So-net無料ブログ作成
シャンパン&ワイン ブログトップ
前の6件 | -

春の宵のシャンパン [シャンパン&ワイン]

2018MarchChezmoi.jpg


ちょっと仕事が一段落したので、N嬢、Sちゃん、M子ちゃん、うちに来てもらって、
庭の花がきれいな季節、それを愛でながら、シャンパンでも飲みましょう。

安かったので、6本買ったポメリー。昔から飲んでて、お馴染みだけど、
味がわかるか、っていうと自信がない。タタンジェと一緒に飲んで比べてみよう。
一人2つずつ違う形のグラスを置いて飲む。


新宿小田急に買い出しに行ったら、改装して「チーズ王国」が入っていた。
この店のチーズは、どれもおいしい。ほかの店とはレベルが違う。
「本日空輸」で入荷のおすすめを買った。


上:かびの少ないブルーチーズ、フィグ(乾燥いちじく)と一緒に食べる
中:オランダの農家製ゴーダ、トマト、オリーブ入り
下:サンフェリシアン(スペイン) スペイン産のジャムと一緒に食べる
左側は、海老とホタテのマリネ、菜の花の酢味噌和え、サラダ、キッシュ。


2018chezmoi.jpg


写真なしだけど、カキフライとシソはさみ薄切り豚肉のカツ。
自分で揚げて、さっと席について、揚げたてを食べちゃうから、写真はない。


N嬢に「和菓子をお願い」と頼んでおいたので、春らしい鶴屋八幡の練り切り。


2018Marchchezmoi2.jpg


Sちゃんにはケーキ、M子ちゃんには、イチゴを頼んでおいた。
イチゴとシャンパンはよく合うので、これから始めたかったので。


ポメリーはコクがあって、タタンジェはさっぱりでさわやかな酸味という結論で終わった。
4人と少ない人数なので、親密に話ができて楽しかった。



これは、かなり前の写真。
アルザスのマルセルダイスの赤を今はない店「シャポン」で飲もうと持ち込んだけど、
飲み切れなかったので、持って帰って翌日、友達と飲んだ。

MarcelDeiss2.jpg

追記:中央に書いてあるドイツ語の筆記体はBrulenberg
ブリュレンベルグ 焼けた山=火山 の土壌。
アルザスの有名な造り手マルセル・ダイスの1er Cru(プルミエール・クリュ)=1級
7000円くらい。
以前に飲んだアルザスの赤、マルクテンペとかリーフレは香りがよく軽かったが、
これは凝縮感がある濃いパワフルワインだった。翌日ならば、、と期待したが、
まろやかにならなかった。
5月の連休には、友達をよんで、Jがおすすめのアルザスの「ドメーヌ・ロー」の赤ワイン
を飲む予定。
どんな味だろう?

nice!(38)  コメント(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

2018年友だち新年会 [シャンパン&ワイン]

(1)M子さん宅で恒例の4人+ゲスト1名
2018_newyear.jpg


sasmi.jpg これが一人分のお刺身。どれもとっても美味しかった。


飲んだのは、5人で8本。


2018__newyear2.jpg


(2)悠遊会11人。うちで。
もう20年続いている高校の友達中心の新年会。
音楽家3名なので、まずは音楽の話から。
同級生や親戚に政治家がいる人が何人かいるので、その噂話から、政治の話に。
トランプの「Fire and Fury」と言ってるのが、わからなくて、「それ何?」ってきいたら、「暴露本よ」
あー、炎と怒りって名前の本だったっけ。そういえば、英語に強い人ばかりなんだわ。

名称未設定 3のコピー.jpg


万世のカツサンド、熱々のが登場。まずはシャンパンとチーズでなくカツサンド。
この組み合わせもありだった。人数が多いので、シャンパンはマグナム。
次、J子がココファームへ見学に行って買ってきたワイン。「陽はまた昇る」

真ん中のワインは、「アベイ・ド・レランス・キュヴェ・サントノラ赤 2015
南フランスの地中海にあるレランス諸島、サントノラ(Saint Honorat)の修道院(Abbaye)
で昔から手作りで造られてるワイン。コクがあるワインだった。
お正月なので、花びら餅と合わせて。

2018_newyear3.jpg


今年は、26年ぶりの株高で始まった日本経済。順調に上向きで進んでほしいけれど、
トランプ政権は予測不能なところがあるし、核開発に心血を注ぐ北朝鮮の脅威もある。


nice!(45)  コメント(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビアガーデン [シャンパン&ワイン]

今年4月にオープンして、おいしい店が入っていると評判の恵比寿駅ビル・アトレの新館。
一番上の階(8階)にあるレストラン「シロノニワ」のランチが良いからと誘われて行った。
魚介料理のレストランだけど、シンプルなインテリアでナチュラル志向。

日曜日だったので、思いっきり遅くなり、着いたのが2時半。
メニューから、「オムレツ・蟹ソースランチ」を選んだら、「それは3時からです」との返事。
他のメニューより、これがダントツにおしそうに見えたので、泡を飲んで待つことにした。
お姉さんが気が利いていて、「3時からのメニューですが、3時にお出ししますね」
ブリュスケッタはパンもおいしく、上にのっている海老のサラダ、ホタテのサラダもgood!
3個卵を使っているというオムレツはボリュームがあって蟹ソースとぴったりで美味なり~。


65289555.jpg


写真は撮らなかったので、お店のサイトから借用。
スパークリングとで2500円だったから、。コーヒー付き1800円くらいだと思う。


その時、アンリルソーの楽園もどきの絵のビアガーデンの広告をもらった。
目の前にある屋上庭園が夕方から、ビアガーデンになるんですって。
2時間で5800円と普通より高いけど、飲みものはビールだけでなく、ワインや
カクテルもあると書いてあるし、お料理もおいしそう。
「T夫妻を誘って行きましょう。あの人たち、かなり飲むから」

というわけで、平日の夜6時。
今の時期の6時は明るい。
yadvicのコピー.jpg


風もさわやかで、椰子の木が見えるからハワイを思い出す。

牛肉のバーベキューには、パイナップルが付け合せ。(一人一切れずつ)
その他の食べ物は、ビュッフェスタイルだから、好きなだけ取れる。

カクテルは、注文するとバーテンさんが作ってくれる。
4人全員で席を離れると、荷物が心配なので、食べるのが遅い私が留守番係をしていると、
3人が、それぞれ「はい、あなたの分、作ってもらって来たわ」と飲み物を持って来てくれた。
左から、ミモザ(スパークリングワイン+オレンジジュース)、ジンライム、
右は白ワイン。


ab5.jpg


最初はビールで乾杯。
その後、ピッチの速いTが、「フローズンマルガリータがあったわよ」と持って来てくれた。
写真にあるだけで、5杯飲んでるから、5800円は高くない(笑)。お料理も美味しくて満足だった。
2時間という時間制限が、「がんばらなくちゃ」で、面白かった。


aa1.jpg


お店の名前は、「ヤドヴィガ」。人気なので、予約必須。雨天中止ですが。


nice!(33)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冬のカクテル [シャンパン&ワイン]

9nicolacica.jpg  BrandyEggnog.jpg

友達とレストランで食事のあとは、バー「C..」に移動することが多い。
私は判で押したようにいつも、「ボンベイ・サファイア」を頼んでいたけれど、季節は冬。
涼しげな色のボンベイより温かいものをと思い、「冬のカクテルをお願い」と言ってみた。
出て来たのは、「ニコラシカ」(写真左)
ブランデーの入ったグラスをレモンのスライスで蓋をして上に砂糖をのせたもの。
砂糖ののったレモンを全部口の中に入れ、かみしめる。ブランデーを口に入れ、口の中で
三者一体にして、飲む。冬の代表的なカクテルだそう。
私は門限12時と決めているので、一杯か二杯で帰るが、友達は残ることが多い。

次の時、「今日も冬の、に、しますか?」「はい、この間と違うぶん。シェイクするのがいいんだけど」
ニコラシカが簡単に完成だったので、今回はバーらしくシェイクする様子を見たかった。
シェイクされて出来たのは、「ブランデー・エッグノッグ」(写真右)
ブランデーとラム酒、シュガーシロップ、卵、牛乳をシェイク。グラスに注いでから、牛乳を足し、
混ぜる。甘くておいしい。栄養がありそう。

そういえば、11月末に洞爺湖ウィンザーホテルに行った時、ロビーで出されたウェルカムドリンクは
苺とホワイトラムの疲れがとれる優しさと甘さのカクテル。おかわりしたかった(笑)
目の前に置かれた白いポインセチアが、クリスマスが近いことを示していた。

whisky.jpg

気に入っていて、たまに行くのが、表参道(青山)の「ウィスキー・ライブラリー」。
以前、この場所は、チョコレート屋さんの「カカオ・サンパカ」だった。
2階なので、階段を上がり、扉を開けると、英国風の重厚な造り。ウィスキーの香りがしそう。
天井が高く、壁には図書館のように書棚が並ぶ。でも書棚ではなく酒の棚。かなり広い。
上記の「C..」は、だいたい一杯1500円だが、こちらはもう少し安いので、1杯で帰っては
悪いと思ってしまう。

WhiskyLibrary400.jpg

12月、クリスマスの3日後に西麻布の某高級バーに連れて行ってもらい、飲んでいたら、
「これ、お店からのサーヴィスです。クリスマスに開けたシャンパンなので、白ワインだと思って
飲んでください」、お、おおっきい!横の普通サイズ(750ml)と比べると3リットル?それとも
もっと?銘柄はボランジェだった。

zmask.jpg


先週、S夫妻のお招きでH夫人と共に某フレンチへ行った。
「会社の人にすすめられて行ったら、なかなかおいしくて、落ち着く店だから」
Sはパリ駐在員を2回経験しているので、ワインとフレンチが好き。
パリ時代には何度か有名店でご馳走になった。
およばれの時は、失礼になるので、写真は撮らないことにしているから写真なし。

食後に頼んだのは、お店のおすすめの「monkey47」
 47種類の薬草が入ってるジンなので、香りがとても良い。忘れがたい味で気に入った。
ラベルは猿の絵なので、覚えやすい。

写真はサイトから拝借。

monkey47.jpg


nice!(40)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年新年会(2) [シャンパン&ワイン]

8日友達11名の悠遊会・新年会。もう20年くらい続いてるのでは?
私の家で。歌姫T欠席。

ax.jpg

まずは乾杯。
乾杯に使った泡は、クレマン・ダルザス。
シャンパンはシャンパーニュ地方での泡にだけ使える名前なので、同じ製法でアルザス地方
で作ったものがこれ。
猫の絵がついてるでしょ。よく見ると、招き猫。
しかも Cuvee Manekineko と書いてある!

招き猫は、人を招いて商売繁盛。福を招くからお正月の乾杯にぴったりと、ワイン友Yから
お歳暮に頂いた。

ef.jpg

10人なので1杯で終わり。
次はシャンパン。ランソンのブラックラベル。
マネキネコは、色も澄んでいて泡がきめ細かく、爽やか系のすっきりした味わい。
ランソンは、ピノノワール50%なので麦わら色。花の香りや蜜の香りでしっかりした味わい。

eh.jpg

Hさんが恒例の「なす、いんげんの揚げびたし、大根おろしのせ」と「白菜のゆず風味、、、」
歌姫Gがビーフシチューとりんご、アンジェリーナの焼き菓子
N嬢が梅園の桜餅と草餅
Aが成城のケーキ屋さんで買ったケーキ12個
M子がゴディバのチョコ
J1が苺
J2が虎屋の酉年羊羹と抹茶まぶし黒豆

私が用意したのは、お刺身、ブリの照り焼き、小海老フライ、ほうれん草のごまあえ、和風サラダ、
五目寿司、サンドイッチ(卵、スモークドサーモンとクリームチーズ)、ハムと野菜

友達から届いた「千曲錦」の搾ったまんま、お正月だから日本酒もね。
赤ワインは、Tから。

ag.jpg

ah.jpg

3時から10時半まで、、毎年、よく、そんなに話すことがあると思うほど、話題は尽きず。
1年、元気で過ごしましょうね。


nice!(43)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017年新年会(1) [シャンパン&ワイン]

元旦は、恒例の4人で。
M子さんが、「いつもうちでばかり、、、たまにはよばれたい」と言うので、私の家。
でも、お重に得意のおせちを作って持ってきてくれた。
食べる前に写真、全部入るようにと、並べ直して、グラスをどけたりしたら、お皿の松模様の方向
が変だったり、お箸がまっすぐでなかったり。。。

2017_3.jpg

Tが、泡のマグナム、フェラーリを持参。私はローランペリエを用意。赤はシャトーヌフ・デュ・パプ。
4人だったから、これでは足りず、シチリアの白も飲んだ。
Sが風邪気味で辛そう。「皆にうつすといけないから」と早々に帰った。
2017_5.jpg

2017年が皆様にとって良い年でありますように。


nice!(44)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の6件 | - シャンパン&ワイン ブログトップ