So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

ルーベンス展(西洋美術館)

東京・上野の西洋美術館で開催中の「ルーベンス」展は、たぶん、過去最大規模の
ルーベンス展。たくさんの大きな絵に圧倒され、見終わった後に大きな満足感があります。
だって、ルーベンスは、「王の画家にして、画家の王」なのですから。


Rubens_tirashi.jpg


ルーベンス(1577~1640)は、バロック(ドラマティックで重厚長大な絵画)の巨匠とよばれている。
ベルギーのアントウェルペンに大きな工房を構え、弟子を使った分業体制で、たくさんの
絵を制作をし、教会や王侯貴族たちが顧客だった。(ルーベンスの家を見学した時の記事はここをクリック

ルーベンスは、若い頃、イタリアに数年間滞在し、古代彫刻や、ミケランジェロやラファエロ、
カラヴァッジョなど、さまざま美術に触れ、自分の絵画を確立させた。今回の展覧会では、
ルーベンスに影響を与えたイタリア美術も展示されている。

最初に登場するのは、「クララ・ヘレーナ・ルーベンスの肖像」(1615年)
ルーベンスの愛娘クララの肖像。2012年の「リヒテンシュタイン侯爵家の秘宝展」で、
チラシに使われていた絵。
rubens_krara.jpg


ルーベンスは、良き家庭人でもあったので、「眠る2人の子供」(1612年)は、
西洋美術館蔵なので、いつ見てもほほえましく、かわいい。
Rubens_SleepingChildren.jpg

「幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ」(1625年)
この幼子イエスは、ルーベンスの息子ニコラースがモデルと考えられている。
イエスは羊を撫で、羊の毛皮を身につけていることから、もう一方の子供はヨハネとわかる。

Rubens_Jesus.png


もちろん、これぞ、バロックという絵もたくさんあった。
「パエトンの墜落」(1604年)
ギリシア神話:太陽の戦車を暴走させたパエトンが、ユピテルの放った雷を受けて墜落する場面。
のけぞった馬から墜落する赤いマントを持ったパエトン。まばゆい雷光。左手では女神たちが
恐怖におののく。
Rubens4.jpg


美術館前の看板広告に使われているのは、「エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち」(1615年)
ギリシア神話:ケクロプスの王には美しい3人の娘がいた。開けてはいけないと言われている籠を
3人が開けると、中には幼子エリクトニオスと大蛇が入っていた。結果、3人は大蛇に噛み殺されてしまった。

Rubens1.jpg


チラシに使われている絵は、「マルスとレア・シルヴィア」(1616年)の部分。
レア・シルヴィアは、王族の娘で、ローマ建国のレムスとロームルス兄弟の母。
軍神マルスに襲われ、身籠ったといわれている。ルーベンスは、この絵を描くために
当時の神殿の内部を研究資料を当たって調べた。

バロックの絵は、神話や聖書に題材をとったものが多い。
「法悦のマグダラのマリア」(1625年) 
手前に頭蓋骨があることから、マグダラのマリアとわかる。悔悛後の法悦の表情だろう。

Rubens_Maria.jpg


「スザンナと長老たち」1611年以前
人妻スザンナの水浴びを覗いていた長老2名は、美しいスザンナを襲おうとする。
(今なら、セクハラですぐに訴えられる) 恐怖と困惑のスザンナの表情。
Rubens_Suzan.jpg


「聖アンデレの殉教」(1638年)
縦3m、横2mの大きな絵。
ルーベンス最後の大作宗教画。聖アンデレは12使徒のひとり
殉教の最後の場面。天から降り注ぐ光。右上には天使が舞い降りてきている。
Rubens3.jpg


ルーベンスらしくはないけれど、美しいのが、このカメオのような絵。
イタリアに学んだとわかる。
Rubens_Cameo.png

聖書がわからなくても、絵に内容の説明が書いてあるので、読みながら、「そういうわけね」
と、わかるようになっている。

良い展覧会なので、おすすめです。


nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:アート
前の1件 | -