So-net無料ブログ作成
検索選択

ロダン美術館(フィラデルフィア) [外国の美術館、博物館]

ロダン美術館が、フィラデルフィアにあるとは、知らなかった。

ロダンの作品に魅せられたフィラデルフィアの実業家が作った美術館で、入口には、「考える人」。

入場料は寄付で8ドル。つまり払わなくてもOK。

Rodin1.jpg


入ってすぐの所にあるのが、なんと、これ。

横たわった肢体、死体?

「The Martyr」(殉教者) 痛々しく生々しく、、正視するのが憚られる。
地獄の門の一部として考えられたそう。


rodin2.jpg


隣は、大広間(ホール)で、室内には、天窓からの柔らかい光がさす。
脇にスツール(椅子)が置いてあるので、すわってゆっくりと彫刻を眺めることができる。


rodin4.jpg


一番手前にあるのは、「神の手」。単なる手ではなく、神が握りしめているものは私たち人間?

複雑な造形。

わかりやすいのは、左側に見えてる「The Kiss」のコピー。


rodin10.jpg


ホールの横に、それぞれ小さい部屋があり、入ったら、画家の像。
「バスティアン・ルパージュ」と書いてあった。作品には、ちょっと馴染みがあるけど、

こういう人だったんだと、しげしげと眺めた。
ルパージュはロダンの友人。風景を主に描いていたので戸外での制作が多かった。
ケープつきのウールの短いコートにブーツという冬の衣装でパレットを持つ姿。

rodin5.jpg


「Bellona」(ベローナ)は、ローマ時代の戦いの神。
モデルは妻ローズ。古代風の兜をかぶっている。
(ベローナは西洋美術館の松方コレクションにもある)

rodin7.jpg



ロダンは、若い頃、妻と共にイタリアへ行き、ドナッテッロとミケランジェロの彫刻に衝撃を
受けた。パリに戻り、人間の真実の姿を彫刻で表現しようと、「青銅時代」を制作した。
これがあまりにリアルだったので、実際の人間の型をとったのではないかと噂されるほどだった。
その疑いをはらすため、ロダンは、人間より大きい「青銅時代」を制作し、人気となった。

「ミネルバ」 大理石 ローマ時代の知恵の神。
大理石の彫刻は、気品があって美しい。


rodinmineruva.jpg



「永遠の春」 今にも動き出しそうな姿勢。
東京上野の西洋美術館にあるのは、これのブロンズ版。


rodin9.jpg



外には、代表作「地獄の門」があった。

rodinMon.jpg



<追記>
*今年はロダン没後100周年。
ロダンには、「カミーユ・クローデル」という22才下で若く美しく才能ある弟子がいた。
カミーユはロダンを尊敬し愛し、ロダンもカミーユを愛したが、内縁の妻ローズがいたため、
結婚してもらえず、ついには精神を病み入院。社会復帰はできなかった。
激情の生涯は、イザベル・アジャーニ主演で映画にもなった。


カミーユの才能はすばらしく、初期はロダンに似た力強い動的な作品だが、後には女性的感性の
やさしいものを制作している。今年3月、パリの郊外に「カミーユ・クローデル美術館がオープンした。
ロダンとの三角関係を題材にした作品「分別の年代」は、オルセー美術館でも人目を惹く。
弟のポール・クローデルは詩人で外交官。つねにカミーユの味方で姉を支えた。




nice!(39)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フィラデルフィアでの食事 [旅行(米国・アジア・日本)]

(1)ハンバーガー


フィラデルフィア滞在中に一番多く食べたのは、ハンバーガー。
フィラデルフィア駅構内に日本でも馴染みのWendy’s があり、まずますの美味しさだった。

これは、各テーブルに青リンゴを飾ってるちょっとおしゃれな店のハンバーガーで、
バーガーにマッシュルームと玉ねぎの炒めたのがのっている。味としては申し分ないけど、
見た目がきれいじゃない。ポテトももう少し、きれいに盛り付ければと思ってしまう。

P_burager.jpg



いろいろな店でバーガーを食べ、どれも美味しかったけれど、写真映えするものはない。
一番おいしかったのは、シェイクシャックSHAKE SHACK。ニューヨークで評判の店で、
フィラデルフィアにも支店がある。


これは、ニューヨークの駅の中の「シェイクシャック」の店。
ハンバーガーのレタスとトマトの色が美しく、炭火焼きのハンバーグが大きく美味しい。
パンはブリオッシュのようなふっかふか。東京・恵比寿にもお店があるそうだ。
朝9:13の駅なので、ガラスのドアの外を人々が足早に歩いている。壁にかかっている時計は、
MONDAINE。スイスの国鉄で使っている時計。

shakess.jpg


ハンバーガーの他にアメリカでよく食べられてるのは、ピザだが、同行のM子さんが、
ピザ嫌いなので、今回は食べなかった。

(2)イタリアン
アメリカは、イタリアンの店が多い。
泊まっていたシェラトンホテルのすぐそばにあるイタリアンがおいしいとJ がすすめてくれた
ので、行ったら、とても美味しかった。Positano Coast http://www.positanocoast.net/

牡蠣、細長い皿にはタコのマリネ。
フィレステーキにミートソースをかけたもの。上に焼いたトマト。
ラビオリ(手前の白い四角形)、野菜入りソース


ItalianT.jpg


美味しかったので、次の週にも行ったら、サーヴィスのおばさんが、「あなたたち先週、来たでしょ。
覚えてるわよ。きっと来週も来るわね」と笑いながら言うので、「来週は日本。私たち旅行だから」
明るい気さくなやり取りは、アメリカ+イタリア。


(3)メキシカン
うちにも泊まったことがあるY子の親戚Tが結婚したので、T夫妻と会った。
Tのおすすめのメキシコ料理の店へ行った。
若い人が大勢いる店で、土曜の夜だったから、かなり賑やか。


mexican.jpg



(4)世界各国料理
「地球の歩き方」で、おすすめの店「コンチネンタル」
ファミレスで、メニューには、コンチネンタルの名前通り、世界中のいろいろなものがある。
Y子は、うどんを注文。私はバーガー。
前日、イタリアンでタコのマリネが美味しかったので、ここでも同じものを頼んだら、トルティーヤ付き。
バーベキューチキンは、お煎餅っぽい皮の上に置かれ、パクチーも。


continental.jpg



(5)中華料理
これもホテルの近く、歴史地区にある昔の銀行の建物をインテリアを変えて使っている。
東京の三菱一号館カフェの雰囲気。為替銀行だったので、壁には当時の世界の時刻を示す
大時計が残されている。ニューヨーク、ロスアンジェルス、シドニー、タイペイ。
バーカウンターがあり、ひとりでもテレビを見ながら飲めるようになっている。
日本の中華に似た味で美味しい、酢豚、餃子、麻婆豆腐、焼きそばと馴染みのものばかり。
招待してもらって6人で行き、気に入ったので、次に2人で行った。

ハン・ダイナスティ Han Dynasty 123,Chestnut St. http://handynasty.net/oldcity/
海老焼きそばの写真、おいしそうに見えないけれど、海老がぷりぷりで美味しかった。
P_taifann.jpg



(6)家庭でのディナー
7年前の夏、うちに2週間泊まったJoの家に、今度は私が泊まりに行った。
Jo のパパが料理好きで、ママと手分けして用意してくれたディナーは、ローストビーフ、
チキン、温野菜各種、サラダ。
8才だったJoも15才。すごく大きくなっていた。転んで肩の骨を折り、ナイフとフォークが使えない
グランパのためにお肉を切り分けるJo


P_S1.jpg


(7)日本料理
「地球の歩き方」に目を通していたY子が「やっぱりモリモトが出てるわ。ここはフィラデルフィアでは
一番の日本料理だけど、ひとり100ドル以上するから、一回しか行ったことがないの」
それなら、いつもお世話になってるので、と、Ja夫妻も一緒にモリモトへご招待。

モダンな宇宙空間のような内装。日本とは縁もゆかりもなさそうなインテリア。
トイレには竹の木があって日本調だそう。
コースでなく、メニューからひとり2品づつ選び、さらに、「寄せ豆腐」と「ブリの刺身」を頼んだ。
寄せ豆腐はパフォーマンス付きで面白い。
豆腐のもとに「にがり」を注ぎ、20分待ってください。20分後にサーヴィスの人が現れ、
「ほら、固まったでしょ。豆腐の出来上がり!じゃ、分けます」とさいの目に切って、取り分けて
くれる。手前のワサビと出汁を添えて完成。2巡目では、「蟹あん」をかける。
P_Morimoto.jpg


私が頼んだ1皿目は、エビのスイートチリ。向こう側ではJa が土瓶蒸しに挑戦。
味噌スープを頼んだ人には、大きなボールのスープが。。
私のは、たくさんあったので、皆さんに分けて、味も好評だった。
P_morimoto2.jpg

ブリの刺身は、ブリのカルパッチョだった。味はなかなか。


P_morimoto3.jpg

Y子が「石焼」が美味しいのよ。焼けた石の上でブリを焼くの。牛肉もあるわよ」
なんと、来たのは、石焼ビビンバ。これ、韓国料理!サーヴィスの人が、ご飯と卵の黄身と
ほうれん草、お肉を目の前でごちゃごちゃに混ぜる。あーー私、このぐちゃぐちゃ混ぜたごはん、
あんまり好きじゃないのに。。。焼肉とご飯が来るのかと思っていたら見当違いだった。
ま、外国で、正式な日本料理は望むのがムリ。


(8)ピクルス
3日目に行ったジャズバーの棚。ピクルスがずらっと。
ここの他にも、ピクルスの棚がある店が何軒かあった。
そういえば、ハンバーガーにはピクルスがついているのがお約束。
pikurus.jpg


以上、(1)から(7)が、12日間の滞在で食べたものです。


nice!(42)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ロングウッド・ガーデン(フィラデルフィア郊外) [旅行(米国・アジア・日本)]

 ロングウッドガーデンは、フィラデルフィア郊外にある敷地面積425ヘクタール
(東京ドーム90個分)という巨大なガーデン。
化学会社デュポンのピエール・デュポン氏が自然保護を目的にこの土地を買い取り、庭園を造りはじめた。
その6分の1くらいと温室が公開されている。

ガーデンの前でタクシーを降り、歩き始めると、桜の木が何本も!
市内で見ていた花の小さな白っぽい桜と違って、これは日本の桜に似ている。

LWG1.jpg

花を見たいので、温室に向かった。向こうに見える建物が温室。
アート的に刈り込んだ(シザーハンズのような)木、トピアリーがみごと!
LWG22.jpg


トピアリーの間から噴水が見えたが、今まで見たことのない凝った噴水。
水がクロスしている。
lWG6.jpg

これは、庭園の噴水。庭園はフランス庭園、イギリス庭園、イタリア庭園など、いくつもあるそうだ。
「クリスマスの季節には、ライトアップされて、とっても綺麗なのよ」とY子が言う。

LWGFunsuiL.jpg


まずは温室へ。天井の高い立派な建物。
入った所から、センスの良さが感じられる設え。

LWG_WelcomeFlower.jpg

中は、トロピカル・ガーデン。池があり、椰子の木がそびえる。

LWG_Entrance2.jpg

LWG_lilys.jpg

高い所、目線の所、低い所と、それぞれに置かれた花が、調和がとれていて美しい。

知っている花があると、うれしくなる。
クリーム色のほぼ中央の花は、アマリリス。その下は、シクラメン。
右側の赤い小さな花は、monkey flowerと書いてあった。 猿?

LWG4.jpg

最近、時々見かける極楽鳥花(Strelitzia)

LWG5Gokurakutyou.jpg

天井から吊るされてるのは、RoseGrape.
花の芯がぶどうの実のように垂れ下がる。

LWG12.jpg

日本の「盆栽」コーナーもあった。

LWG9.jpg

印象に残った花たち
左上から コーレリア、赤い筒状の小さな花、Bartlettina 紫色、メキシコ、グァテマラ原産
2段目 アネモネ、アンセリウム
3段目 サボテン、濃いピンクは紫陽花
ペチュニア(日本ではプランターに植えることが多いけど、これは吊り)

LWG-fini.jpg


nice!(43)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フィラデルフィア・オーケストラ演奏会 [オペラ、コンサート、バレエ]

フィラデルフィア・オーケストラ(フィラデルフィア管弦楽団)は、世界でも有数のオーケストラ。
ユージン・オーマンディが42年間音楽監督をつとめ、数多くの名演奏がCDになっている。

オーマンディの後は、リッカルド・ムーティ、その後はヴォルフガング・サヴァリッシュ、
シャルル・デュトワと日本でも馴染みの指揮者たちが常任指揮者を務めた。
現在の指揮者はヤニック・ネゼ=セガン。彼の実力と人気は、最近の指揮者の中でも突出していて、
つい最近、メトロポリタンオペラの次期音楽監督に決定した。といっても、フィラデルフィアと
ニューヨークは高速鉄道で1時間15分なので、しばらくは兼任をする。

orchestra.jpg

定期演奏会場は、新しい複合施設ビル「キメル・センター」の中の「ヴェライゾン・ホール」。
写真は、センターを入ったところの看板。

この日の演目は、

program

Beethoven - Overture to The Creatures of Prometheus, Op. 43
ベートーヴェン「プロメテウスの創造物」 序曲

Beethoven - Finale from The Creatures of Prometheus, Op. 43
ベートーヴェン「プロメテウスの創造物」 最終章(アレグレット)

Bates - Alternative Energy
ベイツ「オルタナティブ・エナジー」

INTERMISSION -休憩

Mozart - Piano Concerto No. 9 in E-flat major, K. 271 ("Jenamy")
モーツァルト「ピアノ協奏曲9番」 ジェナミ

Liszt - Prometheus, Symphonic Poem No. 5
リスト 「交響詩5番」 プロメテウス

拍手に迎えられ、ヤニック登場。
客席に向かって、演奏する曲の説明を紹介する。こんなの初めて。
プロメテウスにこだわったプログラムという部分だけわかった。


最初の曲は、ベートーヴェン「プロメテウスの創造物の序曲」。
始まりにふさわしく、ジャン、ジャン、ジャーンで始まり、弦が美しいメロディを奏でる。
ベートーヴェンらしさ満載。

次の曲は、シンセサイザーの前に立つハンサムなお兄さんメイソン・ベイツの作曲。
ここで聴けます
4つのパートから成る数百年にわたる「エネルギー交響曲」。
最初は1896年のフォードの農場 → 車の発明
2番目は2012年のシカゴ → FermiLab(シカゴにある物理学研究所)、エネルギーの粒子研究
3番目は2112年の新疆ウイグル自治区 → 荒廃した産業地(中国の原子力発電所)の夕暮れ
4番目は2222年のアイスランドのレイキャビク → 熱帯雨林 最後の人類の住処

フルートとピッコロで始まり、オーボエ、イングリッシュホーンが続き、と管楽器が主体。
全体を通して、中国っぽいメロディが使われ、ジャズ的要素に、シンセによるテクノのリズム。
見たことのない中国の打楽器も使われていた。ベイツのシンセの電子音が要所、要所を締め、
電子音とオーケストラが上手く融合していた。
ヤニックは指揮棒を使わず、手だけでの指揮。

休憩後、ピアノのDaniil Trifonov(ダニール・トリフォノフ)によるモーツァルト「ピアノ協奏曲9番」
トリフォノフは、ロシアのハンサムな若手ピアニスト。2010年ショパンコンクール3位、2011年に
20才でチャイコフスキーコンクールでショパンの曲を弾いて優勝。全部門グランプリ獲得。
この経歴なので、彼のピアノを聴くのを楽しみにして来た。
ジェナミ嬢に捧げられた曲。モーツァルトらしい優しさ、可愛さ、情感が散りばめられた演奏。
 ここで視聴できます ページの下へ下がってAUDIOをクリック

そして最後、リストの「プロメテウス」の情熱的な迫力。プロメテウスは火の神だから、と
改めて思った。ヤニックの指揮の瞬発力の素晴らしさ。身体全体を使っての表現。

ホールは、オーケストラの横、後ろまで席があり舞台全体を取り囲むという形。
もちろん、従来の桟敷席が一番多く4階くらいまである。
Y子が2か月前から、「この席が最高」と取ってくれたのは、オケの横の一番前の席。
ヤニックの指揮ぶりがよくわかるし、自分も団員になったかのような錯覚すらおきる。
それでも67ドル。演奏前、練習時間の写真。

PhillyOche.jpg

昨年、ヤニックが来日。サントリーホールで五島龍と共演したが、その時のチケットは3万円。
それに比べて、なんという安さと感動。夫々のコンサートにスポンサーがついているからだそう。
sponsors AmericanAirline の文字が見えていた。
次にフィラデルフィアに行く時は、またヤニックのコンサートに行けるようオーケストラシーズン
にしようと思った。


nice!(38)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フィラデルフィア [旅行(米国・アジア・日本)]

旅のスタートは、フィラデルフィア。アメリカ建国の地。
植民地だったアメリカがイギリスから独立宣言をし、首都がワシントンに移るまでは首都であり、憲法もここで制定された。

IMG_0050.JPG 

後方ブルーの濃淡の2 つの三角ビルは現在のフィラデルフィアのシンボル

この写真の奥が市庁舎。白い建物の上に、フィラデルフィアを作った   ウィリアム. ペンの銅像がのっている。
1987年までは、ウィリアムペンに敬意を表し、この銅像より高いものを建ててはいけないと決まっていた。
 IMG_0052.JPG 


独立宣言の町、フィラデルフィアなので、歴史的建造物が多い。
1774年、独立宣言の2年前に、開かれた会議は、カーペンターズホールで行なわれた。
今は、周囲が公園になっている。建物の前に、1週間前にふった季節外れの大雪が残っていた。
IMG_0048.JPG

アメリカの旗を作った女性の家が当時のまま保存され、キッチンや裁縫道具が展示されている。

flag.jpg

 
フィラデルフィアには、ギリシア神殿ふうの堂々とした建物や、 ネオクラシックの重厚な建物が多い。
旧為替銀行の建物が、中華料理店として使われ、美味しい店だった。
FullSizeR.jpg
上の写真の中央の建物は、婦人服のブティックに改造されている。
anteprimo.jpg

 
デパート、 メーシーズは、日本橋三越の吹きぬけよりもっと規模が大きい。天井も荘厳で素晴らしいと
見ていたら、パイプオルガンの演奏が始まった。観光客が、揃ってカメラを向ける。
Macy's.jpg

 
友達jが予約しておいてくれたジャズパーラーに演奏を聴きに行った。 まず食事をしてから、隣の部屋に移って
演奏を聴く。この日は9人のフルバンド構成でモータウンサウンドだったので、知っている曲が多く楽しかった。J  の御主人Dは、 元ジャズメンなので メンバー に挨拶したりしていた。これは演奏前、練習中の写真

IMG_0045.JPG

 
フィラデルフィアへ来たのは、20年ぶり。
アメリカ人と結婚して、ここに住んでるY子のすすめで、D大学の夏期講習に参加。1か月をここで過ごした。
懐かしい場所、好きな場所。アーティストJは東京で、個展をした時、うちに泊まっていたので、気心知れた仲。ようやくDと結婚出来てよかったわね。

続く。


nice!(45)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

キーウェスト、マイアミ [旅行(米国・アジア・日本)]

マイアミから国道1号線を270キロ走り、アメリカ最南端の地、キーウェストへ行くバスツァーに参加した。
 国道は海の上にかかる長い橋を渡って行く。道の両側の海は、珊瑚礁なので、水の色が変化して美しい。
IMG_0030.JPG

この橋の横に、昔の鉄道の跡の鉄橋がある。1935年の巨大ハリケーンで壊れてしまったが、折悪しく、景気が悪くなり、復旧工事ができず、そのまま使えなくなってしまった。

IMG_0036.JPG

キーウェストの名物は牡蠣や魚介類の他に、キーライムパイがある。クリームチーズケーキに特産のライムを加えたもの。上に生クリームものって濃厚だがライムの酸味があるので美味しい。
IMG_0035.JPG


キーウェストには、ヘミングウェイの別荘があった。住んだのは8年間だけだが、作品の7割は,ここで書かれた。
中を見学ができるが、13ドルだったので入らなかった。


IMG_0034.JPG

キーウェストで飲むのは、モヒート。ラム酒にライムとミントの葉を加えソーダで割ったカクテル。
ミントの香りが爽やかで暑い日には、ホッとする一杯。ヨットハーバー脇の大きな賑わってるレストランに
入り、モヒートと魚介のチャウダー、生牡蠣、蒸し牡蠣、エビフライ、マグロのタタキを注文した。
夕方の海風が気持ちよく、ここに来てよかったと思いながら、船が寄港するのを眺めていた。マグロのたたきは、
小判ほどの大きさ!苦労して食べた。
kaki.jpg

 
IMG_0040.JPG 


nice!(36)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行