So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アモンティリャード [シャンパン&ワイン]

  「アモンティリャード」、知っていますか?

cdmせんせが、ポーの「the cask of amontillad」アモンティリャードの酒樽という本を
絶賛していらして、とても読みたくなった。

 酒樽。。八ヶ岳へのドライブの帰り、Suntoryの白州工場を見学した。

Suntory.JPG

 [右斜め上] リチャーリング…樽をもう一度焼いて香りをつける作業。
「さぁ、みなさん、カメラを構えてください」  ぼっと火がついたところを撮ったはずが。。(涙)
甘いバニラの香り。 プリンを思い出す。


Suntory5.JPG

[右斜め上]
森のような広大な敷地。 ここから先はいろいろな鳥のいる地域。

[右斜め下] 
  試飲のためのバーもあるけれど、レストランもあった。鴨や鮭の燻製がおいしかった。

Suntory6.JPG

 
 アモンティリャードと言っておきながら、ウィスキーの話になってしまったので、もとへ。[パンチ]
アモンティリャードは、シェリー酒。[黒ハート]
日本橋のスペインバール「LEON」で、一昨日、はじめて飲んだ。 
ショットグラスで出てきて、ウィスキーと同じ琥珀色。でも喉越しが違う。少しワインっぽい。

 「フィノ」は、白ワインっぽい味のさっぱり派シェリー。これはシャンパングラスで出てきた。
マンサーニャ」は、フィノより少しケミカルな味。色もフィノより濃い。

 シャンパンがシャンパーニュ地方で生産されたものだけをいうのと同じに、
シェリーもスペインのアンダルシア地方のjeres生産のものだけについた名前。

********

 数日前、学生時代の友5人と会うのに、銀座のスペインバール「バニュルス」に行った。
狭い所にぎゅうづめ。イス・テーブルはあるけれど、立ち飲みのふんいき。
若い女の子でいっぱい。
「えっ?予約したっていうの、ここ?」 
予約席は2階だった。1階とは打って変わって静かで、ゆっくりとできる。
[ぴかぴか(新しい)]


 バニュルスはフランスの地名。 スペイン寄りの場所で、カタロニア地方。
ここは、ワインの「オザミ」の経営なので、開店当初は、フランスワインばかり揃えていたが、
料理がスペイン風なので、最近はスペインワインもおいているそう。

 画家のダリが愛したというCAVA「ベラレーダ」で乾杯。[バー]
次は、白ワイン「Basa」 

Banyurus.JPG

 スペイン料理といえば、「パエージャ」

Banyurus3.JPG

スペインバールなのに、シェリー酒がないのは、ワインの「オザミ」の経営だからでしょうね。

で、ポーの本は?って、とってもおもしろかったです!10分くらいで読める短編。


箱根トイミュージアム [日本の美術館]

 箱根トイミュージアム、つまり、おもちゃの博物館。

 10年以上前、友達に連れていってもらった横浜「みなとの見える丘公園」のすぐそばの
「ブリキのおもちゃ博物館」がとてもおもしろかったので、いつかまた行きたいと思っていた。
今回、箱根のパンフレットを見ていたら、同じ経営者の「トイミュージアム」が湯本にあるのを
発見。行かなくちゃ。

  入り口では、ロボットくんがお出迎え。

Toy1.JPG

 

 あんまりおもしろくなさそうだけど、と、つきあってくれた友達が、オーナーの
写真を見て、「TVの『なんでも鑑定団』に出ている人!」と急に目を輝かせる。

 明治時代、大正時代の古いおもちゃの展示からはじまる。
toy15.JPG

 第一次大戦以前のおもちゃは、ほとんどがドイツで製造されていた。
しかし、大戦でドイツの生産が急に減り、日本への注文がふえた。

 日本のブリキのおもちゃは品質の良さと価格の安さで人気となり、1930年代には、
世界一の生産国となった。

左端、「ドラムボーイ」、ドラムをたたくと音が出る仕掛け。
その隣、当時のアメリカ大統領ルーズベルトのぜんまいじかけ人形。

toy13.JPG

[右斜め上]当時、人気だった飛行船「ツェッペリン」のおもちゃ

toy11.JPG

 1900年代のフランスのゲーム盤。レバーやゼンマイで自転車を競争させるもの。
ツール・ド・フランスのお国柄ですね。

toy10.JPG

 アメリカのミニカー。

toy5.JPG

 ディズニーファミリー

toy3.JPG

 昔のミッキーたち。下にごろんと寝てるのが、歯のあるミッキー。
ミッキーつうのいっぷくさんがトップスキンで使っていらしたのと同じ? 
いっぷくさんのコメントどおり、ちょっと怖い顔で日本では受けないな、と思った。

 

 [リボン] 数日後の夕方、友達とシャンパンバーへ。
ワインバーには行ったことがあるけれど、シャンパンバーは初めて。
黒と白のモダンでおしゃれなインテリア。

 まずは、ブラン・ブランできりっと。
おすすめは、ベルナール、、ダッタヨウナ。

 次、モレル(Morel)のロゼ。こんなにきれいな赤い色は初めて。
「写真、撮らせてください」

champainbar1.JPG

champainbar2.JPG


 どんなおつまみかなと思っていたら、生ハムのパイ、うすーいチョコ、レーズン
がお皿にのってでてきた。こういうのがシャンパンに合うのね。[黒ハート]


箱根ラリック美術館 [日本の美術館]

 箱根での2日目、念願のラリック美術館に行った。
前回、箱根に来たとき、間違えて、「ガラスの森美術館」にはいってしまった
のだ。なんかおかしいな、と思いつつ、最後まで見終わり、出口で
「ルネ・ラリック美術館」という広告を見て、違う所と気づいたのだった。

laliquetyou.jpg

 [右斜め上]
 これがラリックの代表作。ショーウィンドウの飾り。
ラリックは、アール・ヌーボーを代表するガラス工芸作家のガレより、14年あとに生まれ、
16歳で宝飾細工師に弟子入りし、大胆なデザインのブローチなどで人気を博する。

 その後、香水商コティとの出会いで、香水瓶をガラスで制作し、以後、花器などのガラス工芸
にとりくむ。ガレ作品との共通点は、ガラス工芸にある。

Lalique1s.JPG

 [右斜め下] ガラスに肉厚の高浮彫を施した花器。「つむじ風」
       日本の茶道具の「なつめ」の形で、唐草風だが、風をイメージした模様。

 laliquekaki.jpg

 アール・ヌーボーからアール・デコへという時代を反映して、ラリックは室内装飾に幅を広げる。
[右斜め下]これは、暖炉の上にデザインされたガラス壁面が中心の室内装飾。ランプの形も線が美しい。
  元浅香宮邸の東京都庭園美術館を思い出す。浅香宮邸もラリックによる室内装飾である。

Lalique2s.JPG

 ラリックのデザインしたガラスのカーマスコット(ラジエーターのキャップ)は、
それまでの金属製にとって代わり、お金持ちの間で大人気になった。

 入口に展示してあるクラシックカーに、ラリックデザインのカーマスコットが
ついているけれど、この写真では、わかりにくいですね。

LaliqueVoiture.JPG

 この美術館の経営者は、カーマスコットに魅せられて、ラリックのコレクションを
はじめたのだそう。クラシックカーもたくさん所有しているので、展示をしている。

 ランチは、別棟のレストラン、赤いパラソルの下で。緑が美しい。

LaliqueLYS.JPG

LaliqueLYS3.JPG

 [右斜め上]意外においしかったのが、地場の野菜のフライ。衣が薄くて軽かった。

 ☆ bonheurさんが、このラリック美術館とポーラ美術館にいらしたときの記事
    合わせてお読みくださると、いっそうよくわかると思います。

       私のポーラ美術館の記事はこちら。


ハイアット箱根 [レストラン(フレンチ)]

 箱根のハイアット・リゾートに泊まった。
六本木や新宿にホテルを持つハイアットリージェンシー日本初のリゾート型ホテル。

都心部では、既に外資系ホテルの進出がめざましいが、ついに箱根にまで、、と話題になった。
ハイアットブランドの名にふさわしく、部屋は広く、大文字焼きの山が正面に見え、ゆったりできる。

HyattPanf.JPG

   場所は箱根の強羅。 
[右斜め上]この建物は、最初、森ビルの森トラストが高級会員制リゾートクラブにしようと建てたのだが、
会員が集まらず、急遽、ホテルに変更した。しかし、客の入りが悪く、モルガン・スタンレーに
売却され、それをハイアットが買い取った。
手前の円形部分をロビーやレストラン棟として新築し、客室部分は、元々の森ビルのホテル
をそのまま使っている。

HyattPanf2.JPG

[右斜め上]ゆっくりくつろげるモダンなロビー。

 夕食の前、5時から、このロビーにアペリティフ・コーナーが設置され、宿泊客は、
アペリティフを好きなだけ飲める[手(チョキ)]
私は、シャンパンを頼んだ。

HyattChampagne.JPG

HyattMarieStuart.JPG

  シャンパンは、MarieStuart(マリースチュアート)のBrut(辛口)。
ここは、男女とも、グレーのペンストライプのスーツが制服。だから、ソムリエ氏も黒服ではない。
女性用は、バリを思わせるようなアジアンリゾート風のデザイン。

  夕食は、メインダイニングで。
入口横のワインセラーの大きさに圧倒される。

ディナーはフランス料理(プロバンス料理)のフルコース。
1、サーモンマリネと夏野菜のサラダ仕立て、イクラ入り柑橘ドレッシグ
2、冷たいコーンスープ
3、沼津産(箱根から近い)スズキのソテー
4、子羊のグリル
5、デザート(マンゴウのミルフィーユ+薄いチョコレート)

全部、写真を撮り忘れて、デザートだけですが。。[左斜め下]

HyattRestaurant2.JPG

 快適な宿。値段は、一泊、夕、朝の食事つき、2人で7万円。
温泉地箱根なので、別棟に温泉やSPAがあったが、私は硫黄温泉が苦手で。。
ランチだけの利用客も多いとか。

 

  [晴れ]翌日、ケーブルカーの中から撮った芦ノ湖。

Ashinoko.JPG

  「マイセン庭園美術館」へ行った。
暑い日だったので、庭園を歩く気にはなれず、ティールームから、お庭を見物。
手前は、蓮の花を水盤で栽培。

Maisen.JPG

Maisen2.JPG

 紅茶は、マイセンの新作のティーカップで出される。
マイセンは、ドイツ、ドレスデンの近く。ヨーロッパではじめて、白い磁器を制作した。
中国の染付技術を応用したブルーオニオンの柄で有名。
(本当は玉ねぎでなく、ザクロ)

img55448066.jpg  maisen.jpg

この美術館には、アンティークのマイセン、シャンデリアやマイセン人形、動物の置物
などが絢爛豪華に展示されている。また日本の「オールドノリタケ」(*)のコーナーもあった。
マイセンが好きで集め始めたという女の人がオーナー。 
ハーブの香りに包まれるロマンチックな女性好みの美術館だった。

*)オールドノリタケは、1800年代末から第二次世界大戦の頃まで、主にアメリカに輸出された陶器。
食器、花瓶、壺、人形などのテーブルウェアがあり、技術力と時代を反映したアールヌーボー、
アールデコの芸術的感性に優れていて人気があった。
オールドノリタケは、貿易会社の森村組と日本陶器が作った会社で、ここから別れたのが、大倉陶園。
今でも大倉陶園の製品がこの流れをひいていると私には思える。家庭用普及品のノリタケ製品を
イメージしないでくださいね。

明治時代の輸出陶器「横浜焼き」に関して、yk2さんがくわしい記事を書いていらしゃいます。
オールドノリタケには、ちらっとふれているだけですが、輸出陶器の果たした役割が掴めます。


ロシア・アヴァンギャルド展 [展覧会(洋画)]

 渋谷のBunkamuraミュージアムに 「ロシア・アヴァンギャルド」展を見に行った。
私の好きな「マレーヴィチ」の作品が、日本でまとめて見れる初めての機会である。
 

 マレーヴィチは、明るい色調、強調された線、遠近法にとらわれない平面構成で、
農民を描いている。私には、ゆかいな「働くおじさん」のイメージ。
[右斜め下] 「刈り入れ」 1920年代

RMarevich1.JPG

 農民シリーズ以前、マレーヴィチは、「スプレマティズム」(究極の絵画表現)という
平面幾何学と色価で単純に表現する運動の創始者だった。↓のような十字架シリーズで、
表現の追求をした。

RMarevich3.JPG

  ロシア革命は、1912年。
革命後、レーニン指導下のソ連では、前衛芸術は、「革命的」と認められていたが
、1930年代、スターリンの台頭により、前衛芸術は、粛清された。

 時代の流れは、「ロシア構成主義」に変わり、マレーヴィチは、スプレマティズムの
終わりを宣言し、測量師となり、具象絵画に戻った。
この展覧会の最後の絵は、具象にもどったマレーヴィチの「自画像」と「妻の肖像」。
革命の時代を生きたマレーヴィチだったことが、よみとれる。

 以上、私が好きなので、マレーヴィチのことばかり書いてしまったが、
この時代の他の画家の絵もたくさん展示されている。

[右斜め下]オリガ・ローザノヴァの「汽車のあるコンポジション」(1910年代初頭)
産業革命後で、汽車が文明の象徴だった時代。

ROlga.JPG


カンジンスキー、シャガールは、後にロシアを去るが、この時代のロシア人である。
[右斜め下] シャガールの「家族」 1911年。
    家では、ユダヤ人であり、外では、権威ある者に握りつぶされてしまう2面性、
との解釈もある。背景は、キュビズム的な多面体構成になっている。

