So-net無料ブログ作成

プラド美術館展 [展覧会(洋画)]

三菱一号館で開催中の「プラド美術館展」、見たのは2か月前のこと。
ずっと記事にしていなかったら、31日で終わり。
三菱という会場に合わせての展示なので、小品が多く、地味な感じがするが、
バロックから19世紀まで、有名画家による質の高い作品は、見て良かったと
いう満足感があった。

tirashi (1).jpg

チラシの絵は、メングス 「マリア・ルイサ・デ・パルマ」 1765 年。
赤い首飾り、凝った髪型。上品で可愛らしい少女。
彼女はのちにカルロス4世の御妃になり、ゴヤの有名な「カルロス4世の家族」
に堂々たる貫録で描かれている。若い時、こんなに可愛かったのね。。

絵は時代順に展示されていた。

ヒエロニムス・ボス 「愚者の石の除去」 1500-10 年頃
pradoBoss.jpg

丸い絵なのだが、装飾の施された額に入り、装丁された本(聖書)の雰囲気。
ボスの現存する作品20点のうちの1枚。初来日。
オランダでは、頭の中の小石を取り除かないと愚か者になってしまうと
いう言い伝えがあり、頭に漏斗を被った偽医者が患者の頭に穴を開けている。
漏斗は愚者を意味するとのこと。
後方の景色の描き込みが細かく、絞首台も見えていた。

エル・グレコ「受胎告知」 1570-72年
pradoGreco.jpg
聖母が書見台の前に膝まずき、大天使ガブリエルのお告げをきいている。
画面上方では幼児の姿の天使たちが聖霊の鳩を取り巻く。


ムリーリョ 「ロザリオの聖母」 1650-55 年

pradoMuriryo.jpg
これは大きな絵で目立っていた。聖母子がこちらをじっと見つめる構図。
気高さを感じさせる絵。赤の衣服と青のマントが美しい。


ベラスケス「ローマ、ヴィラ・メディチの庭園」 1629-30年
VillaMedici.jpg
ベラスケスにしては珍しい戸外で描いた作品。
建物の前には2人の人物。見えないと思うが、手に長い棒を持って、
計測をしているらしい。中央にアーチのあるこの塀は、かなりの高さがある。
このメディチ家の庭園は、後に他の画家たちも描いている。


ジョルダーノ「スペイン王カルロス2世騎馬像」 1694年以前
「スペイン王妃マリアナ・デ・ネオブルゴ騎馬像」 1693-94年


Carlos.jpg
構図は、ベラスケスのフェリペ4世騎馬像に基ずいている。
馬の下に打ち負かされたイスラム教徒が描かれ、キリスト教国スペインの
勝利がほのめかされている。

ゴヤ 「トビアスと天使」 1787年頃
tirashi (2).jpg
ゴヤの宗教画の代表作のひとつ。
聖書によると、トビアスがチグリス河畔で巨大な魚に食われそうになった時、
大天使ラファエルが「お父さんの眼が見えるようになるから魚をとるように」
と命じた。しかし、ここで描かれている魚は小さくて、トビアスが食われそう
になったとは思えない。


ゴヤ「傷を負った石工」1786-87年
Goya.jpg
この横に展示されていたのが、ほとんど同じ構図の「酔った石工」で、
この絵よりも前に制作され、習作だったため、顔がかなり荒いタッチで
漫画っぽい。国王の食堂または会話の間に飾るタピストリーとして依頼
を受けたので、画題も「酔った」をやめ、注文にふさわしくなるよう修正した。

マドリードのプラド美術館には2つ大きな門があって、ひとつは「ベラスケス門」、
もうひとつは「ゴヤ門」。二人がスペイン絵画界の巨匠とわかる。


ヤン・ブリューゲル2世「豊穣」 1625年
brugelのコピー.jpg
豊穣を示すために、中央の女性は乳房を6個持ち、たくさんの種類の果物、
花、野菜、この写真では見えないが、犬、うさぎ、猿などもいる。


テニールス2世 「猿の画家」1660年頃
saru.jpg
昨年の「ルーヴル展」でも、同名の絵を見たので、当時、好まれた絵だった
のだろうか?

マリアノ・フォルトゥーニ・イ・マルサル 「日本式広間にいる画家の子供たち」 1874 年
pradoJaponism.jpg

横長の画面、装飾モチーフは当時流行していたジャポニズム。
画家の急死による未完成の作品。
モデルは画家の子供たち。ひとりは長椅子に扇を持って寝そべり、ひとりは座り、
休息中。背景は屏風とのことだが、屏風っぽくない。


パルマローリ・ゴンサレス 「手に取るように」 1880 年
pradoGonzales -.jpg
この絵の前に来たら、急に、時が「現在」になった気がした。
空の色、海の色が淡い色調で、流行の服を見に付けた女性。

作品は全部で100点ほど。ここで取り上げなかった絵にも良いものがたくさんあった。


nice!(42)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ヴィラ・フローラ(VILLA FLORA)展 [Paris  展覧会]

マルモッタン・モネ美術館で、ベルト・モリゾ部屋から出ると、次の部屋は、
Arthur & Hedy Hahanloser Collection で、私が好きなナビ派や
ヴァロットンの絵がずらり。すごい!と思ったら、これは2月7日までの企画展
「ヴィラ・フローラ展」だった。

「ヴィラ・フローラ」は、スイスのチューリッヒに近い町、ヴィンタトゥールにある
邸宅美術館で、Arthur & Hedy Hahanloser(アーサーとヘディ・ローザ―)
のコレクションである。ヘディは父から相続した地に、ウィーン分離派風の幾何学的
な建物を作り、将来は美術館にと意図したが、後にベランダ付きのネオ・クラシック
様式を付け足し、画家のアトリエの雰囲気を出した。
ヘディは絵を描くのが趣味だったので、ヘディの描いた絵も展示されていた。

VillaFlora.jpg

庭に置かれている彫刻は、マイヨールの「夏」
アンリ・マンギャンもここを訪れ、「ヴィンタトゥールの(ヴィラ・)フローラでのお茶」
を描いた。(1912年)

Mangan.jpg

夫妻のコレクションは20世紀の画家たち、ボナール、ルドン、マンギャン、ヴュイヤール、
ヴァロットンにスイスの画家のジョバンニ・ジャコメッティとホドラー。さらにマネ、ゴッホ、
セザンヌも加え充実している。コレクションの特徴は、夫妻が画家たちと親しく交流しながら
作品を入手したことである。

ヘディは、ヴァロットンの絵が好みだったので、肖像画を依頼した。
左)アーサー・ハーンローザー博士(眼科医)1909年  右)ヘディ・ハーンローザー(1908年)

VallotonHannloser.jpg


ヴァロットンの仲介でハーンローザー夫妻は、ボナールに会い、絵を購入した。
さらに夫妻が南仏カンヌに別荘を購入すると、3年後に、近くのル・カネに
ボナールが住み始め、アトリエに夫妻が来るのをいつも歓迎、親しくつきあった。

1、ボナール
*カンヌの船着き場(1928~34年)
南仏の太陽は、ボナールの作品に光と色の輝きを吹き込んだ。
地中海の海の濃い青色が船着き場の柵の白さで強調されている。
ぽちゃん、ぽちゃんと音を立てる荒い波の動きは、船着き場にじっと
佇む人々と呼応している。波の表現はもはや印象派ではない。

BonardMediterrnee.jpg

*お茶(1917年)
午後の光を浴びた部屋での親しい人とのお茶の時間。
緑色の服を着て青い帽子をかぶった夫人は、室内の様子と窓の外の景色を
見ているかのようであり、庭の木々の葉の形や花瓶の花の形も重要な構成
要素になっている。

BonardTeaTime.jpg

*鏡の効果あるいは浴盤(1909年)
ボナールは、浴室での女性(妻マルト)を描いた作品が多い。
これもマルトが体を洗おうとしてるところか、身体を拭こうとしてるところである。
「写真のような効果を狙った」とボナールが言うように、画面いっぱいに浴室の
ガラス戸を配置し、ある距離を置いて見ているかのような視点である。

BonardMirroir.jpg

2、ヴュイヤール
ハーンローザ―夫妻は、ヴァロットンを通じてヴュイヤールの絵を知った。
ヘディはヴュイヤールに肖像画を描いてほしかったのだが、ヴュイヤールが
ヴィラ・フローラに来てくれなかったので、夫妻はパリのヴュイヤールの
アトリエを訪ねた。

*アンフレヴィル(Amfreville)でのゲームの勝負と夫人たち(1906年)
ハーンローザ―夫妻のコレクションには、親しい人たちが集っている場面の絵が多い。
ヴュイヤールが当時借りていた家の窓から見下ろした写真のような構図の絵。
家主は画商で、画商の妹が一番手前に描かれている。

vuillard.jpg

*青い花瓶(1932年)

Veuiyallrd2.jpg

3、ヴァロットン
*すみれ色の帽子(1907年)
valloton200.jpg

4、ルドン
*赤い船(1910年)
空と海の間に漂う幽霊船、船は血のように赤く、青い帆は風に導かれる。
水平線は、青、緑、黄土色の統合。雲と波は同じ要素でしかない。
ルドンは命題「見えるものの論理を見えないもののために奉仕させる」
(見えるものだけにとらわれず、見えないものにも光をあてよ)をこの絵
でも示している。

Redon.jpg

5、マルケ
*ルアーヴルの祝祭日(1906~1913)

Marqurt.jpg

6、ジョヴァンニ・ジャコメッティ
ジョヴァンニ・ジャコメッティは、2人の息子=彫刻家のアルベルトとディエゴほど
有名でないが、スイスの国民的画家。スイス国民どうしということで、
ハーンローザ―夫妻のコレクションに加わった。

Jacometti.jpg

7、ホドラー
ホドラーもスイス人。ハーンローザ―夫妻はジュネーヴのホドラーのアトリエで
彼に会った。ヘディは、「あなたの作品に惹きつけられています」とホドラーに
手紙を送った。

*サヴォイ側のアルプスとレマン湖(1905年)

Hodler.jpg

*イタリア女性Giulia Leonardi の肖像(1910年)
Giulia Leonardi は、歌手でギタリスト、ジュネーヴでカフェをやっていた。
ホドラーはそこの常連で、彼女をラファエロ風に神話のゴルゴン(醜い女)
として描いた。

Hodler2.jpg

ハーンローザー夫妻は、コレクションの充実のために、ゴッホ、セザンヌ、マネ
の絵を購入し、ヴィラ・フローラの壁に飾った。

8、ゴッホ
*種をまく人(1888年)
ミレーの「種をまく人」(1850年)にヒントを得て描いた作品。

Gogh300.jpg

9.マネ
*アマゾネ(1883年)
黒い服にシルクハットの女性、Henriette Chabot
都会のエレガンス。

manet.jpg

10、セザンヌ
自画像(1877年)は写真なし

どれも見応えのある絵ばかりだった。あまり絵に興味がない同行の友達も
かなり、じっと眺めていた。


nice!(37)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マルモッタン・モネ美術館 [Paris 美術館]

1.jpg

マルモッタン・モネ美術館というと、「この間、東京都美術館で展覧会があった」と
思い出すかたもいると思う。モネの「印象ー日の出」が来日して、かなり盛況だった。

マルモッタン美術館は、パリ16区、ブーローニュの森に近い静かな住宅街にある
マルモッタン男爵の邸宅で、男爵の息子のコレクションと共に国に寄贈された。
20年位前までは、こじんまりとした美術館だったが、今は、収蔵品がふえ、見応え
のある美術館である。
円形の「睡蓮」部屋で、ゆっくりと、たくさんのモネの睡蓮の絵を続けて眺めることが
出来るのもこの美術館の特徴となっている。

22.jpg

(以上2つの写真は、図録から、以下の写真はパンフから)

これが、モネの「印象ー日の出」、印象派の語源になった作品。
日本での展示を終え、目立つ場所に展示されていた。

4.jpg

マルモッタン美術館は、マルモッタン・モネ美術館と最近、モネの名前を付け加えた。
モネの重要な作品が多いからだろう。
(左)チュルリー(1876年) (右)アルジャントゥイユ付近の散歩(1876年)

8.jpg

(左)ヨーロッパ橋、サンラザール駅(1877年) 

12.jpg

上の右は、モネではなく、ヨハン・ハインリッヒ・シュミット(1716~1815)の
「フランス元帥・ナポリ国王のヨアキム・ミュラがカプリをとれ」と命じている場面」
ミュラは騎馬策に長けた元帥で、ナポレオンの妹を妻とし、フランスの統治する
ナポリの国王であった。
もちろん、モネ以外の作品も多い。

1、ベルト・モリゾ
ベルト・モリゾの作品は、子孫の寄贈により、この美術館が世界で一番多い。
ベルト・モリゾは画家だが、マネのモデルもつとめ、マネの弟と結婚した。
これは、マネが描いた「ベルトモリゾの肖像」(1873年)

33.jpg

モリゾ自身の作品は、
(左)立葵 (右)ブージヴァルの庭でのウジェーヌ・マネ(モリゾの夫)と娘

14.jpg

(左)舞踏会にて(1872年)

7.jpg

上の右は、カイユボット「雨のパリの道」(1877年)
シカゴ美術館の同名の絵より前に描かれたものだろうか。さざ波のような
雨のようすがみごと。


(左)アレキサンドリアの聖カトリーヌ(15世紀)
(右)ベルト・モリゾ「ジュリー・マネとグレイハウンド犬ラエルト}(1893年)

13.jpg

2、この他に、ポール・マルモッタンのコレクションの貴重なものがいろいろある。
ナポレオンの命によりつくられた置時計「地理時計」には、12枚の陶磁製の
メダイヨンがはめこまれ、その美しさに目を見張った。
16世紀、中世の版画や絵画のコレクションも貴重なもの揃いで素晴らしい。

3、企画展「HAHNLOSER夫妻のコレクション」には、私の好きな絵が
多かったので、それは次回の記事にします。

外に出て見ると、この時期、パリの夕暮れは早いので、もう月が出ていた。
月の下には、ライトアップされたエッフェル塔が見え、とても綺麗だった。
「あ~パリだなぁ」と思える光景。

Malmottann.jpg


nice!(46)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

モン・サン=ミシェル [旅行(ヨーロッパ)]

12月21日
羽田発13:45のエールフランス機、搭乗時間を遅らせるほどにガラ空きだった。
ビジネスクラスは、食事が良いので、うれしい。
まず、小さなスプーンに載ったアミューズが出て来て、左下の前菜。
メインは牛ヒレステーキ。チーズが2種類でてから、デザート。
デザートには、ラデュレのマカロン(ローズ色)もついていた。
w1.jpg

12時間半のフライトで8時間時差のあるパリに18:25着。同行はM子さん。
ホテルにチェックインの後、近所で簡単なご飯を食べる所を探した。
物騒な時期なので、あまり、ふらふらせず、目についた安全そうなイタリアンの店
で、ピザとサラダの夜食。

