So-net無料ブログ作成
レストラン(イタリアン系) ブログトップ
前の6件 | -

OSTU(オストゥ)・代々木公園 [レストラン(イタリアン系)]

ひょんなことから、中学の同級生SくんとNe、私の3人で食事をすることになった。
3人に遠くない場所でおいしい所という選択で、イタリアンのOSTU(オストゥ)に予約を入れた。
メトロの「代々木公園」から歩いて3分だが、小田急線の「代々木八幡」にも歩いて3分の場所。

Ostu1.jpg


この写真は、もう宴たけなわ。メインディッシュを一口食べたところで、メニューを見ながら
デザートを選んでいるところ。

テーブルの上はメインディッシュ「はちきん地鶏のガランティーヌ、白トリュフかけ」
運ばれて来たとたん、白トリュフの香りが鼻をつく。白トリュフはピエモンテ州アルバの特産品。
はちきん地鶏は味が濃くて美味しい。
アスパラ・ソバージュ(野生のアスパラ)を添えて。
ostu2.jpg


イタリアの国土は縦に長く気候も異なるため州によって料理が異なる。
この店は北西部のピエモンテ州の料理。アルプスの麓だから乳製品が多いのが特徴。
ミシュランの星もとっている。


料理は、プリフィックス・スタイルで、
前菜、パスタ2種、メイン、デザート、コーヒー、小菓子という構成。

ostu12.jpg


左から、 熊本県産馬肉のタルタル、ドライトマトとモッツァレラチーズのパイ皮包み。
下の段は、イワシのマリネ。白ワインといっしょに。

前菜はもう一品。サルシッチャ(自家製ソーセージ)とグリュイエールチーズ、カルチョッフィ(アーティチョーク)
のグラタン。STAUBのココットに入って出てきた。カルチョッフィーは今が旬。
ostu7.jpg

パスタ2種類は、5種類の中から選ぶ。
桜海老とグリーンアスパラのパスタ(タリアッティーニ)と、トマトソースだけのシンプルなのを頼んだ。
桜海老が季節のものなので新鮮、ソースが細麺タリアッティーニによく絡んで美味しい。
シンプルトマトソースのパスタは写真なし。


ostu8.jpg


デザートは、ピエモンテ特産のナッツを使った「トルティーノ」を頼んだ。
hp.jpg(お店のHPからの写真)


Sくんとご飯を食べるのは何十年ぶり。
最初に飲み物をオーダーする時に、「僕は胃を手術して飲めないので、ウーロン茶を」
「ウーロン茶は置いてないんですよ。ブラッドオレンジのジュースはいかがですか?」
「甘いのは苦手で、、、水で、、あ、一緒に白ワインで」(私が飲むから白ワインと横で囁いた)


そんなSくんの胃にもやさしいイタリア料理だった。

Sくんが話し、Neがインタビューするというパターン。Neのインタビュー能力がすばらしく、
ぐいぐい切り込む(笑)「いやぁ、あなたがそんな人だとは思わなかったよ。背が高くて美しく
秀才で」「今は違うって言いたいんでしょ。わかってるわよ」


6時に待ち合わせたのに、あっという間に9時半過ぎ。
こじんまりしていて気取らず居心地がいい店。また来よう。

nice!(38)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

D'ORO(ドーロ)・都立大学(東横線) [レストラン(イタリアン系)]

「5時半に自由ヶ丘で仕事が終わるから、久しぶりに一緒にご飯を食べましょう。美味しい所、探してね」
と言われ、どこにしよう? そういえば、前にyk2さんの記事で見たイタリアンなら、自由ヶ丘の隣の駅で、
しかも私が行った「空海」の隣だから、場所もわかる。

ドアを開けると、意外と小さなお店。テーブルクロス(布ではないけれど)の赤がかわいい。
6皿もあるのに4860円、というコースに決め、泡が苦手な友達なので柑橘系の白ワイン。

1、エイヒレと鯛のスープ
エイひれは良い出汁が出るので、スープにも使う。澄んだスープ。白身の魚は鯛。
カイワレをたくさん盛ってあった。日本での鯛のお澄ましの感覚。
2、巣籠りのような巣は、トウモロコシ。中には白身の魚、上の赤いのは、とびっこ。
周りに散らされたグレーの点は、、何だったか、、これをつけて食べる。

doro1.jpg

3、魚、魚と温かいものが続いた後には冷たいパスタ。生ハム添え。
トマトソースで、トマトとモッツァレラチーズ、苺、バジルが載っている。

4、温かいパスタ。ヴェネト州の伝統のパスタ「ビゴリ」という独特なもの。手打ちうどんの
ような見かけだが、もっちり具合が半端でない。美味しい!ホタルイカに大粒アサリ、菜の花、枝豆、
周囲にはボッタルガ(からすみ)を散らして春の味覚。

doro2.jpg

5、メインは産地を忘れたけど、ブランドポークのロースト。
これも美味しい!焼き方と塩加減が絶妙。オーストラリアの牛肉よりも、ポークのほうがおいしい、と思うこの頃。
6、デザートはパンナコッタ、茶色のは、パイナップルを刻んで煮たキャラメル味、白いのはいちごの4分の1切り。

doro3.jpg

この後、小菓子も出てきて満足。
工夫のあるメニューで楽しめた。
サービスの人は、手足が長く、はやみもこみち風で、きちんとお料理やワインの説明をしてくれた。
気さくで、美味しい店だった。[わーい(嬉しい顔)]

[るんるん]5時半では、レストランに行くのに早すぎるから、自由ヶ丘駅南口隣の「TWA」「TWG」でお茶をした。
TWGは、シンガポールに本店がある紅茶専門店。扉を開けると、大きなお茶の缶がぎっしりと
並んでいる。ゆったりと落ち着けるティーサロン。紅茶はポットで出て来て900円位だから、
高めだが、3杯飲めるので、仕事帰りで喉が渇いている時には、うってつけ。[黒ハート]

店内のBGMを聴きながら、「これ、オーミヨ、バンビ―ノ」って私が言うと、友達は歌姫だから、
「ネトレプコよ。この声、絶対」、次、ホフマンの舟歌が聞こえると、「ガランチャとのバルカロール
だわ。すてきね~。」 お店を出る時に、BGMは誰が選んでるのか友達がきいたら、
「シンガポールの本店から送られてきてる音源です」 なるほどねー。
紅茶のティーバッグを買って帰った。
シンガポールは「ライオンの町」という意味なので、うちのライオン(リオンちゃん)と一緒に。

Lion.jpg


nice!(38)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ガッタイオーラ・ドルチ [レストラン(イタリアン系)]

ガッタイオーラ・ドルチは、So-netで知り合った洋画家の洋一さんと奥様のメイコさんのお店。
メイコさんはイラストレーターで料理研究家。お二人はフィレンツェに長くお住まいだったので、
イタリア家庭料理のお洒落で気楽なお店。
どんなお店かは、サイトをご覧ください。http://gattaiola.net/

以前に何度か行って気に入っているお店なのだが、駅から少し歩くので、歩くのが苦手な友達
に断られたり、私が引っ越したりで、足が遠のいていた。
クリスマスディナーのお誘いのメールを頂き、内容がとてもよかったし、お料理に合わせて
ワインが出る、そして1万円也とのことなので、イヴの日、友達を誘って出かけた。

一皿目、美しい。
私が生野菜があまり得意でないのを知ってる友達はクスッと笑う。
「きゅうり、もらうから。サラミあげるわ」

ZG1.jpg

予約のみ、12人くらいで満席なのだけど、「お料理が遅れているので、スプマンテでも飲んで
待っていてください。サーヴィスです」 と、2杯目がなみなみとグラスに注がれる。
「飲んで待つんなら、遅くてもいいわよー」って、すでにもうご機嫌の友達。
この調子じゃ、3杯目、4敗目といきそう(笑)

二皿目 リゾット
パルミジャーノがたっぷりで美味しい。
あっという間に食べてしまい、写真!と気づいたときは、こんなふう。
二皿目なのに、白ワインと赤ワインのグラスがあり、、、
フリードリンクには強い私たちなの、ごめんなさい、洋一さん。

ZG2.jpg

お店は洋一さんの絵のスタジオにもなっているので、おしゃれな造り。
洋一さんの絵画教室、メイコさんの料理教室が、昼間、開講されていて、
壁には、洋一さんが描いた大きなフレスコ画(これは油絵だったかしら?記憶曖昧)
がかかっている。私は洋一さんの描く時代が特定できない空想の街の風景が好きだ。
見ながら、いろいろな話を作りあげるのが楽しい。

ZG444.jpg

三皿目はチキンロール。
鶏肉は大山鶏。甘めのソースと合う。

ZG3.jpg

四皿めは、ブランドポークのソテー。
ローストポークの向こうに見えるのは、ドライトマトと、、あと何だったっけ。

ZG5.jpg


デザートは、りんごのケーキとズコット。苺添え。
ZG6.jpg

お料理はメイコさん、サーヴィスは洋一さんと分業体制。それぞれにもう一名ずつスタッフがいる。
洋一さんは、イタリアワインに詳しいので、丁度良いワインをすすめてくださってどれも
美味しく、満足なクリスマスイヴだった。


nice!(38)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

リストランテ・フリック(南青山) [レストラン(イタリアン系)]

いつもの飲み仲間3人での忘年会。Tが「仕事が一段落する20日はどう?」と言ってきた。
場所は、「CICADA」 という希望だったけど、年末の予約はもう一杯。
2次会が3人の行きつけの場所なので、そこから遠くない所をネットで探した。
丸の内の「イル・ギオットーネ」で、シェフだった人の店、リストランテ・フリックにする。
イルギオットーネは美味しかったから。

アミューズ、スープ、前菜、パスタ、メイン、デザート 6皿で7000円のコースにした。
アミューズは、ライスコロッケと生ハム、オリーブ。これは3人分。
泡(スプマンテ)と合わせる。

Flick1.jpg

きのこのスープ、カプチーノ仕立て。
ボルチーニ茸のいい香り。

Flick2.jpg

ブリのカルパッチョ、トマト、ラディシュ、きゅうりなどの野菜添え、バジルソース。
白ワインが合う。

Flick3.jpg

パスタは3種類から選ぶようになっていた。
私は、アマトリチャーナ。これは絶品だった。パンチェッタ(バラ肉ベーコン)でなく、
グアンチャーレ(ほほ肉ベーコン)。

Flick4.jpg

四元豚のソテー。四元豚は霜降りで、とっても柔らかい。

Flick5.jpg

デザートはティラミスとアイスクリーム。

Flick6.jpg

ワインがボトルで5000円からで、しかも5000円のが何種類もあるという嬉しい値段だった。
どのお料理も綺麗に飾られ、飾り切りがなされた野菜が美しかった。


nice!(34)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エノテカ ノリーオ [レストラン(イタリアン系)]

昨年末のこと、友達が「東京駅のステーションホテルにあるイタリアン、行ったことある?」
「うん」「どうだった?」「いいと思うわ」
「ランチがお得ってきいたけど、つきあってくれる?」
前菜+パスタ+肉または魚+ドルチェ+カフェで3800円(土日・祝日)
夜だと、肉+魚、つまり一品多くて5500円。
夜のほうが、お料理の選択肢が多いから、夜のほうがいいと思った。
それに、ワインは昼でも夜でも同じ値段。

真ん中の席だったので、何となく写真が撮り辛く、前菜、パスタの写真はなし。
でも、ワインを飲んで、メイン料理になったら、強気になったので、「写真、
撮ってもいいですか?」「はい、どうぞ」
チキンのトマト煮

norio33.jpg

友達の白身魚料理。焦げ焦げですが。。
Norio22.jpg

パスタは、鶏ひき肉とごぼうのラグーソースにしたが、とても美味しかった。
前回記事の南イタリア料理に比べると、穏やかな味で、さっぱりめ。

デザートは、アップルタルトを選んだ。

Norio11.jpg

エノテカはワインを主体にしたイタリアンレストランの意味で、経営者の
名前がノリオさん、ノリオレストランということですね。

イタリアの大家族ふうに12人で食事をしている人たちがいたり、女友達どうし、
男友達どうし、カウンターのバーでひとり軽く飲んでいる人も、と、さまざまな
人たちが気取らずに食べている感じの店だった。


これより前、11月の夜に行った時の味をちゃんと覚えていないのは、
その日、駅の階段でころび足首を打撲。痛かったけど、予約してたし、食べたかった
から行った。「足、けがしてるんで」と友達がお店の人に言うと、「氷をお持ちしましょうか」。
もらった氷嚢をテーブルの下で足にのせ冷やしながら、メニューを見て、「まず泡はボトル、
次、赤ワインは、怪我してるからグラスで、どれにする?」 考える時間も楽しい。[バー]
足をひきづりながら歩いて、疲れたので、泡(フランチャコルタ カ・デル・ボスコ)が、
爽やかでおいしく、軽めの料理にもよく合った。
食べて飲んで、足の痛いのも忘れていたけれど、帰る時、立ち上がると、もう、歩行困難
だったので、タクシーで帰った。
タクシーの中から、外科医(友達)に電話をしたら、「今、ゴルフの帰りで高速、渋滞中。
湿布貼って冷やして、足を心臓より高く上げて寝て、明日、来て。それしかないから」。

翌朝、ベッドから降りようとしたら、大丈夫だった方の足がしびれて立てない!
すぐ職場に「休みます」と、電話。
病院でレントゲンを撮り終わった頃、しびれもなおり、足首の腫れもひき、翌日、普通に
出勤した。だから、今でも職場で、「あの時は、入院かと思って、いない間の仕事を
どうしようかと言ってたんだから」と、からかわれている。 痛い経験だったのに。[パンチ]
  ほんとはね、そんな時、ワイン飲んだから腫れがひどくなったの。


nice!(41)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トラットリア ヨシダ [レストラン(イタリアン系)]

前回に引き続き、イタリアンの店。
場所は大井町。品川の次の駅だが、なじみのない方も多いと思う。
長らく駅前に阪急デパートがあった。デパートがある駅は一般に大きい駅。
ここもJRの他に、東急大井町線のターミナル駅がある。

オーナー吉田さんの名前をとって、「トラットリア ヨシダ」。
以前は「ファビアーノ」という店名だった。予約の電話をしたら、「うちの店に
いらしたことありますか?」「はい、ずっと前に」。行ってみると、吉田さんは
「あ、先ほど電話の、、」と明るい笑顔で迎えてくれた。

Yoshida111.jpg

前菜盛り合わせ。きれいでしょ。しかも美味しい!
中央、ゆで卵の下にあるのは、豚の脳を長い時間ゆでたもの。右はパプリカの煮込み
にツナをのせたもの。手前は赤たまねぎ。

写真はないけど、この前に、本日のおすすめの「軽く蒸した牡蠣」を食べた。
太った牡蠣で、ふっくらとして、クセがなく実においしかった。

yoshida5.jpg
魚はスズキの網焼きと海老。
肉はイベリコ豚の網焼き。バルサミコソース。
パスタは魚介のトマトソース。(おいしくて写真撮り忘れ)

美味しいけど、お店のインテリアは、飾り気なく、まさにイタリアの食堂(トラットリア)。
「寒いからたくさん着てきて、あまりおしゃれな格好じゃない」と言う友達は、「気取った店
じゃなくて、よかった」と、ほっとしていた。

yoshida22.jpg

デザートは、アップルタルトにフルーツ添え。

会計をする所に、蘭の鉢植えがあって「祝、ミシュラン」と書いてあったので、
「ミシュランとったんですか?」「はい、そうなんですよ」
今年から、ビブ・ミシュランという「5000円以下で食べられるおいしい店」
ができたんだそう。この美味しさだったら、選ばれるわよね、と思った。

私たちはアラカルトで注文したので、お料理が1人7000円、ワインが?
高くないと思う。
ここは南イタリアのカラブリア地方料理。唐辛子とハーブを使うのが特徴。
パスタの魚介ソースに唐辛子が使われていたが、魚の臭みを消しトマトと
なじんでコクがでていた。
オーナー吉田さんは、イタリア料理用語辞典を編纂した人だが、気さくで
料理の話が大好きな明るい人。この店は30年前からやっているそうだ。



 


nice!(44)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の6件 | - レストラン(イタリアン系) ブログトップ