So-net無料ブログ作成

ファウストの劫罪 [オペラ、コンサート、バレエ]

  先週の日曜日、二期会のオペラ「ファウストの劫罪」を上野の文化会館で見た。

faust.JPG

 私が前に見たオペラ「ファウスト」(2007.9.16神奈川県民ホール)は、グノー作曲
だったけど、今回のはベルリオーズの台本&作曲。音楽がとってもよかった。きびきび。
軽快感と躍動感。メリハリがすごくある。フランス人指揮者ミシェル・プラッソン。
 歌よりもダンスを見に行った感じ。演出がジャズダンスの大島早紀子。
歌舞伎でよく使う宙釣りをたくさん取り入れて、夢の世界を表現しようとしてたような。。
舞台の後方に作られた階段をダンサーが何度もごろごろ転がり落ち、寝たまま上る
のもあって、びっくり。歌よりもダンスのアクロバティックな動きの奇抜さと激しさに
目が奪われてしまった。

 
 [乙女座]歌は、同行の友達歌姫が、「ディクションなんとかしなくちゃ。フランス語に聞こえない」
と言うと、フランス語卒のAが、「××の音は巻いたほうが、舞台では、はっきりしていい
のよね」なんて答えてた。
 メフィスト役は、体が大きく衣装が似合ってたが、声がもう少し大きいほうが。。
ファウストの樋口達哉は甘い声。がんばってたけど、主役の華が足りなかった。
ダブルキャストなので、福井敬の日だったら、きっと、よかったのだろう。
マルガレーテ役のの林正子は、悩める乙女のういういしさが出ていて、容姿も歌もよかった。

 
 [乙女座]ストーリーは、ゲーテの「ファウスト」。
人生に絶望した老いたファウスト博士が、悪魔メフィストの力を借りて若返り、
乙女マルガレーテに恋をする。しかし倫理に背いた二人は破滅するという話。

 ゲーテのファウストは、本国ドイツで大人気。パリでも翻訳され、たちまち評判になった。
ベルリオーズは、翻訳版を読んで、特に韻文の詩の部分に感動し、音楽をつけた。代表作
「幻想交響曲」を発表する以前のことである。そして、楽譜と手紙をゲーテに送ったが、何の
返事もなかった。当時、ゲーテはヨーロッパ中に名声が響く大文豪だったので、
メンデルスゾーンやクララ・シューマンも腕前を認めてもらおうと、ゲーテの前で演奏したり
したほどだった。十数年後、ゲーテ亡き後、ファウストの曲に未練があったベルりオーズは、
これに手を加え、パリのオペラ・コミックで初演をした。

 [乙女座]終了後は、同じ文化会館の「上野精養軒」で、お茶をした。
いっしょに行ったのは、歌姫、A,N嬢、Ne,つまり計5名。
大勢だと、見た後の感想がそれぞれ、まちまちで面白い。
ダンスは人間の欲望を表していたのか、それとも天上の世界を表現?
Neが、「幕が開いたとたん、中央に十字架。それを取り囲むように人が絡み合ってぶら下が
っていたのが、ラファエロの天井画に見えたけど、演出家の意図は何だったのかしら?」
これには、誰からも答え出ず。わかる人がいたら、教えてあげてください。

 


nice!(40)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート