So-net無料ブログ作成

フェルメールを見るなら [外国の美術館、博物館]

 今、国立新美術館でフェルメールの「牛乳を注ぐ女」が展示されていますが、
フェルメール作品を短時間にたくさん見るなら、ニューヨークです。

 メトロポリタン美術館には、フェルメール作品が5点あります。
3点並んでいるのが見えますか? 私が写真を撮ろうとしていると、この絵の前を
立ち止らず、さ、さっと通り過ぎる人が何人も。。


左の絵は「窓辺でリュートを弾く女」 で、中央は「少女の肖像」
     

この少女は、振り向きざま、というポーズが有名な「真珠の耳飾りの少女」と似ていますね。
髪型(ターバン)と、左上からの光で、おでこがはっきりとして聡明さが伺えます。

「窓辺でリュートを弾く女」、当時の家の中は暗く、照明設備も立派でなかったのか、
窓辺で楽譜を見ているのでしょう。窓からの光がリュートを弾く女の一心不乱なようすを
映し出しています。壁には世界地図。

右は「窓辺で水差しを持つ女」


白い頭巾とケープ、青の服、銀色の水差し、そしてステンドグラスの窓の青、
構図と色の調和がきれいです。
壁が薄い白なので、ケープが濃く強い白で対比させていますね。
この絵でも後ろに世界地図があり、海運国オランダでは当時、壁に世界地図を掛けるのが
流行していたのでしょう。

この他に、「信仰の寓意」 

寓意はたとえ話の意味。
信仰を表すものを配した絵。
この女性は信仰の擬人像で、十字架、本(聖書)、聖杯、天球儀が置かれています。
信仰の擬人像というのが、私はわからないのですが。。

あと、もう1点 「眠る女」というのが、あるはずなのですが、見つかりませんでした。

 

 以前の記事で紹介しましたが、メトロポリタン美術館のそばにある個人の美術館、
「フリック・コレクション」に、フェルメールが3点あります。
ここの美術館は貸し出しをしないので、実際に足を運ばない限り見れないのです。

 フリック・コレクションに、休憩用のすてきな場所はありますが、カフェはないので、
ホテル(ヒルトン)に帰り、コーヒーハウスでケーキを買い、部屋で食べました。
アメリカのホテルは、部屋にコーヒーメーカーが置いてある所が多く便利です。
キャロットケーキ(右)と、倒れているのがチーズケーキ。ベリーがたくさんのっていました。
この2種のケーキはフランスでは見かけません。アメリカ特有のケーキですね。
甘くて濃厚で大きくておいしかったでけど、値段も1つ7ドル(840円)と高いです。
でもとっても満足。


nice!(41)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート