So-net無料ブログ作成
検索選択

フィラデルフィア・オーケストラ演奏会 [オペラ、コンサート、バレエ]

フィラデルフィア・オーケストラ(フィラデルフィア管弦楽団)は、世界でも有数のオーケストラ。
ユージン・オーマンディが42年間音楽監督をつとめ、数多くの名演奏がCDになっている。

オーマンディの後は、リッカルド・ムーティ、その後はヴォルフガング・サヴァリッシュ、
シャルル・デュトワと日本でも馴染みの指揮者たちが常任指揮者を務めた。
現在の指揮者はヤニック・ネゼ=セガン。彼の実力と人気は、最近の指揮者の中でも突出していて、
つい最近、メトロポリタンオペラの次期音楽監督に決定した。といっても、フィラデルフィアと
ニューヨークは高速鉄道で1時間15分なので、しばらくは兼任をする。

orchestra.jpg

定期演奏会場は、新しい複合施設ビル「キメル・センター」の中の「ヴェライゾン・ホール」。
写真は、センターを入ったところの看板。

この日の演目は、

program

Beethoven - Overture to The Creatures of Prometheus, Op. 43
ベートーヴェン「プロメテウスの創造物」 序曲

Beethoven - Finale from The Creatures of Prometheus, Op. 43
ベートーヴェン「プロメテウスの創造物」 最終章(アレグレット)

Bates - Alternative Energy
ベイツ「オルタナティブ・エナジー」

INTERMISSION -休憩

Mozart - Piano Concerto No. 9 in E-flat major, K. 271 ("Jenamy")
モーツァルト「ピアノ協奏曲9番」 ジェナミ

Liszt - Prometheus, Symphonic Poem No. 5
リスト 「交響詩5番」 プロメテウス

拍手に迎えられ、ヤニック登場。
客席に向かって、演奏する曲の説明を紹介する。こんなの初めて。
プロメテウスにこだわったプログラムという部分だけわかった。


最初の曲は、ベートーヴェン「プロメテウスの創造物の序曲」。
始まりにふさわしく、ジャン、ジャン、ジャーンで始まり、弦が美しいメロディを奏でる。
ベートーヴェンらしさ満載。

次の曲は、シンセサイザーの前に立つハンサムなお兄さんメイソン・ベイツの作曲。
ここで聴けます
4つのパートから成る数百年にわたる「エネルギー交響曲」。
最初は1896年のフォードの農場 → 車の発明
2番目は2012年のシカゴ → FermiLab(シカゴにある物理学研究所)、エネルギーの粒子研究
3番目は2112年の新疆ウイグル自治区 → 荒廃した産業地(中国の原子力発電所)の夕暮れ
4番目は2222年のアイスランドのレイキャビク → 熱帯雨林 最後の人類の住処

フルートとピッコロで始まり、オーボエ、イングリッシュホーンが続き、と管楽器が主体。
全体を通して、中国っぽいメロディが使われ、ジャズ的要素に、シンセによるテクノのリズム。
見たことのない中国の打楽器も使われていた。ベイツのシンセの電子音が要所、要所を締め、
電子音とオーケストラが上手く融合していた。
ヤニックは指揮棒を使わず、手だけでの指揮。

休憩後、ピアノのDaniil Trifonov(ダニール・トリフォノフ)によるモーツァルト「ピアノ協奏曲9番」
トリフォノフは、ロシアのハンサムな若手ピアニスト。2010年ショパンコンクール3位、2011年に
20才でチャイコフスキーコンクールでショパンの曲を弾いて優勝。全部門グランプリ獲得。
この経歴なので、彼のピアノを聴くのを楽しみにして来た。
ジェナミ嬢に捧げられた曲。モーツァルトらしい優しさ、可愛さ、情感が散りばめられた演奏。
 ここで視聴できます ページの下へ下がってAUDIOをクリック

そして最後、リストの「プロメテウス」の情熱的な迫力。プロメテウスは火の神だから、と
改めて思った。ヤニックの指揮の瞬発力の素晴らしさ。身体全体を使っての表現。

ホールは、オーケストラの横、後ろまで席があり舞台全体を取り囲むという形。
もちろん、従来の桟敷席が一番多く4階くらいまである。
Y子が2か月前から、「この席が最高」と取ってくれたのは、オケの横の一番前の席。
ヤニックの指揮ぶりがよくわかるし、自分も団員になったかのような錯覚すらおきる。
それでも67ドル。演奏前、練習時間の写真。

PhillyOche.jpg

昨年、ヤニックが来日。サントリーホールで五島龍と共演したが、その時のチケットは3万円。
それに比べて、なんという安さと感動。夫々のコンサートにスポンサーがついているからだそう。
sponsors AmericanAirline の文字が見えていた。
次にフィラデルフィアに行く時は、またヤニックのコンサートに行けるようオーケストラシーズン
にしようと思った。