翌々日、M子さん憧れのモン・サン・ミシェルに行った。
ホテルで予約してもらった日帰りバスツァー(160ユーロ)を使った。
モン・サン=ミシェルはフランスの西海岸。パリからは370kmにある巡礼地で、
海に浮かぶ小島に修道院がある。
この辺りは潮の満ち引きが激しいので、昔は、満潮時には島へ渡れなかった。
多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたそうだ。その後、堤防が作られ、
いつでも行けるようになったのだが、潮の流れを堰き止めたため、陸地とほとんど、
つながってしまった。そのため堤防を壊し、環境を守るため新しく、橋が作られた。
私が20年位前に行った時は、道路事情が悪く、日帰りが出来なかったので、
途中ノルマンディで1泊した。

日帰りといえど、出発7時15分(集合6時45分)で、解散は夜9時半。
この時期、パリは8時半まで暗いので、バスが走っていると夜が明けて来て、
朝日が綺麗だった。
y1.jpg

こんな朝もやの中を途中休憩を入れて3時間半ほど走ると、見えてきた!
バスからは橋の中ほどで降りて歩く。

y3.jpg

ここが島の入口。
一年に何回かあるという満潮時には、ここに停まっている車は水に浸かってしまうので、
島の高台に避難するのだろうか。フランスの国旗がはためいていた。

y4.jpg

ここでの名物は、オムレツ。
プラールおばさん」(la Mère Poulard)のオムレツが有名。
昔は、巡礼者たちが泊まった宿屋で、肉や魚がないから、卵料理でもてなしたそう。
今でも宿屋(ホテル)をしているので、写真右側に「H」の看板が見える。
z2.jpg

w2.jpg

ここのオムレツは値段が高いときいていたが、メニューを見たら38ユーロ。
5000円!(左下の写真)。オムレツは卵をよーく泡立てて作るのが特長。
プレーンはつまらないので、マッシュポテトとベーコンのを頼んだ。中に入ってる
のではなく、マッシュポテトとベーコンが添えられていた。
島なので、魚中心に頼んだ。一皿ずつ頼み、シェアした。
右下の写真は、ズズキのムニエル。43ユーロ。6000円近い。
上左は海老唐揚げ入りサラダ。右は食卓のパン入れが小さくて可愛いので撮った
写真。
壁には、このレストランを訪れたいろいろな人たちの写真が貼ってあった。
「あ、見覚えが」と思ったら、三笠宮殿下ご夫妻。とてもお若かった。

食後にいよいよ修道院へ。まずは礼拝堂。
守護神のサン・ミシェルの立像。
モン・サン=ミシェルとは、聖ミカエルの山の意味。
708年にフランスの大司教の夢に聖ミカエルが現れて、「この地に礼拝堂を
建てよ」とお告げがあったので、建築工事が始まった。
その後、増改築が何度もあり、いろいろな様式が混じった建物になっている。

y6.jpg


ケーブルカーはないので、ひたすら階段を上がる。
修道院の入口に着いた。

y10.jpg

中庭は、回廊がある中世風。ゴシック様式でとても美しい。
y13.jpg

修道院の中は、太い柱で天井が高く、だだっ広い。
牢獄として使われたこともあるそうだ。
y14.jpg

行きは階段だったが、帰りは坂道。建物の大きさ(高さ)がわかりますよね。

y9.jpg

前に来たときに展示してあったか覚えがないが、今回、驚いたのは、大滑車。
(写真の白い部分)
これで、下から荷物を上げ下げしていたのだそう。橋から滑り台のように見えたのは、
この滑車の通り道だったのだとわかった。建築資材もこれで運んだのだろうか?
8世紀に、これを建てたということは、驚異的。信仰の力なのだろう。
w3.jpg

<追記>
コメント欄でInatimyさんが美味しいとおっしゃっていた「ラ・メール・プラール」La Mere Poulardのサブレの
写真を載せておきます。モノプリなどのパリの大きなスーパーで買えるので。
ついでに、パリで流行中の紅茶「クスミティー」の写真も。前からデパートに入っていたのですが、
シャンゼリゼにお店ができました。マリアージュ・フレールは少し人気が落ちたようです。
w6.jpg


nice!(46)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新年会2016年 [シャンパン&ワイン]

