So-net無料ブログ作成

オルセー美術館2008年冬(1) [Paris 美術館]

 オルセー美術館は、観光客に人気でいつも混んでいる。
このときも、「ピアソとマネ展」の看板の写真を撮ろうと思ったのに、待ち合わせの人や、
記念撮影の人で、人が途絶えることがなかった。
後ろに行列ができているのがわかりますか? 私も約1時間待ってはいった。
(ミュージアムパスを事前に買ってあれば、並ばずにはいれます)

orsey1.JPG

 1時間も外で寒い中待ったので、まずは、5Fのティールームに。
あらら、ここも行列。仕方なくカフェテリアに。コーヒーとマフィンで休憩。

 美術館内は作家別にブースになっていて、わかりやすい。
地上階、アングルのすぐそばに、私の好きなシャヴァンヌ(Puvis de Chavannes)
のブースができていた。
ここも人が多く、なかなか誰もいない写真が撮れなくて、、。

1.JPG

[右斜め上] タイトル不明 の3点と書いたら、Inatimyさんが教えてくださいました。
左から、
「La Vigilance」(警戒、監視) 「L'Histoiore」(物語) 「Le Recueillement」(瞑想)

[右斜め下] 「希望」 
小さいながらもインパクトのある絵。
破壊された城を背景にモデルの少女が、白い布をかけてすわっているのは盛り土を
した墓。きっと戦争のあとだろう。
少女が差し出しているのは、平和の象徴のオリーブの枝。
遠く地平線のかなたに夜明けの光が薄ぼんやりと見え、新しい希望の朝であるとわかる。

4l'espoir.JPG


[右斜め下] 「髪結い」 古典的主題のきれいな作品。
(大きな写真は、yk2さんのところで見てください

kamiyui.JPG

 [右斜め下] 左「鳩」1871年  右「気球」1870年
この絵に関しても、yk2さんのところにくわしい説明があります

6hato.JPG

 シャヴァンヌは、19世紀最大の壁画家といわれ、壁画が多い。
静かな詩情あふれる画風 は、公共の建物にぴったりだったのだそう。
上の「希望」の少女が、白い服を着たヴァージョンは、壁画となっている。
私は、シャヴァンヌの詩情と共に、優雅さと色合いも好きだ。

以前に書いたシャヴァンヌに関する記事(絵も見れます)

 すぐ横は、アングルとアングル派の人々の作品。
[右斜め下] 有名な「泉」 

7izumiS.JPG



 さて、5Fにあがってみると、特別ブースに、縄を張って祭られていたのが、「新規購入作品」 
[右斜め下] エミール・ベルナールの「象徴的な自画像」

 BernardSymbolicselfportrait1891.JPG

 ベルナールと同じ頃の画家、アンリ・エドモンクロス(Henri-Edomond Cross)の
「夕景」(L'air du soir) 1893年
 エドモン・クロスは、シニャック(Signac)に誘われて、2年間を南仏でいっしょに暮らし、
この絵を描いた。エドモンクロスの手法は大きな長方形の点描。南仏らしい光あふれる
場所だが、夕方の空気は、光を和らげ、全体がやさしい色のトーンになっている。
後ろに船が見えるが、地平線と水平線が色の濃淡だけで暗示されているかのようだ。
この絵の構図は、シャヴァンヌの「楽園」にヒントを得ているとのこと。
(同じ時期、同じ場所で触発されながらシニャックが描いた絵、「ハーモニー」は、ここ)

EdomondCrosssoyokaze1893.JPG

 同じく、エドモンクロスの「金色の島々」(Les Iles d'Or)
「金色の島々」というタイトルなのに、島は遠い。砂、海、空の色のグラデーションがきれい!
隣にシニャックの作品が並んでいて、この2点だけ、額が白で目立っていた。

