So-net無料ブログ作成
Paris 美術館 ブログトップ
前の6件 | -

ジャックマール・アンドレ美術館 [Paris 美術館]

ジャックマール・アンドレ美術館は、凱旋門からプランタンデパート方面に行く道=オスマン通りに
面している。昔は馬車で入って来たのだろう。馬車回しがある。
この堂々とした館は、銀行家のアンドレ氏と画家である妻ネリー・ジャックマールの
邸宅として1869年に建てられた。

JA5.jpg

妻ネリーは画家で、趣味が美術品のコレクションだったため、屋敷はたくさんの美術品
で飾られていた。これはパンフの写真。18世紀フランス絵画の間。

JA3.jpg

誰の作品かすぐわかるものもある。
正面は、シャルダンの「Attributes des Arts」芸術の特質1731年
右はナティエの「ダンタン公爵夫人」、その上、切れているが、楕円形の絵は、
フラゴナールの「ヴィーナスの目ざめ」
調度品も素晴らしい。

JA2.jpg

床は寄木細工。
ネリーが肖像画家だったためか、所蔵品は肖像画が多い。
左端の半分切れている絵は、ヴィジェ=ルブランのナポリのSkavronskaia伯爵夫人の肖像画。

こちらは「温室」という部屋。高い天井から陽が差しこみ観葉植物の緑で庭園のよう。
私は、この美術館では、ここが一番気に入っている。
ローマ時代っぽい彫刻の後には鏡が置かれている。
奥の対称な2つの螺旋階段、二階の回廊の白が、アールデコふうで美しい。

JA4.jpg

JA9.jpg

床、彫刻台、アーチ型のくぐり戸、さまざまな大理石がふんだんに使われている。
彫刻の配置も品が良い。

奥様ネリーの寝室。
JA8.jpg

「音楽の間」はコンサートに使われたのだろう。
圧巻だったのは、「タピストリーの間」。天井の高い部屋の壁一面にタピストリー。
「フィレンツェの間」「ヴェネチアの間」とイタリア絵画の展示が充実していた。

きれいだった絵の数々は、購入した絵葉書をスキャンしたもの。
18世紀フランス絵画の間で目立っていたナティエの「Portrait de Marquise d'Antin」
輝く表情。花輪。鳥。繻子の服の光沢がすばらしい。

Natie.jpg

「フィレンツェの間」は、ルネッサンス時代のフィレンツェの教会の一部屋のような造作。
ボッティチェリが2点。
左:「エジプト逃避行」 右:「聖母子」

BottityeriS.jpg Botticelli.jpg

聖母子はいろいろな画家のものを比較できて興味深かった。

ペルジーノの聖母子
一目で、ペルジーノ!とわかる優美な顔の聖母。
perjino_Maria.jpg


マンテーニャの「聖母子」は硬質で(写真なし)、ベリーニのは柔らかく優雅。
背景の青が美しい。
41-vierge-a-lenfant-bellini.jpg

少し暗めの照明の下、どの聖母子も色が綺麗。

これも、この美術館の自慢の作品。
ウッチェロの「「ドラゴンをたたきのめす聖ゲオルギウス」聖ゲオルギウスの竜退治 1430年。
ウッチェロは遠近法を初めて使った画家。手前に3者が並び、道の奥に白い建物
が見える。はっきり明快な構図。

33-saint-georges-terrassant-le-dragon-uccello.jpg

最後はレンブラントの「エマオの巡礼者」。小さな絵だが、光を放っていた。
斬新な構図と大胆な光表現がドラマを表している。
巡礼者(キリストの弟子)が墓からよみがえったキリストと、キリスト本人とは
わからず話してるうちに、本人とわかり、驚く瞬間を劇的に表現している。「死んだはずなのに!」
キリストは画面手前のシルエットの人物で、光を正面に受けているのが弟子である。
更に別の薄暗い光によって浮かび上がっているのは、もう一名の弟子である。

Rembrandt.jpg

画家である奥様ネリーの審美眼とアンドレの財力で、コレクションは質が高い。
特にルネサンス期のものが充実していた。
*追記:夫妻の出会いに関心のある方は、下のyk2さんへのコメントの返事を読んでください。

邸宅は素晴らしいし、レストランもなかなか、そして絵も良いので、訪れる価値が
あると思う。


nice!(44)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マルモッタン・モネ美術館 [Paris 美術館]

1.jpg

マルモッタン・モネ美術館というと、「この間、東京都美術館で展覧会があった」と
思い出すかたもいると思う。モネの「印象ー日の出」が来日して、かなり盛況だった。

マルモッタン美術館は、パリ16区、ブーローニュの森に近い静かな住宅街にある
マルモッタン男爵の邸宅で、男爵の息子のコレクションと共に国に寄贈された。
20年位前までは、こじんまりとした美術館だったが、今は、収蔵品がふえ、見応え
のある美術館である。
円形の「睡蓮」部屋で、ゆっくりと、たくさんのモネの睡蓮の絵を続けて眺めることが
出来るのもこの美術館の特徴となっている。

22.jpg

(以上2つの写真は、図録から、以下の写真はパンフから)

これが、モネの「印象ー日の出」、印象派の語源になった作品。
日本での展示を終え、目立つ場所に展示されていた。

4.jpg

マルモッタン美術館は、マルモッタン・モネ美術館と最近、モネの名前を付け加えた。
モネの重要な作品が多いからだろう。
(左)チュルリー(1876年) (右)アルジャントゥイユ付近の散歩(1876年)

8.jpg

(左)ヨーロッパ橋、サンラザール駅(1877年) 

12.jpg

上の右は、モネではなく、ヨハン・ハインリッヒ・シュミット(1716~1815)の
「フランス元帥・ナポリ国王のヨアキム・ミュラがカプリをとれ」と命じている場面」
ミュラは騎馬策に長けた元帥で、ナポレオンの妹を妻とし、フランスの統治する
ナポリの国王であった。
もちろん、モネ以外の作品も多い。

1、ベルト・モリゾ
ベルト・モリゾの作品は、子孫の寄贈により、この美術館が世界で一番多い。
ベルト・モリゾは画家だが、マネのモデルもつとめ、マネの弟と結婚した。
これは、マネが描いた「ベルトモリゾの肖像」(1873年)

33.jpg

モリゾ自身の作品は、
(左)立葵 (右)ブージヴァルの庭でのウジェーヌ・マネ(モリゾの夫)と娘

14.jpg

(左)舞踏会にて(1872年)

7.jpg

上の右は、カイユボット「雨のパリの道」(1877年)
シカゴ美術館の同名の絵より前に描かれたものだろうか。さざ波のような
雨のようすがみごと。


(左)アレキサンドリアの聖カトリーヌ(15世紀)
(右)ベルト・モリゾ「ジュリー・マネとグレイハウンド犬ラエルト}(1893年)

13.jpg

2、この他に、ポール・マルモッタンのコレクションの貴重なものがいろいろある。
ナポレオンの命によりつくられた置時計「地理時計」には、12枚の陶磁製の
メダイヨンがはめこまれ、その美しさに目を見張った。
16世紀、中世の版画や絵画のコレクションも貴重なもの揃いで素晴らしい。

3、企画展「HAHNLOSER夫妻のコレクション」には、私の好きな絵が
多かったので、それは次回の記事にします。

外に出て見ると、この時期、パリの夕暮れは早いので、もう月が出ていた。
月の下には、ライトアップされたエッフェル塔が見え、とても綺麗だった。
「あ~パリだなぁ」と思える光景。

Malmottann.jpg


nice!(46)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ポンピドーセンター2014年春 [Paris 美術館]

