So-net無料ブログ作成
検索選択
閉店した店 ブログトップ
前の6件 | -

キャーンズ・エ・ドゥミ 祐天寺 [閉店した店]

2016年10月閉店

北九州に住んでいる高校と大学がいっしょのKから、「祐天寺に開店したフレンチ
レストランに行ってみて」という依頼メールが来た。こうだったのよ、って説明するより、
記事にしたほうが手っ取りばやいから、見てね。

通学に東横線を使っていたけど、降りたのは2度目の祐天寺駅。
駅から商店街を通り徒歩2分。「Quinze et demi」という看板を探しながら歩く。
あった!フレンチというより喫茶店っぽい入口。
店内もカジュアルな木目調のインテリアでくつろげる。
creman4.jpg soup.jpg

6月にはいり、暑い日だったので、まずは、「泡!」と、クレマン・ド・アルザスを頼んだ。
アミューズ(突出し)に出てきたのは、塩味シュー生地をぱりっと焼いた?と思ったら、
ソッカ(ひよこ豆の粉を溶いた生地を薄くのばしたもの)なんですって。
手でつまんで、ぱりっ、パリッと食べる。
ポタージュはかぶ。こっくりとした味で、刻んだハムが入っていた。

メニューは、プリフィックスで、前菜、メイン、デザートから一品ずつ選ぶ。
私は、フォアグラ入りのパテにした。れんず豆つき。濃厚でおいしい!
友達は、ヤリイカのリゾット詰め。トマトなど野菜がたくさん入ったリゾットはラタトゥーユを
思わせる。夏らしい爽やかな一品。ヤリイカの柔らかさとリゾットの柔らかさとが合う。
(半分分けてもらったので)。友達曰く、「フランス風イカめし」

pate.jpgyariika.jpg

メインは、子羊、マスタードソース。お肉の焼き加減がとても良く、外側かりっと、
中はジューシーで美味しかった。

agneau.jpg

デザートは、ガトーショコラ(フォンダンショコラ)とアイスクリーム。ブルーベリー―ソース。

gateau.jpg

泡で始めたけど、2本目は何にしよう?お肉だからと、しばらく飲んでなかった
シャトー・ヌフ・パプにした。やはり、お・い・し・い。(これ有名なワインなのよ)
でも、ワイン写真を撮り忘れたので、同行の友達のをもらった。
私の写真とはだいぶ違います、な。

Tour_Saint_Michel2009_1.jpg

お店の名前、ちょっと難しいです。もっと簡単なほうが覚えてもらえるのに。
キャーンズ・エ・ドゥミ(フランス語で15と2分の1の意味)。
シェフは、パリで3年修業後、ペニンシュラ東京のカフェにいたそうだ。
サーヴィスの人も気さくで親切。居心地がよかったので、友達は食後酒を2種類
頼み、4時間と長居[いす]
夜コースで5000円くらい。私たちはだいぶ飲んだから、ワイン代の方が高かった
けど。ランチはかなり安いみたい。
上京する時の参考にしてね、Kちゃん。
いっしょに行きましょうか?


nice!(44)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

南青山(表参道)のカフェ2軒 [閉店した店]

表参道は、渋谷や新宿より大人が集まる場所なので、お洒落で落ち着いた店が多い。
道が広いので、見通しが良く開放感がある。

(1)カカオサンパカ  2015年11月閉店

Angie17さんのブログで紹介された「カカオサンパカ・カフェ」に行ってみた。
カカオサンパカは、スペイン王室御用達の高級チョコレート屋さん。
丸の内ブリックスクエアに本店があるが、南青山に支店ができ、カフェを併設してる。

カヴァ(スペインの泡)を飲みながら、スペインの小皿料理を食べましょ、と、
スペインにいっしょに行った友達を誘った。

cacaosanpca1.jpg

しらすのアヒージョ(左)と、イベリコ豚のリエット、パン付き。
「おいしい!」と食べ始めたけど、ボトルでとったカヴァがぬるすぎで、きりっとしない。
「氷をください」「はっ?」「カヴァが温かいので、グラスに氷を入れて飲みたいので」
奥から少し年長の女性が出て来て、ボトルをさわるなり、「すみません。冷えたのと
お取り替えします」 と、新しいボトルをワインクーラーに入れて持ってきてくれた。

さて、一件落着で、飲み始め、ゆったりとして、料理写真はなし。
カカオサンパカのチョコは、スパイシーで苦みある大人の味のものが多い。
だから、お料理を引き立てる役もする。タコのマリネには、ピンクペッパーと細かい
チョコがふってあり、色もきれいだった。

ピンチョスという一口サイズの料理。ひとつからオーダーできるので便利だが、ひとり2個
ずつで4個とった。スモークドサーモンとクリームチーズ。下はじゃがいものはいったスペイン風
オムレツだったかな?記憶があやしい。。(いつものことだけど)

cacaosanpca3.jpg

この店で、評判のチョコレートソフトクリームを締めに。
なるほどね、評判になるのもわかるわ、濃厚でおいしい。

cacaosanpca2.jpg


(2)ヨックモックのカフェ 改装のため8月まで移転、カフェはなし

土曜日、仕事だった日の4時半に友達と待ち合わせ。受け取る何かがあったのだと
思う。ふつうにケーキでお茶。
ここのカフェは、土日は混んでいて、待たなければならないので、友達が先に行って
席をとってくれていた。混むには理由がある。場所が便利で、こじゃれていて、ケーキが
おいしく、値段が高くない。

yokmok1.jpg

お茶をしているうちに辺りが夕方、うす暗くなってきた。
混んでいた店内も空きはじめる。
ウィンドから見えるテラスに灯りがつき、屋台が出てシャンパンのボトルが並んだ。
「見て来るわ」と友達がテラスに行き、こんなお盆を持って帰ってきた。
「6時からカフェタイムになるんだって。まだ早いけどいいって言うから買ってきたわ」
ドライなおつまみも夕方にはぴったりだった。

yokmok.jpg


nice!(45)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さよならル・シャポン [閉店した店]

 ル・シャポンは、2013年2月11日まで自由が丘にあったビストロ。
 9年間、営業していたそうだが、私が初めて行ったのは2006年の年末。
親友Eのご主人(フランス人)がパリでやっていたブラッセリーに似た雰囲気の店
で、とてもくつろげた。フランスから空輸の素材を使ってのお料理はとても美味しく、
パリの味がして、うれしかった。
yk2さん、J嬢とのワイン会で、楽しい時間を過ごしたのもここだった。

2年前フランスに嫁いだJ嬢が、昨年秋、里帰りをしたので、ル・シャポンに集まった。
月曜日で定休日だったけれど、「Jさんが来るなら開けてあげますよ」と貸切!
店主岡田さんをはじめ、サーヴィスの石井さん、シェフ川崎さんも、
「Jさん、久しぶりですね~」とJを囲んでの話に花が咲く。

2012Oct.jpg

 1Oct2.jpg 1Oct7.jpg 1Oct9.jpg

Jが住んでいるロワール地方のロゼ「レ・ロマン」ジットンと、思い出のシャンパン
、ポール・デテュンヌのちょっと高級なブランノワールをyk2さんが用意。
私がモエの2002年。そしてお店おすすめの「コント・ラフォン」ロゼ。3人で4本。

集まる時、yk2さんはいつもエピソードのあるシャンパンを持ってきてくれたし、
Jは、「これいい生産者なんですよ」とおすすめのボトルをバッグから出した。
私は2人のおかげで、いろいろなシャンパンを飲む経験ができて、幸福だった。

この日、まずは「マッシュ」のサラダ。香りが良いのでサラダ嫌いの私でもこれはOK。
(と言いながらも、Jに手伝ってもらった)
次、ポークリエット、セップ茸のサラダ、仔牛のポワレ。

1Oct8.jpg 1Oct4.jpg

1Oct5.jpg 1Oct6.jpg

[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]
Jが日本からいなくなって寂しくなったけど、毎年ボジョレー・ヌーヴォーはyk2さんと
ル・シャポンで飲むことにしていた。
2012年のはコレ。
次、オレロン島の牡蠣を白ワインで。

Nov2012.jpg

2012Nov.jpg



[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]
仲良しの同僚Mとも、時々行っていたル・シャポン
今回も「この仕事終わったら、行きましょうね」と言っていたのだけど。。
昨年秋、9周年記念メニューの「オマールづくし」のコース。
前菜は、マッシュの上に海老・魚介のさつまあげ風のせ。


Homard4.jpg

メインは、オマール(伊勢海老)一尾のソテー。この美味しさは忘れられない。

Homard2.jpg

鴨肉のポワレ、ジロル茸添え。
ジロルはフランスの茸、味が濃くておいしい。

Homard3.jpg


[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]
他のレストランで一眼カメラを出して写真を撮るのは出来ないけど、ル・シャポン
では、カメラが趣味の石井さんがいろいろ教えてくれた。この日も紅葉写真を
撮りに行った帰りと言ったら、「たくさん撮らなくちゃ、上手くなりませんよ。」と
促され、おそるおそるカメラを出して撮った。

0551.jpg

サーモンの火入れ具合が絶妙でおいしかった。外だけ焼けていて中はレア。

0511.jpg

フランス産プーレジョンヌ(黄色い鶏)のチキンロール、ロマネスコ(カリフラワー)
紫カリフラワー、普通のカリフラワーのせ。

0541.jpg

海老のソテーと海老のすり身のソテー、クリームマッシュルームソース

0631.jpg

仔牛の料理。いつもあっさりめのソースがおいしかった。

0671.jpg

懐かしいお料理の数々。デザートではチーズケーキとプリンが大好きだった。

お店がなくなるのは、とっても寂しいけれど、お店の3人の方々が、これから
また新しい仕事で御活躍なさることを祈ります。


nice!(49)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

MOSAIQUE(モザイク) 南青山 [閉店した店]

  モザイクは、原宿・表参道交差点の近く、カルティエとプラダのビルの
3階にある。1階にぽつんと飛び出した専用エレベーターに乗って行く。
カジュアルなフレンチで、ボリュームもまずまず、雰囲気もよく、値段は高くない。

 ランチでの待ち合わせ。珍しく私の方が早く着いたので、サングリアを飲んで待つ。
お店のインテリアは、モザイクの壁。オープン当初は、フレンチの超有名シェフ、
ピエール・ガルニェーのミシュラン2つ星の店だったが、提携会社の倒産で閉店。
フランスで修業をしたシェフとソムリエがビストロ・モザイクをオープンした。
インテリアのモザイクは、ガルニェー時代のもの。
(ガルニェーは現在、赤坂のANAインターコンチネンタルホテル36Fに2つ星の店
を持っている)

Mosaique0.jpg

 友達が、「「えっ、どうしたの?あなたが早いなんて」と、大げさに驚く。
ランチメニューは、前菜から一品+メインから一品+デザート&コーヒーの
プリフィックス・スタイル。2800円。
前菜には、まぐろのたたきのサラダを頼んだ。

Mosaique2.jpg

メインは、ブランド豚のソテー、バルサミコソースを選んだ。
デザートは、3品を選ぶシステム。
私は焼きチーズケーキにレアチーズケーキとマンゴシャーベットにした。

Mosaique3.jpgMosaique4.jpg

サングリアをさ、さっと飲み干してしまったので、アルザスの白を頼んだ。
「マグナムがあるんですよ。普通のとは味が違うから、ぜひ、飲んでみてください」
と、すすめられて飲んだ。おいしいので、もう一杯飲んだ。

Mosaique1.jpg

ランチは、2980円だったけど、ワイン代がはいったら、8000円になった。
つまり~、お得な感じではなくなった(苦笑)
お料理は、どれも、しっかりとした味付けで、おいしかったです。


自由が丘の「ル・シャポン」へ、もう終わりになっちゃうから、と、白アスパラを
食べに行った。その前に雑貨屋さんでも見ましょと、ぶらぶらショッピング。
リンツのショップ発見。1か月くらい前にオープンしたそう。
チョコレートドリンクを1階で買って、2階のセルフサービス・ティールーム
で飲んだ。おいし~い。友達も私も一気に飲んでしまった。
1階で、普段、高級スーパーでも売ってない種類の板チョコ、ピスタチオの
と唐辛子のを買った。「ワインに合いますよ」と、言われたら、すぐ買うでしょ。

LintzChoco.jpg


nice!(49)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エメ・ヴィベール再訪 [閉店した店]

 「私が一番好きなフレンチは、エメなの。あなたお誕生日だからご馳走するわ。
でもランチね」
    10月にエメに行った時の記事→ 

「シャンパン、どれにする?」 私がリストの一番上のPolRogerを指さすと、
「そんな一番安いんじゃなくて、もっと高いのでいいのよ」
「でも、これ、好きだから。エペルネってモエと同じ場所なの」
 (PolRogerは英国御用達。この夏のウィリアム王子結婚式でも使われた)

 PolRoger.jpg 

8400円のコース。
どのお料理もメニューの5種類から選ぶプリフィックススタイル。
アミューズ(つきだし)は、フォアグラと何かの二層になったムース。
焼いた赤い紫蘇の葉も食べられる。
前菜はオマール海老のボイルにした。ぷりぷりっと美味しい。
 ame1.jpg ame2.jpg

スープは特製コンソメ。コンソメロワイヤル。(写真なし)
魚料理は的鯛。上品な味。ソースがおいしい。付け合せの手前は玉ねぎ。
向こうは、ゆでたほうれん草にチーズがけ。
ame4.jpg

