So-net無料ブログ作成
検索選択

シャセリオー展 [展覧会(洋画)]

シャセリオーの名前を初めてきく人も多いと思う。

下のチケットの絵のように、すばらしい腕前で、奥深い魅力がある。
私もルーヴル美術館に行くたびに、シャセリオーの絵には惹きつけられてしまう。
 その時の記事は、ここをクリック

37才で亡くなったため、絵の数が多くないことと、大作の「パリの会計検査院壁画」が破壊されたため、
誰でもが知っている画家ではないが、ギュスターヴ・モロー、シャヴァンヌに大きな影響を与えた。


chasseriau.jpg


1、アングルのアトリエ

シャセリオーは、1819年カリブ海にあるフランス植民地イスパニョーラ島(今のドミニカ)で生まれた。
父はフランス人だが、母は現地の地主の娘で、シャセリオーが2歳の時、一家でフランスに戻る。
幼い頃から絵の才能を示し11歳でアングルに弟子入りした。

15才の時、スペイン絵画にも興味があったシャセリオーはルーヴル宮で、グレコの絵を模写した。
アングルが、「とてもよく出来ているから、ずっと持っているように」と言ったほどの出来栄え。
Chasseriau_Greco_S.jpg


16才の時の自画像
シャセリオーは、母がクレオール(植民地の原住民)なため、自分の容貌を好きでなかった。
そのため、一切、写真を撮らせなかった。自画像もこれ一枚だけである。
アングル風の古典的伝統に基づき、スペイン絵画の写実も取り入れた絵であるが、顔の右半分に
暗い影を描きいれているのは、心理描写なのであろうか。
容貌コンプレックスがあっても、彼は上品で会話が洗練されていたので、女性にもてた。

Chasseriau_Portrait.jpg


当時の画壇は、新古典主義のアングルとロマン主義のドラクロワが、「静と動」、全く違う画風で
対立していた。ローマ賞を受賞したアングルは、政府派遣でローマに留学し、ローマから弟子の
シャセリオーに計画中の作品に使う絵「サタン」をデッサンつきの細かい指示で命じた。
シャセリオ16才の作品「サタン」
指定された黒人モデルを使って筋肉がはっきりわかる力作。背景の青空や岩はシャセリオーが加えた。

Chasseriau_Etude de noir250.jpg


19歳のシャセリオーは、内務省からの注文で聖堂の祭壇画を作成した。
これは、その習作で、「十字架を抱く天使」
落ち着いた静けさと優美さがある絵。

Chasseriau_Ange croix.jpg


アングルは、ローマに8年も滞在した。
同行を誘われていたシャセリオーだが、この祭壇画の謝礼でようやくローマへの費用ができた。
しかし、パリにアングル不在の時期が長かったので、その間に、シャセリオーはアングルが嫌っていた
ドラクロワに傾倒。ローマに出向き、アングルに決別を告げた。

(2)ロマン主義へ

21才 「アクタイオンに驚くディアナ」
水浴中のディアナの姿を見た漁師アクタイオンは鹿の姿に変えられて、猟犬たちに噛み殺される。
背中を見せているのはディアナ、頭に三日月がついている。鹿の姿になったアクタイオンは遠くで
犬に襲われている。ニンフたちは驚きの表情。
題材を神話にとり、色彩豊かで、動きのあるドラクロワ風の作品。

Chasseriau_Diana.jpg


26才 「アポロンとダフネ」
アポロンの求愛を逃れるため、ダフネが月桂樹に姿を変える場面が描かれている。
流れるような曲線のダフネの体はすでに樹木化が始まって足元は木である。
Chasseriau_Aporon.jpg


31才 「泉のほとりで眠るニンフ」

シャセリオーの代表作のひとつ「海から上がるヴィーナス」、「エステルの化粧」でももそうだが、
シャセリオーの裸婦は両腕を高く揚げているものが多い。このポーズは胸が綺麗に見えるし、
体の曲線がよくわかる。
ここでの裸婦は、クールベのような写実的な表現で描かれている。モデルは当時パリで一番美しい
裸体と言われた女優アリス・オジー。アリスとシャセリオーは恋中になり、アリスがどうしても、
『アングルから手放すなと言われたエルグレゴの模写』をほしいとねだるので、シャセリオーは
それを渡してしまう。しかし数か月後、友達も同席しての昼食会で、アリスが「手放すな」の一件を
茶化したので、激怒したシャセリオーは、絵の画面をナイフで切りつけ、二度と彼女とは会わなかった。
後年、年老いたアリスは、この絵を見てすすり泣いたそうだ。
かなり大きい絵なので、インパクトがある。

Chasseriau_AlisAugie.jpg



3、肖像画

かつての師アングル同様、シャセリオーは肖像画も得意だった。
アングルが注文の肖像画を多く制作したのに対し、シャセリオーは親しい友人たちを描いた。
シャセリオーの交際範囲は、上流階級の人の出入りするサロンが主だったので、当時の
有名人たちやパリの様子を肖像画と数通の手紙から知ることができる。

29才 「カバリュス嬢の肖像」

カバリュス嬢は、有名医師の娘で、母はスエズ運河を作った技師レセップスの姉である。
ユゴー、デュマ、ミュsッセ、バルザックらの文豪が出入りする家庭だった。
当時の流行の服で髪にはスイセン、手にはスミレの花束を持っている。
カバリュス邸を訪れたアングルは、この絵を見るなり、「色彩が眩しすぎる」とコートの袖口で
目を隠したという逸話もある。
Chasseriau_MalleCavalus.jpg

この展覧会では、肖像画は油彩、デッサンなど数多く展示されていた。


4、オリエンタリズム

北アフリカから小アジにかけての部分が「オリエント」と言われる地域である。
画家にとっては、オリエントは、エキゾチズムでインスピレーションが得られる場所であった。
シャセリオ―も27才の時、アルジェリアに旅をした。

32才 「コンスタンティーヌのユダヤ人街の情景」
ゆりかごが天井から吊り下げられている。それを揺らして赤ん坊を寝せる2人の女性。
平和な光景。女性のヴェールの軽やかさ、足元の光の描写に目が行く。

Chasseriau_Constantine.jpg


34才 「左を向く白馬」(習作)
アルジェリアから帰国後、アラブ馬に魅せられたシャセリオーは馬の習作をたくさん描いた。
実際、シャセリオーの絵には馬が登場することが多い。
Chasseriau_Cheveau200.jpg



5、建築装飾と宗教主題

シャセリオーは数々の教会や公共の建築物の壁画も手掛けた。
オルセー河岸にあった会計検査院の壁画は特に素晴らしかったが、パリコミューンで破壊されてしまった。


37才 「東方三博士の礼拝」
亡くなる年の作品。キリスト誕生のお告げを受けて馬小屋の聖母子のもとに訪れた東方の三博士。
マリアの顔は恋人マリー・カンタキュゼーヌ公女に似ているといわれている。そして本作は彼女が
所有していた。

Chasseriau_3Docter.jpg


シャセリオーが亡くなった後、親しく行き来していたギュスターブ・モローは彼を偲んで
この絵を描いた。「若者と死」1881年  
中央に立つ若者は、シャセリオーの面影を宿す。元気いっぱいで、月桂樹の冠を被ろうと
しているが、右手には死を意味する黄水仙が握られている。背後に「絶命」を意味する剣を
持つ女性が忍び寄る。モローらしい象徴性の強い作品。
Chassseriau_MorotStSevastian.jpg


ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ 「海辺の乙女たち」1879年
古代ギリシアの理想郷のイメージだが、中央の女性は、シャセリオーの「海から上がるヴィーナス」
の影響がみられる。シャヴァンヌは、シャセリオーの最後の恋人マリー・カンタキュゼーヌ公女を妻にした。
Chasseriau_Chavanne.jpg


新古典主義のアングルに学び、ドラクロワのロマン派に転向し、オリエンタリズムに
没頭し、のちのシャヴァンヌやモローの象徴派に影響を与えたシャセリオーの画業が
よく分かる展覧会です。アングルのデッサン、ドラクロワの絵、シャヴァンヌやモローの
絵も展示されています。

nice!(38)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート