So-net無料ブログ作成

モニュメント・ヴァレー [旅行(アメリカ)]

3泊4日の旅の2日目。
泊まったのはモーテル。映画でよく見るようなタイプ。
この外観だと日本のアパートみたいだけど、小ぎれいでこざっぱりしていた。
Ouray Inn という名前で、4人で1泊360ドル。一人約1万円(朝食つき)。



CA1_motel.jpg


朝食後、近くの紅葉の名所に寄ってから、この日の目的地「モニュメント・ヴァレー」に向かう。
モニュメント・ヴァレーを始めて知ったのは、いつだったろうか?
赤茶色の砂漠の中に建つモニュメント(記念碑)のような岩山、テーブル型の台地、古代遺跡?
と思ったら、2億7千万年位前の地層が風化・浸食によって、このような形の岩山を形成したのだそう。
赤茶けた土は、ロッキー山脈から流れ出る川の水が鉄分を多く含んでいるから。

この辺りには、先住民のナバホ族がトウモロコシ畑を作って住んでいたが、ここを観光地
として開放するために、別の場所に居留地を設け移転してもらい、観光ガイドや土産店
などの仕事を優先的に斡旋した。今でも一部はナボホ族の管理地域になっている。
世界中から観光客が訪れる人気の場所で、日本からもラスベガス経由のツアーがある。

今日は、平地を走る。4~5時間、どこまでも真直ぐ、広々とした平原の中を走る。
遠くに岩山が見えてきた!いよいよ目的地。期待が高まる。


ca_3.jpg


雲の様子が刻々と変わり、見ていて飽きない。
雨雲が去った後には、虹があらわれた。
手前の草は、セージ。黄色い花が咲く。この砂漠のような荒地には、セージしか育たないそうだ。


ca_4.jpg


ゲートがあり、入場料を払って入る。入場料は車1台20ドル。
広いので、車でないと見て歩くのは不可能だし、徒歩は禁止。
いくつかのビューポイントがあるが、有名なのは、映画監督ジョン・フォードが撮影にしばしば
使ったという場所、ジョン・フォードポイント(John Ford's Point)。
多数の映画やCMの撮影に使われた。西部劇でインディアンが岩陰から出て来て、、なんて場面かな。

ca_monu_ford.jpg


3つの突き出した岩のタワーが、3人の修道女がベールをかぶっているように見えるので
「スリーシスターズ」と命名されている岩はかなり大きくどこからでも見える。


ca_monu2.jpg


トーテム・ポールは高さ約250m近くある細い岩。


ca_monu_totem.jpg


この公園内で働いている人は、ナホバ族が多い。赤いシャツのナホバ族のおじさんが、自分の馬に
客を乗せて辺りを一周してくれる。もちろん有料。


ca_monu_nabaho.jpg


だんだん日が落ち始めて来た。
夕陽をあびた写真を撮るために、撮影スポットに人が集まってきた。
皆で、太陽が沈むのを待つ。
きれいな夕焼けを背景に一枚。  
これは部分だけど、実際は、広い平原に点在するいくつもの岩山、幻想的な景色。
来てよかったと思った。


caa.jpg


写真は小さいサイズがスマホ、横長サイズが一眼カメラで撮ったもの。


nice!(44)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行