So-net無料ブログ作成
検索選択

ブランディワインリヴァー美術館 [外国の美術館、博物館]

今春、フィラデルフィアに行った時の話です。
「ブランディワインリヴァー・ミュージアムへ行く?」って訊かれ、「ワイナリーはカリフォルニア
で行ったけど、こっちにもあるの?」「ワイナリーじゃなくて、ワイエスの美術館なのよ」
ワイエス美術館は、フィラデルフィア郊外。ブランディワインという名の川があるらしい。
ロングウッドガーデンに行く時、ちょっと回り道をすれば行けるから、行ってみる?」
「もちろん、行くわ!」


brandywine3.jpg

この左手に正面入口がある。右手には、ブランディワイン川が流れる。
brandywine.jpg

これ、まさに、ワイエスの絵の世界の景色!
枯れ木と草の静かなたたづまい。
川縁に牛のブロンズ彫刻が寝そべっていた。美術館の建物の2階ロビーから撮った写真。
brandywin2.jpg

2階のロビー
lobby.jpg


アンドリュー・ワイエスは、ここ、ペンシルヴァニア州チャッズフォード ChaddsFordの生まれ。
父親は人気の挿絵画家で、かなり収入があったので、ここに広い土地を購入し、アトリエを作った。
ワイエスは、ここと避暑地のメイン州以外には、行ったことがなく、旅もせず、91才で生涯を
終えるまで、ここで過ごした。
従って、ワイエスの絵に登場する場所は、こことメイン州だけである。
ワイエスは、身の回りのものを注意深く観察し、デッサンを何枚も描いてから絵を完成
させた。ワイエスの人物画は肖像画でなく、一生懸命生きる人の生活を描こうとした。
ありのままを描いているので、ぱっと見、地味だが、よく見ると、力強さ、深みがある。

この美術館は、ワイエスの父、息子、親子三代の作品及び同時代のアメリカ作家の絵を
展示している。絵は、撮影禁止だったので、以下は、絵葉書から。
ちょっと驚いたのは、この豚の絵。かなりリアル。干し草の一本、一本が丁寧に描かれている。

WyesPig.jpg

「スノーヒル」 Snow Hill
雪の白、みごとな明るさ。楽しくダンスをする人たち。自分の住む地域から出なかったワイエスなので、
ここに登場する人たちは、皆、ワイエスの知り合いである。

snowdance.jpg


親子三代美術館なので、アンドリュー・ワイエスの作品数はさほど多くない。
父親の挿絵は、挿絵と言う範疇にないほど、丁寧に描かれ、いきいきとしている。
息子も画家で似たような作風。周辺の風景や室内を描いた絵が多かった。
単に浴槽だけという絵は、他の人が描かない題材。

ワイエスというと、思い浮かべる絵は、「クリスティーナの世界」だが、これは、NYのMOMA蔵。
wyethChristina.jpg

東急文化村のミュージアムで開催された「アンドリュー・ワイエス展」の図録に使われてのは、
「春か彼方に Fareaway 」 少年の帽子があらいぐまの毛皮。
内向的に見える少年なので、遥か彼方を見つめているのだろうか。

wyesBoy.jpg


代表的な作品は、各地の美術館にあり、ここにはないとわかった。


案内してくれたY子が、以前ここに日本人の画家を連れて来た時、とても熱心に見てるので、
ワイエスの親戚って名乗る人が、「画家か?」とたずね、Yesと答えると、「それなら、僕のうちを
見せてあげよう。ワイエスが描いたものもあるから」と少し離れた所にある家の中に入れて
くれたのだそう。

ワイエスが描く世界そのものという場所に行けて、ワイエスの絵にいっそうの親しみを感じた。



nice!(41)  コメント(19) 
共通テーマ:アート