So-net無料ブログ作成
検索選択
オペラ、コンサート、バレエ ブログトップ
前の6件 | -

眠れる森の美女(バレエ) [オペラ、コンサート、バレエ]

tirashi.jpg

「白鳥の湖」でスワンを全員男性が演じるという斬新なアイディアと独創性で世界中を驚かせた
マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」。英国でのバレエ公演が映画化(cocoさんの記事参照)
されたものを昨年見たが、今回は実際の舞台!日本公演。
渋谷ヒカリエ、シアター・オーブが会場。入口には記念撮影用のセットがしつらえてあった。

ballet.jpg


従来の「眠れる森の美女」のバレエとは全く違い、大胆な振り付けでスピーディな踊り。
衣装も豪華でモダン。特に悪役の男性陣の踊りが素晴らしかった。話題を呼ぶのも納得。

<story>
子どものいない王と王妃が、闇の妖精にお願いして王女を授かるが、お礼を忘れたため、
妖精の王リラ伯爵の怒りを買い、「オーロラ姫は20才になったら100年の眠りにつく」
というの呪いをかけられてしまう。20才になった姫のお祝いの舞踏会の夜、姫は、予言通り
ヴァンパイアに噛まれて眠りに就く。姫の恋人、森番のレオもヴァンパイアに噛まれて眠りに
就き、二人は100年後、現代に目を覚ます。

<舞台>
「眠れる森の美女」を全く知らなかった同行の友達も、「久しぶりにわくわくするものを見たわ」
と喜んでいた。舞台の美しさ。踊りの素晴らしさ。聞き覚えのある曲。

Babyオーロラはパペット(操り人形)だが、新解釈で、かなりのお転婆ちゃん。
ちょこちょこした動きに召使たちは、ついていくのが大変。ようやく寝かしつけると、
窓の外では妖精たちがベルトコンベア!に乗って舞台を横断。満月の夜。
masyu4.jpg


虫のような衣装の妖精(実はヴァンパイア)の踊りがかっこいい。
のびのびと、時にきりっと、スピーディでパンチがきいた踊り。
背中に羽根がついているのが、ヴァンパイアのしるし。
mash1.jpg

オーロラ姫は身分違いだが、森番のレオと恋人どうし。
masyu5.jpg


舞台にひきつけられっぱなしだった。
動きが速いし、時々はユーモアもある。オーロラ姫は可愛らしく、しなやかに踊る。
新解釈なので、次、どうなるのかわからない展開。妖精がヴァンパイアという発想も
驚くが、納得。マシューボーンの人気がうなづける舞台だった。
映画でみてはいたが、実際の舞台の迫力はまた別物という感じがあった。

すばらしい舞台だったが、25日、きょうまでの公演。
記事が遅くてすみません。


ファルスタッフ (新国立劇場) [オペラ、コンサート、バレエ]

Falstaff.jpg

新国立劇場で、オペラ「ファルスタッフ」を見た。
ヴェルディの最後のオペラで、シェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」が原作。
同じシェイクスピア原作の悲劇「オテロ」のオペラ化に成功し、引退するつもりだった
ヴェルディだが、「ウィンザーの陽気な女房たち」の主人公ファルスタッフの個性に惹かれ、
オペラ化した。
ヴェルディのドラマティックで華麗な曲や歌、というより、原作の芝居が中心で、
見ていて笑えるし、楽しい。

演出は、ジョナサン・ミラー。「フェルメールの絵画を思わせる美しい美術・衣裳にご注目」
とチラシに書いてあったが、床の碁盤目模様と、フェルメール作品に「リュートを調弦する女」
があることくらいで、衣装はエリザベス朝様式、シェクスピア劇の衣装だと思う。

主人公ファルスタッフは元騎士の初老の男。昔は痩せていて、もてたらしいが、今は
大酒飲みの大デブ。それでも、自分では、もてると勘違いをしていて、未だに、せっせと
ラブレターを書いている。しかも同じ文面のラブレターを既婚の2人の女性に送り、
2人に同じ文面とばれてしまう。2人は「私たちはそんな軽い女じゃないわ。図々しい
ファルスタッフをやっつけましょう」と策を練る。

ファルスタッフには、グルジアのバリトン ゲオルグ・ガグニーゼ。
重量感のある素晴らしい声。明るく元気な声で陽気さを出していた。以前にサントリーホール
で聴いたコンサート形式のオペラ公演でのR・ブルゾンより軽く明るい感じ。
ラブレターをもらった女性の夫、フォード氏もバリトンで、マッシモ・カヴァレッティ。
長身で足が細い。ファルスタッフに比べると、容貌がす・て・き!明るくのびやかな声で、
生き生きとしていた。フォード夫人アリーチェは、アガ・ミコライ(ソプラノ)。
澄んだ声で賢く上品な女性を演じていた。日本人ソリストも混じっての出演だが、遜色なく
歌っていた。

指揮:イウ・アベル
ファルスタッフ:ゲオルグ・ガグニーゼ
フォード:マッシモ・カヴァレッティ
フェントン:吉田浩之
カイウス:松浦 健
バルドルフォ:糸賀修平
ピストーラ:妻屋秀和
アリーチェ:アガ・ミコライ
ナンネッタ:安井陽子
クイックリー夫人:エレーナ・ザレンバ
ページ夫人メグ:増田弥生

新国立劇場のロビーにもクリスマスツリーが飾ってあった。
tree.jpg

終了後は、オペラシティのクリスマスツリーを見ながら、テラス席で軽く泡で乾杯。
オリーブだけで終わるはずはなく、チキンバスケットに海老のアヒージョ、赤ワインと続いた。

 operacity.jpg

operacity_tree.jpg


ラ・ボエーム(MET ライブビューイング) [オペラ、コンサート、バレエ]

METライブ・ビューイングというのは、ニューヨークのメトロポリタン・オペラハウス
の公演のDVDを映画館の大きなスクリーンで見せるしくみ。料金は1作3000円位。
リーマンショックで企業からの後援が減り、経営が苦しくなったメトが考え出した
システムで、公演終了後、1か月位で、見れる。
私は、回数券を買っていたNが行かれなくなった分をもらって、新宿ピカデリー
で、「コシ・ファン・トゥッテ」と「チェネントラ」を見た。
ライブ・ビューイングのフィルムには、解説や出演者へのインタビューがついて
いるので、それも魅力だ。時々、wowwowで放映することもある。

今回の「ラ・ボエーム」の主役ロドルフォは、ヴィットーリオ・グリゴーロ(テノール)。
親友歌姫が、夢中になってる人。
歌姫は、グリゴーロの日本公演を見て感激。ネットで次の公演を探したらミラノで
オペラ2つ。速攻、チケットを予約して、「5日間留守にするからー」と出かけて行った。
イタリア語が出来る歌姫は、公演の後、グリゴーロの出待ちをして、一緒に写真
を撮ったと、得意になって見せてくれた。「彼は顔も良し、声も良し、最高![ハートたち(複数ハート)]」って。

で、グリゴーロって、どんな顔?と思うかたは、こちらをごらんください。
http://taekoparis.blog.so-net.ne.jp/2011-02-13

「ラ・ボエーム」MET ライブビューイングは、8月20、21日に東劇(東銀座にある映画館)
で見れるので、行こうと思っていたら、ラッキーなことに、先日、wowwowで放映があった
ので、それについて書きます。[イベント]

metoperaBoheme.png

始まるとすぐ、「開演にあたり、MET総裁から挨拶があります」とのアナウンス。
「皆さん、今日はMETの歴史の中で貴重な体験をすることになります。本日、ミミを歌う
ことになっていたソプラノのアニータ・ハーティッグから、今朝7時半に、『風邪で出演
出来ない』と連絡がありました。急遽、昨晩、このMETの舞台で『蝶々夫人』を歌った
クリスティーヌ・オポライスに電話をして代役をお願いし、何とか引き受けてもらえること
になりました。昨晩『蝶々夫人』を歌って、18時間以内に『ミミ』を歌う人はMETの長い
歴史の中でもオポライスが初めてです。どうか、そのような事情をご理解いただき
温かい声援をお願いします」

