷の東急Bunkamura。デパートに隣接しているので、夜7時まで開館。
休日は、起きるのが遅く、出かけるのも遅いから、7時まで開いてるのは好都合。

回顧展なので、絵は年代順に展示されていた。
デュフィは、1877年にモネやブーダンの故郷、ノルマンディの光あふれる港町、
ル・アーヴルに生まれた。働きながら地元の美術学校で学んだ後、奨学金を得て
パリの美術学校に入学した。
初期は印象派ふうの絵。「サン=タドレスの桟橋」は、海岸だからかブーダンを
思い出す絵。
しかし、数年後には、フォービズムで注目を集めていたアルベール・マルケと
共に、トゥルーヴィルを訪れ、「トゥルーヴィルのポスター」(1906年)を描いた。

DuffyTourville.jpg

その後、セザンヌの回顧展を見て感動し、セザンヌゆかりの地レスタックで、
描いた「レスタックの木々」(1908年)は、木々の緑と地面の褐色のほぼ2色。
単純化された形はキュビズムっぽい。

デュフィは木版画の制作を始める。
1911年、アポリネールの「動物詩集あるいはオルフェウスとそのお供たち」の挿絵を
木版画で担当した。馬、ヘビ、ライオン、みみずくなどがシュロの葉など植物模様を
背景に描かれていた。この植物模様版画の延長戦上で生まれたのが、テキスタイル
である。当時のデザイナーの第一人者ポール・ポワレのテキスタイルとして制作された
「たちあおい」(1918年)。色も美しい。

DuffyAoi.jpg

デュフィデザインの布地が数種類と実際の服も展示されていた。今、街で着ても
違和感がないカジュアルでしゃれた服だった。
以前、大丸での展覧会で見たデュフィデザインの布地も花柄だったが、今回の
より華やかだったという記憶。

私がなじんでるデュフィらしさが出てくるのは、1920年頃から。
コートダジュールの「ヴァンス」を描いた絵が4枚。俯瞰的な眺めの絵が色彩豊か
な模型図のようで気に入った。

1928年「ニースの窓辺」
DuffyNice.jpg

マティスだったら、赤で描くところを青に置き換えたと思えるような絵。
デュフィは、青がきれい。窓の外の空の青、海の青が室内にも及んでいる。

「馬に乗ったケスラー一家」(1932年)
大きな絵。やはり青が美しい。馬の茶色、木の緑とマッチしている。
馬の顔がとても穏やか。人物の顔は。。。ちょっとずれている。色彩が形を侵食するのが
デュフィの生み出した技だからなのだろう。
DuffyHorses.jpg

横長の「エプソム、ダービーの行進」も空の青、競馬場の緑が美しい。
横長という画面いっぱいに、競馬場を見つめる後ろ姿の人々。

1940年代からは、音楽を主題にした絵が登場する。
「クロード・ドビュッシーへのオマージュ」(1952年)

DuffyDobussy.jpg

上のチラシに使われている絵は「ヴァイオリンのある静物、バッハへのオマージュ」(1952年)
バッハは赤い暖色のイメージで、ドビュッシーは寒色のイメージなのだろう。
赤い画面を見ていると、ロールシャッハテストのように思えてきて、葉っぱの位置で
バッハの顔が見えるような気がする。

1950年「マキシム」
パリの有名レストラン「マキシム」におしゃれをして集う人たち。夢のあるパステル調の
色彩。曲線で描かれたドレス、ストライプのドレス、扇、装飾も加わって画面いっぱいに
あふれる洒落た華やかさ。パリらしさなのだろう。

DuffyMaxim.jpg

パリの街を描いた絵や、パリの名所をゴブラン織りにした椅子も展示されていた。
忘れてならないのは1932年パリ万博の電気館の巨大な壁画「電気の精」。
このミニチュア版が展示されていた。科学の歴史に貢献した約100人の科学者が
描かれている。キューリー夫妻やエジソン、オーム、ワット、ボルタ、フーリエ、ラプラスなど。

気楽に見れて、温かい気持ちになって帰れる展覧会です。
フランスやパリが好きな人には、特におすすめ。7月27日まで。


nice!(48)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート