So-net無料ブログ作成

フリック・コレクション [外国の美術館、博物館]

フリック・コレクションは、ニューヨークにあります。
鉄鋼で財をなしたフリック氏が収集した美術品のある邸宅がそのまま美術館になっています。




美術品のために設計した豪華な邸宅で、入り口横は、ブーシェの部屋。

壁一面、ブーシェの絵、連作で実にみごと。こんなロココ調の絵に囲まれるとヴェルサイユ宮殿の
一間にいるかのようです。



ブーシェの部屋はもうひとつ小さいのがあって、「四季」の連作がかかっています。。
これは、秋と冬。冬の絵はロシアに憧れて描いたもので、ロシア風の衣装



ロココが好きだったフリック氏は、フラゴナールの部屋 も作りました。
恋愛の経過を描いた連作11枚は、ちゃんとストーリーになっています。

左は、「逢引き」、後からそっと忍び寄って驚かせようかな、という様子。
右は「栄冠」、楽しそうな恋人たちです。

優雅でロマンティックな世界ですね。

背景の彫刻と木々が、ストーリーをもりあげています。


美しい夢のようなロココ部屋から出て来て、眼にとまったのは、
ブロンズィーノ「Lodovico Capponi」(1550)
緑色が美しい。500年位前の作品なのに、保存がよいのか、輝いていた。
ブロンズィーノはメディチ家のお抱え絵師。Lodovico Capponiは、メディチ家の
騎士見習いで、白と黒のこの服は、メディチ家の騎士の制服。
MedichiBronzino.jpg

★★★
この美術館に来る日本人は、ロココ作品よりもフェルメールがお目当てだそう。
3点あるのですから。 

フェルメールは、光の使い方で評判の画家ですが、光に照らされて、表情が語りかけるかのようなのです。実際に見るとそれがよくわかります。実にいきいきとした表情で声が聞こえてきそうです。


ロココとフェルメールだけのご紹介でしたが、英国風景画、肖像画のコーナーもすばらしく、
さらに、ゴヤ、ヴェラスケス、エル・グレコ、レンブラント、ミレー、ルノアール、アングル、、
どれも名品ぞろいです。*いつか、これらの記事も書きたいと思っています。

                             *2012年に再訪したときの記事です。


nice!(25)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 25

コメント 31

匁

Taekoさん こんばんは
なぜか今日は一番乗りですね。
書かれているように私もフェルメールがいいですね。やっぱり日本人なんですかね。自分ではてんびん座から来た宇宙人と思い込んでいましたが?!
多分、Taekoさんは別にして我々NIPPON人の多くはロココ調の優雅さについていけないんですよ。

ところで、この美術館マンハッタンのどの辺にあるんですか?
今度、行って見ます。(言ってみただけですが)
by (2007-03-14 21:43) 

TaekoLovesParis

kitaさん、こんばんは。
ほんと、kitaさんが一番って珍しいですね。
てんびん座から来た宇宙人の絵の好みは日本人と同じなのでしょう、
なんて答えながら笑っていますが。
ロココはマリー・アントワネットの世界ですものね。確かに地に足がついて
ないかも。ま、夢追いってことで。
この美術館は、マンハッタンの中心部から遠くない所です。
by TaekoLovesParis (2007-03-14 22:00) 

nicolas

スゴイ!邸宅がそのまま美術館に!?
一般の美術館と、また違った味わいあるでしょうね~
なにより、お金があると言っても、好きで集めたもの。
見せ方とか飾り方なんてコダワリあるんではないですか?
「連作」っていうのはきっと、収集家にとってはツボですよねー
そういったものが並ぶのは壮観だと察します。
フェルメールの女性、やわらかいですね~(´ω`。)やっぱ素敵です~
フラゴナールって、学生の頃ふざけて「フラゴニャール」って言ってたので、
ちょっと文字を読んだだけで、当時を思い出しちゃいました。
(勝手な思い出すみませーん)
by nicolas (2007-03-14 23:12) 

nicolas

あ!1000nice!越えですね! おめでとうございます!(。>ω<。)ノ
by nicolas (2007-03-14 23:13) 

TaekoLovesParis

にこちゃん、アメリカのお金もちは桁違いですよね。
美術館として残せる邸宅を設計したらしい。有名な建築家に頼んで。
ヨーロッパ絵画の所蔵品が半端じゃなくて、すごいです。
マリー・アントワネットが使った家具なんていうのも置いてある。

そう、こだわりがあるから、見てて楽しい。この部屋にこれ、ってね。
フラゴにゃールね、にこちゃんらしいな(笑)

いつのまにか1000に、、初めの頃は、「りんこう」さんとお互いに1対1
だったんだけど。。うれしいです。
by TaekoLovesParis (2007-03-14 23:53) 

かよりん

私は純粋なる日本人ですが、優雅なロココ調の絵が大好きです。
色合いも含め、全体的に「甘い」感じが好きなんです。
(前世マリー・アントワネットの時代を生きてたのかしら?(笑))
光と影バランスが絶妙なフェルメールももちろん好きですが・・・。
う~ん、フランスの他にニューヨークにも行かなきゃ!

1000nice!超え、おめでとうございます!!
by かよりん (2007-03-15 00:16) 

TaekoLovesParis

私ね、かよりんが、ロココを好きっていうと思ってたの。
マルグリッドじゃなくて、アントワネットの方でしょ。
ブーシェは、ルイ15世の宮廷画家だったんですよ。
ニューヨークは、「オペラ座の怪人」などのミュージカルもあるから、
かよりん、楽しめると思う。
by TaekoLovesParis (2007-03-15 00:29) 

りゅう

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー 
ブーシェ!フラゴナール!!フェルメール!!!
全部大好き、かぶりつきっ♪(^¬^)

『西洋絵画の巨匠 フェルメール』という本をただ今熟読中です♪
(もちろん、『~モネ』と『~レオナルド・ダ・ヴィンチ』もです)
by りゅう (2007-03-15 01:02) 

coco030705

すばらしい美術館ですね。外国のお金持ちは桁が違いますね。
私はフラゴナールの柔らかいタッチがすきです。
素敵な絵ばかり。ぜひ一度行ってみたいです。
以前ニューヨークへ行ったときは、観光もたくさんしたので、
メトロポリンタンと、近代美術館しか行きませんでした。
でもメトロポリタンの特別展で、ティファニーコレクションを
見ることが出来ました。ティファニーの本物のステンドグラスの
窓やドア(かなり大きいもの)、ティファニーランプ、そして、
数々の宝石類。あの美しさは、今でも記憶に焼きついています。
by coco030705 (2007-03-15 01:09) 

yk2

フリック・コレクションについてはTVで見たことがある程度なんですが、さすがにフェルメールが3点も有るのは魅力ですねー。フェルメールはブルーがよく取り上げられるけど、黄色も綺麗なんですよね。僕はニューヨークにはこの先もきっと縁がないので、国立新美術館に「牛乳を注ぐ女」がやって来る秋を心待ちにしたいと思います~。
by yk2 (2007-03-15 03:38) 

いっぷく

フェルメールの作品は小品が多いってこれらもそうなんでしょうね。
このカメラ的視線を持ちこんだと言われているけれどカメラ・オブスクラを
作って試すと実際にピントの浅いハイライトの部分に白い光の粒が出るそうですね、フェルメールはそれをそのまま描いたというけれど(牛乳を注ぐ女などにはっきりこの粒が描かれていますね)人がいるのに静かな雰囲気が読み取れるフェルメールは好きですね。
by いっぷく (2007-03-15 08:27) 

pistacci

ブーシェの部屋で静かに読書、してみたいですね~。
そのときはやっぱり紅茶かな?
自宅にそれだけの名画がそろっている生活・・・想像だけが膨らみます(笑)
いつかヨーロッパの美術館、と、思っていましたが、これでNYもリストに加えます♪
かよりんさんとのツアーかな(笑)
by pistacci (2007-03-15 12:03) 

ムーミン

しばらくお休みしてしまいました。ご心配おかけしました。
今、コメントを見たんですよ。ありがとうございます。

すごいですね。邸宅がそのまま美術館に。
フェルメールの絵、素敵ですね。
最後の絵なんか、まるでそこで暮らしているかのように
思えてきます。
東京で美術展があるのを聞くと、心が動くのですがなかなか・・・
でももうちょっと暖かくなったら、出かけてみたいです。
by ムーミン (2007-03-15 18:33) 

pistacci

《追伸》 1000nice! 越え、おめでとうございます!!
    これからも素敵な記事、楽しみにしています☆
by pistacci (2007-03-15 22:33) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます。
▲りゅうさんへ
エルミタージュ美術館展のとき、りゅうさん、ブーシェの「池のある風景」が
いいって、書いてらしてて、私も同じだったのでよく覚えてます。
↓でコメントを書いてくださってるpistacci さんは、埼玉県立近美にいらした記事をのせてらっしゃいます。北浦和駅と書いてあったので、「あ、りゅうさんの」と、反応しました。噴水もあるんですね。

▲Cocoさんへ
ティファニーコレクションですか。きらきらっと輝いて美しかったことでしょうね。このフリック・コレクションは、穴場だと思います。お宝ずら~っと、
の豪邸です。家具など調度品もすばらしいし。中世風のパテオ(中庭)もあるんですよ。アメリカの財力はほんとすごいです。

▲yk2さんへ
そういえば、フェルメールは、青いターバンをした「真珠の首飾りの少女」だったり、「青衣の女」だったり、青なんですね。気づきませんでした。
アムステルダムの「牛乳を注ぐ、、」が来るんですか。黄色いブラウスに紺のスカート、黄色も青も、ですね。でも、何よりも牛乳がリアルな絵でした。

▲いっぷくさんへ
これら3点は中型です。アムスの「デルフトの小道」は、とても小さく地味
でしたが、よく見ると良さが光ってました。
カメラ・オブスクラをフェルメールが使うシーンが「真珠の耳飾りの少女」の映画に出てきました。牛乳の粒、、なるほど、だから、牛乳があんなに
実在感があるんですね。

<人がいるのに静かな雰囲気>
→物音がしない、聞こえるとしたら人の声だけ、という室内ですよね。
by TaekoLovesParis (2007-03-15 22:55) 

miku

1000nice! 越え、おめでとうございますー。
フェルメールが3点もあるんですか。
どれも、光がすてきです。
by miku (2007-03-15 23:06) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます
▲pistacciさんへ
フランス宮廷では、コーヒーの他に紅茶も愛されていたという話ですから、やはり、セーブル焼きの金を使ったロココ調のティーカップで優雅にお茶のひとときを、、って空想の世界。
かよりんさんと、美術館&ミュージカルの旅って楽しそうな計画ですね。

▲ムーミンさんへ
フェルメールの3番目の絵は、「女主人と召使い」というタイトルで、
手紙を書き終えた女主人が、召使に手紙を渡している絵。
「手紙がきましたよ」と召使が渡すところでは?と思えるでしょ。でも、
ワシントンのナショナルギャラリーに、これと同じ衣装の女性が、手紙を書いている最中の絵があるので、書き終えて渡すところでは、と推測され
ているんですよ。
でもね、私には、ワシントンの「手紙を書く女性」はこの絵の女性と別人
に見えるんだけど。
by TaekoLovesParis (2007-03-15 23:31) 

Wino

フェルメール好きです。ここからいつも物語が始まるようで。
でもなぜかしらいつもノーマン ロックウエルとかのポスターを、
連想してしまいます。ノーマン ロックウエルも画に動きがあるでしょ?
しろーとなコメントすいません(汗!
by Wino (2007-03-15 23:51) 

TaekoLovesParis

winoさん、てんとうむしさんのアイコン、ロックウェルなんですって。
お茶目ですよね。
私もしろーとですから、ご安心を。絵を見ながら、いろいろ想像するのが
好きなんですよ。
by TaekoLovesParis (2007-03-16 00:04) 

noriko


ちょうど私の出番ですっ☆
明度のある黒と青、輝く肌色の絵が好きです。
フェルメールは黄色もキレイ。
大大大好きな画家なので画集持ってます^^
毛皮の縁取りのある黄色いガウンは何度も描いているお気に入りの衣装ですよね。

フェルメールは静を切り取って、ロックウェルは動を切り取っているような印象ですが、そういえば似ているかも。
by noriko (2007-03-16 00:17) 

雛鳥

邸宅美術館、憧れです!
足を踏み入れただけで、優雅な気分になれそうですね。
フラゴナールは、実はよく見たことがないので、
きちんと見てみたいなあと思っていました。
繊細で柔らかなのに、どこか生身の人間を感じさせるのは、
テーマのせいでしょうか…不思議な画家です。
フェルメールも、緻密な美しさが素晴らしいですね。
3点もあるという作品、是非見てみたいです。
by 雛鳥 (2007-03-16 00:19) 

シェリー

こんばんわ~
私は皆さんみたいに美術にまったく知識がないのでお恥ずかしいですが
フェルメールさん初めてお聞きしました。
(白状すると・・・最近ジャムを買ったフェルベールさん?と想ったり・・・汗)
でも本当に光の感じが鮮明で素敵です。
ロココって可愛い女の子のイメージ。ロマンチックな世界も楽しそうですね。
Taekoさんのおかげで、また一歩絵の世界が広がった気がします!
パリもいいけれどNYも行ってみたくなりました!
by シェリー (2007-03-16 00:36) 

TaekoLovesParis

てんとうむしさん、グットタイミングで登場(拍手)
そう、この黄色の豹柄縁取りつき衣装(これガウン?室内着の)でリュート
弾いてる絵もありましたよね。
画集、お持ちなんですか。私は持ってなくて。。全部で30余点なんですよね。ルーブル、アムス、メト、ワシントン、フリックでいくつ見たのかなぁ。やっぱり画集が必要ですねっ。
by TaekoLovesParis (2007-03-16 01:05) 

TaekoLovesParis

雛鳥さんの気に入るような邸宅です。
だって、マリー・アントワネットが使ってた家具とか、ルイ15世が使っていた
家具とかがさりげなくあるんですよ。
雛鳥さんがご覧になった「コンタクト」はフラゴナールの「ブランコ」の絵が下敷きになってるんですよね。だからNY版では、幕が開いたとたん、フラゴナールの絵が映しだされました。それがすっと消えて、ピンクのドレスの女の人が無邪気にブランコをこいで、、でした。
by TaekoLovesParis (2007-03-16 01:21) 

TaekoLovesParis

シェリーさん、悪いけど大笑い。フェルベール、一字違いなだけですものね。
(yk2さんも笑うと思う)
ロココは色でいうと、白地に金、それにピンクっていう感じだから、シェリーさんのおっしゃるように、ロマンチックで女の子の世界ですね。
by TaekoLovesParis (2007-03-16 01:27) 

TaekoLovesParis

▲マーティさん、はじめまして。ナイスをありがとうございました。

▲写真家のmikuさんへ
コメントありがとう!
フェルメールはカメラ・オブスクラ(暗室カメラ)を使って、光の研究をしながら描いていたといわれてます。で、この暗室カメラが今のカメラの元になった
そうです。
by TaekoLovesParis (2007-03-16 01:38) 

miku

写真家!きゃー!
って、そうじゃなくて、
フェルメールは、今のカメラの元使って
光の研究してたんですか。
うーん、それで、ああいう光が描けたんですね。
勉強になりました!
by miku (2007-03-16 21:47) 

berry

おっ、ニューヨークですか!
壁一面、ブーシェの絵の連作、素晴らしいですね。
このロココ調が可愛いです〜。(ん?ヘンな感想!? 正直な感想です。笑)
うん、そうですね、フェルメールがお目当てってわかります。
暗いのではなく黒い陰影が素晴らしいもの。大好きです〜♪
by berry (2007-03-16 22:02) 

TaekoLovesParis

berryさん、ロココは絵柄にかわいらしさがありますよね。ロココ調の
食器がberryさん、お好きなのでは?
by TaekoLovesParis (2007-03-17 11:01) 

バニラ

個人美術館好きとしてはかなり興味が湧きます。
コメントからすると絵画の他にも素敵な家具もたくさんあるようで
邸宅内部はどんな様子なのだろうと想像しています。
昔はロココ調を受けつけなかったのですが、年齢と共に?
その雰囲気が好きになってきています。 なぜだ~?
by バニラ (2007-03-19 22:19) 

newyork

はじめまして!フリック・コレクション、もう何年も前に行ったきりで今となっては全然覚えていないものばかりでした。読ませていただいて、また行きたくなってしまいました。近いうちに行ってみます。ありがとうございました!
by newyork (2007-03-29 12:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0