So-net無料ブログ作成
検索選択
閉店した店 ブログトップ
前の6件 | -

南青山(表参道)のカフェ2軒 [閉店した店]

表参道は、渋谷や新宿より大人が集まる場所なので、お洒落で落ち着いた店が多い。
道が広いので、見通しが良く開放感がある。

(1)カカオサンパカ  2015年11月閉店

Angie17さんのブログで紹介された「カカオサンパカ・カフェ」に行ってみた。
カカオサンパカは、スペイン王室御用達の高級チョコレート屋さん。
丸の内ブリックスクエアに本店があるが、南青山に支店ができ、カフェを併設してる。

カヴァ(スペインの泡)を飲みながら、スペインの小皿料理を食べましょ、と、
スペインにいっしょに行った友達を誘った。

cacaosanpca1.jpg

しらすのアヒージョ(左)と、イベリコ豚のリエット、パン付き。
「おいしい!」と食べ始めたけど、ボトルでとったカヴァがぬるすぎで、きりっとしない。
「氷をください」「はっ?」「カヴァが温かいので、グラスに氷を入れて飲みたいので」
奥から少し年長の女性が出て来て、ボトルをさわるなり、「すみません。冷えたのと
お取り替えします」 と、新しいボトルをワインクーラーに入れて持ってきてくれた。

さて、一件落着で、飲み始め、ゆったりとして、料理写真はなし。
カカオサンパカのチョコは、スパイシーで苦みある大人の味のものが多い。
だから、お料理を引き立てる役もする。タコのマリネには、ピンクペッパーと細かい
チョコがふってあり、色もきれいだった。

ピンチョスという一口サイズの料理。ひとつからオーダーできるので便利だが、ひとり2個
ずつで4個とった。スモークドサーモンとクリームチーズ。下はじゃがいものはいったスペイン風
オムレツだったかな?記憶があやしい。。(いつものことだけど)

cacaosanpca3.jpg

この店で、評判のチョコレートソフトクリームを締めに。
なるほどね、評判になるのもわかるわ、濃厚でおいしい。

cacaosanpca2.jpg


(2)ヨックモックのカフェ 改装のため8月まで移転、カフェはなし

土曜日、仕事だった日の4時半に友達と待ち合わせ。受け取る何かがあったのだと
思う。ふつうにケーキでお茶。
ここのカフェは、土日は混んでいて、待たなければならないので、友達が先に行って
席をとってくれていた。混むには理由がある。場所が便利で、こじゃれていて、ケーキが
おいしく、値段が高くない。

yokmok1.jpg

お茶をしているうちに辺りが夕方、うす暗くなってきた。
混んでいた店内も空きはじめる。
ウィンドから見えるテラスに灯りがつき、屋台が出てシャンパンのボトルが並んだ。
「見て来るわ」と友達がテラスに行き、こんなお盆を持って帰ってきた。
「6時からカフェタイムになるんだって。まだ早いけどいいって言うから買ってきたわ」
ドライなおつまみも夕方にはぴったりだった。

yokmok.jpg


nice!(45)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さよならル・シャポン [閉店した店]

 ル・シャポンは、2013年2月11日まで自由が丘にあったビストロ。
 9年間、営業していたそうだが、私が初めて行ったのは2006年の年末。
親友Eのご主人(フランス人)がパリでやっていたブラッセリーに似た雰囲気の店
で、とてもくつろげた。フランスから空輸の素材を使ってのお料理はとても美味しく、
パリの味がして、うれしかった。
yk2さん、J嬢とのワイン会で、楽しい時間を過ごしたのもここだった。

2年前フランスに嫁いだJ嬢が、昨年秋、里帰りをしたので、ル・シャポンに集まった。
月曜日で定休日だったけれど、「Jさんが来るなら開けてあげますよ」と貸切!
店主岡田さんをはじめ、サーヴィスの石井さん、シェフ川崎さんも、
「Jさん、久しぶりですね~」とJを囲んでの話に花が咲く。

2012Oct.jpg

 1Oct2.jpg 1Oct7.jpg 1Oct9.jpg

Jが住んでいるロワール地方のロゼ「レ・ロマン」ジットンと、思い出のシャンパン
、ポール・デテュンヌのちょっと高級なブランノワールをyk2さんが用意。
私がモエの2002年。そしてお店おすすめの「コント・ラフォン」ロゼ。3人で4本。

集まる時、yk2さんはいつもエピソードのあるシャンパンを持ってきてくれたし、
Jは、「これいい生産者なんですよ」とおすすめのボトルをバッグから出した。
私は2人のおかげで、いろいろなシャンパンを飲む経験ができて、幸福だった。

この日、まずは「マッシュ」のサラダ。香りが良いのでサラダ嫌いの私でもこれはOK。
(と言いながらも、Jに手伝ってもらった)
次、ポークリエット、セップ茸のサラダ、仔牛のポワレ。

1Oct8.jpg 1Oct4.jpg

1Oct5.jpg 1Oct6.jpg

[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]
Jが日本からいなくなって寂しくなったけど、毎年ボジョレー・ヌーヴォーはyk2さんと
ル・シャポンで飲むことにしていた。
2012年のはコレ。
次、オレロン島の牡蠣を白ワインで。

Nov2012.jpg

2012Nov.jpg



[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]
仲良しの同僚Mとも、時々行っていたル・シャポン
今回も「この仕事終わったら、行きましょうね」と言っていたのだけど。。
昨年秋、9周年記念メニューの「オマールづくし」のコース。
前菜は、マッシュの上に海老・魚介のさつまあげ風のせ。


Homard4.jpg

メインは、オマール(伊勢海老)一尾のソテー。この美味しさは忘れられない。

Homard2.jpg

鴨肉のポワレ、ジロル茸添え。
ジロルはフランスの茸、味が濃くておいしい。

Homard3.jpg


[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]
他のレストランで一眼カメラを出して写真を撮るのは出来ないけど、ル・シャポン
では、カメラが趣味の石井さんがいろいろ教えてくれた。この日も紅葉写真を
撮りに行った帰りと言ったら、「たくさん撮らなくちゃ、上手くなりませんよ。」と
促され、おそるおそるカメラを出して撮った。

0551.jpg

サーモンの火入れ具合が絶妙でおいしかった。外だけ焼けていて中はレア。

0511.jpg

フランス産プーレジョンヌ(黄色い鶏)のチキンロール、ロマネスコ(カリフラワー)
紫カリフラワー、普通のカリフラワーのせ。

0541.jpg

海老のソテーと海老のすり身のソテー、クリームマッシュルームソース

0631.jpg

仔牛の料理。いつもあっさりめのソースがおいしかった。

0671.jpg

懐かしいお料理の数々。デザートではチーズケーキとプリンが大好きだった。

お店がなくなるのは、とっても寂しいけれど、お店の3人の方々が、これから
また新しい仕事で御活躍なさることを祈ります。


nice!(49)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

MOSAIQUE(モザイク) 南青山 [閉店した店]

  モザイクは、原宿・表参道交差点の近く、カルティエとプラダのビルの
3階にある。1階にぽつんと飛び出した専用エレベーターに乗って行く。
カジュアルなフレンチで、ボリュームもまずまず、雰囲気もよく、値段は高くない。

 ランチでの待ち合わせ。珍しく私の方が早く着いたので、サングリアを飲んで待つ。
お店のインテリアは、モザイクの壁。オープン当初は、フレンチの超有名シェフ、
ピエール・ガルニェーのミシュラン2つ星の店だったが、提携会社の倒産で閉店。
フランスで修業をしたシェフとソムリエがビストロ・モザイクをオープンした。
インテリアのモザイクは、ガルニェー時代のもの。
(ガルニェーは現在、赤坂のANAインターコンチネンタルホテル36Fに2つ星の店
を持っている)

Mosaique0.jpg

 友達が、「「えっ、どうしたの?あなたが早いなんて」と、大げさに驚く。
ランチメニューは、前菜から一品+メインから一品+デザート&コーヒーの
プリフィックス・スタイル。2800円。
前菜には、まぐろのたたきのサラダを頼んだ。

Mosaique2.jpg

メインは、ブランド豚のソテー、バルサミコソースを選んだ。
デザートは、3品を選ぶシステム。
私は焼きチーズケーキにレアチーズケーキとマンゴシャーベットにした。

Mosaique3.jpgMosaique4.jpg

サングリアをさ、さっと飲み干してしまったので、アルザスの白を頼んだ。
「マグナムがあるんですよ。普通のとは味が違うから、ぜひ、飲んでみてください」
と、すすめられて飲んだ。おいしいので、もう一杯飲んだ。

Mosaique1.jpg

ランチは、2980円だったけど、ワイン代がはいったら、8000円になった。
つまり~、お得な感じではなくなった(苦笑)
お料理は、どれも、しっかりとした味付けで、おいしかったです。


自由が丘の「ル・シャポン」へ、もう終わりになっちゃうから、と、白アスパラを
食べに行った。その前に雑貨屋さんでも見ましょと、ぶらぶらショッピング。
リンツのショップ発見。1か月くらい前にオープンしたそう。
チョコレートドリンクを1階で買って、2階のセルフサービス・ティールーム
で飲んだ。おいし~い。友達も私も一気に飲んでしまった。
1階で、普段、高級スーパーでも売ってない種類の板チョコ、ピスタチオの
と唐辛子のを買った。「ワインに合いますよ」と、言われたら、すぐ買うでしょ。

LintzChoco.jpg


nice!(49)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マキシム・ド・パリ(赤坂) [閉店した店]

★マキシム・ド・パリは2015年閉店しました。 

 先月、「淋しいのはおまえだけじゃない」という劇を赤坂ACTシアターへ見に行った。
その昔、TVで人気ドラマだったそうだけど、タイトルすら聞いたことがなかった。
主演の中村獅童、他、草刈民代は知ってるけど、長谷川京子、平岡祐太、、
名前は聞いたことあるけど、顔が浮かばない、、だったのに、とても面白かった!

 獅童が主役。サラ金の取立て屋のあんちゃん、ちょっとやくざっぽい風貌。
ひょんなことから冴えない大衆演劇一座を率いて興行をすることになり、女形の粋な
着物姿で踊りを披露して客席を魅了。さらに、かつらと衣装を着けて連獅子を
踊り、股旅姿の国定忠治に扮したり、と、歌舞伎の十八番の演目も取り入れての舞台。
これは歌舞伎役者の獅童じゃないとできないでしょう、というものばかり。楽しかった。

さびおま.jpg

 帰り、獅童後援会の看板がある所で、グレー地に白の模様の夏を感じる着物
姿の獅童の母君が挨拶をなさっていた。舞台での女形に扮した獅童にそっくり!
着物姿がとても粋で、歌舞伎界の伝説の姑「小川ひな」さんに育てられたという
話を思い出す品格だった。

 ACTシアターへ行くと、ご飯は、すぐそばの「マキシム・ド・パリ」にしましょう、と
いうことになる。1Fは簡単に飲む所、2Fは、気楽にお料理を楽しむ「ビストロ」
(カジュアル・レストラン)。おなかがすいていたので、2Fに行った。


 Maxim1.JPG   maxim2.JPG

 夏なので日が長く、6時は、まだ明るい。
魚貝の前菜(ポテトサラダにサーモンのタルタルのせ、帆立刺身ハーブドレッシング)

Maxim25.JPG

Maxim35.JPG

 フォアグラのフラン、トリュフのせ(少し食べちゃって。。)
かぼちゃのポタージュ(上のスプーンもどきを回転させてクルトンをいれる)

Maxim4.JPG

Maxim5.JPG

 だんだん、ビルに明りがともってきた。
真鯛のスフレ、上に海老のムースのせ(おいしい!)、野菜。

Maxim7.JPG

 デザートはミルフィーユを選んだ。
ここのミルフィーユは看板商品。おいしいので、デパ地下の店で時々買ったりする。

 見て来たお芝居を、あーだった、こうだったと話しながら、食事をするのは、
楽しい時間。こういうのが、しょっちゅうあるといいけど、震災以来、やはり回数が
減っている。公演数が減ると、アーティストの人たちは収入に直接響くから、経済的
に大変だという話が耳にはいる。芸術は、人々の心が弱くなっているときにこそ必要
なのだけど、発表の場がないと。。


nice!(51)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ブルガリ・イルカフェ(表参道) [閉店した店]

 以前の記事に登場した表参道「ブルガリ・イルカフェ」のディナーに行った。
6人だったので、5000円のコースで予約を入れておいた。

 champagne.JPG

 イタリアの泡プロセッコで乾杯。オレンジジュースでわったミモザの人も。 
前菜は2つ
ヒラメのカルパッチョ(左)、豆いりラタトゥーユに生ハム、カマンベールチーズのせ(右)
                 チーズは生ハムの下に薄く透けて見える
antipaste.JPG antipaste2.JPG

 北海道のコーンの冷たいスープ。
 primo(最初の皿)は、「米なすとモッツァレッラのミルフィーユ仕立て」
 「アサリのリングイネ、ジェノヴェーゼソース」と、どちらかを選べた。
 友達がとったジュノベーゼソースは、緑色できれいだった。

soup.JPG   main.JPG 

 secondo(2つ目の皿)、私は骨付き子羊のグリル

rum.JPG 

 Dolce(デザート)は、フォンダン・ショコラと2種のアイスクリーム。
  友達のティラミスは、ブルガリのロゴ入りの薄いチョコで覆われていた。

desert.JPG    thiramis.JPG

 隣の席にすわってたshibaが、「○日あいてる?これ、私行けないけど、行ってくれる?
いい席なので、ムダにしたくないから」。
彩の国さいたま芸術劇場なので、遠かったけど、行ってよかった。
マンガを読んだことがなかったけど、素直におもしろかったから。
今回のテーマ「2人のヘレン」は、ヘレンケラー物語。映画にもなった「奇跡の人」のヘレンを
演じる北島マヤ(大和田美帆)と姫川あゆみ(奥村佳恵)。サリバン先生役が元宝塚の
香寿たつき。月影千草(夏木マリ)の迫力となりきりぶりが圧巻で、大和田美帆はかわいく、
奥村佳恵はきれい。久しぶりに見た香寿たつきは、歌も上手で、大女優役がぴったりだった。

  garasunokamen.JPG


nice!(47)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラ・グラディスカ [閉店した店]

 食べともだちのN嬢が、「おいしいイタリアンがあるのよ。隠れ家っぽい場所だけど」 
というので、N嬢の後輩、はっちゃんを誘って3人で行った。
六本木ヒルズの奥、テレ朝通りをちょっとはいったビルの地下。
[右斜め下] 開店時間の6:30前についたので、まだ誰もいない店内。

LAGinterior.JPG

 「はっちゃんは7時に来るから、ビール飲んで待ってましょう。」
イタリアビールの「モレッテイ」を頼む。暑い日だったので、ビールがうれしい。
このブログに時々登場するN嬢は、中学以来の長い友達。

乾杯は、スプマンテ(発泡酒)。プロセッコ。
コース(前菜2種、パスタ2種、メイン、デザート、コーヒー)、7800円を頼む。
アミューズは、豚足の。。。。
 言われなければ豚足とわからない。
 初めの一皿がこれ、とはシェフの自信の程が伺え、わくわくする。
 
LAGprocecco.JPG LAG0.JPG

前菜2種
1、うなぎの巻物。白ワインビネガー。オレンジの香りのソース。
   ワインビネガーでうなぎの脂っぽさがなくなり、さっぱりと。
2、豚足のコロッケふう。
   豚足のゼラチン質のとろ~り感がクリームコロッケのとろ~りと同じ。
  LAG5.JPG LAG2.JPG

 LAG1.JPG

 [右斜め上]「豚足は苦手」な人には、「海老、はまぐり、そらまめ、ブロッコリーのスープ仕立て」
   (私も苦手って言えばよかった。。)

パスタ2種
1、イカスミを練りこんだタリアッテーレ(平打ち麺)
     白く見えるのは生のイカ、あえているので火が通ったふう。緑豆。唐辛子。
2、ラビオリ (ウサギ、豚、牛のミンチが中身、ローズマリー風味)
  LAG3pasta.JPG LAG6.JPG

メイン
牛ほほ肉の煮込み。
 付け合せはアンディーブ(紫)、パイナップル辛子風味のシロップづけ(黄)
他の2人は、せき鯛(せき鯖と同じ海)のグリル

 LAG7.JPG LAG4poisson.JPG

追加:「白いアスパラ食べたいんですけど」
グリルしたものに卵のせ

LAG4.JPG

この店のワインは、時々雑誌で見かける合田泰子さんのセレクト。
お料理にあわせて、ソムリエ氏に選んでもらった。
特に左の白が濃くてしっかりとした味わいでおいしかった。

LAGvinblanc.JPG LAGvinrouge.JPG

私たちは個室だったので、周りの目を気にせず、話が盛り上がる。
仕事で出会ったハンサムな人の話から、あの人がすてき、この人の方がイケメン、、
、、私も知っているUくんの名前もあがった。でも結局、「やっぱり話してて、おもしろい人が
いいわね」となる。

デザート
手前の見えない部分は、白いシャーベット。

LAGdessert.JPG

 「とってもおいしかったです。どれも工夫をこらしたお料理で、すごいですね!」
どうやら私たちのハンサム談義が聞こえていたらしくマネージャー氏が笑いながら、
「うちのシェフもイケメンですよ。紹介します」

シェフは、北イタリアの星つきレストラン数軒で8年間修行したそうだ。なるほど~納得。
 LAGchef1.JPG    

そして私たちのテーブルを担当してくれた気配りの行き届いたマネージャー氏は上品な紳士。
ワインでいい気分ついでに、お二人の写真を撮らせてもらった。
LAGmaneger.JPG

お店のサイトは、ここ →ラ・グラディスカ(LA GRADISCA) 

 ブログ友dukeさんがいらしたときの記事です。


nice!(49)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の6件 | - 閉店した店 ブログトップ