So-net無料ブログ作成

和食での忘年会2つ [和食]

忘年会シーズンの12月。先週の2つの会は、いずれも和食だった。
「和食」は、先週、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されたばかり。

和食にもいろいろあるが、代表的なのは、食前酒、先付、お椀、向付、旬菜、鉢物、
ごはん、赤出汁、甘味、と出てくる懐石料理だろう。

(1)美濃吉 新宿京王デパート8F
デパートの上なら迷わないし、帰りがらくなのでは、と幹事N嬢の選択。
食前酒は小さな梅酒だった。
先付は、胡麻豆腐、鯛の刺身かぶら巻、かぼちゃの裏ごしクリスマスツリーに
見立てて、(下の段)鴨肉、しめじとほうれん草のおひたし、くわいチップス

Minozensai1.jpg

お椀は、鯛の素揚げがはいった京味噌仕立て。
お造りは、海老、かんぱち、まぐろ、湯葉

MinoOwan1.jpg Mino3.jpg

MinoSekihan1.jpg

お赤飯に焼いた鯛の切り身をのせたあんかけ。
「本日は、快気祝いと伺ったので、特別にご用意いたしました」
そういう気遣いがいいな。歌姫が入院したけど、歌に復帰のお祝い。
このあと、旬菜は、魚か肉を選ぶ。私は牛肉にした。(写真なし)
鉢物で、野菜の煮物が出た。(写真なし)
甘味は、果物とくずきり。その後、抹茶が出た。
お茶の師匠のN嬢と歌姫が、美味しいお茶だとほめていた。

Mdessert1.jpg

(2)サル・ドゥ・マキノ 西麻布

西麻布、通りからちょっと入った所の一軒家。フレンチベースの和食レストラン。
シェフのマキノさんは、NYの「NOBU TOKYO」で修業の後、ストラスブールの
日本領事館で料理人をつとめた人。この秋、開店。

7品のお任せコースのみで5800円。
結構、気に入ってるので、今回3回目の訪問だが、お料理は毎回違っている。

一品目 お椀は、フランス産カモとねぎ、野菜の澄まし汁。
こぶダシの香り、お雑煮を思い出すような暖かい汁物にほっとする。

MKamoZouni1.jpg

二品目 魚介のサラダ、何種類もの野菜にパンジーのような食べられる花びら
が載っていてとってもきれい! 白い泡のようなドレッシング。

M11.jpg

三品目 赤い小さな漆器にはいったスープは、オニオングラタンだったと思う。
クルトンがわりのチーズトースト。
生ハムのお寿司、上にタコがちょんと載っていて味的にもアクセントになっていた。
手前は煮豆(おたふく豆)。

M21.jpg

四品目 焼き物「タラのグラタン」。ダッチオーブンで熱々。
ふーふースプーンの上でさましながら、食べる。
山芋とチーズ、ボリュームがあって美味しい。

Mguratan1.jpg

五品目 佐賀牛のロースト
お肉がおいしい。少し甘いラズベリーのソース
MBeef.jpg

シャンパンは12000円だったので、「今日は特別の日じゃないから、クレマン(泡)
6800円でいいわね。次の赤も決めておこう。南フランスのこれは?」と、高校の
同級生T子は昔も今も、行け行けの積極的な人。
次、白はグラスで、、と飲んでいたので、「チーズでも出しましょうか?」と、
タイミングよくきいてくれる。
オリーブオイルをかけたチーズがおいしかった。
Mfromage1.jpg

六品目 加薬ごはん(人参、ごぼう、こんにゃく、油揚げ)と赤だし汁、香の物
七品目 デザート。5種類と盛りだくさん!紫イモの、、クリームブリュレ、
何かのアイスクリーム、、と写真がないだけでなく、内容も覚えていない。

途中、親友歌姫から携帯にメール。「今、T子と一緒」と返事したら「T子は明日
バザー。9時半集合だから遅れないように、ほどほどに」とご注意(笑)。

今週も明日は鰻、明後日はふぐと和食が続く。

 


nice!(42)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理