So-net無料ブログ作成
検索選択
Paris レストラン・カフェ ブログトップ
前の6件 | -

ドゥ・マゴ(パリ) [Paris レストラン・カフェ]

渋谷の東急Bunkamuraにあるカフェ「ドゥ・マゴ」の本店はパリである。
20年位前にオープンした時、パリの老舗カフェの支店と評判になった。
当時は、パリの店と同じメニューで、一人では食べ切れない量のニース風サラダに驚いた。
しかし、年月を経た今、東京の店は、日本人向けのメニューに変わっている。

昨年末、パリに行ったとき、サンジェルマン・デプレの「ルイ・ヴィトン」はこじんまりして
買いやすいから行きたいと友達が言うので、すぐ近所にある「カフェ・ドゥ・マゴ」で、
ランチをしてから行くことにした。
パリにしては珍しく陽が当たる好天気の日だったので、テラス席にした。

DeuxMagotParis.jpg

頼んだのは、チーズとチキンの薄切りが載っているサラダとビーフシチュー。
デザートにはパリ・ブレスト(リング・シュー)。
テーブルの上に敷かれる紙のテーブルクロスには、最近、ここで開催された有名人を撮った
写真展の写真がプリントされていた。「これ、カトリーヌ・ドヌーヴね」と知ってる人を探すが、
顔だけでわかる俳優、政治家、歌手は少ない。

DeuxMagot_Paris.jpg

フランスでは、あまり見かけない高級車ジャガーが道端に停まり、降りて来た
中年の男の人が、私達の隣のテーブルで食事を始めた。オーダーしたのは、
オムレツとグラスワイン。運転だけど、ワイン、飲むのね。



パリでの最終日、E子の家にお茶によばれていた。
お茶だから、と、「ラデュレ」でマカロンを買って行った。
「え~!」ってびっくりするほどの豪華なカナッペ。「売ってるのよ。冷凍だから2時間も外に置くと
解凍されて、こんなよ。便利だからお客様の時はいつも使ってるの。」
「こっちのビタパンのサンドも、見かけより美味しいのよ。同じ店の冷凍だけど。」
「全部、近所で買ったから、これはドミニク・サブロンのケーキ。日本にもあるんでしょ」
「それがね、撤退したのよ」

ChezEko.jpg

ティーカップが用意してあったけど、「まずはワインね」と始まった。
E子の御主人Eveが、糖尿病でお酒は禁止だったはずなのに、「Taekoの帰る日だから」と
飲み始め、もう一本出して来てさくっと開けた。そのピッチの速さに、私もM子さんも、驚いて
見つめるだけ。私が、「Eve,お酒は飲んじゃダメだったでしょ」とたしなめると、悪戯をして
見つかった子供のように、「そうだ、やめとく」。ところが、今度はラデュレのマカロンをポン、
ポン口に入れる。6つ食べた、とあっけにとられて見てると、M子さんも数えてたらしく、「6つ
食べたわね」と言う。これじゃ糖尿、なおらない。


その他、パリで食べて写真があるものは、
「ギャラリー・ラファイエット」の食堂街の御寿司。
メニューは写真つきでわかりやすい。御寿司は全部セットになっていた。
私はサーモンが好きでないので、他のものに替えてもらえるかときいたら、
「日本人?だったら板前さんに直接きいて」というので、カウンターに行って、話かけたら、
日本語ができない人だった。中国人なんですって。でも、寿司ネタは日本語だから、
大丈夫だったけど。
大根、きゅうり、トマトのサラダと味噌汁が何を頼んでもついてくる。

sushi.jpg

ホテルはマドレーヌ広場の近くだったので、朝ごはんをフォションで食べてみましょうと
行ったら、「朝はこのメニューだけ」と、パン3個とコーヒ―のセット。さみしかった。

Deux_Fauchion.jpg 


パリの美術館のレストラン [Paris レストラン・カフェ]

パリの美術館、ルーヴルにもオルセーにもレストランがあるが、今回行ったのは、
ジャックマール・アンドレ美術館とポンピドーセンター(現代美術館)のレストラン。

(1)ジャックマール・アンドレ美術館
ここは、富豪のジャックマール・アンドレ氏の邸宅で、18世紀を中心にした氏の
コレクションを展示している。美術品も素晴らしいが、当時パリで一番と評判だった
屋敷が豪華。門をくぐるとゆるりとした坂道で、馬車回しになっている。

JA1.jpg


JA5.jpg

飛行機雲が見飽きないほど、素晴らしかった。
写真の右側、白いテント部分がカフェ&レストランなので、美術館に入らなくても、
食事だけ出来る。
人気があり、混むと評判なので、12時少し前だったが、まずは食事をすることにした。
「本日のランチ」が帆立のジロル茸添えクリームソースだったので、それを頼んだ。
真ん中にソテーしたトマトの輪切りが、どんと載っている。

JA2.jpg

食後のコーヒーの時に、「ケーキが美味しくて人気があるから、どう?」と
すすめられたので、ピスタチオのミルフィーユをとった。さくさくっと、おいしかった。
グラスの白ワインを頼んで、一人35ユーロ(4500円)。

JA3.jpg

絵画に囲まれたクラシックで豪華な内装のサロンに案内されたのだが、お天気が
良い日だったので、明るい外のテラス席にした。
平日のせいか、お客にお年寄が多かったので、友達が、「だから、メニューが歯が
なくても食べられるような帆立とか、キッシュ、サラダなのね。」
3時からは、カフェタイムでお茶とケーキだそう。

(2)ポンピドーセンターの「ジョルジュ」
ポンピドーセンターは、現代美術館。
ここの最上階にあるレストランは眺めが素晴らしい。また内装も宇宙空間へ続く
かのようなメタリックな入口で、各テーブルには、大輪の赤いバラが一輪挿してある。
PG1.jpg

ポンピドーセンターに行った時は、必ず寄っていたが、昼間だった。
今回、初めて、夜の食事に使ったが、暗い!とにかく暗い。
キャンドルの灯りはムードがあるが、友達どうしの食事なので、食べ物が
見える方がいい。
「サラダ、何が入ってるの?」「今、照らすわね」と、アイホンのライトが活躍。

PG3.jpg

ラビオリとクラブハウスサンドイッチ(ポテトチップ添え)、サラダ。
これに白ワインで、100ユーロ近かったから、値段は高め。

翌日、パリ在の親友E子に「暗くてお料理が見えないのよ」と不満を言ったら、
笑いながら、「あそこ、前は北ホテルの経営でよかったけど、今、コスト兄弟の
経営になったからだわ。彼らの手がける店は、おしゃれだけど暗い、それが
流行らしいの」  ふぅ~ん。

ポンピドーセンターの絵については別記事で。
これはピカソの絵。
PG4.jpg


パリでの食事 [Paris レストラン・カフェ]

第一日目、ルーヴル・ランスに行った日、「夜ごはん、どこで食べる?」
「有名なビストロに行ってみる?シャルティエっていうんだけど」「それ、ガイドブックに
出てるわ」。それなら、住所がわかるから丁度いいと、TGVが着いた北駅からタクシー
に乗った。「ここです」と、降ろされた場所は、長蛇の列。時間も8時丁度。
待つのは嫌だったし、お腹もすいてたので、すぐそばのビストロにはいった。

結構にぎわっていた。すぐにメニューが来て、ビールもお料理もすぐ来た。
サラダ、パリのサラダはかなりのボリュームのごちそうサラダが多いので、友達
とシェアした。ナスをオリーブオイルでソテーしたもの(左端)、アーティショ―、
トマト、ボイル玉ねぎ、マッシュ(緑の葉物)、チーズ、アンチョビ、オリーヴなど。
私は帆立、パスタの上にのってきた。(パスタいらないんだけど)
友達はサーモン。サーモンの下はマッシュポテト。座ったまま写真を撮ったから、
向きが逆。

Bistro1.jpg

bistroB.jpg
大きなTVモニターがあって、パリ・サンジェルマンの青いユニフォームの選手たちが
うつっている。サッカーの試合中継で、相手はチェルシー。
気づいてみたら、客席のほとんどがテレビの方を向くように配置されている。
ほどなくして、パリ・サンジェルマンがゴールを決めたので、店内は大はしゃぎ。
1対1で後半が始まったので、続きはEの家で見ようと、急いでタクシーで帰ったら
「欧州チャンピオンズリーグの準々決勝なんだけど、うちのTVじゃ映らないのよ。
だから、皆、そういうお店で見るの」 日本でいえば、BSでしか見れない、そんな
感じらしい。どうりで、道路からお店のモニターを見る人で、人だかりしていた。

お皿にお店の名前がBREBANTと入っていたので、調べてみたら、サイトがあった。
http://www.yelp.com/biz/le-brebant-paris



今回、私は親友Eの家に泊まったが、N嬢はホテルだった。
私はEと幼稚園から高校まで一緒。N嬢は中・高校いっしょで仲良し。
Eは毎日仕事に行くので、私は毎朝、N嬢をホテルへ迎えに行き一緒に出かけた。
つまり~ガイド役だった。エジンバラに行った時は、N嬢が何から何まで面倒
みてくれたから、今回はおかえし、ね。

2日目の夜ごはんは、Eの家で。
バラの花とケーキを買って行ったが、あとは全部、Eの御主人が用意してくれた。
Eの御主人はレストランを経営していたので、料理もできる。
アペリティフのシャンパンは、この段階で2本終わった。

tablePolRoger.jpg

私が好きなハムの盛り合わせ。ゆでた海老、これが前菜。

Table2.jpg
メインは、カレイの香草のせオーヴン焼き。パリでは、魚としてはカレイが一番高い。
大きさが1キロ以上もある。合わせたのは白ワインのシャブリ。

tableeS.jpg

サラダとドミニク・サブロンのケーキ。

tablesalade.jpg


3日目のランチ。マドレーヌ寺院近くのビストロ。
サラダ、これもごちそうサラダ。BLT(ベーコン、レタス、トマト)サラダ。クルトンがのっていた。
チキンのカレーソースを頼んだら、半身の大きなローストチキンが登場。
この大きさは、見ただけで、げんなり。せめて半分に切ってあったらいいのに。

BistroBB.jpg

3日目の夜ごはんは、日本とフランスを行き来してるピアニストのMr.Yと一緒に。
「会社の近くにイタリアンができたのよ。ここ」と、Eが言ったとたん、お店の人が出てきて
「ボンジュール、マダーム」というわけで、呼び込まれ、ここで食べることになってしまった。
「タイミングがよすぎたわね」と、Eが苦笑。
おすすめアペリティーフがこれ。スプマンテのロゼ。氷、レモン、苺でサングリアふう。

EItarian.jpg

Mr.Yは、とても博識で話が面白く、音楽の話だけでなく、ジョルジュ・サンドにも
詳しく、いろいろなエピソードをきかせていただいた。
お料理は、写真に撮るほどのものでもなく。。


パリのカフェごはん [Paris レストラン・カフェ]

 6泊8日のパリ旅は、ビジネスクラスの飛行機でホテルつきのJALパックを使った。
空港には出迎えが来て、8人乗りの車でホテルまで連れて行ってくれたし、
帰りの空港で、免税の手続きの面倒もみてくれたので、とってもらくだった。

機内食は、和と洋があったので、私は洋風、友達は和風を選んだ。
前菜は、和洋共通。
左がタケノコとそら豆、薄口しょうゆ煮なので色がきれい。
右はフォアグラ入りのムース。
paris1.jpg

和風の主菜は、松花堂弁当のようなこれと、お魚料理のお皿(写真なし)。

Paris2.jpg

洋風の主菜は、チキンサラダと魚介のタルト風。綺麗でおいしかった。

paris13.jpg

paris3.jpg

機内では、アカデミー賞受賞作の映画を3本見た。
作品賞の「アルゴ」、主演男優賞の「リンカーン」、監督賞の「ライフ・オブ・パイ」。
アルゴは、はらはらドキドキしながらの実話に基づく良い映画だった。
リンカーンは、主演のダニエル・ディ・リュイスが風貌もリンカーンに似て上手い
のだが、話が選挙のことで真面目すぎて面白くなかった。
ライフ・オブ・パイはトラと漂流する話だが、前半、主人公の少年の紹介部分で
インド社会のようすが少しわかり勉強になった。大海原の景色は暗い飛行機内
で、広々とした気持ちになって快適、と思った途端、がぉ~!と、トラが襲ってくる
場面が何回も。。

1、カフェ・ド・ラ・ペ  Café de la Paix
2年ぶりのパリ。
埃のにおいを感じたのは、東京がきれいになったからなのだろう、と思った。
パリに住んでいる親友E子に電話をして、明日からの予定をざっと決めた後、
夜ごはんは、近所で軽く食べましょうと、「カフェ・ド・ラ・ペ」に行った。
オペラ座の隣。設計もオペラ座と同じく、シャルル・ガルニエによるもので豪華。

paris4.jpg

クラブサンドイッチと、ハム・チーズ・チコリのサラダ、魚介のハーブソースを
頼んで、分けて食べた。白ワインをボトルでとり、赤はグラスにした。
クラブサンドイッチ・ベーコンつきは、焼いたカリカリベーコンがパンの上に
刺してあるだけ。サラダもついてきた。

paris5.jpg

2.ル・トランブルー  Le Train Blue
フォンテンブロー城へ行った日の帰り、パリ・リヨン駅で電車を降りると、目の前に
「TrainBleu」のネオンサイン。私の部屋にかけてあるカレンダー、昨年12月は、
金色に輝くレストランTrainBlueの写真だった。
時刻は5時で食事に早かったが、はいってみた。
1900年、パリ万博の年に開業。天井画もある豪華な内装は、汽車旅行が
限られたお金持ちだけに限られていた時代のもの。

paris11.jpg

paris124.jpg

フランスの夕食は8時なので、5時という時間は、ほとんどお客さんがいない。
メニューもカフェメニューだけだったので、スープとハンバーガー、ワインを
頼んで、2人で分けた。ハンバーガーは、これ1個で2500円と安くないが、ポテト
フライとサラダがついてきた。ポテトフライの下に敷いてある紙には新聞紙ふうな
模様がはいっていた。

paris10.jpg

3、ラデュレ Ladurée
日本橋三越にもはいっている「ラデュレ」。マカロンが有名だが、もともとはカフェ。
本店はサンジェルマン・デプレだが、マドレーヌ寺院のそばとシャンゼリゼに支店
がある。友達はガイドブックで、「サーモンクラブサンドイッチ」の写真を見て、
パリに行ったら必ずこれを食べると決めていたそうだ。でも、1回目に行ったとき、
普通のクラブハウスサンドを頼んでしまったので、帰る日のランチに再挑戦した。
フライドポテトが大きく、ふんわりとしている。

paris7.jpg

毎日雨で寒かったので、スープを頼むことが多かった。
これは、「本日のスープ」。帆立のすり身にキャビアをのせたものがお皿に
ぽつんと入っていて、テーブルでじゃがいものポタージュを注いでくれた。

paris8.jpg

「いつもサラダばかりだから温野菜が食べたい」と友達が頼んだのは、いんげん。
パンがついてきた。

paris9.jpg

2度行っても、もう一度行きたいくらいおいしかった。
フランスのサンドイッチは、フランスパンが基本だが、最近は食パンをトーストして、
ゆで卵、トマト、チキン、ベーコンを挟んだクラブハウスサンドが流行っているらしく、
他の店でもメニューにあった。
ハンバーガーも随所で見かけた。泊まったホテルのコーヒーハウスのメニューにも
ハンバーガーがあった。アメリカ的なものが定着し始めたのだろうか。


パリのブラッスリー [Paris レストラン・カフェ]

 パリで食事ができる店は、
1、レストラン 2、ビストロ 3、ブラッスリー 4、カフェ
と種類がある。レストランは特別なとき用で高級。ビストロは普段用。
カフェは、軽食なので、サンドイッチしかないところもある。
ブラッスリーは飲み物中心で簡単な食事、24時間営業も多い。
店によっては、ビストロよりメニューが充実している。

オペラ座の前で、オペラ通りと交差するキャプシーヌ通り(Bd Capucines)を
少し歩いたところにある店「グランカフェ・キャプシーヌ」Grand Cafe Capucinesは、
ベルエポック調の赤を基調としたおしゃれなパリらしいインテリアのブラッスリー。

ランチなので、陽が差し込んで明るい店内。

Capucines1.JPG

「きょうはお肉」という友達の選択は、前菜がフォアグラののったトーストとサラダ。
メインは、ハンバーグ。
「参考にすれば、家でも作れそう?」ときいたら、「ぜーんぜん、おいしさが違う」
との答だった。
Capucines3.JPG

Capucines4.JPG

「きょうはお魚」という私は、前菜がサラダ・ニソワーズ。
メインは、スズキのソテー、バルサミコソース、マッシュポテト。
ここのニソワーズは、ツナではなくて、アンチョビ。赤ピーマンがたくさん。

Capucines2.JPG

Capucines5.JPG

写真がないけれど、デザートは、プロフィットロール。小さなシュークリームに
チョコレートソースがかかってるぶん。新国立劇場のオペラの幕間でも売っている。

ランチは値段が手ごろなので、観光客よりも現地のビジネスランチの人たちで
賑わっていた。


 この店「グランカフェ・キャプシーヌ」は、有名店で、わかりやすいから、待ち合わせ
に便利。
数年前、高校の同級生4人とスウェーデン旅行の帰り、パリ在のE子と、当時
ユネスコ勤務だったTさん、計6人、同期が集まり、ランチをここでした。
会食用の2階の部屋は、アールヌーボーのインテリアにステンドグラスの天井
で、華やかさを演出していた。

GrandCafe2.JPG

 この店でのおすすめは、「海の幸盛り合わせ」フリュイ・ド・メールFruits de Mer。
カキ、海老、カニ、貝類が、氷を盛った二段のお皿に載って、豪華に出て来る。
レモンを絞ってかけ、ビネグレットソースかマヨネーズで食べるとおいしい。
黒パンとバターもいっしょに出される。私たちも、もちろん、これを頼んだ。

      GrandCafe.JPG

 写真がないけれど、やはり、わかりやすい待ち合わせは、シャンゼリゼの「Alsace」
赤いひさしの店。
アルザス料理がメインだが、ここの「フリュイ・ド・メール」も豪華。

 「アルザス」の数軒先のマカロンで有名な「ラデュレ」で、友達と夕食を食べていたら、
外を通りかかった日本人の家族連れがこちらをちらっと見た。女の子だけが、はいって
きて、「日本人のかたですよね。この店、おいしいですか?」
「お母様にきいてらっしゃい、って、言われたの?」
「はい、食べるところを探してるんです」
「じゃ、この店じゃなくて、ここより、数軒先の赤いひさしのアルザスっていうお店がおすすめ
って伝えてね」と、E子が答えた。
パリ生活が長いE子のお店選びの基準は、「観光客ばかりの店はダメ、フランス人で
賑わってる店」、なんですって。たしかにそうだと思う。

 カフェでの待ち合わせは、シャンゼリゼの「フーケッツ」Fouquet's が、ランドマーク的存在。
メトロの「ジョルジュサンク」駅のそば。これはクリスマスのときの写真だけど。。
Fouquet.JPG


パリの3つ星レストラン(3) [Paris レストラン・カフェ]

  セーヌ川の橋を渡るとき、タクシーの中から見えるエッフェル塔。
あわてて撮ったので、霞んでます。行く先は、「ジョルジュサンク」、ホテルの中の
レストラン。土日は、高級レストランは全部お休みだけど、ここはホテル内なので、
無休。5名なので予約をいれておいた。

 TourEiffel.JPG

 ドアを開けて中に入ると、きれいなお花のインテリア。白い壁面に調和して美しい!
紫と濃いピンクがスターチスで、茎の長いのがカラー。入れ方がおしゃれ。

   Lobby.JPG

 はいってすぐが、ディナールーム。絵がかけられたクラシックな宮殿風の内装。
まず、シャンパンを1本頼む。

   Diner1.JPG

 「シャンパンといっしょに、召し上がってください」と、鱈の一口フライ。
ブランデーグラスに赤いバラの花びらが入ってテーブルを飾っていた。

   1.JPG

 「大勢のときは、同じスピードで料理が出るようにコースがいいですよ。
嫌いなもののある人は、その部分を取り替えますから」と、日本語の達者な
サービスの人が説明してくれた。奥さんが日本人なんですって。

  アミューズ(突き出し)
長方形のお皿にのった今、流行のスタイル。中央は抹茶のムースのような。。

   amuse.JPG

 前菜1. マテ貝(細長い刀のような形の貝)と黒トリュフ。
海草、バター風味。レモンヴィネガーソース。
    2mategai.JPG

 前菜2. 根菜とフォアグラ、黒トリュフ。玉ねぎのコンフィ(煮たもの)のパイふう仕立て。
左上にある棒状のものが、パン。ブリオッシュっぽい生地。

    3yasai.JPG

 魚料理: 新鮮な鱈。右の小皿がお刺身。フォアグラのせ。
左の大皿が、鱈を赤ピーマンとローティ(焼く)いたもの。バジルとオリーブのせ。
ライムの香りのソースピルピル。ソースピルピルって?見ての通りの軽いクリームソース
がベース。

4Tara.JPG 5Tara.JPG

 この日は、ちょうどMMの誕生日だった。そう言うと、食卓にバラの花びらを、さ、さっと
敷き、「お誕生日おめでとう」と、サービスの人たちが言ってくれた。

 6Rose.JPG

  肉料理:ハトのフォアグラ包み。かぶのコンフィ・黒オリーブ汁がつけあわせ。
胡麻を表面にまぶしてあった。右が切り口。
きょうのお料理は、フォアグラの登場回数が多い。歌姫はフォアグラが嫌いなので、
前菜のフォアグラは、私がもらった。で、このお料理は、スズキに変えてもらった。

7Hato.JPG 7HatoCut.JPG

 合わせたワインは、ソムリエ氏おすすめの「バローロ」 
VinRouge.JPG

 デザート1.チョコレートケーキ、レモンシャーベット添え
 8Gateau.JPG 

 デザート2.プティフール(小菓子) 
  デザート2は、ワゴンサーヴィス。カヌレを前に、どうしようかなっていうM子ちゃん。(左)
  私がとったのは、チョコレートケーキ、オペラ、ヌガー、マカロン(右)

10.JPG 9Gateau.JPG 

 帰り、トイレの前にもこんな花のインテリア。

      flower.JPG

 幸せな気分で帰った。

 ☆コメントは、前記事のところにお願いします。お返事が遅くなるかもしれません。

 


nice!(48)  トラックバック(0) 
前の6件 | - Paris レストラン・カフェ ブログトップ