So-net無料ブログ作成
検索選択
絵が描かれた場所を訪ねて ブログトップ

パリ郊外カイユボットの別荘での展覧会 [絵が描かれた場所を訪ねて]

 昨年12月に、ブリヂストン美術館へ「カイユボット展」を見に行った記事を書いた。
そして、4月5日からパリ郊外のカイユボットの別荘で開かれる展覧会に行きたいと
思っていた。今年はカイユボットが45歳で亡くなってから120年。30才から35才
までの間、イエールでの暮らしの様子と風景画を80点描いた。

4月5日展覧会初日、丁度パリにいたので、イエールに出かけた。
郊外電車でパリ・リヨン駅から20分ほど。イエール駅で降り、バスに乗った。
郵便局前で降り、道を尋ねながら5分くらい歩くと、イタリア風瀟洒な建物の
カイユボット邸が見えてきた。
ここが門。白いテントが見えてるのは、初日のパーティ用の会場。

Yerres2.jpg

門をはいると、カイユボットの絵に描かれているローマふうの家があった。
「絵の通り!」とうれしくなる。外からガラス戸越しに室内が見えるのだが、
奥にピアノがある。ブリヂストン美術館が最近購入した「ピアノを弾く男」の
ピアノに違いない。
展覧会は、左側に見える建物(元住んでいた家)が会場だった。
今まであまり公開されなかったものを含め43点、全部イエールを舞台とした絵
が展示されていた。

YerresMaison.jpg

とにかく広大な敷地。11ヘクタールあったと書いてあったっけ。
カーブを描く小道、背の高い木々、花壇、広い芝生。右側に見える白い建物は
キャフェテリア。テラス席もあったので、庭を眺めながら、キッシュを食べた。

カイユボットが12歳の時、事業に成功した父が、ここを別荘として購入した。
太陽が気持ちのいい場所。光と影がはっきりして、屋外での写生を重んじる
印象派の絵を描くのに丁度良い場所だったとわかる。

YerresJardin2.jpg


この白いのは、風に散った花びら。りんごの花?

Yerres1.jpg


散歩道を奥に進んで行くと、カイユボットの絵に何回も登場する「菜園」が見えてきた。
子供の頃読んだ「秘密の花園」を思わせる菜園入口は、絵で見て気になっていた。

Yerres5.jpg

中に入れるようになっていて、中では、花や野菜の栽培をしていた。
カイユボットの絵にも、菜園で働く人たちを描いたものがある。
白い石造りの菜園の壁を描いた絵は、今、見た展覧会に2枚あった。

Yerres4.jpg

これが菜園の絵。「Le Jaradin potager,Yerres」(イエールの菜園)1879年

YerresLeJardinPotager.jpg

これが、菜園で働く人の絵。「Les Jardiniers」(庭師たち)1879年

YerresLeJardinier.jpg

カイユボットは、イエールの川で泳いだり、カヌーをしたりする人を描いた。
「Baigneurs, bords de l'Yerres」(イエール川で水遊びをする人たち)1878年
「Perissoires sur l'Yerres」(イエール川でカヌーをする人たち)1877年

cat_0002.jpgcat_0001.jpg

YerresPerrisoir.jpg
「Perissoires sur l'Yerres」(イエール川でカヌーをする人たち)1878年
「Peche a la ligne」(釣り糸を垂れる人)1878年

イエール川は想像より川幅が小さかったけれど、水面に木々が映る様子は、
カイユボットの絵と同じだった。

YerresRiviere.jpg

イエールは、1881年彼がここを売ってセーヌ右岸のジュヌヴィエイユに移るまで、
絵の舞台となった。明るく輝いていた時代である。1882年以降、彼は絵を発表
せず、ヨットの設計や園芸に夢中になった。なぜかはわからない。


nice!(42)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

シスレーが住んだモレ・黒田清輝が住んだグレ [絵が描かれた場所を訪ねて]

 シスレー Alfred Sisley(1839~1899) はパリで生まれた風景画家。
印象派のルノアール、モネ、ベルトモリゾらと共に活動をした。

1880年代から、セーヌ川の支流であるロワン川流域のモレ・シュル・ロワン
(Moret sur Loing)の景色を多く描き、亡くなるまでの20年間そこに住んだ。

「モレの橋」1893年 オルセー美術館

SysleyMoretSurLoing.jpg

半円形の水道橋のような橋、塔のある古い館、ポプラの木、輝く水面。
この景色のところに行ってみたいと予てから思っていた。
とはいえ、今でもこの景色が残っているかどうか、、。
数年前、ここに行ったNさんが、「靄の中でとってもすてきな景色だったの。
きれいなところよ~。フォンテンブローから、タクシーで行けるし。」

私が行った日は雨が降っていた。フォンテンブロー城を出て、タクシーに
15分ほど乗ると、Moret sur Loingの入口「サモア門」についた。
城壁に囲まれ中世の面影を残している小さな街。
門をくぐった大通りは、ローマ時代からある道なので、車が1台通れるだけ。
しかも、大通りはわずか100mほどで、出口の「ブルゴーニュ門」になる。

MoretPorte.jpg

門を出たところが、ロワン川で、絵にあるアーチの橋がかかっている。
これは橋の上からの写真。中州にポプラの木と家があった。
左端の塔のような建物は、まさしくシスレーの絵に登場する古い館!

Moret2.jpg

Moret1.jpg


橋の逆方向は、のどかで広々とした景色。

Moret4.jpg


[右斜め下]「Moret sur Loing」 個人蔵
やはり左端にアーチの橋があって、川の水が光をうけキラキラしている。
中世の面影を残す建物がこの景色に溶け込む。

SisleyMoret.jpg

「驟雨の中のモレの橋」1887年
雨で景色がゆらいでいるこの絵は、この日の景色に近いかしら。

雨のモレ.jpg

大通りは一車線だけなので、タクシーは途中で止まるわけにはいかず、
降りて街を散策することはできなかった。
橋の横で車を停めて待っていてもらった。折からの雨で撮影スポットは
限られてしまうけど、一目でわかるシスレーの描いた絵の世界だった。


 シスレーがモレに住んでいた頃、モレから20kmの地「グレ」Gres sur Loingは、
外国人画家、音楽家のコロニーであった。1888年、黒田清輝は、法律学の研修で
フランスに留学。画家の藤雅三がラファエル・コランに師事する通訳を毎回つとめた
ことから、自分もコランに弟子入りをし、画業に転向した。

[右斜め下]「読書」1891年、この絵がフランスの画壇で入選し、黒田は実力を認められた。

Kurodadokusyo.jpg

こちらは、「ポプラの黄葉」1891年。明るい色彩の「外光派」の描き方。
当時、印象派は過去のものになりつつあり、新印象主義の「外光派」と
「象徴派」の時代だった。外光派のリーダーは、バスティアン・ルパージュ
だった。

ポプラの紅葉.png


10年後、黒田の住んでいた下宿に、日本から浅井忠が留学してきた。
「グレーの森」 1901年 外光派のように見えるがこれは水彩画。

AsaiGresForet.jpg

黒田の住んでいた通りは、今、「Rue KURODA seiki」と名付けられている。
タクシーの運転手さんは、Rue KURODA seikiを知らなかったが、ナビで
検索して、「お~、これか、わかった」と連れていってくれた。
庭から外に柳の枝がはりだしていた。浅井忠に「グレーの柳」という柳並木の
絵があったことを思い出す。

Kuroda3.jpg

Kuroda0.jpg

中には、入れないので、こういう看板がかけてあった。
この頃には雨がひどくなってきたので、ロワン川の岸辺に立って、浅井忠の
「グレーの洗濯場」を探すのは断念し、帰るために駅へ向かった。

 *uminokajinさんが、グレーを訪ねたときの記事です。
  コロー、浅井忠、児島虎次郎らが描いた低いアーチ型の橋、廃墟の写真が、
  まさに、グレーの景色なのです。ごらんください。

 


nice!(44)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ルーベンスの家 [絵が描かれた場所を訪ねて]

 ルーベンスの家は、ベルギーのアントワープにあります。
ルーベンスは若くして成功した画家だったので、家がとても立派です。
弟子もたくさんいて、自宅が工房になっていました。
これが入り口。屋根には青銅の等身大の彫刻がついています。


 ↓は中庭。手前の花壇は3月だったので、まだ花が植えてありませんでした。

  ルーベンス33歳、結婚して間もない頃、妻イザベルとの自画像。
ルーベンスの生涯に関しては、Ikesanが「王の画家にして画家の王」という
記事を書いて
いらっしゃるので、そちらを見てください。

 

 前回「プラハ国立美術館展」に、ヤン・ブリューゲルの花の絵を載せましたが、
ヤン・ブリューゲルが花環を描いたあとに、ルーベンスが人物を描きいれた共同作品。
  ↓

 


ルーベンス、アントワープといえば、「フランダースの犬」のネロ少年が思い浮かぶ人が
多いことでしょう。
 ↓ネロが見たくてたまらなかった ノートルダム
教会のルーベンスの祭壇画 「キリストの降架」

  

  ここのステンドグラスがとてもきれいでした。

 

 


nice!(41)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

モーリス・ドニ [絵が描かれた場所を訪ねて]

 yk2さんの「アールヌーボーの画集」
http://blog.so-net.ne.jp/ilsale-diary/2006-12-wine09

にまつわる話を読んで、思い出したのは、「モーリス・ドニ」。

 私がこの画家の名前を知ったのは、2003年初夏に府中市美術館で開催された
「モーリス・ドニ展」でした。

 当時、この美術館のすぐそばに住んでいたので、広告に使われていたこの宗教画
のような不思議な絵↓ が何か気になって最終日に見に行きました。


 

