So-net無料ブログ作成

ボタニカ [レストラン(イタリアン)]

 「ようやく忙しい6月が終わったわねー。展覧会へ行って、おいしいものでも食べましょ。」
と、同僚Kが言ってきた。
金曜日の夜は、8時まで開いている六本木・国立新美術館で、「オルセー展2010」を見た
あと、歩いて5分の「ミッドタウン」の4階「ボタニカ」へ移動した。
金曜の夜7時半のミッドタウンは、がらすき。「皆、ごはん食べてる時間で、ショッピングの人
なんていないのね」、とKが推測。

Botanica01.JPG


 「ボタニカ」は、コンラン卿の「植物」をテーマにしたインテリアで、料理長は「ASO」の阿曽達治
なので、行ってみたいと思っていた。
夏至からまださほど日数が経っていないので、まだ、うっすら明るい外の景色。
パラソルのたたまれたテラス席の横には、オリーブの木があり、枝が風にそよいでいた。
突き出しに運ばれて来た3種のオリーブのうち、一種類は、「そこに見えるオリーブの木から
収穫したものでございます」

 「ポメリーのシャンパンにする?」
「私、季節だからベリーニがいいわ」とKが言うので、「じゃ、私はミモザ」。色がきれい。

 前菜は、魚貝のカルパッチョの冷たいクリームスープ。
初めにスープを少し味わってから、中の各種カルパッチョ(お刺身)と、上に乗ってる香草類を
混ぜあわせて食べる。海老、ほたて、ヒラメ、タコ、マグロ、、いろいろな魚貝に当たって楽しい。
魚くささがなく、上品な味でおいしかった。
botanica2.JPG

Botanica4.JPGBotanica5.JPG

 和牛ヒレ肉の炭火焼。
炭火の焦げ目の香りがよく、とてもおいしかった。
シェル(貝殻)マカロニにはいってるクリームをつけるとおいしいと説明されたが、お肉は、
何もつけないほうが美味だった。クリームは、付け合せの正方形のマッシュポテトオーブン焼き
につけたら、合っていた。

 デザートは、デコポンのシブストとアイスクリーム。シブストにデコポンが入ってるのではなく、
普通のシブストにデコポンのソースをかけてあった。

 [ひらめき][ひらめき]
 展覧会で見た絵は、Kが言うには、「ドガ、モネの印象派から始まって、スーラ、シニャックの
点描、がらっと変わってセザンヌ、ゴッホ、はっきりした輪郭線のベルナール、最後がアンリ・
ルソーの大きな絵と、流れがよくわかっておもしろかったわー」。
 私たちが気に入った絵は、シニャックの「井戸端の女たち」1892年。
おしゃれなデザインっぽい点描。黄色の山の中腹から続く道が、水の流れのよう。手前の波形
での影の表現と、海の対比がユニーク。で、右側の女の人のまじめな仕事っぷりと、ウェストを
きりっとしめたロングスカート姿が、同僚のKK女史に似ていて、うふふだった。

               Signac.jpg

 


nice!(38)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート