So-net無料ブログ作成

FIFA ワールドカップ・スペイン優勝 [レストラン(フレンチ)]

 7月中旬の某日、新宿ルミネ1の「アマポーラ」というスペイン料理店にて。

 「いい、みんな、私が、ヴィヴァ・エスパーニャ!って言ったら、ヴイヴァって言うのよ」
「スペイン優勝おめでとう!」 もちろん、スペインの泡CAVAで乾杯。

spain5.JPG

 スペイン優勝おめでとうの会をやりましょう、と言い出したのは、C子。某スペインの
組織に勤務で、熱烈スペインファン。だから、Mr.KとMr.Tが、「おめでとう。優勝の瞬間、
C子さんが喜んでると思いました」と、メールを送っていた。CCメールなので、私も読んだ。
で、あっという間に、集まることに話が決まった。

 「今回は、タコのパウルくんの予言が当たったから、まずはタコを頼まなくちゃ」
タコのマリネにプチトマトと香草がのった一皿(左)
マグロのたたき(右)
spain1.JPG  spain2.JPG

「お肉、なににする?」「そりゃ、イベリコ豚でしょ」
ワゴンが来た。スペイン人のウェイターがお肉にブランデーをかけると、ぱっと炎が上がる。
フランペのパフォーマンス。
spain3.JPG spain4.JPG

 食べるのに夢中になっていると、「ほら、もっと、サッカーの話して」と、C子が催促。
「ゴールキーパーのカシージャス、よく守ったね。ファインプレイの連発。」
「もー、PKかと思ったとこで、イニエスタのゴールが決まったね」「あれは、その前のパスが
よかったんだよ。誰だっけ?」「セスク」 「後半の初め、イニエスタのパスにセスクがシュート、
あれを足で押さえたオランダのキーパーもファインプレイだよ」

 「パエリアが来たわ。左がイカ墨で、右が魚貝。この店は、半分づつのがあるのよ。」

spain6.JPG

 話は、サッカーからはずれ、「レナウンが中国に買収されて、やばいぜ」、とか
JALの話、みんなの党の躍進などなど。今の時代、企業を取り巻く環境は厳しいから、
話はどんどん盛り上がる。私たち4人はビジネススクールの同級生。
「π(パイ)を3.14は難しいからって、3にしちゃうゆとり教育はまずいよ~。小数の
計算ができない大学生がいるんだから」と、企業から大学准教授に転身のTが嘆く。

 じゃ、デザートね。スペイン風プリン。
spain7.JPG

 7時に集まって、あっという間に10時過ぎ。さ、明日も仕事だから、帰りましょ。
満席で、結構おいしくて、値段もそこそこ、人気のある店らしい。

 


 これも7月中旬の某日。 
ポルトガルで、いっしょにサポーターだったM子さんに、写真を渡しがてら、
ゆっくり飲みましょう、の会食。場所は、自由が丘の「Le Chapon」。

chapon1.JPG

  「暑いから、簡単な服で行きたいけど、いいかしら?」
「カジュアルな店だから、大丈夫」  シャンパン(CANTENEUR)で、乾杯。
お料理は、アラカルトで、頼んだ。
まず、サラダ・ニソワーズ。まわりの赤紫の葉は、「トレビス」(イタリア製チコリ)
アンチョビ、オリーブ、ピーマン、トマト、玉ねぎ、ゆで卵。
ドレッシングのしみたゆで卵が私の好物。

chapon2.JPG

他に頼んだのは、鴨のテリーヌ、鴨のコンフィ、本日の魚のソテー、デザート。
飲んだのは、この2本。シャンパンは、CANTENEUR(カントナール)
赤ワインは、2006年のジュヴレイ・シャンベルタン(Geverey Chambertin)
ブルゴーニュの中でもグランクリュ(特級)が一番多く存在する村。
AUX ETELOISは、3つの特級畑に隣接する畑なので、値段の割にお得。
おいしくて、楽しい夜だった。 

chapon4.JPG


nice!(40)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理