 白の静けさが何ともいえず、心に残るいい絵。

版画、デッサン、ポスターなどもあり、展示作品数が多く、とても見応えがありました。

    

 私は、アールヌーボー風のものが、華やかだけれど線がやさしくて美しいので、とても
好きになりました。ずっと見ていても飽きないです。
↑の絵の華奢な額縁は、ドニ自身がデザインしたもの。


ドニは、1900年頃活躍。フランスの
象徴主義を代表する画家のひとりです。
象徴主義は、それまでの印象派の写実から離れ、人間の内面や超自然的なものを象徴という
方法で表現し、脚光をあびました。
ドニは、ゴーギャン、ボナールらと「ナビ派」(預言者)というグループを作り活躍しました。

           

 ↓の絵は、妻と食事をする自画像。
背景の森のような木々が、私にはルネ・マグリットの木に似ているように見えるけど。。

 もっとたくさんドニの作品を見たいと、昨年の冬、パリ郊外、サンジェルマン・アンレイ
にあるドニが晩年を過ごした元修道院の建物「モーリス・ドニ美術館」に行きました。

 しかし、休館日ではないのに、どういうわけか、その日は休みだったのです。
車で連れて行ってくれた友達のご主人は、「フランスではこういうことはよくあるのさ」と
言ってましたが。。(涙)

 1月下旬まで、パリのオルセー美術館で「モーリス・ドニ展」が開かれているので、
見に行く予定です。ちょっと楽しみ。

今、都美術館で開催中の「エルミタージュ美術館展」にもドニの作品があります。
「婚礼の行列」という横長の絵。

<付記>
この日はクリスマス休暇だったそう。日本のお正月と同じですね。
後日、行った時の記事は、こちらです。


nice!(22)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ゴッホの「オーベールの教会」 [絵が描かれた場所を訪ねて]

8月にゴッホの終焉の地、パリ郊外の「オーベール・シュー・オワーズ」に行きました

有名な青い「オーベールの教会」の絵はここで描かれたのです。

gogh.JPG

ゴッホが住んでいた下宿「ラヴー亭」の3階の部屋は見学できます。
ゴッホはここでピストル自殺をしたので、その後、この部屋を借りる人はいなかった、ゴッホは死の2ヶ月前にこの田園風景が気に入って引っ越して来て、土地の有力者ガシュ医師の家のアトリエで毎日制作に励んだのだそう。(ガシュ医師の肖像画はオルセー美術館にある)、このような説明を見学する人は2階の売店の片隅で聞いた後、「ではどうぞ」と言われて各自階段を上り3階を見学するしくみになっているのです。

ゴッホがいつも奥の席で食事をしていたという1階の食堂「ラヴー亭」
は、今、レストランになっています。ちょうどお昼どきだったので、食事をしました。伝統的フランス料理のコースで3500円位。ゴッホの時代の調度品をそのまま残していて雰囲気があり味もよかったです。特にデザートのタルトタタンが焼きたてでおいしかった~。


この写真が、実際のオーベールの教会。上の写真の絵とくらべて見てください。青い窓、赤い屋根ではなく普通の教会でした。。。 
SurOise.JPG 



モネの庭 [絵が描かれた場所を訪ねて]

 8月にパリの郊外、北西70kmにあるジベルニーというモネが傑作「睡蓮」を描いた庭に行きました。

  絵と同じ睡蓮の浮かぶ池があります。
モネはここで朝、昼、夕と光が変わるたびに異なった表情を見せる睡蓮の連作を描いたのです。

etang.JPG 



 庭師が7人いたといわれる庭はいろいろな色の花が咲き乱れ、実に美しい!
紫の花壇、白の花壇、赤の花壇、ピンク、黄色というように色ごとに別れた花壇もありました。

モネの家も見学できます。日本文化が好きだったとかで、部屋の壁には広重などの浮世絵が壁に飾られていますし、鹿鳴館時代のダンスの写真もありました。睡蓮の浮かぶ池には日本風の太鼓橋がかかっています。
花が咲いている季節4月~10月だけ公開していますが、多分5、6月が一番きれいでしょう。私の行った8月は枯れているものもあり最盛期を過ぎていましたから。
FleursBlancs.JPG

FleursViolets.JPG
 

【追記】2007年5月21日
私が行った翌年、2006年6月、モネの庭が一番きれいな季節に行った友達の
送ってきた写真です。
睡蓮の池、遠くに太鼓橋が見えます。

そして、アイリス


これは私が行った時の写真。
モネの住んでいた家。中を見学できます。


 ※ Inatimyさんが、2011年6月にいらしたときの記事、ごらんください。
       記事は、連続3回分あります。

 


絵が描かれた場所を訪ねて ブログトップ