毎年恒例の新年会2つ。

(1)M子さん宅。
M子さんは、お正月料理が得意。写真右端のお重がM子さん作。奥井海生堂で買った昆布で、
まぐろを芯にした昆布巻き。たっぷりの出汁で煮た御煮しめ。特に私は椎茸が好き。
牛肉の八幡巻が定番。
買って来たお節。今年は左端「にんべん」の二段重。
syougatu.jpg
sasimi.jpg

温まるといけないから、お刺身は後から出た。
上の方にある「卵サンド」は、今、評判の「天の屋の卵サンド」。
ふわっとした出し巻卵をふんわり食パンにマスタードマヨネーズをつけてサンド。
しっとりとして、かなり美味しい。

syougatuwine.jpg

シャンパンづくし。
左からコント・オードワン・ド・ダンピエール(コルクを麻紐で留めてある)のロゼ。
RMのジャン・デュクレール(Jean Duclert)
モエ(Moet & Chandon)
CEDER RIDGE? Blanc de Blanc
ランソン(LANSON) のロゼ

右から2番目、バロナークのシャルドネ。これは白ワイン。
バロナークのだけあって美味しかった。

出席者はいつもの4人+伊勢崎から参加のS 計5名


(2)友達11名、悠遊会
1月4日N嬢宅にて。風邪で、歌姫TとピアノのHさん欠席。

・チーズは私が買っていく係だった。ナイフのそばにあるのは、サント・モール・ド・トゥレーヌ。
薪のような形。柔らかい山羊の乳から出来ているので、麦藁を芯にして巻いてある。
表皮に木炭の粉をまぶしてあるので、黒い。ロワール地方のチーズ。
六角形カップ入りは、ブルーチーズ入りのクリームチーズで塗るタイプ。
背が高いカマンベールタイプは、「サンタンドレ」。赤い蓋のアイスクリームのような
カップにはいっている。とってもクリーミーで食べやすい。
もちろん、枝つきレーズンも。
・ゆでた野菜はバーニャカウダー用。

toku.jpg

toku4.jpg

・左の魚の切り身は鱈。バーニャカウダー用。
・右 稚内の水タコのマリネ(M子ちゃん作)

・ツナのクリームパイ
・ローストビーフ(歌姫G作)

toku2.jpg

toku8.jpg

・おせち(歌姫G作)
・トマトのスープ煮(Sちゃん作)

「ぎんのさら」の特上寿司

toku6.jpg

J子は恒例苺、Aはゴディバチョコ。Gもゴディバチョコ。
N嬢はイギリスみやげのリンツチョコ。「リンツはスイスなのよね」と言いながら。

もう20年以上、毎年、かかさず集まってる私達、えらいっ。


nice!(41)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新年おめでとうございます!

2016.jpg

年末は、パリに9日間、行ってました。
テロの影響でパリは危ないと言われていたので、街では日本人にほとんど会わず、
行きの飛行機もガラ空きでした。

クリスマスの日、12月25日はお店が全部休みなので、モンマルトルのサクレクール寺院
に行きました。迷彩服で銃を肩からかけた兵隊たちが警備につき、寺院入口での警察に
よる手荷物検査は、念入りだったので、入場のために長い列ができていました。

Paris2115_2.jpg

同行の友達が、モンサンミッシェルに行きたいというので、日帰りバスツアーで行きました。
朝6時45分集合で解散は9時半。かなり遠いのです。

Paris450.jpg

美術館は、ジャックマール・アンドレ美術館とマルモッタン美術館、ポンピドー・センター
に行きました。それらについては、別記事にするつもりです。

皆様、今年もよろしくお願いいたします。


nice!(37)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート