So-net無料ブログ作成

赤坂歌舞伎 [演劇、ミュージカル、Jazz]

kabuki3.JPG

 赤坂のACTシアターへ歌舞伎を見に行った。
歌舞伎座が建て替え中なので、歌舞伎は新橋演舞場でやっているけれど、これは、
新しいことに積極的に取り組む勘三郎の赤坂歌舞伎。
出し物は、落語が原作の「人情噺文七元結」と舞踊「鷺娘」、2つで6時半~8時半。
勘三郎一門が出演。

 人情話では、勘三郎は威勢のよい博打好きの左官屋、その女房を扇雀、娘を芝のぶ
が勤め、勘太郎が少々気弱で誠実な小間物屋の手代、小間物屋店主を坂東彌十郎、
芸者の置屋の老女将が片岡秀太郎という配役だった。

 長身で細い七之助の「鷺娘」は、すばらしかった。身体がしなり、爪先立ちで鳥の足を
表現し、袖を大きく広げて羽根をはばたかせる仕草。衣装も七変化で美しい。感動。

kabuki4.JPG

 歌舞伎座での歌舞伎は、演目が多く2度休憩で、夜の部は4時半開始なので、
仕事帰りに行かれないが、これは6時半開始なので、仕事帰りと思われる女の人
たちが多かった。これなら、若い観客を動員できて良いと思った。

 さて、終わったあとは、歩いて3分ほど、同じ敷地内にある「マキシム・ド・パリ」
の1階、ブラッスリー(軽く飲む店)へ行った。花柄のボトルのツリーに誘われてしまう。

maxim1.JPG

 テラス席にすわったけど、すぐ寒くなって、店内に移動。梅雨あけ前なので、夜は冷える。
私は、花柄ボトルのペリエ・ジュエを頼んだ。グラスも専用の花柄。ガラス工芸家ガレの描いた花、
アネモネ。友達は「アンリオ」。それぞれのシャンパンの説明を書いた名札が、ついてきた。

maxim2.JPG

 エスカルゴが、とってもおいしかった。このあと白ワインを1グラス飲んで、さっと帰った。
ウィークデイの夜をこんな感じに過ごせて、華やかで楽しかった。

maxim3.JPG maxim5.JPG

maxim4.JPG


nice!(47)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート