So-net無料ブログ作成
検索選択

12月前半、友達と [シャンパン&ワイン]

(1)日展
毎年、恒例で100年の歴史を持つ「日展」は、長らく東京都美術館で開催されていたが、
国立新美術館が開館して以来、こちらで開催されている。
友達の弟さんの工芸作品を見に行った。

Dec1.jpg

ちょうど、国立新美術館では、「ニキ・ド・サンファル展」を開催中。
巨大なニキ作品が美術館の吹き抜けロビー空間に飾られていた。下にいる人々の
サイズから、この作品の大きさがわかると思う。
ニキ作品は、いつも色が明るい。

Dec2.jpg

(2)品川教会のメサイア
Messaia.jpg
初めて行ったけど、この教会では、毎年、12月になるとすぐ、キリストの誕生を待つ意味で
メサイアコンサートをしているのだそう。400人くらい入る広い礼拝堂が満席だった。
バリトンのソリストの青戸知は、新国立劇場のオペラでよく見ている人なので、歌を楽しみに
していたのだが、体調不良のため代演、稲垣俊也に変わった。稲垣氏はハンサム!
芸大卒後、ICUの神学部卒で現職の牧師という宗教曲を歌うのに、ぴったりな経歴。
アルトの谷地畝晶子は、前に誰かとのジョイントで聞いたことがあるのだけど、いつ
、どこでか思い出せない。
指揮 藤本 敬三
ソプラノ 日比野 幸
テノール 谷口 洋介
パイプオルガン 筒井 淳子
チェンバロ 寺村 朋子
久しぶりに聴いたメサイア、演奏もよかったが、やはり、ヘンデルの曲自体がすばらしい。


(3)ベートーヴェン 交響曲第九番「合唱」第九、日フィル、フロイデ合唱団
池袋の芸術劇場コンサートホールは、2000人収容の大ホール。建物に入ってから、
長いエスカレーターで5階まで上がり、さらに7階へと、客席に着くまでに時間がかかる。
最初に、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲が演奏された。
第九は休憩なし、なので、遅刻すると入れないから、短いこの曲があったのかなと思った。

指揮      小松長生
ソプラノ    石上朋美
メゾソプラノ 小泉詠子
テノール   福井 敬
バリトン    成田博之

池袋で終わったのが、5時頃。さて、夜ごはんはどこで?
M子さんが、「前、目白でのコンサートの帰りに行った駅のそばのビストロは?」
「フランス人がやってるとこでしょ。丁度いいわね!」
目白駅から1分、目白通りに面してる「モン・サン・ミッシェル」 
前菜盛り合わせ(2人分)が泡を飲むのに、ちょうど良かった。
メインに私は仔羊、M子さんは鴨。鴨の付け合せのパイの中身は、茸のクリームソース和え。
「すごく美味しいから食べてみて」と言われ、分けてもらったけど、その通りだった。
DecMontSaintMichel.jpg


(4)友達のヌーボー、Carpe Diem(カルプディエム)
数年前から新横浜でブドウを育て、ワインを造ってる(醸造・瓶詰めはプロに頼んでる)Tの
ヌーボーを飲む会。あわててラベルを貼ったら、曲がってしまったとか(笑)
6人で。カルプディエムはラテン語で、「その日をつかめ」、英語ではSeize the day.
故ロビン・ウィリアムス主演でSeize the Day (邦題「いまを生きる」)という映画が
あったけど、それとは関係ないんですって。

2015Shinsyu.jpg

Wine6.jpg

シダの葉が化石ように貼りついてるフランスのチーズ。これ、前に食べて美味しかったぶん。
もちっとした感じでマイルド、クリーミィ。シダの香りは、あまり感じなくて。。いつもMr.Sが
チーズ担当で、「チーズ王国」で買ってきてくれる。チーズのカッティングボードが、模様入り
なため、これじゃチーズが見えにくいわね。
M子さんお手製の牛肉の八幡巻と鰻巻。上等な鰻なので特に美味しかった。
ケーキは私が作成、半分、切ったところでの写真。


(5)胡蝶蘭
「明日で個展が終わるけど、もらった大きい蘭、いる?捨てるのもったいないし~」
とSからのメール。「要ります! 私が友達と、「こういうの家に置きたい」って言ってた
のを覚えてたらしい。車で届けてくれた。

DecHana.jpg

後日、個展の成功を祝って、4人で乾杯。
氷を浮かべて飲むモエの「アイス・アンペリアル」
ちょっ濃いめのシャンパンなので、冬でも氷入りがすっきりと美味しかった。

Moet_Ice.jpg

(おまけ)
ステンドグラス作家のHが、仲間18名と、パリの日本文化会館で11月17日から28日
まで展覧会を開催した。テロ発生から4日後の開催だったので、搬入・展示も慌ただしく、
お客様が来てくれるか心配したけれど、3500人の来場者があり、「ステンドグラスで館内
に灯りを燈すことはテロの犠牲者への供養にもなる」との言葉も頂いたそうで、よかったね[ハートたち(複数ハート)]


nice!(50)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ファルスタッフ (新国立劇場) [オペラ、コンサート、バレエ]

Falstaff.jpg

新国立劇場で、オペラ「ファルスタッフ」を見た。
ヴェルディの最後のオペラで、シェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」が原作。
同じシェイクスピア原作の悲劇「オテロ」のオペラ化に成功し、引退するつもりだった
ヴェルディだが、「ウィンザーの陽気な女房たち」の主人公ファルスタッフの個性に惹かれ、
オペラ化した。
ヴェルディのドラマティックで華麗な曲や歌、というより、原作の芝居が中心で、
見ていて笑えるし、楽しい。

演出は、ジョナサン・ミラー。「フェルメールの絵画を思わせる美しい美術・衣裳にご注目」
とチラシに書いてあったが、床の碁盤目模様と、フェルメール作品に「リュートを調弦する女」
があることくらいで、衣装はエリザベス朝様式、シェクスピア劇の衣装だと思う。

主人公ファルスタッフは元騎士の初老の男。昔は痩せていて、もてたらしいが、今は
大酒飲みの大デブ。それでも、自分では、もてると勘違いをしていて、未だに、せっせと
ラブレターを書いている。しかも同じ文面のラブレターを既婚の2人の女性に送り、
2人に同じ文面とばれてしまう。2人は「私たちはそんな軽い女じゃないわ。図々しい
ファルスタッフをやっつけましょう」と策を練る。

ファルスタッフには、グルジアのバリトン ゲオルグ・ガグニーゼ。
重量感のある素晴らしい声。明るく元気な声で陽気さを出していた。以前にサントリーホール
で聴いたコンサート形式のオペラ公演でのR・ブルゾンより軽く明るい感じ。
ラブレターをもらった女性の夫、フォード氏もバリトンで、マッシモ・カヴァレッティ。
長身で足が細い。ファルスタッフに比べると、容貌がす・て・き!明るくのびやかな声で、
生き生きとしていた。フォード夫人アリーチェは、アガ・ミコライ(ソプラノ)。
澄んだ声で賢く上品な女性を演じていた。日本人ソリストも混じっての出演だが、遜色なく
歌っていた。

指揮:イウ・アベル
ファルスタッフ:ゲオルグ・ガグニーゼ
フォード:マッシモ・カヴァレッティ
フェントン:吉田浩之
カイウス:松浦 健
バルドルフォ:糸賀修平
ピストーラ:妻屋秀和
アリーチェ:アガ・ミコライ
ナンネッタ:安井陽子
クイックリー夫人:エレーナ・ザレンバ
ページ夫人メグ:増田弥生

新国立劇場のロビーにもクリスマスツリーが飾ってあった。
tree.jpg

終了後は、オペラシティのクリスマスツリーを見ながら、テラス席で軽く泡で乾杯。
オリーブだけで終わるはずはなく、チキンバスケットに海老のアヒージョ、赤ワインと続いた。

 operacity.jpg

operacity_tree.jpg


nice!(44)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

11月後半、友達と

記事を書こうと、管理ページにログインしたら、順位が2048位。もう何日もたってる記事なのに、
と、不思議に思って、「アクセス解析」を見たら、過去記事「ノイエ・ギャラリーin NewYork」への
アクセスが多い。
はは~ん、映画「黄金のアデーレ」関連ね。私も、この映画は見たいと思ってるの。


さて、12月になったので、11月後半のおいしかったものをご紹介。

1、京都みやげの鯖寿司。
「いづう」かと思ったら、「いづ重」。100年前に「いづう」から暖簾分けした店なのだそう。

Izuu_Saba.jpg

kyouto_wagasi.jpg

この和菓子も京都みやげ。秋の半生菓子。
有名店だったけど、どこの店だったか。。下に敷いてある薄い緑色の包装紙の店。

2、ボジョレー・ヌーボーにふられの巻
シカダCICADA
ボジョレー・ヌーボー解禁から間もない日、友達と表参道で待ち合わせてランチ。
「私、ボジョレー、まだ飲んでないの」「じゃ、シカダに行ってみる?」
土曜日の1時過ぎだったので、いつも予約でいっぱいのシカダも、「カウンターの席ならあいてます」
カウンターに座り、「ヌーボー」と元気よく言うと、「うちは置いてないんですよ」
がっくり。。
この店で、いつも頼むのは、「ミートボール」と「スパイシークラブケーキ」
クラブケーキは、カニ肉と玉ねぎパン粉を混ぜて、ケーキ型に丸くして焼いたもの。
アメリカ・ボストンで食べたのが、カニがごろごろ入っていておいしかった。
アメリカ料理らしい。シカダのは、グリーンソースがかかっている。
chicada.jpg

デザートは、季節もののモンブランが食べたかったから、外へ出て、ヨックモックへ。
コーヒーを頼むと、定番シガールがついてくる。
yokumoku.jpg


3、四川豆花飯荘
M子さんにお世話になった一件があったので、「ごちそうするわ。どこに行く?」
「じゃ、遠慮なく、新丸ビルの四川豆花飯荘」「なんで遠慮?」「あなたが辛いの苦手だから、
悪いと思って。それにSも誘いたいけど、値段高くなっちゃうから」
お茶芸がある本格四川料理の店。(以前の記事

左上がお茶。くらげ、よだれ鶏。
下の段は天使海老の、、忘れたけど、すごく美味しかった。鮑と野菜の炒めもの。
この他にも頼んだけど、写真があるのはこれだけ。

BeijingTofa.jpg

4、うちでお客様
神戸に住んでいる遠縁の人(43歳)が、出張ついでに東京の親戚の家に来たいと、
訪ねて来た。「これ美味しいので」と、小田急の包装紙のお酒。
お料理の写真はなし。楽しかった。
花の舞.jpg

5、3人でお寿司屋
いつもカウンター席だけど、1名腰痛。
高い椅子に座るのは苦痛とのことで、テーブル席へ。
テーブル席だと、お刺身もこんなふうにお皿にのって出て来る。
鮨.jpg


4、もうすぐクリスマス。
「ベル・アメール」のチョコレート・サンドを頂いた。
綺麗なだけでなく、リッチで美味しい。
choco_belamer.jpg

12月前なのに、こんなに飲んだり、食べたり、、。


nice!(37)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理