So-net無料ブログ作成
検索選択

貴船(金沢) [和食]

半年先まで予約が詰まっているという金沢の人気店「貴船」のお料理を紹介します。
お料理は季節に合わせ、毎月、変わります。これは2017年3月の料理。
驚くのは値段。これで8000円也。お酒を入れても11000円でした。

kifune1.jpg

ぼんぼり(行燈)の上に桜の枝が載って出てくる最初のお盆。お花見気分になる。

ぼんぼりをどけると、下に、4人分の先付と前菜が盛られている。
それを各人のお盆にわけて、「いただきまーす!」

kifune15.jpg

前菜は手前右から、
(1)「のれそれ」 初めて食べた。穴子の稚魚。イカの薄づくり?と思った。
稚魚なので、穴子の味はしない。三杯酢、生姜で、するするっと喉越しがいい。

(2)ソラマメ、くらげ、わかめ、あわび、海草、の酢の物。

(3)平貝(細く切ってある)と青菜のぬた

(4)中央に盛られてるのは、
締め鯖でなく、〆鰆の押し寿司。里芋のように見えるのは、子持ちいいだこ煮、
杉玉のような若草色の球は、カマンベールチーズを生ハムで包んで青海苔をまぶしたもの。
子持ち昆布(茶色の直方体)

4人共、おなかがすいていたのので、ここまでは、「美味しい」以外の言葉はなく、黙々と食べる。

(5)お椀は、ほたてのしんじょう、菜の花、まる椎茸(まんまるの身が厚い椎茸)、赤いのは「生くちこ」(なまこの卵巣) で、上に白い柚子の花。柚子の花は日本水仙に似た花だが、大きさは小さい。食べると柚子の味がした。
お椀の蓋に書いてある字、「知ってるでしょ?」と言われ、「吾唯知足、われ、ただ、足るを知るでしたっけ」
「そう」(よかった、正解で、と、ほっとする)

(6)お造りは、鮭の昆布酢〆と筍、薄切りにしてサンドイッチふう。富山の「鱒ずし」にヒント?
下に鳥貝。
この器は、今は桜を眺めるように置かれているが、秋は逆に置き、紅葉を眺めるのだそう。
器がどれも凝っている。

kifune11.jpg

(7)揚げ物は、おこぜのから揚げ。酢玉ねぎにカラスミの粉を散らしたものが添えられていた。
(8)同じく揚げ物。キャベツと桜海老のコロッケ。手前のオレンジ色はウニソース。

kifune12.jpg

(9)ホタルイカとチコリ、山芋(手前の白い長四角)、ぜんまい(一番下)のバーニャカウダー
(10)煮物がわりのお椀は、鯛と大浅利、海草の一種(名前忘れ)

kifune13.jpg

(10)筍と蕨(わらび)のごはん。香の物。
炊き立てのごはんで、おかわりができる。御釜で炊いているので、おかわりには、おこげが入っていた。
(11)黒蜜寒天。桜の葉の揚げたものが載せてあった。

kifune14.jpg

以上、とても満足なコースだった。

岡山から学会で来ていたTは、「ようやく博士論文を提出したの。長い一年だったわ。今日は、
そのご褒美のつもりで来たのよ。」 「それは、おめでとう」と乾杯。
来年は1月にまた、ここで4人で集うための予約をして、コーヒーを飲もうと、店を出た。


nice!(37)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年新年会(3) [和食]

(1) 西麻布のサル・ドゥ・マキノにて3人で新年会。

フレンチのテイストを取り入れた和食の店。昭和初期のお洒落な二階建て洋風一軒家を
改造して使っているので落ち着く。1階がカウンター。2階は個室。
オーナーシェフのマキノさんはストラスブールの日本大使館で料理長を務めていた。
メニューはコースのみ7800円で、月替わりになっている。

いつも写真を撮り忘れているのだけど、今回は忘れなかった。
と思ったけど、デザートの写真がない[眠い(睡眠)]

お正月なので、設えも新年を寿ぎのお料理。
見た目も重視の和食、一皿が出て来るたびに、綺麗な盛り付けにうれしくなる。
白みそ仕立てのお雑煮は、京人参の色が鮮やか。
升に入ってるのは白和え。おかめの皿に一口羊羹。

makino1.jpg

お正月2皿めは、ばい貝、田楽ふうのクリームチーズと、、、カップの中はフォアグラ。

makino2.jpg

3皿めは、マキノさんオリジナルのパフェ。
パフェの中味は、うに、いくら、まぐろの刺身、、の他に、きちっと味付けをした野菜が
いろいろ。何が出て来るのか楽しみ。

makono3.jpg

これは、焼きブリ大根カニのあんかけ

makino4.jpg

牛肉、ここの牛肉は赤身に見えるが適当にサシが入ってるらしく、柔らかく滋味豊か。
トリュフのせ。

makino5.jpg

まぐろの漬けごはんと赤出汁。

makino6.jpg

この後が、デザート。5品の中から好きなものを好きなだけという大盤振る舞いだが、
さすがに、これだけ食べたり飲んだりの後では、たくさんは食べられない。
写真も忘れてしまうほどだし。

このお店に昨年、yk2さんがいらした時の記事は、こちら
http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2016-02-09

(2)酢重(六本木・ミッドタウン)

ここは窓ぎわの席が最高。
クリスマスの名残のシャンパンのイルミネーションが、2階のこの店からは真横に見える。
注がれては溢れる、その繰り返しのイルミネーション。好きだなぁ。[黒ハート]

テーブルの上は純和風。
酢重は、軽井沢の味噌屋。私のお気に入りは牛肉の味噌漬け、銀鱈の味噌漬け。
まぐろの刺身の横にあるのは、わさび漬け。野沢菜などメニューには信州の特産品が多い。

値段も高くないし、落ち着くから2人新年会には、ぴったり。
赤と白、ワインをボトルで1本ずつとっても、ワインが安いので一人一万円しなかった。

sujyuu2.jpg

sujyuu.jpg


nice!(35)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青山 川上庵 [和食]

今回は、お蕎麦屋さんです。

M子さんは和食とお蕎麦が大好き。そんなM子さんお薦めの店。
「蕎麦屋と言ってもワインもあるし、肴(つまみ)が美味しいのよ。天ぷら、卵焼き、他にも
あなたの好きそうなものがたくさんあって、お蕎麦は食べなくてもいいのよ」
ドライヴに行った日、M子さんにずっと運転してもらったので、私の方から
「車置いてから、夜ごはんは、あなたの好きな青山の御蕎麦屋さんに行きましょ」と提案した。

kawakami5.jpg

蓮根のはさみ揚げ。熱々の揚げ物と冷えた白ワインは美味しい。
メニューを見たら、「くらかけ豆」があった。この前、ミッドタウンの「酢重」で食べたっけ。
お店の人と馴染みのM子さんが、「このお豆、この前、ミッドタウンの『酢重』で
食べて美味しかったのよ。あちらは、うちのオリジナルって言ってたけど。。」
「酢重はうちですから」「は?」「酢重はうちでやってる店なんですよ。」
同じ経営だから、お豆が同じなのね。
この日撮った写真は、これだけ。

1年の半分ハワイに住んでいるMと私、M子さん、時々3人で出かける。
Mが映画「ファインディング・ドリー」を見たいというので、六本木の映画館で見た後、
青山の川上庵に行った。もちろん予約をしておいた。人気店なので、土日に予約なし
では入れない。
kawakami.jpg

左から、野沢菜、一人娘(豆)、揚げ茄子をとろろで合えてミョウガをのせたもの。
純和風の健康的な料理。
ようやく私向きの牛肉、卵焼きが来た。
kawakami3.jpg

kawakami4.jpg

牛肉の蓮根巻

kawakami2.jpg

3人でこれだけでは足りないから、他にも何か頼んだはず。
ワインは白2本、赤1本。でも一人1万円なり~。

本店は軽井沢で有名な蕎麦屋だそうです。


nice!(35)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和のランチ・洋のランチin 恵比寿 [和食]

