So-net無料ブログ作成

鳥茶屋(神楽坂) [和食]

「たまには、昔のメンバーで、メシでも行きますか」と、5人での集まり。

場所は神楽坂の「鳥茶屋」。N嬢がひところ気に入っていたので、何回か行った店。
神楽坂へは、私はJR飯田橋駅西口から歩いて行く。しばらく来てなかったら、駅が
水道橋寄りに移動していて、橋も新しくなっていた。菜の花がいい感じ。
tori_cha1.jpg


神楽坂を上がると、毘沙門天がある。ちょうど桜が咲いていた。
tori_cha2.jpg


毘沙門天の前にあるのが、「鳥茶屋」本店。江戸情緒の残る老舗の「うどんすき」の店。
コースのお料理。どれもなかなか。特にお造りが美味しかった。このあと、さわらの西京焼き
が出てきたが写真はなし。


tori_cha3.jpg

季節だからと、筍を別に注文した。写真は半分以下に減ってる、つまりたくさんあって、
日本酒「土佐鶴」によく合った。やっぱり、筍は日本酒が合うのかしら。

tori_cha4.jpg

これが名物「うどんすき」。手打ちのうどんは結構太い。後からお餅も入った。


tori_cha5.jpg

今年のお花見時期は、うすら寒いので、こういう鍋を囲むのも悪くない。


ここに行く前に通った職場近くの公園の桜、満開できれいでした。
sakura00.jpg


nice!(34)  コメント(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

お花見と食事(2) [和食]

sakura4.jpg


晴れて温かかった日曜日は、お花見日よりだったので、皇居東御苑に行った。
その日は、坂下門から入る皇居桜見物の「通り抜け」が出来る日だったけれど、坂下門まで
歩くのも面倒だし、混むのでは、と思い、東御苑にした。
空港のような荷物チェックを入口で済ませ、中へ入ると、広い芝生広場の周りに桜の花が
満開だった。桜だけでなく、花桃やシャクナゲも咲いていて、ちょうどいい季節、とてもきれい
で、大勢の人出と相まって活気があった。


その数日前、好きな店、六本木の「瀬里奈」でM子さんと夕食。
お料理は、これしか写真がないけれど、この後に、しゃぶしゃぶがつくコースが
私たちの定番。ここは、どれを食べてもおいしい。

serina1.jpg

serina2.jpg


お花見の桜のつづき。こんな青空なので、桜が映える。


sakura.jpg


「瀬里奈」の数日前は、福岡で1か月位仕事をしていたTが、「終わった~。3人で飲もう」と
ラインしてきて、「鯛の煮つけが食べたい。気取ったとこじゃなくて」と言うので、青山の「寅福」へ。
ご希望の鯛の煮つけと、後ろに見えてるのは、旬のタケノコ。その横は、カキフライの終わったお皿。


s_torauku.jpg


s_torauku2.jpg
これは豚角煮とゆで卵、青梗菜。


sakura5.jpg
<追加写真>皇居らしい石垣のあるものを。「北桔橋門」から入ったときの対岸。

sakura0000.jpg

nice!(30)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

お花見と食事 [和食]

Narita1.jpg

今年の桜は、早く開花したけれど、その後は曇りで寒い日続き。
やっぱり桜は青空でなくちゃ、と思っても、天気ばかりは致しかたない。
千葉県・成田公園の桜。
遠くに見えるのが成田山新勝寺。

成田の名物は、うなぎ。新勝寺への参道には鰻屋が並ぶが、ここは公園の池の前の店。
「名取亭」。90年続く老舗なので、建物も少し年季が入っている。大広間がいくつかある料亭
のような造り。通された部屋からは、枝ぶりの良い梅の木のある庭がよく見えた。
鰻重は4500円。鰻が一尾より少し多いのがうれしい。タレはあっさりめ。ふっくらと美味しかった。


Narita2.jpg


3年ぶりに江戸川公園の桜を見に行った。
江戸川公園は、ホテル椿山荘の庭を通り抜け、裏門を出た所。
神田川沿いに長く続く文京区の公園である。40本のソメイヨシノの枝が川に張り出して咲き誇る。

sakura2.jpg


西麻布の一軒家レストラン「マキノ」で、Aと毎年3月に会食をしている。

「マキノ」のメニューは、月替わりでコースのみ。3月は、ひな祭りと桜をテーマにしていた。
最初の皿には、桜の枝が添えられている。
タコの手毬寿司が竹の皮に包まれていた。ハートの最中の中はリコッタチーズと果物。
丸いのは、里芋のコロッケ。手前は北海道産ワカサギのマリネを生春巻きの皮でくるんだもの。
Makino1.jpg

2つ目、草緑色は青豆のスリ流し。しんじょう入り。赤いのは京人参。黒いのは椎茸。
あられが散らしてある。
3つ目、パフェは「マキノ」の名物。中身は甘味でなく、刺身や野菜が何種類も入っていて、まぜて食べる。
4つ目、お吸い物。この出汁が私のお気に入り。昆布と鰹の出汁、和の味。海老のしんじょう入り。
5つ目、豚ばら肉の煮込み。半日煮てあるので、とろっとろ。
6つ目、ごはん(とろろ昆布と何かの雑炊)

Makinoのコピー.jpg

7つ目、デザート、全種類頼んだ。もちろん、1つでも2つでもOK.
Makino7.jpg

これも江戸川公園の桜、幹から出ていた可愛い花

sakura7.jpg


ワーグナーのひ孫企画のワーグナーオペラ「さまよえるオランダ人」の帰り、3人でお茶。
メゾンカイザーにて。それぞれお茶と春らしいケーキを頼んだが、右上がこの店の定番と
聞いて追加。大きめだったので3等できた。

Cake.jpg


最後は、成城学園前の桜。
コンサートの帰り道。

sakura8.jpg

nice!(28)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

金沢・兼六園の紅葉と和食 [和食]

金沢・兼六園には何度か行ったけれど、紅葉の季節は初めて。
見どころは、雪吊りとモミジの紅葉。
今年は暖冬なので、まだ紅葉が楽しめる。

「雪吊り」 北陸の重い雪で木の枝が傷まないように、支柱を建て、縄で枝を吊る。
特に松の木は常緑樹なので、葉を守るために、施されている。

kenrokuen.jpg

この木は、黄色い葉の先端が赤くなる紅葉。下はモミジの落ち葉で、ふかふかの絨毯。

kenrokuen2.jpg


kenrokuen4.jpg

池への木々の映りこみが美しい。
これは日本最古の噴水。

kenrokuen3.jpg


ドウダンツツジの紅葉、話には聞いていたけれど初めて見た。真っ赤。

kenrokuen1.jpg


金沢を取り囲む自然の風景と食べ物が気に入って移住した友達Y夫妻と、岡山の女医T、
それに私の会食も3回目。「いいお店を見つけたから」と予約してくれた店は、金沢の中心地、
香林坊からちょっと入った「せせらぎ通り」にある「五十嵐」。若いご夫婦の店。

下の写真の左から「鱈の白子、柚子の器入り、釜蒸し」 白髪ねぎがのっている。
白子に柚子の香りがよく合う。
天ぷらは、いか、金沢の春菊(細長い形)、雄武の鮭の蓑揚げ
中央の皿がぜいたくな一皿。
このわたの茶碗蒸し、カニの香箱、緑菜、あんきも、葉っぱの下は、子持ち昆布
下の細長い皿は、刺身(おにかさご。ぶり、丁貝)

kanazawa_iga.jpg


お椀は口子と葉物、焼き物はのどくろ、椎茸は能登115という大ぶり肉厚。
加賀野菜の源助大根とあんこうの炊き合わせ。
土鍋で炊いたご飯がテーブルの上に運ばれて来た。おこげがある。
新米でおいしい。
デザートは、柿と加賀の棒茶プリン

kanazawa-iga2.jpg

nice!(39)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

ホテルの和食2軒 [和食]

ようやく涼しくなってきたので、秋を感じる和食に行きましょうと出かけた。
どこにする?ということで、最近人気の「一休」というサイトで、お値打ちのものを選んだ。

(1)リーガロイヤルホテルの「たん熊」
京都で老舗の「たん熊」
柿、いちょう、栗、さんまと秋の味覚をまずは目で楽しむ。
baba1.jpg
このコースは、ウェルカムシャンパンつきの3時間飲み放題。
グラスが美しいのがうれしい。
季節柄、松茸の土瓶蒸しもあった。これだけではなく、他に焼き物、てんぷら、
もあったけれど、写真を撮ったのはこれだけ。
期間限定で半額くらいになっていて、7500円。


baba_edited-1.jpg


(2)ザ・プリンスパークタワー東京の「芝桜」


siba1.jpg


shiba_edited-1.jpg

こちらは、飲み放題でなく、2人で、スパークリングが一本つくコース。
期間限定で半額以下、これで6000円。超お得。
ホテルは、サービス料が高いのに、これは税金・サービス料込みなのでお得。

次の週に、アメリカから友達が来るから、ごちそうするのに、ここがいいわね。
とM子さんと話した。




nice!(35)  コメント(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

1899 RESTAURANT OCHANOMIZU [和食]

「御茶ノ水にできた抹茶レストラン、行ってよかったから、行こう」と誘われた。
抹茶レストランって?と思ったけど、行ってみないとわからない。
お茶の水駅の近く、大きな通りに面してるが、周りは暗く、そこだけが明るい。
広い玄関前の庭、そこが屋外席で、テーブル・椅子がいくつも並んでいた。

8時半過ぎだったので、お客さんも少ない。
まず抹茶ビール。

1899tya1.jpg


飲みやすい。ビール半分抹茶半分という感じで、ビールの苦みはないから、
ちょっと寂しいかな。
頼んだのは、
左から時計まわりに、フィッシュアンドチップス、和風根菜サラダ、カプレーゼ、
魚介のリゾット、茶そば。

ビールの時、とることが多いのが、フィッシュアンドチップス。フィッシュは鱈が
オリジナルだが、ここはカジキマグロだった。鱈は当たり外れが多いが、カジキ
の方が外れが少ない?抹茶がかけてあった。
サラダには、ゆでたカブ、
にんじん、ハス、かぼちゃ、まいたけ。体に良さそう。
カプレーゼはオーブンで焼いたものだった。焼きカプレーゼ。
魚介のリゾットは、目の前で魚介がたっぷり入ったスープをかけてくれる。
リゾットは友達が食べ、私は抹茶そばを。締めにはぴったりだった。


1899no2_edited-1.jpg


1899tya6_edited-1.jpg


新しいお店で、カジュアルだが、広々としていて、おしゃれな雰囲気。
とはいえ、お茶の水という土地柄、気取ったところがなく居心地がいい。
ここは1899年から続く「龍名館」という老舗旅館を改築したもので、
後ろ側で、旅館(高級)は営業をしている。旅館経営の新しい形だろう。



about03.png

nice!(40)  コメント(11) 
共通テーマ:グルメ・料理