肉料理は、骨付き子羊ロティ。野菜各種が付け合わせ。
ソースはかなり濃いが、この方が子羊には合うのだろう。

ame5.jpg

その後、デザート。(写真なし)
友達が「誕生日」と言って予約したので、薄いチョコの「おめでとう」プレートが
ついてきた。
デザートの後は、プティフール(小さな焼き菓子)。マカロンやチョコなどがワゴンで
サーヴィスされる。

 (*エメ・ヴィベールは、食べログ2011ベストレストランで3位に選ばれている)

雨が降ってきたので、レストラン自慢のお庭でバラを見る人たちは、傘をさしていた。
「私たち、もう、お庭は省略でいいわね」と、お店を後にして、汐留のパナソニック
電工ビルへ。(電工という名称は使わなくなったんでしたね)
「ウィーン工房展」を見た。

wien.jpg

ウィーン工房は1903年、建築家のヨーゼフ・ホフマンとコロマン・モーザーに、
財政支援の実業家が加わってはじめた企業。建築、インテリア、家具、照明、食器
とあらゆる生活芸術を一貫したスタイルで統一することが目標だった。その思想は、
イギリスのウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフツ運動に通じるものがある。

会場の絨毯と壁紙がウィーン工房仕様に作られ、当時の雰囲気を出していた。
椅子、テーブル、小物入れ、鏡、ゴブレット、洋服などが展示されていた。
どれも、デザインが良いだけでなく、とても手がこんでいる作品。こういう良いものは、
100年後の今も使える。
展示の点数は少ないので、すぐに見終わってしまった。


外はまだ雨だったが、汐留まで来たのだからと、日テレのクリスマスツリーを
見に行った。7時10分くらい前だったので、天気予報の「そらじろう」が出番待ち。
子供連れの人たちが並んでいた。

ChristmasTree.jpg

渋谷へ移動して、軽く、和の鳥料理の店へ。
たくさん食べた日だった。


nice!(28)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エメ・ヴィベール [閉店した店]

 かねてから、「すてきなレストランよ。お庭のバラがすてきなの」と、聞いていた
「エメ・ヴィべール」に行った。エメ・ヴィべールはお庭のバラの名前。つぼみの時、
ピンクで咲くと白くなる。
ミシュラン2つ星の店。

 場所は麹町。日テレ別館の裏で、自慢の庭は、日テレの大きな木が借景で、
森に隣接しているかのように見える。一軒家レストラン。

 
 
 黒いパンツスーツの女性が案内してくれる。同行の友達が、「こういう日は、
黒はダメね。かぶっちゃう。。」と、寂しげな表情で言ったので、「ネックレスが、
派手で素敵だから、差、ついてるわよ、大丈夫」と励ます。

アミューズ(突出し)、前菜、スープ、肉か魚、デザートのコースのランチ。
前菜、スープ、メインは4種類から選ぶ。

amevi1.JPG

手長海老のアンディーブ包み、ハーブのビネグレットソース。
珍しい料理なので、これを選んだ。ビネグレットソースの酸味でさっぱりした味。

友達は、フォアグラ。「すごくおいしい、少し食べてみて」
私もそっちにすればよかった、と思うおいしさだった。

スープは、季節なのでセップ茸にした。美味。
amevi2.JPG

メインは、鳩胸肉のロースト。各種きのこソテー添え。
脚の部分は手で食べてくださいと、フィンガーボールが来た。
この造形!

amevi4.JPG

デザートは、栗のクリームブリュレ、アイスクリーム添えにした。

amevi7.JPG

その後、「お庭をご覧になりますか」と、案内され、薔薇の説明をきいた。
ここの薔薇は、白いものだけ。


ばらアイスバーグ3.jpg

手前にある白い椅子にすわって、写真を撮ってもらった。
ウェディングもしているので、新郎・新婦もここで写真を撮るんだそう。
うしろのバラは、「アイスバーグ」。エメ・ヴィベールとは違う品種。

2階のロビーに案内され、窓から外の見える席で、あらかじめ選んでおいた
プティフール(小さい焼き菓子)で、お茶。

amevi8.JPG

ゆっくりしていたら、3時をまわってしまった。
「展覧会が終わっちゃうから、急ぎましょう」と、次の目的地、国立新美術館へ
向かった。モダン・アート,アメリカン展は盛りだくさんの内容だったので、
次回の記事にします。

MAHopperS.jpg


nice!(35)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の6件 | - 閉店した店 ブログトップ