Crossiled'or.JPGSignac.JPG

ルノアールのブースもあるが、貸し出し中の絵が多かった。
[右斜め下] 「大きな裸婦」 実際、大きな絵で目だっていた。

renoirgrandnu.JPG


 「モスク、アラブの祭」1881年
ルノワールらしくない主題かなと、注目。
城が見える城砦のような場所でのアラブ祭り。下から眺めているような構図がおもしろい。

renoirfetearabe1881.JPG

 とりあえず、今回はここまで。
続きは次回。

以前のオルセー美術館紹介記事はこちら。

 


nice!(39)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 39

コメント 26

匁

オルセー美術館に連れていただいたのは確か2度目だったと思いますが?
この寒い中1時間も外で待つんですか?ほんとにご苦労様です。
その代わり盛りだくさんですね。
これだけ見せて頂いただけでも、頭の中混乱します。
一番上の不明の3点は自由の女神像の原形みたいなポーズですね。
ベルナールの「象徴的な自画像」はバックの人物が画家の言いたいことを語っているみたいです。
一番下の「モスク、アラブの祭」はルノアールの作品のイメージとはずいぶん違いますね。初期の作品でしょうか?。
by (2009-01-18 17:07) 

範子29

1時間も並ぶなんて・・・。
さすが!!ですね。
私は、あきらめちゃいそうですが・・・。
by 範子29 (2009-01-18 21:09) 

coco030705

こんばんは。
オルセーの魅力はすごいんですね。
この絵画群を見れば、1時間でも並びたくなるわけが
わかりますね。
やっぱりアングルの「泉」、美しいですね。本物を見たいわ。
アングルの上の「鳩」と「気球」もいい絵ですね。
それからルノアールの「モスク、アラブの祭り」。珍しい構図です。
こんな作品も見れるんですね。いつかぜひ行きます!!
by coco030705 (2009-01-18 22:32) 

てんとうむし

すごーい豪華な作品群にくらくらします。
1時間並ぶ価値アリ!ですね。
でも、寒そうだから私もまず「カフェテリアで休んでから」って思うかも(笑)
「希望」も 「髪結い」も「泉」もオルセーにあるんですね。
エドモンクロスとシニャックの点描も、近づいたり離れたりして、ゆっくり眺めてみたいです。
続きも楽しみにてしています♪
何があるのかな~♡
by てんとうむし (2009-01-18 22:39) 

miku

先日はお忙しい中、グループ展観にいらしていただき
ありがとうございました!
うれしかったです〜
「希望」という作品、いいですね
近くで見てみたいなあ
盛りだくさんの展示、コンジョなしの私なら、
カフェで休み休み観ちゃいそう


by miku (2009-01-18 23:52) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます
▲匁さん、いつもていねいに読んでいただいて、さらに記憶にとどめていただいて、とっても感謝です。
私もベルナールの象徴的と冠のついた自画像は??だらけなんです。
じっさいにじっと見て、うーん、わからない、いつかわかるかもーと、写真を撮ったのです。ちなみにーーーこの場所は誰もいませんでした。混んでない、っていうことです。
ルノアールも他の作品と違うな、っていうので、足をとめて、しげしげ見たんです。私の言外の余情をいつも的確によんでくださってうれしいです。

▲範子さん、そうでしょ、、1時間も。私だって、初めから1時間とわかっていればあきらめるけど、、まさか、と思ったのに、結局、1時間だったんですよ。前に2時間並んだことがあって。並ぶのが普通なのがフランスです。あきらめるしかない。。。mikuさんの金魚カフェはさっとはいれましたが(笑)。かよりんのお花がめだってました。自分が送ったわけでもないのに、誇らしげに思ってみちゃいました。

▲cocoさーん、いつも、いつも私の気持ちを代弁してくださるCocoさん、実は並んでお茶して、で、閉館時間がせまって、だったんです。。
反省ものでした。次回はちゃんとミュジアムパスで早くから行きます。

▲てんちゃん、そうなのー。とっても豪華なラインアップでした。でも蛍の光みたいな終わりの音楽が聞こえてきて、「閉館ですー」
6時閉館なのに、5時半からせきたてるし、企画展は終わるし、でした。
ゆっくりお茶したことを反省しました。でもねーーー寒い中並んだら、、
わかるでしょ。


by TaekoLovesParis (2009-01-18 23:55) 

TaekoLovesParis

あれれ、mikuさん、今、範子ちゃんの返事にmikuさんの展覧会のこと書いたばかり(笑)。mikuさんは発想が豊かだなーって、グループ展見て改めて思いました。これからもがんばってね。
by TaekoLovesParis (2009-01-18 23:57) 

Inatimy

オルセーに行ったのは、もうずいぶん前のこと・・・。
覚えているのは、大きな時計だけだったり・・・。
ちょうどyk2さんのところで読んだばかりだったので、
こちらでもまた、楽しませていただきました♪