幕間で、ミミ役オポライスへのインタビューがあった。
「前日『蝶々夫人』を歌いましたが、歌ったその日は興奮していて中々寝れず、
明け方近くまで起きていました。だから、朝8時に電話で起こされ、『今日、ミミを歌ってくれないか』
と頼まれた時は断りました。バタフライとミミはとても違う役柄なんです。でも、プロだから、
やらなければ!と思い直し、引き受けました。さあ、それからが大変でした。歌のおさらい、衣装合わせ、
化粧など、すべてを限られた時間の中でやらなければなりませんでした。でも、舞台ではヴィットーリオが
支えてくれたので、上手くいきました。」

プロだからやらねば、の意味は、多分、オポライスが代役として登録されていたのだと思う。オペラは、
声の調子、体調が悪いとダメなので、代役を必ず登録する。代役で注目され、有名になることも多いので、
歌手にとってはチャンス。今回のオポライスもこれで名を残すだろう。

実際、オポライスとグリゴーロは息の合った演技と歌で、素晴らしかった。魅了された。[黒ハート]
ボエームとはボヘミアンの意味で、貧しいながらも自由な生活を送る人たちのこと。
パリの屋根裏部屋で共同生活をする画家、音楽家、哲学者、詩人が主人公だ。
その中の詩人ロドルフォとお針子ミミの悲恋物語。なぜ悲恋かというと、ミミは最後に
結核で亡くなってしまうのだ。

オペラは演出次第で舞台が豪華だったり、簡素だったりと印象が変わる。
今回は、絢爛豪華な舞台演出で知られるフランコ・ゼフィレッリ。
クリスマスの日に皆が街に繰り出す場面では、総勢100名が舞台に立っていた。
以前、私が見た新国立劇場の舞台でも、7,80人、まぁまぁ豪華だったかな。

ロドルフォとミミの恋愛と同時進行で繰り広げられるのが、画家マルチェッロと
ムゼッタの恋である。ムゼッタは贅沢好きの派手な女。貧乏なマルチェッロでは
飽き足りなく、お金持ちの老紳士の恋人になったものの、マルチェッロと仲直りを
したく、、。派手で奔放なムゼッタの存在がこのオペラを明るく盛り上げる。

キャスト
ロドルフォ…ヴィットーリオ・グリゴーロ   ミミ…クリスティーヌ・オボライス
ムゼッタ…スザンナ・フィリップス  マルチェッロ…にマッシモ・カヴェレッティ
指揮…ステファーノ・ランザー二    
2015年4月5日メトロポリタン・オペラハウス公演


マノン・レスコー [オペラ、コンサート、バレエ]

 きょうは東日本大震災から4年目を迎えた日。
3年前の3月15日に、このオペラを見に行く予定だったが、震災が発生。
舞台稽古で来日していた歌手たちは、急遽、国に帰り公演は中止になった。
そのオペラ「マノン・レスコー」が、同じスタッフ・歌手で、公演されることになり、初日
(9日)に出かけた。

manon.jpg

マノン・レスコーは、親友歌姫が、「一番好き」というオペラで、話は何回もきいているが、
私は見るのが初めてだった。同行の友達は、飼っている犬の名前が、マノン。
「あら、やだ、マノンって女の人の名前だったのね。うちはオス犬なのよ」

歌姫がなぜマノンを好きかというと、「まず、プッチーニの曲、アリアがすばらしい、
次にストーリーが面白い。ああいうタイプの女の人は、日本にはいない!激しい」
実際、見て、その通りだと思った。

ストーリーは、
18世紀後半、フランス、アミアン(大聖堂が有名)の近くの旅籠。
騎士デ・グリューは、旅籠にぽつんと一人座っているマノン・レスコーの美しさに
惹かれ、声をかけると、「修道院に入るので、連れて行ってくれる兄を待っている
」との答え。大蔵大臣ジェロンドは、美しいマノンを愛人にしたいとマノンの兄に
話をもちかけていた。それを知ったデ・グリューは、マノンに積極的に言い寄り、
パリへ駆け落ちする。

マノンはデグリューとの貧乏くらしに耐えられなくなり、大臣ジェロンデの愛人
となって、贅沢三昧な暮らしをしている。しかし、デグリューとの愛の生活が
忘れられずにいると、突然、デ・グリューが現れる。マノンは許しを求め、熱い抱擁。

manon2.jpg

そこにジェロンデが帰宅し、「警察を呼ぶ」と怒って去る。マノンは宝石類を持って
逃げなくちゃと荷造りに手間取り、逮捕されてしまう。
アメリカに流刑されるマノンの乗る船に水夫として乗船させてもらうデグリュー。

アメリカでもマノンは問題を起こし、デグリューと荒野へと逃げるが、疲れて、
歩けなくなり、デ・グリューの腕の中で愛を語り息絶え、デ・グリューは号泣する。

[台風]

美貌のマノンは、ブルガリア人のスヴェトラ・ヴァッシレヴァ。顔が小さく細身。
宝石への執着ぶりを滑稽に演じて上手だった。アリアも素晴らしかった。
後半、荒野で死にそうな場面でのアリアは、前半の軽さと対照的でみごとだった。

ひたすらマノンを愛し続ける誠実なデグリューは、イタリア人のグスターヴォ・ポルタ。
甘いだけでなく、豊かな表現の声。マノンを愛したゆえの苦悩がじーんと伝わる。

衣装は、マリーアントワネットと同時代なので、ロココ調。白を基調にしていて
お洒落で豪華。
マノンの兄、レスコー役のダリポール・イェニスが長身でかっこよかった。
大臣ジェロンドは、妻屋秀和。この人は、声も体格も良いので、外人キャストに交じっても
ひけをとらない。

指揮: ピエール・ジョルジョ・モランディ
演出: ジルベール・デフロ


ホフマン物語 [オペラ、コンサート、バレエ]

もうだいぶ前のことになってしまったけど、7月7日にオーチャードホールで大野和士指揮、
リヨン歌劇場引っ越し公演のオペラ「ホフマン物語」を見た。「ホフマンの舟歌」が有名な
オペラだが、見るのは初めてだった。大野さんの指揮の素晴らしさ、わかりやすさは、
オペラ「ウェルテル」で体験していたが、今回もまた、感動ものだった。音が細部まで美しく
鳴り響き、会場を包み込むかのようだった。ソロ、合唱、オケが一体となって音を奏で、
ストーリーを伝えてくれた。

Hoffman.jpg

幕が開くと、暗闇の中、照明で浮かびあがってくる主人公ステラ。ハープに合わせて
美しく気高く歌うのは、ドンジョバンニのドンナアンナのアリア。ほかのオペラのアリア
で始まるのには、ちょっと驚いたけど、知ってる曲なので、うれしい。ステラが歌手役
なので、劇中歌として歌われたのだった。

「ホフマン物語」は、ホフマンの3つの恋物語で構成されている。[フリーダイヤル]
一幕目は、詩人ホフマンと歌手ステラの物語。
二幕目は、ホフマンは科学者の娘オランピアに恋をするが、なんとオランピアは人形だった。
オランピアのロボットのような動きと歌が面白い。オランピアが空中に舞い歌う場面に驚いたが、
宙吊りではなく、撮影で使われるクレーンに乗っていたのだった。
三幕目は、ホフマンは音楽家の娘アントニアと恋人どうし。アントニアの母は歌手だったが
亡くなったので、父はアントニアが妻のように亡くなることを恐れ、歌うことを禁じる。
四幕目はヴェニス。ここで有名な「ホフマンの舟歌」を娼婦ジュリエッタが歌う。

ホフマンは、ホフマン歌いとして評判の高いジョン・オズボーンの日ではなく、レオナルド・カパルボ
だったが、張りのある声のテノールで感情表現豊か。とてもよかった。
ステラ、オランピア、アントニア、ジュリエッタとひとりで4役を歌ったのは、パトリツィア・チョーフィ。
みごとに歌いわけて、「同じ人?」と疑うほど。すばらしい艶のある疲れを知らぬ声だった。
ひとり4役は大変なので、それぞれ別の歌手が歌うこともあるそうだ。
1~4幕の敵役を一人で歌った深いバリトンの声のロラン・アルバロもすばらしかった。

とてもレベルの高い、二度と見れないかもしれないと思わせるようなホフマン物語だった。
演出は、ロラン・ペリー。
1階、前のほうの良い席で、Neco,Ruiちゃんと一緒に見た。


リゴレット(新国立劇場) [オペラ、コンサート、バレエ]

秋、オペラシーズン開幕だけど、最近、新国立劇場に行かなくなったのは、
以前のものと同じ演出での公演が多いからだ。けれども今回の「リゴレット」
は新演出。オペラ友の同僚と期待して出かけた。
珍しく早く着いたので、ロビーの写真を携帯で撮った。

Rigoletto2.jpg

Rigoletto.jpg

今回の演出は、ドイツの鬼才、アンドレアス・クリーゲンブルグ。
ヴォツェックで水を使った斬新な演出をした人。
従来は16世紀のマントヴァが舞台で、幕が開くと、宮殿の豪華なサロンなのに
今回は、3階だてのホテル(安アパートにしか見えない)が舞台で、時代は現代!
私は馴染めなかったけど、歌はどの人もすばらしかった。
特に、マントヴァ公のウーキュン・キムの声が素晴らしい。遠くまで届く張りのある美声。
姿が朝青龍似なので、女好きの軽いマントヴァ公とはだいぶ違うのだが、声は甘い。
聞いてみてください。

http://youtu.be/0N_PnlyLFbk

リゴレット(バリトン)は道化師。障害で背中が丸いが、美しい娘ジルダを男手ひとつで
大切に育てている。ジルダは毎週教会で見かけるマントヴァ公に恋をしてしまう。
リゴレットをからかおうと、マントヴァ公の家来たちが、ジルダを誘拐し、宮殿に連れて
行く。家に帰ってきたジルダをみて、リゴレットは怒り、娘を凌辱したマントヴァ公
に復讐を誓う。マントヴァ公に恋するジルダは必死で父をなだめる。

2幕より、リゴレットとジルダの二重唱

 http://youtu.be/IFX6Ctaeayg

「リゴレット」の原作は、「王のおたのしみ」。レミゼのヴィクトル・ユーゴー作。
この原作は、フランソワ1世をモデルにした実話だったため、ヴェルディは
タイトルを「リゴレット」、舞台をマントヴァに変えて上演許可をとった。

オペラだから、当然、悲劇で終わる。
第3幕で、マントヴァ公が有名なアリア「女心の歌」を歌い、マッダレーナを誘惑。
ジルダにマントヴァ公をあきらめさせようと、その場をのぞき見させるリゴレット。
「美しい愛らしい娘よ、ベラ フィリアデラモーレ♪」とマッダレーナを口説くマントヴァ公、
「笑わせないでよ」といなすマッダレーナ。覗き見しながら「私にも同じことを言った」と
悲痛なジルダの歌声、なだめるリゴレット。それぞれの胸の内の声が重なる4重唱。

今回のではないけれど、参考に、[黒ハート]リゴレット4重唱

今年はヴェルディ生誕200年。ヴェルディのイタリアオペラは、感情を表現
する歌がすばらしく、管弦楽が歌をもりたてる。

[リボン]2013年10月16日公演
指揮:ピエトロ・リッツォ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
リゴレット:マルコ・ヴァラトーニャ
マントヴァ公爵:ウーキュン・キム
ジルダ:エレナ・ゴルシュノヴァ
スパラフチーレ:妻屋秀和
マッダレーナ:山下牧子

最初にも書いたが、今回は早く着いたので、開演前にロビーでコーヒーを
飲んでいたら、高校の同級生でコーラスのサポーターのBBくんが通りかかった。
BBくんは、ネトレプコの大ファンで今夏もザルツブルグとプラハの音楽祭に
ネトレプコを見に(聴きに)行ったそうだ。
「でもねー、子供産んでから太っちゃってね、昔のほうがもっときれいだったなぁ」
(プリマドンナは容姿も大切なのね)


前の6件 | - オペラ、コンサート、バレエ ブログトップ