(1)紀風
3人で和食でランチをすることになった。
「どこにする?あなた決めて」と言われ、以前、行って美味しかった恵比寿「紀風」に予約をした。

春の献立。私が好きなものばかり出て来た。
1、胡麻豆腐、ソラマメ添え
2、青柳・山菜酢味噌和え、ホタルいか白味噌、手前の菜の花の下にはウド、卵の黄身添え
3、海老しんじょうとこごみの吸い物
4、お造り(鯛、かつお)
5、鰆塩焼き
6、鯛のあら煮、ごはん、香の物   7、抹茶アイス(写真なし)
kifu9.jpg

野菜ばかりでなく、お魚がたくさんある献立なので、うれしい。
これで6000円、飲み物と税金を入れても1万円でおつりがきた。

(2) ロウリーズ・ザ・プライムリブ(ローストビーフ)

赤坂にあった「ロウリーズ」が恵比寿ガーデンプレイスに移転した。
下の写真で奥に、Lawry's の金文字が見える。
赤坂の時より、カジュアルなインテリアだが、お料理は変わらない。

Lawry's.jpg

ランチタイムは、前菜とサラダがビュッフェ式なので、好きなものをたくさん食べられる。

Lawry's2.jpg

ローストビーフは、これでも一番小さいランチタイム限定カット3000円。友達はこの上のサイズ
「トーキョーカット」4000円を頼んだが、大して変わりがないように見えた。

Lawry's3.jpg

Lawry's4.jpg

友達が、「このナイフ、切りにくい」と言っているところに丁度来たサーヴィスの人が
「切り分けますよ」と、慣れた手つきでやってくれた。
遅い時間に行ったので、お客さんが少なく、お店の人も手があいているので、サーヴィスが
ていねいだったが、離れた席でやっている子連れママたちの誕生会の子供が店内を走ったり、
うるさかった。


nice!(36)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

酢重ダイニング・おいしかった頂きもの(1) [和食]

前々回、記事にした「宮川香山展」をサントリー美術館で見た後、「どこで食べる?」
「おなかすいたし、ここにしましょ」と、美術館があるミッドタウン内でお店を探すことにした。
2階に下りて、「酢重」の白い暖簾を見つけた。渋谷のヒカリエで入ったことがあり、
悪くはなかったので、ここに入った。
黒の壁面に木のテーブル、天井も高く、床近くまでガラスの大きな窓、空間を多く取った
モダンなインテリア。外人受けしそう。

ここは、信州の味噌醸造屋さんが経営しているのて、味噌や軽井沢の野菜、豆を使ったメニュー
が中心。「菜の花のからし和え」、「まぐろのなめろう」、「銀鱈の味噌漬け」、「くらかけ豆」、
「なすのひき肉はさみ揚げ」と5品、白ワインのボトルを頼んで飲み始めた。

su_1.jpg

外を見ると、満開の桜の木々がライトアップされている。とってもきれい!
来年のお花見の時期には、ここの窓側の席を予約しよう。
でも、この桜の景色、見覚えがある。そうだ、ずっと前、ここは、レストラン「コッポラ」
だった。映画監督コッポラのワイナリーのワインを飲ませるイタリアンレストランだった。
桜の季節のランチタイムに来たことがある。

私の好物の銀鱈の味噌漬けは、味噌屋だけあって、ふくよかな味で塩加減もよく、
とても美味しかった。どれも、美味しく食べて、宮川香山展の話などしていたら、
写真を撮るのを全く忘れて、、。
*angieさんの、ヒカリエの「酢重ダイニング」記事の写真を参考になさってください。

というわけで、写真がないので、さくっと終わってしまったから、最近の頂きものの
写真を。
1、あなご寿司 (日本橋、玉ゐ)
日本橋の穴子専門店で有名店なのだそう。日本橋に何軒か支店があると案内に
書いてあった。太巻きで豪快でおいしいです。

su_2.jpg

2、バウムクーヘン(治一郎)
蜂蜜が入ってるので、しっとりしてるバウムクーヘン。
ホールもあるけれど、一人で食べるには、これが便利。

su_3.jpg

4、定番ゴディバ
よく見ると定番のチョコなのだけど、季節の包装がかわいいので、開けた時、うれしかった。

su_4.jpg

3、クッキー(サダハル・アオキ)
私が好きなのは、オレンジにチョコをかけたもの。(トランシュ・オランジュ)
フロランタンも濃厚で美味しい。ここにないけれど、サブレ類がさすが、アオキと
思わせる味。バターの具合がちょうどよくさくっとしている。

cookie.jpg

「トランシュ・オランジュ」、薄切りオレンジのコンポート(砂糖煮)にチョコレートをかけた
ものを初めて食べたのは、ル・パティシエ・タカギのだった。お酒の香りがしてチョコは濃く、
チョコとオレンジってなんて相性がいいんでしょ、と感激したが、最近、見かけない。
ル・パティシエ・タカギは、青山にサロン(ティールーム)がある。
ヨーロッパの地名が付いたケーキが何種類もあり、選ぶのが楽しかった。

takagi.jpg

おいしかった頂きもの(2)もあります。ここをクリック


nice!(36)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀座・うち山 [和食]

M子さんがお誕生日だったので、懐石料理の「銀座うち山」に行った。
「鯛茶漬け」が有名な店で、職場の会議の時にお弁当をとったことはあるが、
行くのは、初めて。

銀座2丁目、つまり松屋の横を入って行けばよかったのに、HPの案内どおりに
東銀座で降りたから、ちょっと迷った。
Sも加わって3人だったから、個室に案内された。

Uti1.jpg

信楽の花入れに季節の花、桃が活けてあった。
茶花を習っているSが花入れの裏を見て、「ら、と書いてあるから楽斎さん」
と喜ぶ。

utichampagne.jpg

お誕生日だから、シャンパン。初めて飲む「アルロー」Arlaux だったけど、甘味と
果実味、そして濃さがあって美味しい。
懐石だから、順番に少しづつ出てくる。個室なので写真が撮りやすい。
1、胡麻豆腐の周囲にカタクリをつけて揚げたもの。
2、薄切りにしたタイラギ貝のから揚げとタラの芽の天ぷら
3、春野菜とフグの皮、フグの白子
4、あさりむき身と菜の花のぬた、糸かつおかけ

utiyama2.jpg

5、鯛のうしお汁
6、ぜんまい、ホタルイカ、ウド、ふぐの白子
7、マナガツオの西京焼き
8、雲丹、タコ、菜の花のぬた

utino350.jpg

マナガツオの西京焼きのお皿は、尾形乾山のもの。
展覧会で見たことがあったので、「おや!」と思い、お皿の裏を見たら、
ちゃんと「日本元禄年製 乾山陶隠」と銘があった。
以前、行った京都の「天ぷら・まつ」でも、乾山のお皿を使っていたから、名店は、
伝統ある貴重なお皿を使っている。
uti9.jpg

飲み物は、白ワインにすすんだ。
リストを見ると、バルセロナで飲んで美味しかった「トーレス」があったので、
トーレス、Milmandaミルマンダを頼んだ。
一口飲むなり、3人で顔を合わせて、「おいしい!」
かなり、びっくりポンの美味しさ。ふくよかで奥行きもある。

utiwine.jpg

締めは、ごはんと鯛茶漬け。
葛きり。

uti11.jpguti12.jpg

写真はないけれど、このあと、サプライズでお盆にバースディセットのアイスクリーム
などが運ばれて来たので、「えっ、なんで?誕生日って言ってないのに」
「はい、小耳にはさみましたので」 わぁ、うれしい心づかい。
シャンパンで「お誕生日おめでとう」って乾杯してたから、わかったのね。

「苦手な食材は?」と電話予約の時にきかれ、「生のウニがダメで、火がはいって
いれば大丈夫です」と答えたけど、フグの白子は念頭になかった。滅多に出てこない
ものが、何と2回も出て来た。通向きの献立?
私はお刺身とか煮魚とか天ぷらのある和食が好きだけど、この日は、M子さんの
お誕生日で、M子さん(フグ好き)に喜んでもらえたから、よかった。
 


nice!(37)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理