RChagall2.JPG 

 展覧会のサブタイトルは、「シャガールからマレーヴィチまで」だが
シャガール作品は、この他に19歳のときの「女の肖像」と、「ヴァイオリン弾き」しかない。
[右斜め下]  「ヴァイオリン弾き」(1917年)  よく見ると、屋根の上にいますね。
ヴァイオリンはユダヤ人の生活の慰めで、儀式にに欠かせなかった。
幼少期をロシアのユダヤ人地区で過ごしたシャガールは、「ユダヤ人は、屋根よりも
空に近い」という言い伝えを忠実に絵に表現している。

RChagalle.JPG

  アンリ・ルソーを思わせるようなこの絵を描いた画家は、ピロスマニ。
子供の絵のような「ネオ・プリミティズム」は、最少の美術的要素で最高の効果を
出そうとしていた。
ピロスマニは、「百万本のバラ」の歌のモデルで貧しい画家。居酒屋の看板描き
をしていたが、お札に肖像が使われるほどの国民的画家となった。「ピロスマニ」
というワインのラベルには、彼の絵が用いられている。
 [右斜め下] 「イースターエッグを持つ女性」 1910年代

RPirosmani2.JPG

 ロシアらしい素朴さ、フランスとは違ったたくましさが、どの絵にもあった。


シンガポール・ブッフェ [レストラン(中華)]

  夏休みには、バリ島へ行こうと計画していた同僚Mが、飛行機の燃料代追加5万円、
さらに希望のホテルがとれないと旅行会社から言われ、「じゃ、キャンセルします」と
勢いで言ったものの、バリ島への思いが断ち切れず、「シンガポール・ブッフェって
いうのが、8月1日から始まるんですよ。いっしょに行ってくれませんか」

W1.JPG

 シンガポール航空協賛のフェアで、入り口では、シンガポール名物「マーライオン」
がお出迎え。
「マーライオンって白かったっけ?」
「白くなったんですよ。昔は違ったらしいけど。場所も引越したんですよ」
「河のすぐそばじゃなくて?」
「公園の中で、噴水があってきれいなんですよ」
私が行った16年前とは、だいぶ変わっているらしい。

w3.JPG

 場所は、恵比寿のウェスティンホテルの1階、テラスに面している。
「この眺めも、シンガポールのホテルのリゾート風です!」と、Mは大喜び。

 ビュッフェスタイルなので、さっそく、オードブルからとってくる。
どれも上品な味付けで、おいしい。感激!

w4.JPG

 次、メインの温かい料理。
「チリクラブ」というソフトクラブ(蟹)のチリソースがおすすめと、Mが言う。
カレーのナンのようなパン風といっしょに食べる。辛いけど、コクがあって美味なり~。
右上の春巻きの中身は肉団子、つまりハンバーグ。
その横、塩味の海鮮やきそばが香辛料がさわやかで食欲アップ。
上左のローストチキンも、皮がパリッとして、おいしい。

w5.JPG 
 

 「ラクサ」というタイカレースープに麺がはいったもの。厚揚げ、いか、チキンなど具沢山。
辛い!熱い! でもおいしい。

w6s.JPG

 

 だから、次はお口直し。
カキ氷に、寒天ゼリーとパッションフルーツシロップがけ。
向こうに見えているのは、かまぼこではなく、中華パン。

「写真には、2つ並べたほうがきれいですよ」と、手際よく並べるM。
いつもいっしょに仕事してるから、すぐにチームワーク(笑)

w8s.JPG

  で、また、お料理を取りに行く。
カップの中は冷たいコーンスープ。

焼き鳥には、ピーナッツソースをかける。
もう一本は、ビーフ串。
トマト味の焼きそば。
チキンのボイルしたようなのと、ライス。
どのお料理にも、パクチー(香草)を散らすようだ。

w7.JPG

 デザートのケーキコーナー。
「写真を撮らせてください」、にこやかに「どうぞ」と言って、気をきかせて
背をむけた係の人。

w9.JPG

 これでランチ、4500円也。コーヒー(紅茶)つき。

 このあと、M と私は別行動で用事をすませ、また7時にコンサート会場で会う。
暑いので、お茶は飲んだけど、「夜ご飯、まだおなかすいてないんですけど」

 夜ご飯は、うちで、すいかと桃。なんてお得なランチだったのでしょう(笑)