So-net無料ブログ作成
検索選択

7月、楽しかったこと [オペラ、コンサート、バレエ]

(1)親友・歌姫がお弟子さんのKくんとジョイント・コンサート。
三軒茶屋の小さいけれど、音響のいいホール「サロン・テッセラ」にて。
歌姫から、「Kくんが、『日伊声楽コンコルソ』という現在オペラで活躍している人たちを
輩出している権威あるコンクールで1位になりました!」という発表。
歌姫はKくんが高校生の時から教え、芸大受験をすすめ、指導したので、喜びも一層。
番外で、「誰も寝てはならぬ」を歌い、美声と大声量に、皆、うっとり。ブラボー[ハートたち(複数ハート)]

TesseraT.jpg



(2)西麻布のMakinoにて
N嬢、主治医O先生と3人で「暑気払い会食」
ここはコースのみだが、夏らしいお皿が次々と出てきて、眼にも楽しい。よく冷えた冷酒と一緒に。
ところで、何を話したっけ?

MakinoJuli.jpg



(3)暑い日曜日
シネ・スイッチへ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」を見に行く約束。
暑い日なので、お茶処はどこも満席の気配。早く着いたM子さんが銀座和光のティーサロン
に並んで席をとってくれた。感謝。
ここのパフェは、高いけど美味しい。メロンパフェ。1940円。

pafe.jpg



(4)ANAホテルのビュッフェ。
時々行きたくなるのが、ここのビュッフェ。2Fなので1Fからマカロンタワーが見え魅力的。
夏はトロピカルモードで、マンゴー、ココナッツ、アセロラゼリー、夏カレーなどがお目見えする。
写真は前菜だけだけど、ちらし寿司、しゅうまい、酢豚、ハンバーグがおいしかった。
各国料理、全部揃ってるのがすごい。何種類あったのかしら。
ANA_Buffet.jpg



(5)おとのはカフェ(自然食)
椿山荘の隣、園芸屋さんと一緒の場所なので駐車場あり。
ここを知ったのは、車を買った友達が(車を見せがてら)、「いいランチの場所があるから」
と迎えに来て、連れて行ってくれたから。
以来、気に入って時々、行っている。
ふだんあまり野菜を食べないので、ここでがんばって食べる(笑)
きれいでしょ。友達はカレーをとったので、シェア。コーヒー付きで1500円くらいのお得ランチ。
人気なので、11:30か1:00過ぎに行かないとかなり待つことになる。(予約不可)

otonoha.jpg



(6)大志満

これは6月のこと。
「ランス美術館展」に行く前にランチ。友達が「和食」がいいというので、前に行った
ことがある小田急ハルクの「大志満」にした。「大志満」は加賀料理の老舗。
きれいだけど、味はふつうだった。

p_Oshima.jpg


追記:コメント欄でyk2さんから、カテゴリーが「オペラ・コンサート・バレエ」なのに、最初の
ひとつ以外が全部食べ物とご指摘をいただき、、確かにそう! 挽回作戦で、7月に見た
オペラDVDを付け加えとこう。


(7)オペラ・トスカ(DVD)
映画版。どこが通常のオペラDVDと違うのかと思ったら、メイキング映像のようなスタジオ風景が
モノクロで挟まれる。
始まると、そこはスタジオ。指揮と共にオケ演奏が始まり、程なくしてカメラが舞台を映す。
オペラ舞台はカラー、スタジオはモノクロと、転換がすぐにわかるようになっている。
監督のブノワ・ジャコは映画監督からオペラの演出家になった人なので、DVDの制作には適任だったと思う。

トスカは有名なオペラで、私も以前に何度か見ている。→ 2009年12月の記事
                                      (ここで予告編映像が今も見れました)

今回は、主役3人が現代を代表する人たち。最高のキャスト。
トスカ:アンジェラ・ゲオルギュー  カヴァラドッシ:ロベルト・アラーニャ  
スカルピア:ルッジェロ・ライモンディ

映画版なので、演技の上手さも必要。特にライモンディは、身震いするほどの憎々しく恐ろしい。
殺されて当然、と思ってしまうほど。
トスカはソプラノだが、低音も響くので、歌に迫力が出て、一途さ、激しさにぴったりだった。
カヴァラドッシは顔も声も甘く女性を魅了する。ゲオルギューとアラーニャはこのDVD制作時は
実際に夫婦だった。(今は離婚)

最後にインタビューがついていて、ゲオルギューが、「私は共産党チャウスク政権下のルーマニアで
育ったので、やはり政治的圧力があった時代のトスカが、言いたいことを言えないという状況は
よくわかります。」と、語っていたのが印象に残った。

Tosca.jpg


nice!(32)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理