So-net無料ブログ作成
検索選択

空海(寿司割烹・都立大) [和食]

 大阪に住んでいるMr.Foから「都立大に妻Dが行きたいと言っているお寿司屋さんがある」
とメールがきた。Dはグルメでお酒も大好きという楽しい人。一昨年、京都では、Dおすすめの
「天ぷら・まつ」でごちそうになった。では、私も参加、ということで、先週の日曜日に行った。

「『おすすめコース』がとってもいいから、ネットで見て」と言われていたので、確認すると、
お寿司屋さんだけど、要予約のおすすめコースは、魚料理づくしの割烹。
どれも、お酒と合いそうと期待でわくわく。

まずは、お通し。
ホタルイカとワカメの酢味噌和え。ホタルイカに丁寧な仕事がしてあるので、お刺身
ふうのなめらかな食感。

ku1.jpg

次、つぶ貝、筍煮物、生牡蠣

ku2.jpg

野菜のカニみそバーニャカウダー。カニの身もぎっしり入ってい濃厚で美味。
これなら、野菜があまり得意でない、私でももいける。

ku3.jpg

刺身盛り合わせ
シャコにさより、春の魚。

ku4.jpg

中身がぎっしりの茶碗蒸し

ku5.jpg

キンメの煮つけ。やっぱり、キンメは美味しい!
kukinme.jpg

最後にお寿司、2つ食べて減ってるけど。  
kusushi.jpg

シメノ岩海苔の味噌汁もおいしい。

お酒は、こぼれるほどに注いでもらい、、でも一人1万円しないという安さ。
お得な店です。



花と鳥の万華鏡展(山種美術館) [展覧会(日本の絵)]

yamatane.jpg

yamatane2.jpg

今日までの展覧会なのですが、山種美術館での「花と鳥の万華鏡」展、なかなか
良かったです。ほとんど全部が山種の所蔵品なので、また見る機会があると
思います。

実際、上の2枚、うさぎと紫陽花、黒猫とつつじと青桐は、屏風で、並んで
置かれている。(4曲1双)
うさぎ、黒猫という普段見かける小動物に紫陽花、青桐、びわ、つつじ、柿。
琳派ふうの装飾性もある近代的なわかりやすい表現。緑がたくさんなので、
「翠苔緑芝」という題で、速水御舟の作品。

屏風で目を惹くのは、もう一点、鈴木其一の「四季花鳥図」。
右に春夏、左に秋冬の草花。みっしりとはえた草むらに見え隠れする鶏やひよこ。
金色がまぶしい屏風に右隻の大きな黄色いヒマワリが印象的。

花と鳥がテーマなので、花だけだったり、鳥だけだったり、花鳥画だったりと
華やか。ぱっと目をひかれて見ると、たいていは、私も名前を知っている大家
の作品。
横山大観「春朝」
掛け軸なので、表装との映りも素晴らしい。
赤い太陽、古木とわかる桜の幹。下には黄色のたんぽぽが可愛らしく咲く。

yamatane4.jpg

yamatane3.jpg

↑ 同じく大観の「ほろほろ鳥」
これは絵葉書なので、色が見えないけれど、実際は葉が薄いオリーブ色。
鳥の黒、枝の黒との対比が静かな美しさ。

↓ 奥村土牛「兎」
丸くころっとした兎。耳がぴんとたって愛らしい。
赤い芥子の花との対比が美しい。

yamatane5.jpg

植村松篁「千鳥」
淡いグレーの背景に浜千鳥2羽。下に黄色の月見草。

チラシの上部の絵は、植村松篁の「白孔雀」、横長の大きな作品。
黄色のハイビスカスとの取り合わせがモダン。
植村松篁は、美人画で有名な植村松園の息子だが、花鳥画を得意としている。
「松篁、いいわね!」って、友達も言っていた。

田能村直入「百花」は、絵巻物。
「実際に百の花が描かれている?」「百以上でしょ」と友達と言うほどたくさんの花
がぎっしりと描かれ、まさに百花繚乱。

はいってすぐは、速水御舟の「墨牡丹」
薄い墨を淡く重ねて牡丹の花びらを明快に表現。黒い牡丹はないので、
濃い紫色の牡丹を見て描いたのだそう。

↓ こちらは「白牡丹」 菱田春草

 yamatane6.jpg

この美術館のカフェでは、絵に見立てた「菊屋」の上生菓子が食べられる。
この白牡丹と、上の「翠苔緑芝」  丁寧な作りで中の餡と外側とがよく合って
上品な味。お茶でなくコーヒーにしたが変ではなかった。

botan.jpg IMG_2616.jpg


GRILL UKAI MARUNOUCHI [レストラン(フレンチ系)]

英語で書いてある店の名前だけど、「うかい亭」・丸の内店。
鉄板焼きではなく、フランス料理です。

ここは、丸の内ブリックスクエアの2階。三菱一号館美術館の2階渡り廊下から
明るい店内が見えるので、以前から行ってみたいと思っていた。
窓から光が差し込むモダンな空間には、近代美術がよく似合う。ニキド・サンファル
ふうの置物や、現代風な絵が気取らないカジュアル感を演出している。

ランチ(前菜、パスタ、スープ、メイン、デザート)4860円
前菜は、3種からひとつ選ぶ。
私は、ガラスの器にのって、こんなに綺麗なオーシャントラウトと春野菜のテリーヌ。
友達は、桜鯛のマリネ、春野菜巻、ピンク色のソース(私の席から撮ったので向きが変)
お箸でもお召し上がりいただけます、とお箸が出て来た。

ukai2.jpg

ukai3.jpg

桜海老のパスタ。
唐揚げの桜海老が上にのっている。パスタは手打ち平麺。海老のアメリケンヌソース。
ソースとパスタ、それにサクサクの唐揚げ海老、この組み合わせがとっても美味しかった。

ukai4.jpg

冷製玉ねぎのクリームスープ
じゃがいもの冷たいクリームスープ(ヴィシソワーズ)が、玉ねぎに置き換わった
ような感じ。玉ねぎの甘さがふわっと口の中に広がる。散らしてある赤いのは、
ピンクペッパー(コショウ)

ukaisoup.jpg

メインを私はチキンのガランティーヌ(巻物)、芯はフォアグラ。
芯がレバーのガランティーヌは時々、あるけれど、フォアグラのは初めて。
大きなマッシュルームとクレソンが付け合せ。

ukaimain.jpg

デザートは、シフォンケーキ。

ukaicake.jpg

飲み物の写真がないけれど、白と赤のワインを1グラスづつ取った。
赤のワインはボルドーのFIXENを選んだら、リーデルの脚なしグラスで出て来た。
窓越しに見えるブリックスクエア風景。ヘンリー・ムーアの彫刻「母と子」が存在感を
放ち、白い木蓮にはつぼみがついていた。のどかな春景色。

ukai.jpg


紀風・恵比寿 [和食]

kifu1.jpg

評判をきいて行ってみたいと思っていた店「くろさわ」が、4月は全部満席で、その後は、
引っ越しのため、6月まで休みとのこと。「じゃ、どこに行く?」と、同じ恵比寿の「紀風」
に行った。ここもミシュラン星がひとつついている。

夜のコース(1万円)
まず、お通しの「おひたし」は三つ葉とわさび。糸かつお載せ。
ワサビの辛味が効いて春の香り。
お吸い物は若竹とワカメ、小さな山椒が添えられていた。
春の香りがするものずくし。

次が、八寸。(一番上の写真)
(上)こごみの下はサヨリの刺身。(左)山椒の下はタケノコの木の芽和え。
(右)分葱のぬた、ホタルイカ酢味噌のせ
手前の花見団子仕立ては、イカ団子、鯛の眞子、ソラマメ
kifu99.jpg

刺身は目抜け鯛とイカ、菜の花添え。
スダチを絞って食べたら美味。鯛がぷりっぷり。
焼き魚は、桜鱒、桜の葉が敷いてあった。水菜はフキ味噌をつけて食べる。
98.jpg

胡麻豆腐、穂紫蘇のせ。 
海老のしんじょうとホタテのしんじょう揚げ物。ぜんまい添え。岩海苔入りの出汁で。

kifu97.jpg

青柳ご飯
アイスクリーム、求肥餅

kifu96.jpg

白ワインはサンセールにした。和食にはサンセールときいてたので。

kifusancerre.jpg

どれも器がひとつひとつ季節に合わせた柄。形もそれぞれで楽しい。
春の山菜が全種類そろった献立で、季節を味わえてよかった。

*2016年ランチタイムに行った時の記事はここ →