So-net無料ブログ作成

貴船2018年(金沢) [和食]

10か月先までの予約があっという間に埋まってしまうという金沢・主計町(かずさまち)の「貴船」に
今年も4人で集まった。予約をしたのは昨年3月、この店に来た時だった。
「来年もここで会いましょうね」と。

お料理は月ごとに変わる。私たちが行ったのは1月末だったが、お料理は節分仕様だった。
福笑いのお面をとるとお料理が姿を現す。
kiune_1.jpg

節分なので、柊の葉が添えられ、柊形の皿には、ちじみほうれん草となまこの練り雲丹和え。
横の丸い器には何がはいってたか、、、忘れ。
右の写真の左上、升の中は子持ち昆布、隣は鮟肝とひよこ豆のぬた和え。
下の段、左から、小肌の手毬寿司、生ハムの菜の花巻、海老の旨煮、牡蠣の揚げ物


KIFUNEE.jpg

左側縦に、豆腐、白子、京人参のお吸い物、あなご寿司、茶碗蒸じゅんさいのあんかけ

右側、ぶりしゃぶ、梅型の皿は刺身のたたきと、、ポン酢でいただくものだった。
カクテルグラスにはカニ、これは季節もので美味!


名称未設定34_edited-1.jpg

大根、しいたけ、青菜、鶏肉団子の煮物(あんかけ)、百合根ごはん、
デザートはブラマンジェに八朔のゼリーのせ、柚子のグラニテに柚子ジャムのせ。
椿がらのお皿は久谷かしら。みごとだった。


練り雲丹、白子、鮟肝と苦手な食材なのだが、美味しく出来ていて、お酒と一緒だと食べられる。
一皿、一皿が目に鮮やかなので、お料理が出てきた時に、うれしくなる。


これは夜ごはん。お昼は、「港町の”大野”がレトロな醸造の町で面白いから案内しますよ。
上手いラーメン屋もあるし、昼はそこにしましょう」と、メールをくれたMr.Hが駅に迎えに来てくれ、
岡山から列車サンダーバードで着いたTとも合流し、Hの車で大野へ。


kiune999.jpg

左の建物、煙突が見えるのが、醸造工場。

kiune998.jpg

「ヤマト醤油」を見学し、販売コーナーで、火入れしていない生醤油や、胡麻ドレッシング、
酢味噌などを買った。


この日は、こんなに晴れていたのに、2週間後からの金沢は、何年かぶりの大雪。
「車庫から車を出すのが大変なので、家に閉じこもっています。仕事がはかどりそう」と、
Yからメール。雪の日々、Yは読書にも励み、「つばたしゅういちさんと英子さんの本が
いいから読んでね、さらに「人生フルーツ」という映画もおすすめ」とのメール。

[雪][霧]次回は雪の恐れがある冬はやめて、4人で紅葉の季節に会うことになった。



nice!(38)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画、そののち食事 [和食]

{映画+食事}は、{美術館+食事}より回数が多い。

ルノワールは有名だから、ルノワール展見てから食事のプランは「いいわねー」とOK
だったけど、「ジャコメッティ展見てから食事」と提案しても、「誰、それ?あなた一人で行きなさい」
なんて言われてしまう。

(1)映画「ボンジュール・アン」と「すし好」
M子さんが「あなたが好きそうな映画よ。フランス映画だし、行きましょ」
いえいえ、コッポラ夫人の映画でダイアン・レイン主演だから、アメリカ映画。
それに私が見たいのは、「カーズ・クロスロード」と言ったが2対1で負けてしまった。
でも、カンヌからパリへのドライブというロードムービーなので、セザンヌのサント・ヴィクトワール山
を車窓に眺め、次にはリヨンで豪華な食事。案内役の運転手がフランス人なので、食べる、飲むスポット
には全部立ち寄り、はてさて、ほんとにパリに着くのかしら?貸したお金は戻ってくるのかしら?
と、ちょっと心配させられることもあり、☆4つかな。

この日はTが「築地にいいお寿司屋さんがあるから」と、お店を予約。
「ここ、なのよ」とタクシーで着いたのは、歌舞伎座の真ん前。M子が、「歌舞伎座の前じゃ築地
って言わないわよ」とクレーム。「あら、築地すし好って書いてあるわよ」「これ、チェーン店でどこに
でもあるわよ」
asusi.jpg

「でも、ここ新しくて、きれいだし、いろんなメニューがあるのよ」とTはめげない。
すわるなり、「好きなの頼んでいい?」と、またたくまに3つ注文。
ヒラメの薄づくり(ヒラメがなくて鯛)。鱧の天ぷら、鯛のかぶと煮。
私は、穴子、M子さんは鯖の昆布締め。
asusi2.jpg

asusi4.jpg

asusi6.jpg


「休日は混むので、2時間になっています」と言われたので、お喋りは後にして
速いピッチで食べる、飲む。写真も撮ったし安心。後半はゆっくり、お寿司をつまむ。
2時間でお店を出た後は、「落ち着いた昔ふうのバーがあるのよ」と、近くの
ビルに移動。ここでもM子さんが「昔ふうじゃなくて、昔、そのものね」と一言。
2時間の間、お客さんが一人も来なかったので、「かわいそうだから、もう一杯飲む?」
と、ついつい遅くまで。


(2)映画「ザ・マミー」と「サル・ドゥ・マキノ」
この日、私は「パイレーツ・オブ・カリビアン(最後の海賊)」を提案したけど、負けて
トム・クルーズの「ザ・マミー」に。いつもトム・クルーズ出演の映画は、派手なアクションで面白い。
しかし、今回は、古代エジプトンのミイラの王女が生き返り、行く先々で迫ってくる。お化け映画
に近いノリで、いつもよりスリルが少なかった。☆2.5

この日は、六本木で映画だったので、歩いて移動できる西麻布の一軒家レストラン「サル・ドゥ・マキノ」
を予約。オーナーシェフは、ストラスブールの日本領事館で料理人だった人。工夫した料理をいろいろ
作り外務省から表彰されたとか。料理はコースのみ。全7品で、月ごとに変わる。7,800円と11000円の2コース。
旗がついてるのが豚の角煮、隣はハモ?手前は生ハムといちじく
もうかなり忘れているので、写真だけで。


amakino1.jpg


amaki.jpg

和風だしの利いたお椀がおいしい。万願寺唐辛子としんじょうは海老だったか。。
ご飯は、あなごのおかゆ。デザートは5品あって、いくつ頼んでもOK.


amaki2.jpg


私たちはお料理を作ってるのが見えるカウンター席が、台所の気安さもあって、好きで
いつもカウンター。この日もゆったりと飲みながら過ごした。
お店のHP?には、「大切な人との記念日に」と書いてあるそうだけど、普段でも使え、
居心地が良い。和風とフレンチの融合で季節の食材を使ってるから、今月は何が?という楽しみもある。


nice!(37)  コメント(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひのきざか(リッツ・カールトン東京) [和食]

和食好きのM子さんの誕生日だったので、六本木ミッドタウンにあるリッツ・カールトンホテルの和食
「ひのきざか」に行った。

このホテルは45階にロビーがあり、レストランも同じ階にあるので、窓からの眺めがすばらしい。
6時過ぎ、夕陽の時間だったので、ダイナミックな空! 左手の緑は青山墓地。

hinoki1.jpg


15000円のコースにした。
前菜は、左からクルミとインゲンの胡麻和え、鮎の稚魚の南蛮漬け、鴨ローズ肉、平貝焼き、ほたるいか


hinoki2.jpg


お椀は、あいなめの葛打ち(美味)、蓮根餅、人参(私的にはいらなかった)、緑野菜、花柚子

hinoki33.jpg



お造り、雪に見立てて美しい。テーブルの上には蝋燭まがいの灯り。



お凌ぎは、蒸した鰻の載った寿司一つ。
焼き物は、目板鰈の若狭焼き(身が崩れないよう一塩をして、うろこをつけたまま焼く) 載っていたのはウドの細切り?


hinoki11.jpg


炊きあわせは、湯葉、ぜんまい、タケノコ、里芋
酢の物は、海老、水蛸、白ズイキ、ワカメ?


hinoki12.jpg


食事は、あおさうどん、山菜天ぷら

hinoki9.jpg


ここまで順調に写真を撮ってきたけれど、最後の「水菓子」(デザート)を撮り忘れ。

山梨の白ワインもあったけれど、ロワールの白のほうが好きなので、それをボトルでとった。


どれも丁寧に作られていて、日本料理ならではの食材が多く、美味しかった。
ていねいなサービスだったが、サービス料は15%と安くはないので、当然だろう。


nice!(43)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

貴船(金沢) [和食]

半年先まで予約が詰まっているという金沢の人気店「貴船」のお料理を紹介します。
お料理は季節に合わせ、毎月、変わります。これは2017年3月の料理。
驚くのは値段。これで8000円也。お酒を入れても11000円でした。

kifune1.jpg

ぼんぼり(行燈)の上に桜の枝が載って出てくる最初のお盆。お花見気分になる。

ぼんぼりをどけると、下に、4人分の先付と前菜が盛られている。
それを各人のお盆にわけて、「いただきまーす!」

kifune15.jpg

前菜は手前右から、
(1)「のれそれ」 初めて食べた。穴子の稚魚。イカの薄づくり?と思った。
稚魚なので、穴子の味はしない。三杯酢、生姜で、するするっと喉越しがいい。

(2)ソラマメ、くらげ、わかめ、あわび、海草、の酢の物。

(3)平貝(細く切ってある)と青菜のぬた

(4)中央に盛られてるのは、
締め鯖でなく、〆鰆の押し寿司。里芋のように見えるのは、子持ちいいだこ煮、
杉玉のような若草色の球は、カマンベールチーズを生ハムで包んで青海苔をまぶしたもの。
子持ち昆布(茶色の直方体)

4人共、おなかがすいていたのので、ここまでは、「美味しい」以外の言葉はなく、黙々と食べる。

(5)お椀は、ほたてのしんじょう、菜の花、まる椎茸(まんまるの身が厚い椎茸)、赤いのは「生くちこ」(なまこの卵巣) で、上に白い柚子の花。柚子の花は日本水仙に似た花だが、大きさは小さい。食べると柚子の味がした。
お椀の蓋に書いてある字、「知ってるでしょ?」と言われ、「吾唯知足、われ、ただ、足るを知るでしたっけ」
「そう」(よかった、正解で、と、ほっとする)

(6)お造りは、鮭の昆布酢〆と筍、薄切りにしてサンドイッチふう。富山の「鱒ずし」にヒント?
下に鳥貝。
この器は、今は桜を眺めるように置かれているが、秋は逆に置き、紅葉を眺めるのだそう。
器がどれも凝っている。

kifune11.jpg

(7)揚げ物は、おこぜのから揚げ。酢玉ねぎにカラスミの粉を散らしたものが添えられていた。
(8)同じく揚げ物。キャベツと桜海老のコロッケ。手前のオレンジ色はウニソース。

kifune12.jpg

(9)ホタルイカとチコリ、山芋(手前の白い長四角)、ぜんまい(一番下)のバーニャカウダー
(10)煮物がわりのお椀は、鯛と大浅利、海草の一種(名前忘れ)

kifune13.jpg

(10)筍と蕨(わらび)のごはん。香の物。
炊き立てのごはんで、おかわりができる。御釜で炊いているので、おかわりには、おこげが入っていた。
(11)黒蜜寒天。桜の葉の揚げたものが載せてあった。

kifune14.jpg

以上、とても満足なコースだった。

岡山から学会で来ていたTは、「ようやく博士論文を提出したの。長い一年だったわ。今日は、
そのご褒美のつもりで来たのよ。」 「それは、おめでとう」と乾杯。
来年は1月にまた、ここで4人で集うための予約をして、コーヒーを飲もうと、店を出た。


nice!(45)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年新年会(3) [和食]

(1) 西麻布のサル・ドゥ・マキノにて3人で新年会。

フレンチのテイストを取り入れた和食の店。昭和初期のお洒落な二階建て洋風一軒家を
改造して使っているので落ち着く。1階がカウンター。2階は個室。
オーナーシェフのマキノさんはストラスブールの日本大使館で料理長を務めていた。
メニューはコースのみ7800円で、月替わりになっている。

いつも写真を撮り忘れているのだけど、今回は忘れなかった。
と思ったけど、デザートの写真がない[眠い(睡眠)]

お正月なので、設えも新年を寿ぎのお料理。
見た目も重視の和食、一皿が出て来るたびに、綺麗な盛り付けにうれしくなる。
白みそ仕立てのお雑煮は、京人参の色が鮮やか。
升に入ってるのは白和え。おかめの皿に一口羊羹。

makino1.jpg

お正月2皿めは、ばい貝、田楽ふうのクリームチーズと、、、カップの中はフォアグラ。

makino2.jpg

3皿めは、マキノさんオリジナルのパフェ。
パフェの中味は、うに、いくら、まぐろの刺身、、の他に、きちっと味付けをした野菜が
いろいろ。何が出て来るのか楽しみ。

makono3.jpg

これは、焼きブリ大根カニのあんかけ

makino4.jpg

牛肉、ここの牛肉は赤身に見えるが適当にサシが入ってるらしく、柔らかく滋味豊か。
トリュフのせ。

makino5.jpg

まぐろの漬けごはんと赤出汁。

makino6.jpg

この後が、デザート。5品の中から好きなものを好きなだけという大盤振る舞いだが、
さすがに、これだけ食べたり飲んだりの後では、たくさんは食べられない。
写真も忘れてしまうほどだし。

このお店に昨年、yk2さんがいらした時の記事は、こちら
http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2016-02-09

(2)酢重(六本木・ミッドタウン)

ここは窓ぎわの席が最高。
クリスマスの名残のシャンパンのイルミネーションが、2階のこの店からは真横に見える。
注がれては溢れる、その繰り返しのイルミネーション。好きだなぁ。[黒ハート]

テーブルの上は純和風。
酢重は、軽井沢の味噌屋。私のお気に入りは牛肉の味噌漬け、銀鱈の味噌漬け。
まぐろの刺身の横にあるのは、わさび漬け。野沢菜などメニューには信州の特産品が多い。

値段も高くないし、落ち着くから2人新年会には、ぴったり。
赤と白、ワインをボトルで1本ずつとっても、ワインが安いので一人一万円しなかった。

sujyuu2.jpg

sujyuu.jpg


nice!(35)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青山 川上庵 [和食]

今回は、お蕎麦屋さんです。

M子さんは和食とお蕎麦が大好き。そんなM子さんお薦めの店。
「蕎麦屋と言ってもワインもあるし、肴(つまみ)が美味しいのよ。天ぷら、卵焼き、他にも
あなたの好きそうなものがたくさんあって、お蕎麦は食べなくてもいいのよ」
ドライヴに行った日、M子さんにずっと運転してもらったので、私の方から
「車置いてから、夜ごはんは、あなたの好きな青山の御蕎麦屋さんに行きましょ」と提案した。

kawakami5.jpg

蓮根のはさみ揚げ。熱々の揚げ物と冷えた白ワインは美味しい。
メニューを見たら、「くらかけ豆」があった。この前、ミッドタウンの「酢重」で食べたっけ。
お店の人と馴染みのM子さんが、「このお豆、この前、ミッドタウンの『酢重』で
食べて美味しかったのよ。あちらは、うちのオリジナルって言ってたけど。。」
「酢重はうちですから」「は?」「酢重はうちでやってる店なんですよ。」
同じ経営だから、お豆が同じなのね。
この日撮った写真は、これだけ。

1年の半分ハワイに住んでいるMと私、M子さん、時々3人で出かける。
Mが映画「ファインディング・ドリー」を見たいというので、六本木の映画館で見た後、
青山の川上庵に行った。もちろん予約をしておいた。人気店なので、土日に予約なし
では入れない。
kawakami.jpg

左から、野沢菜、一人娘(豆)、揚げ茄子をとろろで合えてミョウガをのせたもの。
純和風の健康的な料理。
ようやく私向きの牛肉、卵焼きが来た。
kawakami3.jpg

kawakami4.jpg

牛肉の蓮根巻

kawakami2.jpg

3人でこれだけでは足りないから、他にも何か頼んだはず。
ワインは白2本、赤1本。でも一人1万円なり~。

本店は軽井沢で有名な蕎麦屋だそうです。


nice!(35)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理