So-net無料ブログ作成

マルディグラ・銀座 [レストラン(フレンチ系)]

 夏はやはり、きりっと冷えた白ワインがおいしい。
白ワインの中でも、私が好きなのは、ロワールのサンセール。
友達Jを訪ねて、ロワールのサンセールに行った時、毎日、飲んだおいしさが
忘れられない。香りがよくて、軽いのどごしだが、余韻に深みがある。

  そんな折、Jから「東京でも、サンセールをたくさん置いてる店があるんですよ。
お肉が好きなtaekoさんにぴったりなビストロ」と
メールをもらったので、さっそく出かけた。
店の名前は「マルディグラ」、場所は銀座8丁目。ビルの地下1階で、入口が
小さいから、うっかりすると通り過ぎる。

  暑い日だったので、きりっと冷えた白が胃に沁みて、うれしい。
サンセールの有名な作り手「アンリ・ブルジョワ」を頼んだ。
自家製のパンとスペイン風オムレツのお通しがすぐに(←ココ、だいじ)来た。

Mardigra.jpg

  前菜盛り合わせは、こんなふうに串がついていて食べやすい。
どれも2つずつあるから、遠慮しなくてすむ。左の皿は、リエット。
この前菜が美味しく、ワインともよく合うので、ご機嫌になる。

Mardigra2.jpg

  Jがおすすめの香草フレンチフライ。右手前にニンニクがごろっとはいっているのが
見えますか?敷いてある紙がレトロっぽくていい感じ。

Mardigra4.jpg

  メインは魚と肉と一皿ずつとってシェア。これは魚。何だったか?
肉は写真なし。ワインボトルも写真なし。[ふらふら]
小さい店だが、気取らず、居心地が良い。レストランと違ってビストロなのでカジュアル。
メニューがたくさんあって、どれもワインに合う感じで迷う。特に肉料理がウリなので、
内蔵料理、羊、牛、仔牛、豚、鴨、と何種類もメニューに並ぶ。

Mardigra3.jpg



  というわけで、ワインの写真がないから、友達の海の家に持って行って飲んだ
サンセールの写真を。ドメーヌ・ヴァシュロンという私が行ったことのある蔵元の
ワインをネットで見つけて買った。

Sanceere.jpg

さしみカワハギ.jpg

 友達が用意してくれたお刺身は、カワハギ、大きな鯵、小鯵の酢シメ。

chikin.jpg   

☆忙しいので、コメント欄はありますが、お返事はできそうもありません。 


nice!(51)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヴァロットン展 [展覧会(洋画)]

三菱一号館での「ヴァロットン展」は、開催を知った時から楽しみにしていたが、
期待以上の充実した内容だった。

私は、いつ頃からヴァロットンを知っていたのだろう?
モーリス・ドニを筆頭にナビ派の画家を好きなので、オルセー美術館に行くと、
いつもナビ派の部屋を見ていたから、いつのまにか、ヴァロットンときくと、
「自画像」、「化粧台の前のミシア」、「ボール」、「室内、戸棚を探る青い服の女性」
が浮かぶようになっていた。「夕食、ランプの光」は、yk2さんの記事に紹介された
のを読み、知った絵だった。
ランプ.jpg


今、考えると、私が知っていたヴァロットンの絵は、ごくごく一部だった。
ヴァロトンは、室内画だけでなく、時代ごとにいろいろな絵を描いていた。
肖像画、風景画、静物画、神話、戦争画。
どの絵も、映画の一場面の如くで、「これは?」と、足を停めさせる。
そして絵は明快で、デザイン的でもある。

フェリックス・ヴァロットン(1865~1925)は、スイスのローザンヌ生まれ。
パリの画塾で学んだのち、国立美術学校に入学。肖像画を制作の傍ら
取り組んだ木版画が評判になる。ナビ派の活動に参加。
34歳の時、3人の子連れのガブリエルと結婚。彼女の実家が成功している
画商だったため、生活が裕福になった。
上の絵、「夕食、ランプの光」の右がガブリエル。中央の女の子と左が
ガブリエルの子供。手前のシルエットがヴァロットン。挑むようにこちら
(ヴァロットン)を見ている女の子の態度に不安そうな母親ガブリエル。

「髪を整える女性」(1900年)
ヴァロットンは、いつも光の扱い方がすばらしい。
左から強い日ざしが入り、床には影が帯のように伸びる。女性の顔は見えない。
ヴァロットンには、ハンマース・ホイのような後ろ姿の絵や顔の見えない絵が多い。

髪を整える女性.jpg


光による影の使い方の素晴らしさは、風景画にも表れている。
「月の光」(1894年)
小さな絵だった。しかも思っていたより厚塗り。
暗い色の中で、紫装飾的な雲が浮世絵のよう。川に黄色い月の光が映っている。
遠くに一本の木。
月の光.jpg


「ボール」(1899年)、チラシに使われている絵。
木々の影。少女の影。真ん中で分けられた画面。遠くにいる2人の女性。

ボール.jpg

「ロワール川岸の砂原」(1923年)
構図がいいなと思う。砂浜が浮き上がって見えるのは、真ん中の木が水面に映って
いるからだろうか。遠くに釣り人1名。

砂浜.jpg


1905年、アングル回顧展で、「トルコ風呂」を見て感激したヴァロットンは、同名の
絵を制作した。(1907年)
1905年より前に描いた裸体画はナビ派らしい画風で、室内画に裸婦が描きこま
れているものだった。ヴァロットンは、アングルを彼なりのやり方でまねた。
構図というより場面設定が似ていて、すべすべした肌の色はアングルふうだが、
女性の体つき、特に中央の女性の腰のラインは、ヴァロットン独自のものである。
なんとお尻だけを描いた21歳の時の作品もあり、ヴァロットンはお尻から脚への
皺の表現、質感を追求していたのだと思う。左端の女性の臀部にその成果が
表われていると思えた。
Vトルコ風呂.jpg

オウムと女性(1909年)
「女とオウム」は、クールベとマネの対決で話題になった主題であるが、
これを見て思い浮かんだのは、マネの「オリンピア」
ここでは、シーツの皺が模様としてデザイン化されて描かれ、縦一直線の
オームの止まり木と呼応し、新しさがあると思えた。

オウムと女性.jpg


室内画、風景画、人物画と紹介してきたが、静物画も人目を惹くものがある。
赤ピーマン(1915年)
はっとする色の鮮やかさ。しかもエナメルのように見えるぎらっと光る厚塗りは、
ウォホールのよう、、と思ったら、説明文に「アメリカンポップアートを思わせる」
と書いてあった。

赤ピーマン.jpg

チューリップとマイヨールによる彫像(1913年)
花の鮮やかさ!会場内で花の絵はこれだけだった。テーブルクロスの皺が
この絵を身近なものに感じさせる。
花瓶の照りと映り込みに、光の扱い方の上手さを感じる。

チューリップとマイヨール300.jpg

これで、終わりと思ったら、もう2部屋、あった。
神話画
「竜を退治するペルセウス」(1910年)
大きな絵。同行の友達は、この絵の前で、「うわ~い!!これ来てたんだ、ひっひっひ」
と声を上げて喜んだ。
「冷たい炎の画家」とサブタイトルがついた展覧会だが、私にはしっくり来ない。
冷たいというより、風刺がきいていて、この絵のようにユーモアを感じさせたりする。

海の神の怒りにより、竜のいる岩に置き去りにされたアンドロメダをペルセウスが
助けに来て竜を退治する、という有名なギリシア神話がもとになっている。
解説を読むまで、これがペルセウスとわからなかったのは、普通、岩にしがみ
ついて描かれる美しいアンドロメダが、ここでは恐怖からかしゃがみこみ。しかも
中年の体。竜はワニに置き換えられ、漫画チック。筋肉まんまんのペルセウスは
棒高跳びの棒のようにしなるものでワニを一突き、のつもりが、棒をワニにグイと
掴まれ、勝ち目が薄い。しかし、真剣で一途な表情のペルセウス。大丈夫か?

わに.jpg

隣にあった「立ち上がるアンドロメダとペルセウス」(1910年)は、従来通りの神話に
基づいた構図だが、色づかいが神話画でなく、ポップアート風なのが斬新に思えた。

最後は戦争画だった。
第一次世界大戦の勃発が1914年なので、上の赤ピーマンの赤は血の色、戦争の
犠牲者を想起させる、と説明文にあった。
従軍しなかったヴァロットンだが、何度も最前線に行き、戦争の悲惨さ、滑稽さを
版画で制作した。

「有刺鉄線」(1916年)
有刺鉄線にからまった2人の兵士。太鼓腹の一名は即死。もう一名は、「あ!」と
今、まさにひっかかった所。見たとたんに顔をそむけたくなるようなものでなく、
モノクロで漫画的に、単純に表現することによって、かえって印象が深くなる。
有刺鉄線.jpg

こちらは、平和な時代の版画
「入浴」(1894年)
浴槽の縁のカーブの曲線、壁紙の模様がアールヌーヴォーっぽい。

版画入浴.jpg

今回の展覧会は、パリのグランパレで開催された企画展がアムステルダム、
東京と巡回してきたものである。アムステルダム在のInatimyさんが記事
見せてくださった「ロワール川の砂原」が、記憶にやきつき、気になっていた。
今回、たくさんのヴァロットン作品を見、生涯と絵の変遷を知ることができ、
私が想像していたより、もっともっと心に響くインパクトのある作品の画家と
わかり嬉しい。以前から知ってはいたけど、話してみたら打てば響くような人
だったという巡り会いのような気がしている。平和と調和と愛のドニの絵より、
挑戦的でパロディ要素があり、簡素化しデザイン的に描くヴァロットンの方が
面白いと思い始めている。

☆9月15日まで、東京駅そばの三菱一号館美術館での開催です。


nice!(49)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ウォー・ホースWarHorse~戦火の馬~ [演劇、ミュージカル、Jazz]

WarHorse.jpg

ウォーホース(戦火の馬)というミュージカルを見に行った。
ミュージカルといっても、場面転換の箇所でコーラスがはいったり、登場人物が
あふれる気持ちを歌う場面があったりと、歌の箇所はそう多くない。
とにかくストーリーに感動して、最後の場面では涙があふれてきた。

ストーリーは、第一次世界大戦が始まる前の英国の小さな農村で始まる。
セリで父親が買った競争馬ジョーイ。息子アルバートはジョーイを農耕馬と
して使うために調教をし、友達のようになっていた。ところが戦争が始まり、
ジョーイは陸軍大尉の馬として供出させられる。アルバートはジョーイに
会うため兵隊に志願。16歳なので断られるが、熱意をかわれ、最前線の
兵隊として戦場に向かった。戦場で、アルバートはジョーイの絵を見せ、
「この馬を知りませんか?」と尋ね歩く。 ~ 中略 ~
戦争の悲惨の場面がいくつもあった後、ドイツ軍の毒ガスで目をやられ
入院中のアルバート。有刺鉄線にひっかかり、怪我をして病院に連れて来られた
ジョーイ。アイ・パッチをしていてもジョーイとわかる感動の再会。(涙)

WarHorse2.jpg

写真でわかるとおり、馬には人がはいっている。ほんとうの馬サイズにするためには、
人が屈まなくてはならない。そうするとリアルな演技ができないので、馬にはいる人
が立って演技ができるよう馬の大きさは実物の2割増し。だから、前足をあげたときは、
すごい迫力だった。人形浄瑠璃も始めは人形であるとわかって見ているが、そのうち、
感情移入してくると、人形であることを忘れる。それと同じように始めは馬に違和感
があるが、徐々に皮製の着ぐるみ馬に慣れてくる。

第一次世界大戦なので、塹壕を掘る場面、塹壕から打つ場面、戦場から脱走しようと
するドイツ兵、毒ガスなど悲惨な場面も多いが、舞台なので、映画ほどの迫力はない
ものの考えさせられる。
馬はもう一頭、黒のトップゾーンという名前の勇敢なのも出てくる。

原作は英国の児童文学。スピルバーグが読んで感激し、映画に制作。
いくつものアカデミー賞候補になったが受賞はできなかった。
昨年、ロンドンで舞台化され、ヒットしたので、日本への引っ越し公演である。
最後の舞台挨拶の時、字幕で「写真を撮っていただけます」と出た。それなら、
と、あわててスマホを出したが、これじゃ。。。馬は舞台右隅。

WarHorse3.jpg

夏休みなので、子供向きかと思っていたら、私が行った日は大人ばかり。
コーラスが上手で、うまく舞台を引き締めていた。
東京・渋谷・東急シアターオーブにて8月24日まで。


nice!(39)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ワイナリーツァー(ソノマとナパ) [旅行(アメリカ)]

ロス&シスコの旅で、行きたかった所はソノマとナパのワインツァー。
ガイドブックにいろいろ書いてあったが、個人で簡単に行けそうもないので、
ホテルでツァーを申し込んだ。8時半にホテルまでマイクロバスが迎えに来て
くれるそうだから、らくちん。

「バスは遅れるかもしれないから8時45分までは待ってて」と言われたけど、
50分になっても来ないので、ドアマンのお兄さんに言うと、「わかった、調べて
みるから」とチェックに行き、「遅れてる」とのこと。「ところで、向こうにいる人は
あなたの友達?She is beautiful!」と、うっとり表情。M子にそう伝えると、
「じゃ、チップたくさんあげよう。公金なのに悪いわね」 

乗りこんだマイクロバスは総勢11名の客。まず自己紹介。どこから来たかを言う。
ニュージャージー州4名にアルゼンチン、、、、私たちJAPAN2名。
バスはゴールデン・ゲイト・ブリッジを渡って、ソノマSONOMAに向かう。
「SONOMAの小さいワイナリー2か所でテイスティング、その後ランチ
をとって、NAPAのシャンドンを見学、これが今日の予定」とアナウンスがあった。

ソノマのワイナリーViansaの入口。植えてあるのはオリーブの木。

SFViansa5.jpg

建物の中ですぐテイスティング。「よーくふってね、それから手でグラスに蓋をして、
回して香りを閉じ込めてから、香りをかいで」。結構気前よく注いでくれて5種類。
ピノ・グリ、ヴェルナッチャ、サンジョベーゼ、プリミティーヴォ、トカイのデザートワイン。
まだ午前中、皆の顔が赤くなってきてるのがわかる。

SFViansa1.jpg

いい気分になったところでお買い物をしてね、さらに試飲(有料)もできるわよ、と
この部屋で30分自由時間。ワイングッズを買う。

viansa2.jpg

外はこんな。ぶどうを食べて見た。フレッシュでおいしーい。
褐色の丘がずっと続くのがソノマの地形。

SEViansa3.jpg

「みなさん、どうでした?さらに、もう一軒、行きますよ」と、アナウンスがあり、
程なくして2軒目のワイナリーへ。
ここでは3種類のティスティング。ここでの所要時間はわりに短かった。

SFViansa6.jpg

ランチは、ナパの町のかわいいレストランで。車中で配られたメニューで前菜と
主菜を選んでおいたので、すぐにお料理が運ばれてきた。
日本から来たというと、次にくる質問は必ずTokyo? シスコの前はロスに行ってた
というと、「ロスは空気が汚い」とか「ロスはつまらない」と、評判悪し。

SFSonoma0.jpg

食後30分は自由時間。町や公園の散策をすすめられたが、陽射しがきつくて、
たくさん歩けなかった。ソノマは昔メキシコ領だったので、中央に大きな公園広場と
市庁舎があるスペインふうの町づくり(上の写真の右が広場)。
その後、ソノマを首都としてカリフォルニア共和国を設立し、メキシコから独立したが、
25日でアメリカに併合された。歴史ある町。

ソノマは19世紀になってイタリアから来た人たちが、トスカーナに景色と気候が似てる
ことから、ワインづくりを始め、カリフォルニアワイン発祥の地となった。

↓ ソノマの歴史地域

SFSonoma3.jpg


食後でワインがきいたためか、ほとんど全員爆睡で、バスはナパに到着。
フランスのモエ・シャンドンがアメリカで経営するワイナリー「ドメーヌ・シャンドン」
資本が大きいから、アプローチもモネの絵のような池に花(カンナ)ときれい。

SFNAPA1.jpg

正面玄関

SFNAPA4.jpg

テイスティングの始まり。
「さぁ、シャンパンですよ。みなさんのために看板商品クラシック・ブリュットを開けます」

SFNAPA7.jpg

スパークリングの作り方をかなり丁寧に説明してくれた。
M子が、「これ、私たちが時々飲むモエがオーストラリアで作ってるっていう安いのと
同じよね」 と期待はずれっぽくつぶやいた。
ぶどうの木の所で、ぶどうの種類の説明を受け、「黒いぶどうが白いシャンパンに
なるんですよ。すごいでしょ」
発酵の樽がある醸造所に移動。シャンドン・ツァーは、工場見学も兼ねていた。

SFNAPA8.jpg

糖分を加えない「ノン・ドゼ」タイプのスパークリングを試飲。
ワインの試飲と違って、シャンパンの場合はボトルを10人(一人昼食後に帰った)
で分けるので、それほど少なくない。
さらに、「ロゼ」を開けて試飲。「こっちにあるエトワールシリーズは、上級キュベで
ものすごくおいしいのよ。テイスティングルームで有料で試飲できますよ」

これで解散。と言ってもバスが来るまで、ワインショップで自由時間。
今、飲んだ3本のスパークリングは、どれも17ドル。しかも会員登録をすれば
15ドル。オーストラリアのと同じような味と思ったら、やはり安い。
高級なエトワールシリーズは40ドル、2杯20ドルで試飲できるけど、おなかも
いっぱいだったので、きれいな庭を散歩して、花の写真を撮った。
夏限定の「シャンドン」、大きなポスターがトロピカルでかわいかった。

SFNAPAchandon summer.jpg


nice!(44)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ [旅行(アメリカ)]

ロスの帰りは、サンフランシスコに3泊した。
「サンフランシスコといえば、ケーブルカーでしょ」と、シスコ2回目のM子さんが
言い、終点のパウエル駅に歩いて向かった。
SFcablecar.jpg

シスコは、ロスと違って建物が重厚で、きれいに保存されている。
ユニオンスクエアのセントフランシスホテルには、Since1904と書いてあった。
建物も100年以上たっていると思われるが、きちんと手入れされ、豪華さと威厳を
保っている。
ケーブルカー、長い列!小一時間待った。後ろは「パウエル駅」。
街路灯には、ハンギングフラワーバスケットが飾られ、色鮮やかで美しい。
どこもかしこも、街をきれいにする努力が見られ、観光都市であるとわかる。
雑然としていたロスはビジネスの町だったんだな、と今頃気づく。

SFcablecarline.jpg

ケーブルカーは、停留所でない所でも、途中で手を挙げれば乗れるのが特徴だそう。
坂が多い町の人の足なんですね。でも6ドルという料金は高いのでは?
程なくして、ケーブルカーは終点「フィッシャーマンズ・ワーフ」に着く。
Fisherman's Wharf は昔、漁港だったので、シーフードの屋台、レストラン、
土産物屋が並ぶ有名な観光スポット。
SFFishermansWarhef.jpg

右のカニさんの絵がついてるのが、フィッシャーマンズ・ワーフのシンボルタワー。
パンの器にはいったクラムチャウダースープとイカの唐揚げを買い、タワーの横の
ベンチに座って食べた。カモメと鳩が皆から、パンをもらうために足元で待っていた。
すぐ脇で、ストリートミュージシャンが70年代の音楽を演奏していて、にぎやか。
落ち着かないから、すぐに腰をあげ、海辺の公園を歩いて行くと、「Ghirardelli」の
文字が見えてきた。おーーー!私の好きなギラルデリ・チョコレート。
昔は工場だったそうだが、今はショッピングモール。
(アメリカはどこへ行ってもショッピングモールだらけ)

SFBeach.jpg

SFGhirardelli.jpg

もちろん、ここでチョコレートを買う。たくさん種類が個別包装されていて楽しい。
フィラデルフィアに行った時、アメ人の友達が、「アメリカで一番おいしいチョコは、
ギラルデリ」と教えてくれた。
ロスでもここでもカップケーキの店を時々、見かけた。色とりどりできれいだが、
美味しいよりも甘さが際立つ。

ギラルデリ・スクエアで2時間過ごした後、ゴールデン・ゲイト・ブリjッジに向かった。
流しのタクシーはいないので、バスを乗り換えて、橋のたもとに着いた。

SFGB.jpg
全長2737mの橋を貸し自転車で渡り、帰りはフェリーに乗るというのが流行だそう。
上の写真の右端に自転車の人たちがいるの、見えますか?
私は自転車はOKだけど、橋の上は、こわくてダメ。対岸の「サウサリート」がとても
かわいい街だから渡りましょうと言われ、バスで行くことにした。10番のバスと教わった
が、来るバスがどれも違う番号。ロスと違ってシスコは寒いほどで、バスが来ないから
寒さがいっそう身にしみる。バスの待合室で先ほど買ったチョコの包みを開けて食べ、
少し元気になった。40分待ったところで、ようやくバスが来た。

海の上に見えてるのは、アルカトラズ島。周囲は水温が低く潮の流れが速いため、
脱獄不能と言われた刑務所だった。今は観光スポットで上陸して見ることができる。

SFAlcartraz.jpg

対岸の町、サウサリートは、ヨーロッパ風のかわいい町で、お土産屋さんやカフェ、
ギャラリーが並んでいた。寒かったので、友達は、まず、カーデガンを買った。
私はクレイジーシャツの店で、NAPAの夕陽プリント、ワイン染めのを買った。
さらに、細々と小物を買い、ショッピングモールより、路面店の方が落ち着いて
いいなと思った。

帰りは、自転車の人たちと一緒に、フェリーに乗った。
SFSausalite.jpg

船から見えるサンフランシスコの町。日没が遅いので、これで7時頃。
SFfrometheSae.jpg

夜ごはんは、チャイナタウンで食べると決めていたので、タクシーで、急勾配の坂
「ロンバード・ストリート」を通ってから行ってもらった。
映画で見たことはあったけど、すごい。写真より実際は、高低差がかなりあるので、
迫力ある景色。手前の紫陽花がきれい。

SFLomardSt.jpg

チャイナタウンでの夕食を終え、ホテルへの道をきくと、1ブロック先なだけだった。
もちろん、歩いて帰った。

SFRitz.jpg

ビュッフェスタイルの朝食は、こんなふう。レタスのような緑の葉物がない。
ロスのホテルでもそうだったが、赤いものが多い。

SFRitzBreakfastのコピー.jpg


nice!(39)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロスでの夏休み [旅行(アメリカ)]

 昨年の夏休みは、ハワイのTの別荘にM子さんと行き、とても楽しかった。
今年は、Tが、「車で案内してあげるから、ロスにいらっしゃい。広いから車が
ないとどうしようもない所なのよ。」
お言葉に甘えて、Tの家の地域にホテルをとって、M子さんと行った。

羽田発0:05のANA深夜便で行った。うちから羽田まで600円。成田に行くのに
比べると驚くほど安い。その上、深夜便だと、乗るなり眠るから、寝ているうちに
着くのがうれしい。ロスの飛行場に午後7時着(時差が16時間あるので、前日の午後7時)。
Tが迎えに来てくれた。Tは高校の同級生。
空港から海岸沿いの道を走っていると陽が暮れ始めた。海の向こうに見える太陽が
眩く輝いていたので、車から降りてビーチを歩き、夕陽を眺めた。広い海岸に人は
わずか数人。海岸の名前はRedondo Beach.

LARedondoBeach.jpg

「夜ごはんは、メキシカンを予約したわ。フローズンマルガリータが美味しいのよ」
「でも、運転だから飲めないでしょ?」「こっちは、車がないとどうしようもないから、
ある程度は大丈夫なの。だから、すぐ帰れるようにうちの近くの店よ」
Tの御主人も自分の車で来て合流。
話題のフローズン・マルガリータ。大きい!フォークの大きさと比べて見てね。

LAFrozenMargarita.jpg

名称未設定 2のコピー.jpg

メキシカンなので、席に座るなり、トルティーヤチップスとアボガドのディップが来る。
左の皿のは、春巻きふうと、タコスの皮にチーズで合えたフィリング(中身)。
上に載っているアボガドディップとクリームチーズをつける。
右は、ファンヒータ(牛肉、野菜の鉄板焼き)。サルサソースで食べたりする。
東京のメキシカンの店「エルトリート」で食べるのと、それほど変わらない。
ロスは、メキシコに近いから、メキシコ料理の店が多いそうだ。

さて、翌日。
Tがホテルに迎えに来てくれたけど、「犬に餌やり忘れたし、プール掃除と
植木屋さんが9時半に来るって、まだ来てないから、一回帰りたいの。うちに
来てくれない?」 家が広いと、それなりに管理が大変。
山の上の高級住宅地にあるTの家は、映画に出てくるような家だった。

LATanko's.jpg

LADogWillshar2.jpg


Tの用事が終わり、ダウンタウンに行った。
街の真ん中だというのに、ほとんど人が歩いていない!
ビルの地下駐車場に車を停め、そのビルで仕事をすませるから、外へ出ないらしい。
まずTが連れて行ってくれたのは、リトルトーキョー。
お正月の餅つき、お祭りなど、ここで日本の年中行事が開催されるし、日本食品専門の
スーパーや飲食店があるので、ロスに住んでいる日本人が集まる場所になっている。
山崎パンの店では、日本と同じケーキや焼き立てあんパンを売っていた。

「全米日系人博物館」の本館。右横に西本願寺を模して造られた入口がある。
長らく日本人の集会所としてにぎわっていたが、第二次大戦中は強制収容所に送られた
日本人の家具などを収容していた。戦後、荒廃していた建物は1970年に再建された。
道路をはさんだ横にモダンで大きな新館があり、日系移民の歴史博物館になっている。
現在、日系人の85%がハワイと西海岸に暮らしているそうだ。
LAJapaneseMuseum.jpg

次に行ったのは、ハリウッド。
この中国風の建物は、TCL(Chinese Theater)。
と言っても、中国には何も関係なしで、映画館。
ここの前庭の敷石に有名な映画スターの手形、足形、サインが残されている。
土曜日だったので、大賑わい。

LATCL.jpg

ハリーポッターのもあった。
左端にエマ・ワトソンEma Watson、HarryPotterの文字の下にダニエル・ラドクリフ
Daniel Radcriffe、ということは、見えにくいけど右がルパート・グリントRupertGrint

LAHollywoodHarryPotter.jpg

大勢の人が写真を撮っているが、特に混んでいたのがジョニー・ディップの所。
「シュワちゃん、やっぱり足、大きいわ」とか「ハリソン・フォードがあった」なんて言いながら、
見て歩いた。すいていて読みやすいのは昔の俳優。クラーク・ゲーブル、ジュリー・アンドリュース。
ショーン・コネリー、トラボルタ。
↓は、トワイライト・サーガのクリスティン・スチュアート、右上にRob、、と見えるのが
ロバート・パティンソン

LATCL2.jpg

道路にスターの名前を書いた星形がはめ込まれている。
好きだったなぁ、エルトン・ジョン(もう過去形?)

LATCL3.jpg

建物の影に、スパイダーマンが!
PHOTO 5$と書いてあるから、一緒に写真を撮ると5ドル。
ここも有名な映画館。
LAHollyWood.jpg

アカデミー賞授賞式は、TCLの隣の新しい劇場で行われているが、昔は、ホテル・ルーズベルト
のこの部屋で行われていた。こじんまりとしているが細部にまで凝った豪華な作り。
マリリン・モンローの写真が飾ってあった。

LAHollywoodRoosevelt.jpg

次は、ビバリーヒルズへ。
映画「プリティ・ウーマン」で有名になったビバリー・ウィルシャーホテル。
ここが、お買い物街、ロデオ・ドライブの起点。

LABivally.jpg

次、海岸めざしてGo!  サンタモニカ海岸通り。

LASantaMonica.jpg

青い空、からっとした空気、でも、日中の暑さは半端なかった。
5日間のロス滞在中、お昼ごはんは、レストランでもバーガーかピザだったので、
M子さんは、「次のサンフランシスコではバーガーじゃないもの食べる」と言って
いたけど。。(サンフランシスコ編に続く)


nice!(51)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行