So-net無料ブログ作成
検索選択

ブリューゲル「バベルの塔」と絵の映画

東京都美術館で開催中の「バベルの塔」展、私のまわりでは、「見た?すごかったわね」と
ちょとした話題になっている。職場の同僚からも「行きましょう」と誘われたが、気乗りがしない。
なぜなら、展覧会は、ブリューゲルの「バベルの塔」+ヒエロニムス・ボスの作品という構成
で、ボスが好みでないことと、「バベルの塔」はウィーンで見たことがあるからだ。

tirashi.jpg


ブリューゲルの「バベルの塔」は2つある。
都美術館て展示中のオランダ・ボイマンス美術館のものと、ウィーン美術史美術館のものである。
ウィーンのは、1563年制作、ボイスマンのは5年後の1568年の作である。
そしてウィーンのは、横155cmとボイスマンの2倍以上の大きさ。
緻密さはボイスマンのほうが勝る。

Babel_KunstWien.jpg

ブリューゲルの他の絵もそうだが、細かく緻密な描写が特徴。
チラシの写真からは見えないが、ボイスマンのは塔の工事現場で働く人1400名が米粒くらいの
小ささで描きこまれているそうだ。
ウィーンのは左下に、塔の建築主の王様が何やら文句を言い、職人頭たちが、「お赦しを」と
膝まづいているようすが見えるが、工事現場で働いている人は見えない。実物は横155㎝なので、
働いている人たちは一人1㎝くらいで描かれ、建設作業のようすがわかる。

2つの絵を比べると、ボイスマンの方が後で描かれているので、雲が低い位置に描かれ、
バベルの塔が天に届こうとする高さだったとわかるようになっている。

大勢の人が描かれていることから、そこには、ドラマがあると容易に想像できる。

2011年にポーランド・スウェーデン合作の『ブリューゲルの動く絵』という映画が作られた。
ブリューゲルの代表作の1つ「ゴルゴタの丘への行進」の世界を実写とCGで再現した映画で、
見ているうちに、16世紀のフランドル地方に入り込んだ気分になり、後から考えると、歴史映画
のようでもあった。
Cinema-Brugel.JPG

「ゴルゴタの丘への行進」は1564年に制作され、ブリューゲルの作品中、2番目に大きい作品で、
イエス・キリストが十字架に磔にされる場面が描かれている。
gorugodaBrugel.jpg
右奥に円形の処刑場が見え、中央に白馬にまたがった人がいて、その上に横たわる十字架
があり、キリストが縛られている。馬に乗った赤い服の兵士たちが周りを囲んでいる。

映画では、この一枚の絵の中にいるそれぞれの人々の物語が繰り広げられていく。
16世紀のフランドル地方。森で、きこりが木を切る、何を作ってるのかと見つめていたら、十字架!
これにキリストが磔にされるのだ。
のんびりと暮している新婚の夫婦。子牛を売りに行く途中、野原でお弁当を広げ昼食。
突然、赤い服の兵士が現れ、「カソリックでないから」と、虐待、殺されてしまう。
当時のフランドル地方は、赤い服のスペイン・ハプスブルグ家の圧政下という社会状況がわかる。
些細なことで農民が殺されていくのだ。[たらーっ(汗)]

岩山の上に風車のある粉ひき小屋があり、ここに神がいて、下界の生活を見守っているのだそう。

絵の右下、グレーのベールの聖母マリアは嘆き悲しんでいる。
絵の中の人物の物語を再現しているので、登場人物は絵と同じ衣装を着ている。
ブリューゲル役がルドガー・バウアー、マリア役は、シャーロット・ランプリング、
絵の依頼者役はマイケル・ヨークと渋い演技達者な人たちが主演。監督はレフ・マイェフスキ。
上映映画館:渋谷・ユーロスペース

映画のチラシからわかるように、ブリューゲルは白髪のおじいさん。実際のブリューゲルは、
39才から44才(生年が不詳)で亡くなっているのに。。。

ブリューゲルの作品は約40点。そのうち12点がウィーン美術史美術館にある。
「雪の狩人」「農民の婚礼」も注目されている作品。
長男も同名で絵描きなので、「バベルの塔」はピーター・ブリューゲル(父)と表記される。

  

nice!(44)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画