10日前、フランスの週間誌社「シャルリー・エブド」がイスラム過激派により
襲撃され、12人が殺害された事件が世界中を震撼させた。
実行犯の兄弟2人は逮捕されたが、女性警官を殺害、さらにユダヤ人商店で
2人を殺害した容疑者は射殺されたが、妻はシリアに逃亡した。
イエメンのアルカイダから犯行声明が出たのを受け、オランド大統領は、
この事件を「テロ」と断定し、アメリカとも協力し、テロに立ち向かう宣言をした。

パリの親友Eに電話をしたら、職場に日本の新聞社がインタビューに来たと
言っていた。「次、いつ来る?」ときかれ、「3月末」と答えたものの、ことの成り行き
によって、どうなることか、、と不安がよぎる。

昨春、行ったポンピドーセンターでは、絵が数年前とだいぶ変わっていて面白そう
だったが、時間がなかったので、今度ゆっくり、と思っていたのだ。

とりあえず、目新しかった絵を載せておこう。
ピカビア(1879~1953)の「Udnie」 ウドニー1913
この写真でわかる通り、大きな絵。
ピカビアは、ニューヨークの「アーモリーショー」(現代美術展)に行くために
船に乗った。船上でポーランド人のダンサーのステージを見て感動し描いた絵。
中央にダンサーが見える?幾何学的な形と色の構成が立体感を出している。

04Picabia.jpg

次は、女性を描いた絵。
レジェ(1881~1955)お針子1910年 みごとなキュビズム
JavierVilato(1921~2000)ドイツ人の肖像1957年
ピカソ(1881~1973)「女性の上半身」1907年 26才の作品だが、もう既にピカソらしさが。

09Picasso.jpg

アウグスト・マッケ(1887~1914)「オレンジと茶色の女性の頭部」1911年。
単純化されているけれど魅力的な絵。色彩も綺麗。マッケは27歳で戦死。

01.jpg

レジェ「形のコントラスト」1913年
上にある「お針子」から3年後の作品。キュビズムとは違う形。
02Leget.jpg

アルベルト・マニエッリ Alberto Magnelli(1888~1971)「荷車に乗る男」
パイプをくゆらせる男の前のテーブルには、ワイングラスとキャンティのボトル。
マニエッリはイタリア人。色の鮮やかさ、明るい楽しさに目をひかれる。
キュビズムだが、初期のカンディンスキーに似た色合い。

03Magneri.jpg

カンディンスキー(1866~1944)「アラビアの街」1905年
今から100年前のアラビアの街。人々の衣服もアラビア。
カンディンスキーは、抽象に向かう前は、風景画を主に描いていた。
06Kandinski.jpg

ファン・グリス(1887~1927)「6月21日の戸(出口)からの眺め」
グリスはスペイン生まれのキュビズムの画家。
戸を境に外の景色と部屋の中の様子が描かれている。

100Gris.jpg

アンドレ・マッソン(1896~1987)「四元素」1923~24
シュルレアリズムの画家。私には難解。
05Masson.jpg

マッソンがちょっと、どろどろした世界だったので、最後はかわいい絵
ジャン・アルプ(1886~1966)「女性」1927年
眉、目、口、茶色の部分は、木が貼り付けてある。
07Arp.jpg


nice!(44)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ザッキン美術館 [Paris 美術館]

ザッキン美術館は、彫刻家ザッキン(1890~1967)のアトリエを美術館に
していて、モンパルナスの住宅街にひっそりとある。
私の知っているザッキン彫刻は、ブリヂストン美術館の「三美神」、庭園美術館の
「住まい」のような無機質の厚みのない平べったい人間の像。


ここでも、平べったい2人の人間の彫刻が出迎えてくれた。
「ゴッホ兄弟へのモニュメント」1963年。
弟テオに寄り添うヴィンセント。寂しさが漂う。
オランダのZundert広場にある彫刻「ゴッホ兄弟」の縮小版。

Zakkin1.jpg

ザッキンはロシア生まれ。経済的に豊かなユダヤ系の家庭に育つ。
彫刻家を目指してパリに来て、ピカソ、フジタ、モディリアーニたちと知り合う。
キュビズムの彫刻家として脚光を浴びたが、アフリカの原始彫刻にも興味を持ち、
温かみのあるブランクーシふうの木彫もあった。

zakkin2.jpg


アトリエは小さいが、緑に覆われた庭があり、そこに彫刻が配置されている。
緑が生い茂り、彫刻が見えにくいが、左側、両手を高く上げているポーズは、
代表作「破壊された都市」1947年。戦争の悲惨さを訴え、2度と戦争をおこさ
ないようにと祈りをこめて造られた。もう少し大きなものが、オランダ・ロッテルダム
の広場に設置されている。
右側は顔が見えないが、「オルフェ」1935年
ギリシア神話の吟遊詩人オルフェ。竪琴を持っているが、胸が引き裂かれている。
キュビズムとギリシア彫刻の融合をめざしたそうだ。

zakkin8.jpg

左側は、「人間の森」1957年。人間と植物の融合


zakkin3.jpg

「水を運ぶ女性」1927年
この女性のつるりとした体は、ブリヂストン美術館にある胴体だけの作品
「ポモナ」に繋がって行く気がする。

zakkin4.jpg

展示室内には、「水を運ぶ女性」の試作だろうか。木彫が見える。
奥は、「ポモナ」に至る手前のような黒檀の作品。
ザッキンは、石彫、木彫の作品も多く、木を愛していたということが伝わってくる。

zakkin5.jpg

こんなふうに人間より大きいやさしさにあふれた木彫作品がいくつかあった。

zakkin7.jpg

アトリエでの展示を見て歩いていると、ザッキンを身近に感じることができた。
若い頃の写真があったが、なかなかのイケ面。[黒ハート]


nice!(43)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2010年春、オルセー美術館 ドガ・モネ [Paris 美術館]

 6月に「オルセー美術館展、ポスト印象派」が国立新美術館で、開催されたとき、
道理で、3月に行ったオルセー美術館には、いつもと違う絵が展示されていたと
気付いた。それで、「2010年春オルセー美術館」で見たゴッホ、セザンヌ、マネ、
ピサロらの絵をのせ、「コロー、モネ、ドガ、カサットなどは別の機会に」と書いたので、
今回、それらの写真をのせます。

 横浜美術館で開催されている「ドガ展」を見に行こうと思っているので、まず、ドガから。
ドガ(1834~1917)
  自画像(下) 妹マーガレット・ドガ(右側の上) 祖父(右側の下)
SelfPortrait.JPGMadoren-grandpere.JPG

 ドガは、印象派展に数多く参加したが、画風は、光を追求したモネとだいぶ違う。
ドガは、パリの生まれ、パリの美術学校で、アングル派の画家に師事し、ルーヴル美術館
やイタリアの美術館で古典絵画を研究した。自画像は、「アーティストの肖像」というタイトル
で、絵筆を手にしている。妹マーガレット・ドガの肖像画は、聖女の雰囲気がある。
「祖父の肖像」は、ドガらしくない画風に見えるが、初期の歴史画に見られるタッチ。
 [右斜め下]「バビロンを建設するセミラミス」1861年。左の上にかすんで見える都市バビロン。
   セミラミスは、政治的手腕に優れたバビロニアの女王で、芸術を愛し、神殿や空中庭園
   の建設を命じた。これは大きな絵。優雅さに惹かれた。

seramis.JPG

  上の絵の1年前に描かれた小さな絵「町を建設するセミラミス」1860年。
         DogasSemiramis construisantuneville.JPG
        

 ドガは、以上5点。
ドガの歴史画に共通点を感じるのは、シャヴァンヌの歴史画。
   (このあたりのことは、yk2さんの記事に、とてもくわしく書かれてます)

シャヴァンヌの「パリに戻ったジュヌヴィエーヌ」は、市民から熱狂的に迎えられ
下船する様子の絵。壁画だったのだろう、3枚に分かれている。
ジュヌヴィエーヌは、パリの守護神で、451年にフン族のパリ襲撃の際、市民を
勇気づけて、パリを守った人。

Genevienne.JPG

 これらの絵のあるホールの角にあるのが、カルポーの白い大理石の彫刻。
「皇太子と愛犬ネロ」1865年。
     
      Carpeau.JPG

 別の部屋には、モネ。
おなじみの「ルーアンの大聖堂」が5枚並んでいた。日によって時刻によって移り
変わるさまがはっきり見てとれる。陽をさんさんと浴びた午前中のオレンジ色、
夕暮れ、青空、雪の日。

 これは、「アルジャントゥイユの鉄橋」1874年。鉄道が盛んだった時代。
Monet 1874 Le pont du chemin de fer a Argentuil.JPG

巨岩で有名な「エトルタ海岸」1868年。
Monet 1868 Grosse mer a Etretat.JPG

「ヴィトウイユの教会」

Monet1.JPG

「テムズ川」

Monet.JPG

今回は、ちょっと忙しいので、コメント欄はなしです。


nice!(53)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2010年春オルセー美術館 [Paris 美術館]

 3月にパリへ行ったとき、オルセー美術館に寄った。
いつもと展示が違う!初めて見る絵がいくつも、と思ったけれど、それは改修工事
のために主要な絵がオーストラリア→日本→サンフランシスコというツァーに出ている
からなのだ、とは知らなかった。

 今、開催中の国立新美術館の「オルセー展」で、賑わっていた場所は、ゴッホ。
「自画像1887年」「アニエールのレストラン・ド・ラ・シレーヌ」「オウカンユリ」
「星降る夜」「アルルのゴッホの寝室」などが見れる。

3月に本家パリでお留守番をしていたゴッホ作品は、
 「アルルのダンスホール」 1888年 
    はっきりした輪郭、単純化された形。ゴーギャンの影響を強く受けている作品。
  
     Gogh 1888 La salle de danse a Arles.JPG

 「アルルの女(Mme.Ginoux)」 1888年
    この絵のモデル、Mme.Ginouxは、アルルでカフェを経営。ゴーギャンやゴッホ
がたびたび訪れていた。特にゴッホは、ここに下宿していたので、Mme.Ginouxとは、
親しかった。「彼女にアルルの伝統衣装を着せ、背景をレモンイエロー、顔はグレー、
服は黒、緑のテーブルにひじをつくポーズ。オレンジ色の木の肘掛椅子」と、絵の構想
を、弟テオに宛てた手紙に記している。     

     Gogh 1888 L'Arlesienne,Mme.Ginoux.JPG

 「サンレミの病室」 1889年
アルルで、ゴーギャンとの激論の末、怒号したゴッホは、自分で自分の耳を切り
落としてしまう。サン・レミに引っ越したゴッホは、ゴーギャンに対する発作的興奮
を自覚し、病院に入院した。
  ねじれた木、過剰な力、過剰な苛立ち、過度な表現と、当時は評論された。
     Gogh 1889 L'hopital de Saint Remi.JPG 


 「シエスタ」 1889年(左)
ミレーの絵をもとにしたもの。ゴッホはミレーを賛美し、作品を熱心に模写した。          Gogh 1889 Sieste.JPG Gogh 1890Chaumes a Cordeville.JPG

 「コードヴィルのわらぶきの家」(右) 1890年
終焉の地、オーヴェール・シュル・オワーズの小さな村。ゴッホはここの景色を気に入り、
数多くの風景画を描いた。これは色は地味だが、パワーあふれる絵。
  
     

 次は、セザンヌ。
「一個のりんごでパリを驚かせたい」と言ったセザンヌ。
自然を円筒形、球形、円錐形と幾何学的に描くことを試みた。
 「りんごとオレンジ」 1895年~1900年頃
   果物が絵全体に伸びる対角線の上に配置され、皿、水差し、テーブルクロスが
   同じ白であること、掛け布と果物の色の類似によって、りんごとオレンジが際立って
   見える効果がある。
      
      Cezanne4.JPG

 「青い花瓶」 1889年
   美しく咲いている花を描くのではなく、色の調整を考え、計算された絵。
   垂直線、水平線が構図全体に感じられ、花瓶の青と背景の青の微妙な色違いが
   ポイント。さらに机の上にりんごを置くことで、りんごのセザンヌと言いたかった。   
     Cezanne1.JPG

 「カードをする人たち」 1890年~1895年
   セザンヌは、エクス・アンプロバンスの美術館で、同地出身の農民を描いて有名な
   ナン兄弟の「カードをする人たち」を見て、これをカラバッジョ的な手法で描こうとした。
   中心に酒瓶を置き、左右対照の構図の輪郭とした。白いカードを持つ手が真ん中に
   あり、実際に見ると、手に緊張感があるのがわかる。カードに集中する静けさも伝わ
   ってくる。

   Cezanne3.JPG

  左) デルフト焼きの大きい花瓶にはいったダリア 1873年 初期、印象派の時代
  右) アジアの農夫 1900年~1904年

Cezanne2.JPG Cezanne5.JPG 

 光を追い続けた印象派の絵は、輪郭線がなかった。
ブルターニュ地方のポン・タヴェンに集まったゴーギャンを中心とした画家たちは、
輪郭線と単純化した形に重きを置いた。後期印象派とよばれている。
エミール・ベルナール(1868~1941)もそのひとりである。

   「陶器の水さしとりんご」 1887年
     この絵を描いたとき、ベルナールは19才。果物と構図の選び方はセザンヌ的だが、
     黒の輪郭線と単純化で、はっきりとセザンヌとは異なる路線を示している。
     背景の水平線的な色の塗り分けが、果物と水差しを際立たせている。
     この絵は、ゴッホがアルルへ旅立ってから、制作されたので、手紙で、この絵のことを
     読んだゴッホは、「すばらしい未知の仕事」と、ほめた返事を送っている。

    Bernard 1887 Pots gres et pommes.JPG

 ポール・セリジェ(1864~1927)もポンタヴェン派である。
  「ブレトンのレスリング」 1890年

   Serugier 1890 La Lutte Bretonne.JPG

 国立新美術館のオルセー展には、ドニの「セザンヌ礼賛」というセザンヌの絵を
真ん中に置いた芸術家の集団肖像画があったが、
これは、アンリ・ファンタン=ラトゥールの「ドラクロワ礼賛」 1864年

    Fantin-Latour 1864 Hommage a Delacroix.JPG

 ファンタン=ラトゥールは、白いシャツ姿。ドラクロワの肖像画の前に、花が飾られて
いるのは、ラトゥールが花の絵が得意だったからでしょう。自分と花と肖像画が目立ち
ますよね(笑)。ラトゥールの逆時計周り隣は、Whisler,ひとりおいて茶色い髪がマネ、
ブラックモン(映画「夏時間の庭」で花瓶が話題になっていた)、ボードレール。


 マネのこの絵は、透明感があって、遠くから目だったけど、タイトルわからず。

Manet.JPG 

 マネの「扇を持つベルト・モリゾ」 1872年 (左)
 ベルト・モリゾの「ちょうちょ採り」 1874年 (右)

 Morisot 1874 La chasse aux papillons.JPG Morisot 1874 La chasse aux papillons.JPG

 ピサロの風景画。
  上は、ベルギーの教会 1894年、下は秋の日のエラニーの庭 1897年
    右は、三角スカーフの少女 1893年。はっきりした点描の絵。

Pissarro 1894 L'eglise de Knocke(Belgique).JPG  Pissarojeunefemme.JPG

 今回の国立新美術館のオルセー展に出ている画家の絵を取り上げてみた。
コロー、モネ、ドガなどは、オルセー美術館2010年春(2)


nice!(47)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の6件 | - Paris 美術館 ブログトップ