So-net無料ブログ作成

イブ・クライン展 [Paris  展覧会]

 今年も残り少なくなってきたので、今年行った展覧会で書いてないものを記事にします。
まずは、1月にパリのポンピドー・センターにて、「イブ・クライン展」。

イブ・クラインは、1928年フランスのニース生まれの前衛アーティスト。
日本ではあまり知られていませんが、フランスでは、有名な人。
34歳で急逝したため、これは回顧展。

クラインブルーと呼ばれる青で、造形作品を作りました。
たとえば、ミロのヴィーナスの胴体部分だけを青くしたもの、
ずいぶん、印象が違って見えます。モダンな現代のヴィーナスですね。

「地球は青かった」という言葉にヒントを得て、青く塗った地球儀も制作。
何でもかんでもこのクラインブルーにしてしまいます。


下の作品は、何を表しているのか、わからないけど、上のこんもりした部分は、
スポンジです。風化した木のように見えます。

         

ブルー一色だけでなく、ほかの色との取り合わせもありました。

まんなかに手描きの文字で、「Le BLEU, L'OR, Le ROSE」 青、金色、ローズ色
と書いてあります。この色の組み合わせは、inpregnation(充満化),incarnation(具現化),
demateriralisation(非物質化)を表すのだそう。哲学的で難しいけれど、彼は、アーティスト
の役割は、極限状態を試してみることと言い、いろいろな挑戦をします。

 ↑は、かわいらしいオブジェの人間のように見えますが、これは人体測定と言って、
女性モデルの体に青い塗料を塗り、キャンバスに押し付けたもの。力士の手形の手法。
人間の動的エネルギーの痕跡をキャンバスに残すという意図だそう。
実物大のものが↓です。

 

 神秘的なものにも憧れていたクラインは、「空中浮遊」と塀の上から跳ぶ
パフォーマンスをして、合成写真を作品にします。

この写真が、展覧会場のポンピドー・センターでは、看板として使われていました。


nice!(34)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート