So-net無料ブログ作成
検索選択

バーンズ・コレクション [外国の美術館、博物館]

今回、フィラデルフィアで一番見たかったのは、バーンズ・コレクション。

バーンズ・コレクションは、バーンズ氏の遺言で貸出禁止のコレクションなのだが、改装と
財源不足のために一度だけ、1994年GWの時に日本の西洋美術館で展覧会があった。
覚えている方もいらっしゃると思うが、連日、その混雑ぶりが報道された。
混雑に恐れをなし、「いつかフィラデルフィアで」と思っていた。

barnes.JPG


バーンズ氏邸はフィラデルフィア郊外にあり、行きにくかったのだが、今は、市内の便利な場所に
移転し、建物も新しくなったが、各部屋の展示は、邸宅時代のままである(追記)

予約が必要と日本のネットに書いてあると、Y子に言うと、「平日はそんなことないわよ」
と断言され、実際、行ってみたら、すんなり入れ、らくに見てまわれた。


第1室
(バ―ンズの中は撮影禁止なので、展示室の様子の写真は、バーンズのサイトから借用)
http://www.barnesfoundation.org/

いきなりスーラの大きな絵「ポーズする女たち」、この絵、ここのだったのね。
前年に描いた「グランド・ジャッド島の日曜日」を背景に置き、点描画が室内でも有効と証明したかった絵。

下は、セザンヌの「カード遊びをする人たち」
そして、両横もセザンヌ。左は静物、右は「オランピア」にでてくるような漫画チックな裸婦像。
えー、こんなに全部、セザンヌ。それもいいものばかりと驚く。


banes1w.jpg



bfp1ss.jpg


第1室の南壁面は、マティスの「ダンス」。これもかなり大きい作品。
下左の絵もマティス「座るリッフル人の男」 右はピカソ「農婦たち」シャガールっぽい絵。


北壁面:右側の一番下の段はセザンヌ。「セザンヌ夫人」や「赤いチョッキの少年」が見える。
他は全部ルノワール!それもあまり見かけない縦長の絵や横長の絵を左右対称に飾ってある。
bfp1n.jpg


ルノアールとセザンヌばかり。

それも展示方法は、バーンズ氏の好みで並べられ、亡くなった今も同じ。
絵の形で並べたのだろうか?明らかに一般の美術館と違う個人美術館。


ルノワール180点、セザンヌ69点、マティス59点。
ピカソ46点、パスキン39点、アンリルソー、モディリアーニ、ドガ、キリコが各10点以上。

部屋数は24. ものすごいコレクション。特にルノワール好きは見逃せないと思う。

以上が第1室。グッズ販売コーナーに各部屋の目録を売っていた。一部屋分が11ドル。
つまりすべての部屋分を買うと、3万円近い。

第1室がすばらしかったので、この部屋のを買いたかったが売り切れだった。

しかたなく、第2室と第9室、それに好きな絵のポストカードを購入。


第2室
BurnesLegrand.jpg


下の段の右端、「ドルフィーヌ・ルグラン嬢」または「なわとびを持つ少女」1876年
たぶんフィラデルフィア美術館展で評判だった「ルグラン嬢」の妹だと思う。

左端は、モネの「アトリエ船」1876年
上の段真ん中はマティスの「黒い船」


代表作を集めた大きいサイズのポストカード
上の段右、ゴッホ「静物」1888年

中段 左からロートレック 「モンルージュ」1886年、郵便配達夫ルーラン1889年、
モネの「アトリエ船」1876年、モディリアーニ「夜会服を着た赤毛の少女」1918年

下段、左からルノワール「書き取り練習」1905年、セザンヌ「カード遊びをする人たち」1890年

アンリ・ルソー「野うさぎの食事」1908年

banes1.jpg


好きだったのは、ルノワール「ノルマンディ海岸のベルナーヴァルでムール貝を採る人たち」
「アーティストの家族」1896年 アーティスト=ルノワール、ココとガブリエルが手前にいる。

banes2.jpg

「セーラー服の少年」1886年           マネ「洗濯」1875年
barnesRenoBoy.jpgmanet.jpg

全部で24部屋があるのだから、いろいろな画家の絵が揃っている。

ルーベンス、ティツィアーノ、ヒエロニムス・ボス、フランツ・ハルス、エルグレコ、
ゴーギャン、ボナール、ヴュイヤール、ドガなどなど。。

入場料は25ドルと高いが、それだけの価値がある。


nice!(43)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート