So-net無料ブログ作成

エリザベート [演劇、ミュージカル、Jazz]

 先週、帝劇へミュージカル「エリザベート」を見に行った。
8月から10月末まで、3ヶ月間というロングラン。
pistacciさん、チョコローズさん、み~ちゃんさんが、ご覧になって記事を書いて
いらっしゃいます。雛鳥さんもお書きになる?

 erizabethe.JPG

 2年前にも今回と同じ「エリザベート」公演があった。見に行って、「おもしろかった」
と、pistaさんの所で、コメントを書いたら、ブログメール(今はもうない)で、「こういう
所がよかったでしょ、それから、こんな所も、、、」と、言われたものの、覚えてない
ことだらけ。しかも最後に「ぜひ、もう一度見てください」。
いっしょに行った友達を誘ったら、「一度でいいわ」と断られた。そんな状況を察する
かのように、またpistaさんからメールが来て、「ひとりで行く人はたくさんいますよ」
さらに、もっと丁寧な観劇チェックポイントつき。背中を押され、やっぱり見たい、と
思い、意を決して出かけた。予習が十分で、2回目だと余裕があって、細かい所にも
目が行き、とっても楽しめると気付いた。だから、リピーターが多いのね、とわかった。
もちろん特定の「あの方」のファンも大勢ね。拍手の大きさが違いましたから。

 さて、今回、キャストが2年前と少し変わった。涼風真世と朝海ひかるのダブル
キャストの主役エリザベートが、瀬奈じゅんと朝海ひかるに、死の帝王(トート)の
山口祐一郎と武田真治のダブルキャストが、山口祐一郎、石丸幹二、城田優の
トリプルキャストになった。
どのキャストだと、どの日にち、というスケジュール表を見て、行く日を選ぶ。私は、
皇太子ルドルフを浦井健治で見れる日にしたので、10月になってしまった。

 ErizaRedolf.JPG

 前回、伊礼ルドルフと浦井ルドルフを見て、私は浦井の方が好きだった。
さらに、浦井は、そのあと、新国立劇場でのお芝居「ヘンリー六世」の主役に抜擢
されたので、演技もすごいのね、と感心した。ルドルフでは、演技より、歌と踊りが
目だってたから。そういうわけで、今回は、演技に注目しようと、浦井バージョンを
選んだ。トートは石丸幹二、エリザベートは朝海ひかる。

 舞台回しの役の高島政宏は年前に続いてなので、早口のセリフがよどみなく、
すらすらーで、聞いていて気持ちよかった。
(追記:私は2年前に初めて見たけれど、東宝の初演は2000年。今回は7回目の
上演なんですって。高島ルキーニは10年目。山口トートも10年目と、pistaさんから
コメントをいただきました。)

 「本日は公演終了後、出演者によるトークショーがございます。そのままの席で
お待ちください」とアナウンス。道理で、ぴしっと満席なわけね。
石丸、朝海、石川禅、浦井の出演者に司会が指揮者塩田さん。
フル出演のフランツ・ヨーゼフ役の石川禅さんが話をリードする。浦井くんが、石丸
トートは、ストレートにびしっと来るけど、山口トートは、包み込むようで、すごく違う。
キスだって全然違うし、演技のタイミングが石丸トートは早い、とウラ話。
同じ脚本でも、演技者によって、変わるものなんですね。

 チョコローズさんが、エリザベートにちなんだヘレンドのマグカップの写真を
出してらしたので、私もウィーンで買ったエリザベートゆかりのアウガルテンの
カップ「ウィンナローズ」と、壁掛け絵皿。バラは一客ごとに手描きです。

ErithaKabe.JPG ErithaCup.JPG

 おみやげにオーストリア製のシシーチョコを買おうと思って出かけたのに、レジの横の棚に
は何もなく、、残念。


nice!(53)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 53

コメント 33

Bonheur

一度は観に行きたいと思っています、エリザベート。一番拍手が大きかったのはどなたですか?話題の城田優?
アウガルテンの食器、いいですね。新品のように綺麗に扱われてますね。
私もウィーンに行った時、購入してくれば良かった、としばらく後悔しました。カップの持ち手は狭いとか、そんな感じはありませんか?
by Bonheur (2010-10-13 21:34) 

TaekoLovesParis

Bonheurさん、一番にありがとう。
私は、石丸幹二の日に行ったので、石丸さんへの拍手が大きかったです。
なんてったって、女性客が9割ですからね。
山口さんは、浦井くんも「山口様」というほど、前回も出演で特別な存在です。
城田さんは、今回初めてですが、若くてルックスもいいので人気がありますね。
石丸さんは、劇団四季で活躍した人。芸大声楽卒。

アウガルテンは、この形なので、コーヒー専用です。紅茶だと茶渋がつくけど、
コーヒーはあまり汚れませんね。カップの持ち手がきゃしゃなのですが、
持ち手にも緑のハートが描かれてるのが、愛らしいです。
これは友達のといっしょに船便で送ってもらったけど、陶器は持って帰るのに
気を遣うから大変ですよね。
by TaekoLovesParis (2010-10-13 22:25) 

pistacci

Taekoさん、丁寧な記事ありがとうございます。
ブログクルーザー、なつかしいですね。とくにまだ2年前は熱がかっかと上がっていたときだっただけに(笑)、こまかく見ていました(^^;;
観劇後のトークショーは、出演者の別な一面がみられて、楽しかったでしょう。
HPでも一部が動画で紹介されていますね。
トートは同じ山口さんだけど、ルドルフは3人とも見ました。トートのほうも、ルドルフによって微妙にちがうのですよ。
・・・で、エリザベート検定一位を貰った身としては、こまかいところですが訂正させてくださいね。東宝の初演は2000年。今回は7回目の上演になります。高島ルキーニは10年目。山口トートも10年目なのよ。
by pistacci (2010-10-13 23:32) 

チョコローズ

はい、シシーマグを紹介したチョコローズは私です。
登場させていただき、ありがとうございます。
涼しくなってきたので近頃大活躍です。
ヘレンドの薔薇の柄って独特ですよね。可愛らしくて大好きです。

浦井ルド狙いの石丸トートっていうのも魅力的ですね。
8月、9月と行きましたが10月はパスしたので、浦井ルドは見ていませんが
2年前の公演のときは終了後、出待ちに走り間近で浦井さんのお顔をパチリしました。
役柄と素顔がぜんぜん違って、とても凛々しくてまぶしかったです。
個々に感想はありますが、エリザベートのミュージカルはこれからも続いて欲しい。
でも来年は順番からすると宝塚版かな。チケ取りまた大変です。
あっ、チョコレート残念でしたね。
1Fではハンガリーつながりで青山のジェルボーのお菓子も売られていました。
by チョコローズ (2010-10-13 23:33) 

TaekoLovesParis

pistaさん、こんばんは。
訂正ありがとう。宝塚のが、前からあるのは知っていたけど、東宝のも歴史ある
ミュージカルだったんですね。
山口さんがカーテンが閉まるとき、手を正面胸の位置で広げて、左右に振るしぐさをするでしょ。あれと同じのを今回は、石川禅さんがして、受けてました。
トークショーでも、浦井くんは、立ち上がって、「僕がこう出ると、、」って、熱演でした。
ルドルフを3人ともご覧になったのね。「闇がひろがーる」は、3組3様ってことですね。
朝海エリザは、涼風さんに比べると、低音部がイマイチでした。調子が悪かったのかもしれません。
by TaekoLovesParis (2010-10-14 01:10) 

TaekoLovesParis

チョコロさん、こんばんは。
シシーマグは、マカロンの上品さと合いそうですね。

浦井くんが、<とても凛々しくてまぶしかったです>とは、うれしいですねー。
インタビュー動画は、かなり素顔に近いですよね。

「ジェルボー」は、日本橋三越にお店ができたんですよ。この間、マカロンに似た
ような?のを試食させてくれたので、手土産に買いました。帝劇でも売ってたんですね。満席の日だったので、ロビーが混んでいて、よく売ってるものが見えないほどでした。
by TaekoLovesParis (2010-10-14 01:24) 

ルビー

その当時、劇団四季の名古屋公演にでてらしたのでしょう、数年前“石丸幹二”さんがお買い物してる時に遭遇しました。目の隅になんかハンサムを感じて、横を見たら彼でした。「ほんとハンサム!」 名古屋駅前のミッドランドスクエアというその時オープンしたてのビルのブランド店で。 私は開店にまぎれた完璧な冷やかしでしたが・・・
彼、しばらくお休みしてたみたいですけど、見事復活よかったですね。
by ルビー (2010-10-14 02:47) 

baby_pink

アウガルテンのマグカップと壁掛け絵皿・・
とっても可愛くってすてきですね✿*
一客ずつ手書きなのが、それぞれ愛着湧きますね^^
by baby_pink (2010-10-14 06:34) 

roseadagio

昨日の読売夕刊に城田優くんのコラムが出ていました。
私、城田優くんと同じ誕生日、血液型なんです、うふ♪ 
違うのは生まれた年だけ・・・あ、言わなくても分かりますね(笑)

公演日も残りわずかで俄然気になってきました。

田代君、浦井君の実力もわかっているので、ルドルフも気になります。
帝劇、若手が確かに育っていますね、
by roseadagio (2010-10-14 21:43) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます
▲ルビーさん、石丸幹二、ホンモノに会ったんですか!すごい。
彼は、ハンサムで歌もうまくて、サックス(芸大の器楽科中退)も出来てと、
すごい才能なんですよね。コミックな役もこなせるし。四季を退団したけど、
復活してきましたね。

▲baby-pinkさん、ウィーンで工場へ行って、描いてるところを見せてもらったので、
時々、その時のことを思い出します。友達2人がティーセットをフルセットで、ケーキ皿もと、買ったので、VIP並みにもてなしてもらえました。

▲roseadagioさん、えー城田くんと同じ誕生日&血液型なんですか。違うのは、
生年、言わなくても、、っていうのがおかしくて笑っちゃいました。
roseadagioさんも何回もご覧になってらっしゃるのね。
ダブルキャスト、トリプルキャストは、お互いに刺激になって、力がつくでしょうね。
相手役がベテランっていうのも、若手が育ちますね。


by TaekoLovesParis (2010-10-14 23:50) 

あやっぴぃ

私も一人でもいきたぁい~。でも遠い~。
WOWWOWとかでやってくれないかしら・・・。
by あやっぴぃ (2010-10-15 12:14) 

TaekoLovesParis

あやっぴいさん、見れるチャンスがあったら、オススメです。
チケットを前もって買っておかないと、っていうのが、面倒ですね。
by TaekoLovesParis (2010-10-15 20:20) 

aranjues

私の周りにもミュージカル追っかけのような知人が何人かおりますが、
右へならへで女性です。綺麗な女優さんも出るのだから男の追っかけも
いても良さそうに思うのに不思議です。オペラや歌舞伎は男の多いのに、
ミュージカルになると俄然女性の天下ですね。
エリザベート全国第一位のpistaさんのコメントがあると一気に記事の価値が
アップします(笑)。
絵画同様、陶器なども全く知識も興味もありませんが、知人がヘレンドが好きだと
以前言っててヘレンドのワンマーク?なデザインは好きです。写真のカップ、
絵皿、一瞬ヘレンドかと思いましたが、違うんですね。
by aranjues (2010-10-15 23:43) 

hatsu

『エリザベート』、
聞いたことはありましたが、お話は知らなくて。
帝劇のサイトで物語を読んで、ドキドキしちゃいました^^
いつか観に行ってみたいです♪
by hatsu (2010-10-16 08:20) 

タッチおじさん

良くミュージカルや舞台など、観賞されているご様子
その様な方に優しいコメント大変嬉しく思っています
ミュージカル等には余裕なく観賞できず、疎く、
コメントなどで来ませんが、心ずかい有難う御座いました
美術の秋です
いいですね、素晴しい食器、コーヒーも美味しく頂けそうですね^^♪

by タッチおじさん (2010-10-16 09:04) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます
▲aranjuesさん、私も何でミュージカルは女性客ばかりか考えてるところです。
宝塚出身のスターがたくさんいるので、宝塚時代のファンが来てくれるのかしら、
、映画化された演目は親しみやすい、四季からの流れのお客さんも、とか、、、

そ、検定一位のpistaさんの監修つきの記事です(笑)
pistaさんは、実にお詳しくて(当然ね)、いろいろ教えてくださいますからー。

ヘレンドはハンガリー、アウガルテンはオーストリアですが、元は同じ工場だった
んですって。このミュージカルにも、オーストリアのハンガリー併合の日にシシー(エリザベート)が、ハンガリーの三色旗のドレスを着て現れる場面があって、ドレスが美しいんですよ。赤、緑、白の三色ですから。

▲hatsuさん、ぜひ、いらしてください。hatsuさんなら、楽しめると思いますよ。

▲タッチおじさん、お仕事の合間にライフワークのように小説を書いていらっしゃるのが、すてきです。きっとこれは書きとめたいとお思いになっていらっしゃる体験なんでしょうね。秋は枯葉の季節ですね。次回にむけてがんばってください。
by TaekoLovesParis (2010-10-16 09:59) 

末尾ルコ(アルベール)

わたしはいろんなヴァージョンを観ております。
歌はうまくなかったけれど、宝塚の麻路さきのトートが耽美的で好きでした♪

                         RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2010-10-16 14:31) 

TaekoLovesParis

ルコさん、いろんなヴァージョンがあるんですね。
宝塚版も見たいと思っています。歌が同じなのかしら。
by TaekoLovesParis (2010-10-16 15:16) 

TaekoLovesParis

バニラさん、たくさん読んでくださってありがとう!
時間ができたら、また記事を書いてくださいね。
by TaekoLovesParis (2010-10-16 15:20) 

toki

ミュージカルいいですね。
見に行きたいです!!^^

by toki (2010-10-16 20:11) 

TaekoLovesParis

tokiさん、こんばんは。
ミュージカルは、華やかな舞台で楽しいですね。機会があったら、ぜひ。
by TaekoLovesParis (2010-10-17 00:23) 

いっぷく

ミュージカルって1度観ていても、2度行けば、
最初の時にに見えなかった部分も見えますね。
そんなわけで2度もみてしまうということはあります。
あの感激をもう一度味わいたいという気持ちが強いのですが。
by いっぷく (2010-10-17 06:32) 

TaekoLovesParis

いっぷくさん、いっぷくさんの身体の中に、ロックとミュージカルがしみこんで
いらっしゃるの、よーく、わかってます。マイケルの「スリラー」、日本公演が
あるかなーと心待ちにしてるんですが。
ロンドンへ行ったら、V&Aの「My Generation」という展示室にぜひ、行きたい
と思ってます。私も「The WHO」が好きだったから。ミュージカルの「TOMMY」
、Videoで持っていて、昔は、毎日見てました。
by TaekoLovesParis (2010-10-17 08:58) 

moz

素敵なカップ&ソーサーですね。
エリーザベト、バラ、素敵です。いっきゃく毎に手書きなんて、すごい @@;
お芝居も、リピートになると色んなところに目が行くんですね。
by moz (2010-10-17 09:27) 

TaekoLovesParis

mozさん、アウガルテンは、マリアテレジアが造ったウィーン窯。伝統ある窯元
で、きれいな白磁が特徴です。秋篠宮紀子様が御輿入れのとき、お持ちになった
食器セットがアウガルテンの「プリンスオイゲン」という緑一色の花模様のです。
アウガルテンは、最近、値上がりして高いので、シリーズをふやせません。

お芝居やミュージカルを見ると、歴史がもっとわかったら、と思います。
by TaekoLovesParis (2010-10-17 12:11) 

雛鳥

ご指名(?)ありがとうございます(汗)。
…最近またブログ放置気味の私としましては、少し焦っておりますが…、
もう少々お待ちいただければ、と思います…。
さて、Taekoさんも石丸トートで見られたのですね。
石丸さんは劇団四季の頃からこんな動きだったなあと思って、
少し懐かしく見ていたのですが、休憩中にロビーで耳にした話だと、
Taekoさんご指摘のように、演技が早いらしいですね。
「でもダンスで動いてない!」と言い放った人がいたので、かなり残念でした…。
私的には良かったと思ったのですが、…贔屓目ですかね?
山口トートも見てみたいところですが、ちょっと難しそうなので、
pistacciさんのご感想から、想像を膨らませようと思います。

by 雛鳥 (2010-10-17 12:24) 

み〜ちゃん

やっぱり,そうでしたでしょ~^^;
連日で観たワタクシとしては,あの順番でよかったなあ!と思っています。
逆だったら泣いていたかも。

山口さんには山口さんらしさがあって好きです。何というのでしょうね。
身も心も持っていかれる感じ…。
石丸トートは襲いかかってくる感じで,ドキドキ。
石丸さんにも石丸さんらしさがあって,どちらも選べない,浮気者の私。
(一等賞は市村さんなんですけど。)
もっと色々な役で2人を観てみたいものです。
城田トートも観たいですが,エリザベート役は決まっています。

アウガルテンにヘレンドと,シンブルではお馴染みの工房で,持っているのに,
エリザベートとは全く結びつかなかった,お間抜けみ~ちゃんでした。
私はヘレンドの方のカップを持っていま~す^^
by み〜ちゃん (2010-10-17 16:36) 

TaekoLovesParis

nice&コメントありがとうございます。
記事中にお名前をいれさせていただいたお二人、雛鳥さんとみ~ちゃんさんに
いらしていただいて、光栄です。これで次の記事にすすめます。
▲雛鳥さん、<もう少々お待ちいただければ、>というお返事は、書いてくださる、
っていうことですね。
私も石丸さんは、顔よし、声よし、で、四季の「アスペクツ・オブ・ラブ」で、すっかり
虜になってしまいました。「壁抜け男」、これは、雛鳥さんも再演のときご覧になって
記事に、でしたよね。コミックでおもしろかったです。あーでも、そういえば、ダンス
姿は、あまり見たことなかったですね。だから、<ダンスで動いてない>はズバリ
かもしれないけど、全く気付かなかったです。トークショーでは、手をかざして見せ、
「このメイクとネイルですよー。これ、自分でこわいです。どうですか?あ、後ろの方
には見えませんかね」(そういえば、こういう喋りも早かった)
山口さんは、あの包み込むような声と大きな仕草で、浮世離れしているから、
存在だけで、トートっぽかったです。だから、石丸さんの方が人間っぽいトートです。

▲み~ちゃんさん、み~ちゃんさんの記事を読んで、「ですよね!」でした。
あの低音部のざらざらはますいです。聞いていて、えっ?と思ってしまう、それが
何度もでてくるんですから。やはり涼風さんは完璧でした。寿ゾフィーは、円熟味が
ましてきてよかったです。禅さんはお人柄が良さそうで好きなんですよ。
市村さん、パイレーツのせりふは長くて大変でしたよね。今度はモーツァルトですね。

リモージュコレクターのみ~ちゃん、ハロウィン仕様のボックスもあったんですね。
by TaekoLovesParis (2010-10-17 22:14) 

pistacci

いよいよ19日で山口トートは一足先に千秋楽です。
石丸トートが「動いていない」!?そぅですか・・・。
まだ見ていない私はちょっと意外でした。
今年は「踊っている」と言われている山口トート。
どちらもご覧になった方はどうなんでしょう。
by pistacci (2010-10-19 02:20) 

シェリー

ときどき電車なんかで
ポスターを見たことはあるんですが・・・
同じ役を別の役者さんが演じられてるのを見比べるというのも
いろんな発見があっておもしろそうですね。
by シェリー (2010-10-19 11:14) 

TaekoLovesParis

pistaさん、コメントありがとう。
11月6日から、「モーツァルト」が始まるから、山口さんは千秋楽なんでしょうね。
石丸さんのダンスは、「闇が広がる」も「最後のダンス」も実にさらりとして、
あまり、印象に残らない。山口さんは、大柄だから、動いてるとか、動いてない
とか、はっきりわかるけど、石丸さんは、、でも悪くなかったですよ。
見てないけど、城田トートのダンスは若いからすごいっていう話ですよね。
山口さん、「パイレーツ」で若々しい動きを身につけたのでは?
by TaekoLovesParis (2010-10-19 22:07) 

TaekoLovesParis

シェリーさん、コメントありがとう。
そうなんですよ、ダブル、トリプルキャストだから、大競演。
シャンパンもいろいろ比べて飲むの、楽しいですよねー。
ああだ、こうだ、っていいながら、いろんな発見して味わう。
数年前より、経験値はふえたけど、わかるようになったかといえば。。
でも、楽しければいいって、居直ってます。
by TaekoLovesParis (2010-10-19 22:13) 

末尾ルコ(アルベール)

宝塚版はやはり全体的にスウィートですよね。
歌はやや迫力に欠けますが、独特のメルヘンになっておりました。

                              RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2010-10-26 14:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0