タイトル不明の3点は、左から、
「La Vigilance」
「L'Histoiore」
「Le Recueillement」
ですが、日本語で何かは、さっぱり・・・。
by Inatimy (2009-01-19 07:57) 

ララアント

おはようございます!!
 パリの美術館(オルセー美術館) 私でも知っているような絵が
 ありました。
 ミーハーなことで済みませんが 写真撮影 OKですか?
 昨秋のフェルメール展へ そして薬師寺展にも・・・
 撮影の許可がなくてもいいのですが どの展覧会も
 照明を落としてあるのが とても不満でした。

 匁さんはじめ皆さんのコメント 勿論TaekoLovesParisさんの
 説明など 勉強になります。
 
by ララアント (2009-01-19 10:06) 

Krause

オルセー美術館、大好きです。
by Krause (2009-01-19 13:38) 

katsura

グループ展、お越しいただきありがとうございました。
「金の島」、いいですね。オルセーも再訪しなくては・・・。
by katsura (2009-01-19 16:51) 

mwainfo

オルセー美術館、一度は行かなくては!
by mwainfo (2009-01-19 18:10) 

aranjues

この行列は常設の作品目当ての人ですよね。
一年中こんな状態なんでしょうか。世界中から
ここを目当てにいらっしゃるのでしょうね。1時間の
行列ですか。私ならさっさとトンズラです。
by aranjues (2009-01-19 21:43) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます
▲Inatimyさん、教えてくださってありがとう!書き加えておきました。
オルセーの時計は印象的ですよね。ティールームから、時計の裏が見えたような。。

▲ララアントさん、美術館の常設は、フラッシュなしなら撮影OKです。
でも、特別展、企画展は、どこも撮影禁止です。
照明のこと、気づきませんでした。今度、気にしてみますね。

▲Krauseさん、お好きと伺ってうれしいです。

▲katsuraさん、「金の島」は、今回初めて見た気がします。オルセーも広いので、ブースを抜かして見てることもあるんですよね。
青の清涼感がよかったので、写真を撮りました。

▲mwainfoさん、ぜひ、ぜーひ、いらしてください。「ミュージアムパス」の事前購入をおすすめします。待たないで別入り口からはいれますので。

▲aranjuesさん、こことルーヴルは観光コースですから、いつも行列です。並んでいるといろいろな国の言葉が聞こえるので、観光客ってわかるのです。アラブ、ロシアが今年多かった観光客だそう。
事前に「ミュージアムパス」を買っておけば、並ばずにはいれるのですが、それを買いに行く手間を省いたので、、並ぶことになりました。
次回は、必ず、買います。
by TaekoLovesParis (2009-01-19 22:16) 

TaekoLovesParis

aiaさん、niceをありがとう! またいつか。。

by TaekoLovesParis (2009-01-19 22:21) 

yk2

Navi派好きとしては、やはり新規購入されたベルナールの自画像が気になりますが、若々しくロマンティックなイメージで描かれている国立西洋美術館にある『吟遊詩人に扮した自画像』と較べると、これは随分雰囲気違いますねぇ。ゴーガンの『黄色いキリストと自画像』辺りを意識して描いてるふうにも思えます。

しかしまぁ、この絵が「縄を張って祭られて」ましたか(笑)。
by yk2 (2009-01-19 22:29) 

Bonheur

オルセー!パリ3大美術館の中で一番好きです。建物そのものも大好きです。 私は、欲張ってあちこち美術館を廻るほうなので、ミュージアムパスは毎回購入します。提示すれば中に入れる、安心感もありますね。
オルセーは新しい作品も入ったのですね。
Taekoさんのパリ記事で、久々にパリに行きたくなってきましたよ~。あの長い飛行時間さえなければなあ。
by Bonheur (2009-01-19 22:40) 

やまがたん

パリに居たときに見に行ってれば
良かったと大後悔の私です
by やまがたん (2009-01-20 00:37) 

duke

オルセーの記事も書きたいのに、まだです^^;
私は2回行ったのですが、いずれもすいていて・・・?18日、19日あたりはまだ観光客も少なかったのかな?^^ 
金の島、きれいでしたね、あぁ~思い出します^^また行きたいなぁ。
by duke (2009-01-20 00:45) 

いっぷく

訪れるたびに鑑賞して印象に残る絵画が微妙に違ってくるという思いをするので、何度でも行きたくなるオルセーです。
Taekoさんが掲載した絵画の中に見覚えのないものが含まれているのでまだまだ奥が深い所蔵品が数多くあると実感します。
何度でも訪れたいオルセーですね。

by いっぷく (2009-01-20 07:56) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます
▲yk2さん、yk2さんのso-netPhotoのところで、『吟遊詩人に扮した自画像』を見てきました。同じヘアスタイルのベルナールだけど、そちらは若くて、背景がきれいなおねえさまと森。こちらは、かなり思索的で背景が不気味ですね。中央がキリストで左がアダムとイブ?人類の罪の歴史を背負っているのでしょうか。。暗示的ですね。

▲Bonheurさん、オルセーがベスト1なんですね。ルーヴルだと中世が多いし、広いし。  ミュージアムパス、私は前回買いに行くだけで、一日がつぶれたので(お茶した時間が長かった)、それなら、直接行って並んでも、、と思ったのが、浅はかでした。次回は買います。

▲やまがたんさん、旅行は後から考えると、あそこも行けばよかった、、っていうの、、私も多いです。

▲dukeちゃん、えーっ、すいてたの、いいなぁ。。私は、午後遅くなれば大丈夫と思って、3時半についたら、4時10分まで外で並び、チケットを買うためにまた並び、結局、入場したのが4時半。6時閉館なので、5時半から「お帰りください」放送がはいり、気持ちがあせりました。
dukeちゃんのオルセー記事も楽しみにしてます。

▲いっぷくさん、おっしゃる通りです。展示替えもあるけれど、見るこちらの気持ちや経験値も変わってくるのでしょうね。
ナショナルギャラリー、テートモダン、ヴィクトリア・アルバートにぜひ、行きたいです。ロンドンは2度行ったけれど、大英博物館しか行ってなくて。
by TaekoLovesParis (2009-01-20 21:38) 

やまがたん

私の場合は仕事だったのです
アパートが市内にあったのですが
当時は帰国をしたい一心だったのであります
by やまがたん (2009-01-21 14:56) 

Zunko

Taekoさんほど、何度もパリスに行っていると、通常の美術館の展示よりもスペシャルイベントが良いのでしょうね。。ピカソのマネ、見がいがありそうですね。

私、一昨年のクリスマスにパリに行って、オルセーに久しぶりに行ったのですが(写真未だブログに載せてまへん・苦笑)、やはり長蛇の列で。。そのミュージアムパスを持った人がどんどん先に入って行くのを横目に見ながら1時間位並びました。次回は必ず買って行こうと思いましたよ。。。個人的には印象派が揃っているので、オルセーの方がルーブルより好きです。次回も楽しみにしております。
by Zunko (2009-01-21 16:34) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます
▲やまがたんさん、、パリにお住まいだったのですね。お仕事となると、厳しい面も多くて大変だったことでしょう。

▲Zunkoさん、一昨年の「どこへ行くでしょう?」クイズの答えがパリでしたね。やっぱり並んだんですね。冬に並ぶのは辛いですよね。パリではケーキを買うのにも並びました。東京では、並ぶんだったら買わないけどパリだと覚悟して素直に並びます。(例外:東京で評判のラスクを買うのに並びました)
by TaekoLovesParis (2009-01-22 01:09) 

かよりん

ご無沙汰しております。
憧れのオルセー美術館!いつかきっと行きたいです。
1時間・・・一人ならツラいですが、誰かと一緒ならなんとか待てそうです。素晴らしい絵の数々ですね♪

今日は今週末箱根に行くのでTaekoさんの記事でおいしいレストランを検索させて頂こうと思って来ました。
by かよりん (2009-01-24 00:43) 

TaekoLovesParis

かよりん、オルセーは建物もすばらしいのでパリ旅には外せない場所です。ひとりで待つ時は、しかたなく、周りの人を観察しています。
箱根、のんびりできてよさそうですね~。

東京のレストランは、タテルヨシノ、イル・カランドリーノ、クーカーニョに行ったので、順次記事にしますね。
by TaekoLovesParis (2009-01-24 10:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0